NBA,バスケットボールミュージアムLayupshot

Contact us 免責事項

© 2012-2017 Layupshot.

Owner. Tadahiro Hakamata

Photo. Kentaro Sawaguchi

Design. PLANPOT DESIGN WORKS

JERSEY MUSEUM

HOME / JERSEY MUSEUM / 1995-1996 / San Antonio Spurs / David Robinson

David Robinson #50
- San Antonio Spurs - 1995-1996

$1,670 USD

Price negotiation

NBA Game Worn jersey museum "Layupshot"館内で展示されているジャージは全て販売可能です。(既に販売済みのジャージも含まれています) サイト内 "Price negotiation" ボタンより簡単なフォームにご記入頂くと、在庫の有無・販売価格をメールにて返信致します。 館内に展示されているジャージは、NBA選手が着用したもの、もしくは着用するために用意された大変貴重なものばかりです。

All jerseys display within the NBA Game Worn jersey museum "Layupshot" are available for purchase. (Some jerseys on display are already sold) We will get back to you with the availability and price information if you contact us through the "Price Negotiation" button. Jerseys displayed in this museum have been worn, or issued to be worn by actual NBA players.

NBA Game Worn jersey museum "Layupshot" 博物馆内展示的所有球衣都是可以选购的(已售出的款式也在包含展示范围内)。 在本网页内,您只需点击 "Price negotiation" 图标,并简单的填写相应信息,相关球衣的库存和价格会通过EMAIL的形式发送给您。 本馆展示的所有球衣都是NBA球员亲着,或是比赛备用款式。均在市面上不可多得,具有很高收藏价值意义。

