NBA,バスケットボールミュージアムLayupshot

Contact us 免責事項

© 2012-2017 Layupshot.

Owner. Tadahiro Hakamata

Photo. Kentaro Sawaguchi

Design. PLANPOT DESIGN WORKS

JERSEY MUSEUM

HOME / JERSEY MUSEUM / 2010-2011 / Golden State Warriors / Vladimir Radmanovic

Vladimir Radmanovic #77
- Golden State Warriors - 2010-2011

NBA Game Worn jersey museum "Layupshot"館内で展示されているジャージは全て販売可能です。(既に販売済みのジャージも含まれています) サイト内 "Price negotiation" ボタンより簡単なフォームにご記入頂くと、在庫の有無・販売価格をメールにて返信致します。 館内に展示されているジャージは、NBA選手が着用したもの、もしくは着用するために用意された大変貴重なものばかりです。

All jerseys display within the NBA Game Worn jersey museum "Layupshot" are available for purchase. (Some jerseys on display are already sold) We will get back to you with the availability and price information if you contact us through the "Price Negotiation" button. Jerseys displayed in this museum have been worn, or issued to be worn by actual NBA players.

NBA Game Worn jersey museum "Layupshot" 博物馆内展示的所有球衣都是可以选购的(已售出的款式也在包含展示范围内)。 在本网页内,您只需点击 "Price negotiation" 图标,并简单的填写相应信息,相关球衣的库存和价格会通过EMAIL的形式发送给您。 本馆展示的所有球衣都是NBA球员亲着,或是比赛备用款式。均在市面上不可多得,具有很高收藏价值意义。

Jersey Description

This white jersey was worn by #77 Vladimir Radmanovic of the Golden State Warriors during the Warriors' 109-102 victory over the Portland Trail Blazers on December 25, 2010 at ORACLE Arena in Oakland, California. There is an NBA "snowflake" patch over the left breast of the jersey.

