NBA,バスケットボールミュージアムLayupshot

Contact us 免責事項

© 2012-2017 Layupshot.

Owner. Tadahiro Hakamata

Photo. Kentaro Sawaguchi

Design. PLANPOT DESIGN WORKS

JERSEY MUSEUM

HOME / JERSEY MUSEUM / 2011-2012 / Boston Celtics / Chris Wilcox

Chris Wilcox #44
- Boston Celtics - 2011-2012

NBA Game Worn jersey museum "Layupshot"館内で展示されているジャージは全て販売可能です。(既に販売済みのジャージも含まれています) サイト内 "Price negotiation" ボタンより簡単なフォームにご記入頂くと、在庫の有無・販売価格をメールにて返信致します。 館内に展示されているジャージは、NBA選手が着用したもの、もしくは着用するために用意された大変貴重なものばかりです。

All jerseys display within the NBA Game Worn jersey museum "Layupshot" are available for purchase. (Some jerseys on display are already sold) We will get back to you with the availability and price information if you contact us through the "Price Negotiation" button. Jerseys displayed in this museum have been worn, or issued to be worn by actual NBA players.

NBA Game Worn jersey museum "Layupshot" 博物馆内展示的所有球衣都是可以选购的(已售出的款式也在包含展示范围内)。 在本网页内,您只需点击 "Price negotiation" 图标,并简单的填写相应信息,相关球衣的库存和价格会通过EMAIL的形式发送给您。 本馆展示的所有球衣都是NBA球员亲着,或是比赛备用款式。均在市面上不可多得,具有很高收藏价值意义。

Jersey Description

This green jersey was worn by #44 Chris Wilcox of the Boston Celtics on the opening day of the 2011-2012 National Basketball Association regular season. He wore this jersey during the Celtics’ 106-104 loss to the New York Knicks on December 25, 2011 at Madison Square Garden in New York, New York. There is an NBA “snowflake” patch over the left breast of the jersey.

Layup Navigation

2002年のNBA Draft8位指名を受けUniversity of MarylandよりNBA入りしている。University of Maryland時代には#35 Lonny Baxter, #2 ・#5 Steve Blake, #3 Juan Dixonらと共に#20 Jared Jeffries中心のIndiana UniversityNCAA Finalで破り全米制覇をなしとげている。また4位指名を受けたUniversity of Kansas出身のセンター#90 Drew GoodenとはNCAA Final 4で対戦している。 この2002年のNBA Draftの1位指名は中国よりビッグセンターの#11 Yao Ming, 2位には#5 Carlos Boozerと同じDuke Universityより#22 Jay Williams, 続く3位にも同校より#17 Mike Dunleavyが指名されている。4位にはUniversity of Kansas出身のセンター#90 Drew Goodenが、9位には高校卒業からNBA入りする事となる#1 Amare Stoudemire, 10位University of Connecticutより#4 Caron Butlerが、14位にはのちのNBA Slam Dunk Champion にも輝くUniversity of Oregon出身の#2 Fred Jonesが、17位には8位指名を受けた#44 Chris Wilcox と共にUniversity of Marylandで活躍した#3 Juan Dixonが、23位にはUniversity of Kentuckyより#22 Tayshaun Prince, 30位にはUniversity of Virginiaから#31 Roger MasonNBAへと道を進んだ。 他にはこの2002年のNBA Draftで 26位University of Miami出身の#15 John Salmons, 34位Duke University出身#5 Carlos Boozer, 41位Shaw University出身#22 Ronald Murray, #54 Chris Wilcoxと同じUniversity of Marylandより43位で#35 Lonny Baxterなどの名前を見る事も出来る。 4シーズン目となる2005~06season Los Angeles ClippersNBA Play Off 進出を果たすもシーズン後半の怪我でプレー出来ずチームでは#42 Elton Brand, #19 Sam Cassell, #50 Corey Maggette, #5 Cuttino Mobley, #35 Chris Kaman, #7 Vladimir Radmanovic, #13 Quinton Rossらの活躍でNBA Play Off Western Conference Semifinalsまで進みPhoenix Suns相手に3-4と健闘をした。翌2006~07season にはSeattle SuperSonicsへ移りチームの中心である#34 Ray Allen, #7 Rashard Lewisの次に活躍しその後New York Knicks, Detroit Pistonsと渡り、2011~12season #20 Ray Allen, #5 Kevin Garnett, #34 Paul Pierce, #9 Rajon Rondoを要するBoston Celticsへ移籍するも再び怪我のため出場機会を逃す。

Continue reading ↑

Chris Wilcox Profile

Position:
Forward
Height:
208cm
Weight:
100kg
Born:
9/3/1982, North Carolina, USA
College:
University of Maryland
Team:
Boston Celtics, Eastern Conference
Jersey Status:
Game Worn

Other Status

CHRISTMAS GAME,

Away Jersey