Layup Navigation

1987年のNBA Draft 第1位でUnited States Naval AcademyよりSan Antonio Spursに入団する。 1987 NBA Draft第1位はUnited States Naval Academy出身の#50 David Robinsonが2位にUniversity of Nevada, Las Vegas出身の#35 Armen Gilliamが3位にOhio State University出身の#2 Dennis Hopsonが4位にはGeorgetown University出身の#34 Reggie Williamsが5位にUniversity of Central Arkansas出身の#33 Scottie Pippenが指名を受けNBA入りを果たしている他6位にUniversity of North Carolina出身の#30 Kenny Smithが7位にUniversity of California出身の#7 Kevin Johnson, 8位にUniversity of Virginia出身の#0 Olden Polynice, 9位にUniversity of Alabama出身の#9 Derrick McKey, 10位にはClemson University出身の#54 Horace Grantが指名を受け11位にUniversity of California, Los Angeles出身の#31 Reggie Millerが12位にWake Forest University出身の#1 Muggsy Boguesが13位にUniversity of North Carolina出身の#42 Joe Wolfらが指名を受けるほかには18位にはSt. John's University出身の#13 Mark Jackson, 19位にはUniversity of Illinois at Urbana-Champaign出身の#3 Ken Normanが22位にNortheastern University出身の#35 Reggie Lewisが23位にはUniversity of Houston出身の#33 Greg Andersonが26位にIndiana University出身の#4 Steve Alfordが39位にUniversity of Memphis出身の#17 Vincent Askewが52位にはUniversity of Notre Dame出身の#5 Donald Royalが他にも79位にはUniversity of California, Los Angeles出身の#54 Jack Haleyが127位にはリトアニアより#13 Sarunas Marciulionisなどが指名を受けこの1987 NBA DraftNBA入りを果たしている。 #50 David Robinsonにとってルーキーイヤーとなる1989-90seasonSan Antonio SpursにはLarry Brownヘッドコーチのもと56-26の成績を残しチームにはルーキーで#32 Sean Elliottも同じく入団し活躍を見せチームには#34 Terry Cummings, #40 Willie Anderson, #1 Rod Strickland, #25 David Wingate, #43 Frank Brickowski, #2 Reggie Williams, #00 Johnny Mooreなどが在籍しプレーを共にして#50 David Robinson自身は出場した82試合うち81試合にスターターとしてプレーして平均24.3得点、12.0リバウンド、2.0アシスト、1.7スティール、3.9ブロックを記録しチーム1位の活躍をしている1989-90season途中にMVP#32 Magic Johnsonが輝きMiami Arena, Miami, FLで開催された1990 NBA All-Star GameでWesternのリザーブメンバーとして#17 Chris Mullin, #12 Fat Lever, #24 Tom Chambers, #22 Rolando Blackman, #22 Clyde Drexler, #7 Kevin Johnsonと共に選出されWesternのスターターには#34 Hakeem Olajuwon, #32 Magic Johnson, #42 James Worthy, #12 John Stockton, #45 A.C. Greenが選出されプレーを共にした。また対戦したEasternのスターターには#23 Michael Jordan, #11 Isiah Thomas, #33 Patrick Ewing, #33 Larry Bird, #34 Charles Barkleyが選出されEasternのリザーブメンバーには#00 Robert Parish, #32 Kevin McHale, #4 Joe Dumars, #21 Dominique Wilkins, #31 Reggie Miller, #33 Scottie Pippen, #10 Dennis Rodmanが選出されEast 130-West 113の結果に終わっている。1989-90 NBA Rookie of the Yearに輝いた#50 David Robinsonと同じく1981-82seasonには#52 Buck Williamsが翌1982-83seasonには#34 Terry Cummings1983-84seasonには#50 Ralph Sampsonが受賞しており#23 Michael Jordanが受賞した1984-85seasonの翌年には#33 Patrick Ewingが受賞し、その後#45 Chuck Person, #13 Mark Jackson, #23 Mitch Richmondと続いての受賞であった。