Layup Navigation

2001 年のNBA Draft12 位でBosnia and HerzegovinaよりSeattle SuperSonics#77 Vladimir Radmanovicは入団する事になる。 この2001年のNBAドラフトは1位より #54 Kwame Brown, 2位 #6 Tyson Chandler, 3位スペインより #16 Pau Gasolと4位指名までが高校卒業の選手たちであった中での5位指名をMichigan State University出身の #23 Jason Richardsonが受ける事となった。また10位にはUniversity of Arkansasより #2 Joe Johnson が、12位には #77 Vladimir Radmanovicが指名を受け続く13位にUniversity of Arizonaから #24 Richard Jefferson 続く14位のUniversity of Notre Dame出身の #14 Troy Murphyは数多くのチームで活躍する。15位でDePaul Universityより #45 Steven Hunterが、18位でStanford Universityから #34 Jason Collinsが、19位にはMichigan State Universityより #50 Zach Randolphたちが #33 Brendan Haywoodより上位での指名を受けNBA入りをしている。20位にはUniversity of North Carolinaから #33 Brendan Haywoodが続く21位にも同校から #40 Joseph Forteが指名を受ける。 25位にはUniversity of Alabamaより #3 Gerald Wallace, 26位にSeton Hall Universityからハイチ出身の #1 Samuel Dalembertが、27位がIowa State Universityより #6 Jamaal Tinsley, 28位にはフランスより #9 Tony ParkerSan Antonio Spursへと入団している。 30位にUniversity of Arizonaから #0 Gilbert Arenasが、34位にUniversity of Southern Californiaから #24 Brian Scalabrineが、37位にはトルコより #13 Mehmet Okurが、39位にUniversity of California, Los Angelesより #25 Earl Watsonが、45位にUniversity of Arizonaより #3 Loren Woodsなどの面々がNBA入りを果たしている。 2001-02seasonより Seattle SuperSonicsNate McMillan ヘッドコーチのもと45-37の成績を残してNBA Play Off Western Conference First Round に進出し、 #21 Tim Duncan, #50 David Robinson, #8 Steve Smith, #12 Bruce Bowen, #9 Tony Parker, #33 Antonio Danielsなどをようする San Antonio Spurs 対戦し2-3で敗退する。チームは、#20 Gary Paytonを中心に#42 Vin Baker, #7 Rashard Lewisなどが活躍して #33 Jerome James, #1 Shammond Williamsといった選手たちや1996年のNBA All Star Game Weekendに行われたSlam Dunk Contestで優勝した#31 Brent Barry、同じく2001年にSlam dunk Championに輝いた#24 Desmond Masonなども在籍し #77 Vladimir Radmanovic と同じくルーキーでUniversity of California, Los Angeles出身の #25 Earl Watsonなども共にプレーした。翌2002-03seasonSeattle SuperSonics#20 Gary Payton, #24 Desmond Masonをトレードに出してルーキーの#15 Ronald MurrayそしてMilwaukee Bucks の中心プレーヤーで活躍していた#34 Ray Allenをチームに迎えまたこの年にはルーキーで #34 Reggie Evansも入団、 #77 Vladimir Radmanovic自身は72試合に出場うち16ゲームを先発としてプレーしている。 2003~04シーズンには、#33 Antonio Daniels, #52 Calvin Booth, #9 Vitaly Potapenkoまたルーキーとして#8 Luke Ridnourも加わり出場機会も増える。 2004-05 seasonSeattle SuperSonicsにはルーキーで #4 Nick Collisonや、新加入の#21 Danny Fortsonなども活躍を見せNBA Play Off Western Conference First RoundSacramento Kingsを4-1で破り、続くNBA Play Off Western Conference Semifinals では、 #21 Tim Duncan, #20 Manu Ginobili, #9 Tony Parker, #5 Robert Horry, #2 Nazr Mohammed, #17 Brent Barry, #12 Bruce Bowen, #14 Beno Udrih, #3 Glenn Robinson, #23 Devin Brownようしこの2005年NBA Championに輝いた San Antonio Spursのまえに2-4で敗退している。 その後2005~06シーズン途中#54 Chris WilcoxとのトレードでLos Angeles Clippersへ移籍し、その2005-06 seasonLos Angeles ClippersMike Dunleavy ヘッドコーチのもと47-35の成績を残しNBA Play Off進出を果たす。 #42 Elton Brand, #19 Sam Cassell, #50 Corey Maggette, #5 Cuttino Mobley, #35 Chris Kamanを中心として #7 Vladimir Radmanovic他、 #13 Quinton Rossらの活躍でNBA Play Off Western Conference Semifinalsまで進みPhoenix Suns相手に3-4として敗れはしたが健闘した。 2006-07seasonには、 Los Angeles Lakersに在籍しチームは、 #8 Kobe Bryantを中心に#7 Lamar Odom, #17 Andrew Bynum, #4 Luke Walton, #1 Jordan Farmarなどと共にプレーしNBA Play Off Western Conference First Round に進むも怪我の為プレー出来ずプレーオフでは#2 Marcus Banks, #8 Jalen Rose, #52 Eric Piatkowskiなどの選手もわずかながらプレーし #13 Steve Nash, #31 Shawn Marion, #1 Amare Stoudemire, #19 Raja Bellなどが中心のPhoenix Sunsに1-4で敗退した。 2007-08seasonLos Angeles Lakersは、Phil Jackson ヘッドコーチのもとで57-25の成績を残し、 2008 NBA Finalsまで勝ち進む、2008 NBA Finalの対戦相手はこの2007~08seasonより#5 Kevin Garnett, #20 Ray Allenが加入し#34 Paul Pierceと共にBig3が誕生、#9 Rajon Rondo#43 Kendrick Perkinsの成長もあり、控えには#0 Leon Powe, #11 Glen Davis, #42 Tony Allen,またベテランの #28 Sam Cassell, #93 P.J. Brown, #66 Scot Pollard, #41 James Posey, などで見事2008 NBA Championに輝いたのはBoston Celticsであった。Los Angeles Lakers#24 Kobe Bryant中心に #2 Derek Fisher, #3 Trevor Ariza, #7 Lamar Odom, #16 Pau Gasolなどで、 #17 Andrew Bynumを怪我で欠くなかベンチには#5 Jordan Farmar, #10 Vladimir Radmanovic, #21 Ronny Turiaf, #18 Sasha Vujacic, #4 Luke Walton, #28 Didier Ilunga-Mbengaなどで2-4となる好ゲームをした。 2008-09 seasonLos Angeles Lakersで41試合出場したシーズン途中にCharlotte Bobcatsとの間でトレードがあり #12 Shannon Brown, #6 Adam Morrisonの代わりに移籍した。その後直ぐにCharlotte Bobcatsより #19 Raja Bellと一緒にGolden State Warriorsにトレードで移る事に#1 Stephen Jackson, #2 Acie Law代わりにCharlotte Bobcatsに移籍した。 2010-11seasonGolden State Warriorsは、#8 Monta Ellis, #30 Stephen Curry, #1 Dorell Wright, #10 David Leeなどのほか#55 Reggie Williams, #23 Al Thornton, #15 Andris Biedrinsなどといった選手たちとプレー、またこのシ―ズンには#7 Jeremy Linもわずか29試合だがGolden State Warriorsでプレーしている。 2011-12 seasonよりAtlanta Hawksに在籍しチームではシーズン始まってすぐに怪我をした#15 Al Horfordがプレー出来ずその代わりに新加入のベテラン勢 #1 Tracy McGrady, #42 Jerry Stackhouseなどと#7 Jannero Pargo, #6 Kirk Hinrich, #33 Willie Green, #44 Ivan Johnson等の選手たちも活躍し #2 Joe Johnson, #5 Josh Smith, #0 Jeff Teague, #24 Marvin Williamsなどとプレーオフに進出、#5 Kevin Garnett , #9 Rajon Rondo, #34 Paul Pierce, #20 Ray Allen, #30 Brandon Bass, #51 Keyon Dooling, #0 Avery Bradleyなどをようす Boston CelticsNBA Play Off Eastern Conference First Round で対戦して2-4で敗退している。

Continue reading ↑

Vladimir Radmanovic Profile

Position:
Forward
Height:
208cm
Weight:
103kg
Born:
11/19/1980, Bosnia and Herzegovina
College:
Other
Team:
Golden State Warriors, Western Conference
Jersey Status:
Game Worn

Other Status

CHRISTMAS GAME,

Home Jersey