むかえたNBA Play Off Western Conference First RoundDoug Moeヘッドコーチのもと43-39の成績を残しチームには#2 Alex English, #12 Fat Lever, #41 Blair Rasmussen, #21 Todd Lichti, #14 Michael Adams, #45 Tim KemptonなどをようしたDenver Nuggetsと対戦し3-0で勝利し、NBA Play Off Western Conference SemifinalsRick Adelmanヘッドコーチのもと59-23の成績を残しチームにはルーキーで#44 Drazen Petrovicが入団しチームは#22 Clyde Drexlerを中心に#25 Jerome Kersey, #30 Terry Porter, #52 Buck Williams, #00 Kevin Duckworth, #3 Clifford Robinson, #2 Mark Bryant などをようしたPortland Trail Blazersと対戦して3-4の接戦の末敗退している。 1990-91seasonSan Antonio SpursLarry Brownヘッドコーチのもと55-27の成績を残しチームにはルーキーで#45 Tony Massenburgが入団しチームには#50 David Robinsonを中心に#34 Terry Cummings, #32 Sean Elliott, #40 Willie Anderson, #1 Rod Strickland, #25 David Wingate, #8 Paul Pressey, #21 Sidney Green, #15 Avery Johnsonなどが在籍しプレーを共にして#50 David Robinson自身は出場した82試合うち81試合にスターターとしてプレーして平均25.6得点、13.0リバウンド、2.5アシスト、1.5スティール、3.9ブロックを記録しチーム1位の活躍をしている1990-91season途中にMVP#34 Charles Barkleyが輝きCharlotte Coliseum, Charlotte, NCで開催された1991 NBA All-Star GameにWesternのスターターとして#32 Karl Malone, #32 Magic Johnson, #7 Kevin Johnson, #17 Chris Mullinと共に選出されWesternのリザーブメンバーには#42 James Worthy, #22 Clyde Drexler, #00 Kevin Duckworth, #24 Tom Chambers, #30 Terry Porter, #10 Tim Hardaway, #12 John Stocktonが選出されプレーを共にした。また対するEasternのスターターとして#34 Charles Barkley, #33 Patrick Ewing, #30 Bernard King, #4 Joe Dumars, #23 Michael Jordanらが選出されEasternのリザーブメンバーには#21 Dominique Wilkins, #22 Ricky Pierce, #33 Hersey Hawkins, #32 Kevin McHale, #43 Brad Daugherty, #21 Alvin Robertson, #00 Robert Parishが選出され対戦しEast 116-West 114の結果に終わっている。NBA Play Off Western Conference First RoundDon Nelsonヘッドコーチのもと44-38の成績を残しチームにはルーキーで#20 Mario Elie, #32 Tyrone Hillなどが入団しチームでは有名な#17 Chris Mullin, #10 Tim Hardaway, #23 Mitch Richmondの3人による「Run TMC」ラン&ガンの攻撃で調子を上げチームには他#13 Sarunas Marciulionis, #22 Rod Higgins, #3 Tom Tolbert, #4 Vincent Askewなども在籍したGolden State Warriorsと対戦し1-3で敗退した。 1991-92seasonSan Antonio SpursLarry Brownヘッドコーチがシーズン途中に解任され代わりにBob Bassヘッドコーチが就任しチームには#34 Terry Cummings, #32 Sean Elliott, #1 Rod Strickland, #35 Antoine Carr, #25 Vinnie Johnson, #5 Donald Royal, #6 Trent Tuckerなどと共にプレーし#50 David Robinson自身は後半怪我の為プレー出来ず出場した68試合全てにスターターとしてプレーして平均23.2得点、12.2リバウンド、2.7アシスト、2.3スティール、4.5ブロックを記録し怪我の中チームでは1位の活躍をしている1991-92season途中にMVP#32 Magic Johnsonが輝きOrlando Arena, Orlando, FLで開催された1992 NBA All-Star GameにWesternのスターターとして#32 Magic Johnson, #22 Clyde Drexler, #32 Karl Malone, #17 Chris Mullinと共に選出されWesternのリザーブメンバーには#14 Jeff Hornacek, #10 Tim Hardaway, #34 Hakeem Olajuwon, #12 John Stockton, #42 James Worthy, #9 Dan Majerle, #55 Dikembe Mutombo, #33 Otis Thorpeが選出されプレーを共にした。またこの1992 All Star Gameを期に引退している#32 Magic Johnsonにスターターを譲ったのは#17 Chris Mullinの所属したGolden State Warriorsのチームメイトでもある#10 Tim Hardawayであった。また対するEasternのスターターとして#34 Charles Barkley, #11 Isiah Thomas, #33 Scottie Pippen, #33 Patrick Ewing, #23 Michael Jordanらが選出されEasternリザーブメンバーには#10 Dennis Rodman, #4 Joe Dumars, #35 Reggie Lewis, #43 Brad Daugherty, #25 Mark Price, #10 Michael Adams, #42 Kevin Willisが選出されてプレーを共にしWest 153-East 113の結果に終わった。#50 David Robinsonが怪我の為出場できずそんな中迎えたNBA Play Off Western Conference First RoundCotton Fitzsimmonsヘッドコーチのもと53-29の成績を残しチームには#7 Kevin Johnson, #14 Jeff Hornacek, #9 Dan Majerle, #24 Tom Chambers, #23 Cedric Ceballos, #34 Tim Perry, #28 Andrew Lang, #41 Mark Westなどをようした Phoenix Sunsのまえに0-3で敗退している。 1992-93seasonSan Antonio Spursはヘッドコーチがシーズン途中に3人が入れ替わったチームではJerry Tarkanianヘッドコーチ,Rex Hughesヘッドコーチ,John Lucasヘッドコーチと入れ替わりチームにはルーキーで#24 Lloyd Danielsが入団しチームには#50 David Robinsonを中心に#32 Sean Elliott, #3 Dale Ellis, #40 Willie Anderson, #7 J.R. Reid, #35 Antoine Carr, #6 Avery Johnson, #34 Terry Cummings, #15 Vinny Del Negro, #2 Larry Smith, #10 David Woodなどが在籍しプレーを共にして#50 David Robinson自身は出場した82試合全てにスターターとしてプレーして平均23.4得点、11.7リバウンド、3.7アシスト、1.5スティール、3.2ブロックを記録しチーム1位の活躍をしている1992-93 season途中にMVP#32 Karl Malone, #12 John Stocktonが同時受賞しているDelta Center, Salt Lake City, UT開催された1993 NBA All-Star GameにWesternのスターターとして#32 Karl Malone, #12 John Stockton, #34 Charles Barkley, #22 Clyde Drexlerと共に選出され、なかでも#34 Charles Barkleyは今シーズンEasternから移り大親友である#23 Michael Jordanに敬意を表し背番号を23にした。またWesternのリザーブメンバーには#9 Dan Majerle, #10 Tim Hardaway, #34 Hakeem Olajuwon, #30 Terry Porter, #5 Danny Manning, #32 Sean Elliott, #40 Shawn Kempが選出されプレーを共にした。また対するEasternのスターターとして#11 Isiah Thomas, #33 Scottie Pippen, #32 Shaquille O'Neal, #2 Larry Johnson, #23 Michael Jordanらが選出されEasternのリザーブメンバーには#33 Patrick Ewing, #25 Mark Price, #43 Brad Daugherty, #21 Dominique Wilkins, #4 Joe Dumars, #11 Detlef Schrempf, #22 Larry Nanceが選出されプレーを共にし試合はOTにもつれ込む接戦でWest 135-East 132だった。 NBA Play Off Western Conference First RoundRick Adelmanヘッドコーチのもと51-31の成績を残しチームにはルーキーで#31 Tracy Murrayが入団しチームには#30 Terry Porter, #22 Clyde Drexler, #25 Jerome Kersey, #1 Rod Strickland, #3 Clifford Robinson, #2 Mark Bryant, #52 Buck Williams, #17 Mario Elie, #00 Kevin DuckworthなどをようしたPortland Trail Blazersと対戦し3-1で勝利し、NBA Play Off Western Conference SemifinalsPaul Westphalヘッドコーチのもと62-20の成績を残しチームにはルーキーで#21 Richard Dumas, #25 Oliver Millerなどが入団する中チームには当初#8 Tim Kempton, #31 Kurt Rambisなどもいたがチームは#34 Charles Barkleyを中心に#7 Kevin Johnson, #9 Dan Majerle, #22 Danny Ainge, #24 Tom Chambers, #41 Mark West, #23 Cedric Ceballos, #3 Frank Johnson, #32 Negele KnightなどのメンバーをようしたPhoenix Sunsと対戦し2-4で敗退している。 1993-94 seasonSan Antonio SpursJohn Lucasヘッドコーチのもと55-27の成績を残しチームにはルーキーで#20 Chris Whitneyが入団しまた新加入で#10 Dennis Rodmanが加わりチームには#50 David Robinson, #3 Dale Ellis, #32 Negele Knight, #40 Willie Anderson, #34 Terry Cummings, #15 Vinny Del Negro, #24 Lloyd Daniels, #35 Antoine Carr, #7 J.R. Reid, #21 Sleepy Floydなどが在籍しプレーを共にして#50 David Robinson自身は出場した80試合全てにスターターとしてプレーして平均29.8得点、10.7リバウンド、4.8アシスト、1.7スティール、3.3ブロックを記録しチーム1位の活躍をしている1993-94 season途中にMVPには#33 Scottie Pippenが輝きTarget Center, Minneapolis, MNで開催された1994 NBA All-Star Gameに選出されるWesternのスターターには#34 Hakeem Olajuwon, #2 Mitch Richmond, #40 Shawn Kemp, #32 Karl Malone, #22 Clyde Drexlerが選出されWesternのリザーブメンバーとして#12 John Stockton, #3 Clifford Robinson, #5 Danny Manning, #20 Gary Payton, #15 Latrell Sprewell, #7 Kevin Johnsonと共に選出され対するEasternのスターターには#33 Scottie Pippen, #32 Shaquille O'Neal, #10 B.J. Armstrong, #44 Derrick Coleman, #7 Kenny Andersonが選ばれEasternのリザーブメンバーには#33 Patrick Ewing, #25 Mark Price, #3 John Starks, #21 Dominique Wilkins, #54 Horace Grant, #10 Mookie Blaylock, #34 Charles Oakleyが選出されプレーした。むかえたNBA Play Off Western Conference First RoundJerry Sloanヘッドコーチのもと53-29の成績を残しチームにはルーキーで#34 Bryon Russell, #33 Aaron Williamsなどが入団しチームには#32 Karl Malone, #14 Jeff Hornacek, #12 John Stockton, #50 Felton Spencer, #6 Jay Humphries, #21 David Benoit, #23 Tyrone Corbin, #42 Tom Chambers, #25 John CrottyなどをようしたUtah Jazzと対戦し1-3で敗退した。 1994-95seasonSan Antonio SpursBob Hillヘッドコーチのもと62-20の成績を残しチームにはルーキーで#1 Howard Eisleyが入団しチームには#50 David Robinsonを中心に#32 Sean Elliott, #6 Avery Johnson, #15 Vinny Del Negro, #10 Dennis Rodman, #25 Doc Rivers, #7 J.R. Reid, #45 Chuck Person, #34 Terry Cummings, #40 Willie Anderson, #54 Jack Haleyなどが在籍しプレーを共にして#50 David Robinson自身は出場した81試合全てにスターターとしてプレーして平均27.6得点、10.8リバウンド、2.9アシスト、1.7スティール、3.2ブロックを記録しチーム1位の活躍をしている1994-95season途中にMVPには#2 Mitch Richmondが輝きAmerica West Arena, Phoenix, AZで開催された1995 NBA All-Star GameにWesternのスターターとして#34 Hakeem Olajuwon, #40 Shawn Kemp, #15 Latrell Sprewell, #9 Dan Majerle, #34 Charles Barkleyらが選出されWesternのリザーブメンバーとして#20 Gary Payton, #2 Mitch Richmond, #55 Dikembe Mutombo, #11 Detlef Schrempf, #32 Karl Malone, #12 John Stocktonと共に選出され対するEasternのスターターには#1 Anfernee Hardaway, #33 Scottie Pippen, #32 Shaquille O'Neal, #31 Reggie Miller, #33 Grant Hillが選出されEasternのリザーブメンバーには#33 Patrick Ewing, #4 Joe Dumars, #2 Larry Johnson, #33 Alonzo Mourning, #3 Dana Barros, #42 Vin Baker, #32 Tyrone Hillが選ばれプレーした結果West 139-East 112に終わった。 この1994-95season1994-95 NBA Season MVP#50 David Robinsonが受賞した。 NBA Play Off Western Conference First Roundでヘッドコーチがシーズン途中に3人が入れ替わったチームではDan Isselヘッドコーチ, Gene Littlesヘッドコーチ, Bernie Bickerstaffヘッドコーチと入れ替わりチームにはルーキーで#5 Jalen Rose, #35 Reggie Slaterなどが入団しチームには#1 Mahmoud Abdul-Rauf, #23 Bryant Stith, #3 Dale Ellis, #34 Reggie Williams, #54 Rodney Rogers, #8 Brian Williams(Bison Dele), #21 Tom Hammonds, #55 Dikembe Mutombo, #53 Cliff Levingston, #9 Greg GrantなどをようしたDenver Nuggetsと対戦し3-0で勝利し、続くNBA Play Off Western Conference SemifinalsDel Harrisヘッドコーチのもと48-34の成績を残しチームにはルーキーで#25 Eddie Jones, #2 Anthony Millerなどが入団しチームには#9 Nick Van Exel, #41 Elden Campbell, #12 Vlade Divac, #23 Cedric Ceballos, #30 George Lynch, #31 Sam Bowie, #34 Tony Smith, #3 Sedale Threatt, #2 Anthony Miller, #40 Antonio Harveyなどが在籍したLos Angeles Lakersと対戦し4-2で勝利し、NBA Play Off Western Conference FinalsRudy Tomjanovichヘッドコーチのもと47-35の成績を残しチームにはルーキーで#55 Zan Tabakが入団しチームにはトレードで新たに#22 Clyde Drexlerが加入しチームは#34 Hakeem Olajuwonを中心に#25 Robert Horry, #10 Sam Cassell, #30 Kenny Smith, #17 Mario Elie, #52 Chucky Brown, #32 Pete Chilcutt, #11 Vernon Maxwell, #7 Carl Herrera などをようしたHouston Rocketsのまえに2-4で敗退している。この1995年のNBA Championには2年連続でHouston Rocketsが輝いている。 1995-96seasonSan Antonio SpursBob Hillヘッドコーチのもと59-23の成績を残しチームにはルーキーで#1 Cory Alexanderが入団しチームには#50 David Robinsonを中心に#32 Sean Elliott, #15 Vinny Del Negro, #6 Avery Johnson, #45 Chuck Person, #41 Will Perdue, #54 Charles Smith, #3 Monty Williams, #25 Doc Rivers, #11 Carl Herrera, #33 Greg Andersonなどが在籍しプレーを共にして#50 David Robinson自身は出場した82試合全てにスターターとしてプレーして平均25.0得点、12.2リバウンド、3.0アシスト、1.4スティール、3.3ブロックを記録しチーム1位の活躍をしている1995-96season途中にMVPには#23 Michael Jordanが輝きSan Antonio Spursの地元Alamodome, San Antonio, TXで開催された1996 NBA All-Star GameにWesternのスターターとして#34 Charles Barkley, #40 Shawn Kemp, #32 Jason Kidd, #22 Clyde Drexler, #34 Hakeem Olajuwonが選出されWesternのリザーブメンバーには#20 Gary Payton, #2 Mitch Richmond, #32 Sean Elliott, #32 Karl Malone, #12 John Stockton, #55 Dikembe Mutomboと共に選出されプレーした。また対するEasternのスターターとしては#1 Anfernee Hardaway, #32 Shaquille O'Neal, #33 Grant Hill, #33 Scottie Pippen, #23 Michael Jordanらが選出されEasternのリザーブメンバーには#11 Terrell Brandon, #31 Reggie Miller, #5 Juwan Howard, #41 Glen Rice, #42 Vin Baker, #33 Alonzo Mourning, #33 Patrick Ewingが選出されプレーを共にした。 NBA Play Off Western Conference First RoundPaul Westphalヘッドコーチがシーズン途中に解任され代わりにCotton Fitzsimmonsヘッドコーチが就任しチームにはルーキーで#4 Michael Finley, #43 Chris Carr, #8 Mario Bennettなどが入団しチームには#34 Charles Barkleyを中心に#7 Kevin Johnson, #11 Wesley Person, #15 Danny Manning, #18 Hot Rod Williams, #23 Wayman Tisdale, #45 A.C. Green, #2 Elliot Perry, #17 Mario Bennett, #35 Joe Kleine, #43 Chris Carrなどが在籍したPhoenix Sunsと対戦し3-1で勝利し、NBA Play Off Western Conference SemifinalsJerry Sloanヘッドコーチのもと55-27の成績を残しチームにはルーキーで #00 Greg Ostertagが入団しチームには#32 Karl Malone, #14 Jeff Hornacek, #12 John Stockton, #34 Bryon Russell, #43 Chris Morris, #55 Antoine Carr, #21 David Benoit, #31 Adam Keefe, #10 Howard Eisley, #50 Felton Spencer, #44 Greg FosterなどをようしたUtah Jazzの前に2-4で敗退している。 1996-97seasonSan Antonio SpursBob Hillヘッドコーチがシーズン途中に解任され代わりに Gregg Popovichヘッドコーチが就任しチームには新加入で#21 Dominique Wilkinsが加入し#50 David Robinsonが怪我の為わずか6試合のみのプレーで平均17.7得点、8.5リバウンドチームも#11 Vernon Maxwell, #15 Vinny Del Negro, #6 Avery Johnson, #7 Carl Herreraなどがプレーしチームはどん底の成績でシーズンを終えている。 1997-98seasonSan Antonio SpursGregg Popovichヘッドコーチのもと56-26の成績を残しチームにはルーキーで#21 Tim Duncanが入団しチームには#50 David Robinson#21 Tim Duncanによる強力なツインタワーを軸に#6 Avery Johnson, #15 Vinny Del Negro, #2 Jaren Jackson, #45 Chuck Person, #41 Will Perdue, #3 Monty Williams, #31 Malik Rose, #4 Reggie Geary, #7 Carl Herreraなどが在籍しプレーを共にして#50 David Robinson自身は出場した73試合全てにスターターとしてプレーして平均21.6得点、10.6リバウンド、2.7アシスト、0.9スティール、2.6ブロックを記録しチーム1位の活躍をしている1997-98season途中にMVPには#23 Michael Jordanが輝きMadison Square Garden, New York, NYで開催された 1998 NBA All-Star GameでEasternのスターターとして#33 Grant Hill, #40 Shawn Kemp, #55 Dikembe Mutombo, #1 Anfernee Hardaway, #23 Michael Jordanらが選出されEasternのリザーブメンバーには#45 Rik Smits, #31 Reggie Miller, #55 Jayson Williams, #10 Tim Hardaway, #41 Glen Rice, #8 Steve Smith, #8 Antoine Walkerが選出されプレーを共にした。また対するWesternのスターターとして#20 Gary Payton, #8 Kobe Bryant, #21 Kevin Garnett, #34 Shaquille O'Neal, #32 Karl Maloneが選出されWesternのリザーブメンバーとして#6 Eddie Jones, #42 Vin Baker, #9 Nick Van Exel, #32 Jason Kidd, #2 Mitch Richmondと共にチームメイトの#21 Tim Duncanと一緒に選出されプレーを共にしている。 NBA Play Off Western Conference First RoundDanny Aingeヘッドコーチのもと56-26の成績を残しチームにはルーキーで#20 Marko Milicが入団しチームには#34 Antonio McDyess, #5 Jason Kidd, #21 George McCloud, #7 Kevin Johnson, #2 Mark Bryant, #30 Clifford Robinson, #13 Steve Nash, #3 Rex Chapman, #4 Dennis Scott, #18 Hot Rod Williamsなどをようした Phoenix Sunsと対戦し3-1で勝利し、NBA Play Off Western Conference SemifinalsJerry Sloanヘッドコーチのもと62-20の成績を残しチームにはルーキーで#11 Jacque Vaughn, #25 Troy Hudsonなどが入団しチームには#32 Karl Malone, #12 John Stocktonを中心に#3 Bryon Russell, #14 Jeff Hornacek, #40 Shandon Anderson, #10 Howard Eisley, #55 Antoine Carr, #44 Greg Foster, #34 Chris Morris, #00 Greg Ostertag, #31 Adam Keefeなどのメンバーが揃ったUtah Jazzと対戦し1-4で敗退している。 NBAロックアウト後の1998-99seasonSan Antonio SpursGregg Popovichヘッドコーチのもと37-13の成績を残しチームには#21 Tim Duncan, #6 Avery Johnson, #32 Sean Elliott, #2 Jaren Jackson, #17 Mario Elie, #31 Malik Rose, #25 Jerome Kersey, #33 Antonio Daniels, #4 Steve Kerr, #41 Will Perdueなどが在籍しプレーを共にして#50 David Robinson自身は出場した49試合全てにスターターとしてプレーして平均15.8得点、10.0リバウンド、2.1アシスト、1.4スティール、2.4ブロックを記録しむかえたNBA Play Off Western Conference First RoundFlip Saundersヘッドコーチのもと25-25の成績を残しチームにはルーキーで#8 Rasho Nesterovic, #45 Andrae Pattersonなどが入団しチームには#21 Kevin Garnett, #7 Terrell Brandon, #42 Sam Mitchell, #32 Joe Smith, #1 Anthony Peeler, #22 Dean Garrett, #2 Malik Sealy, #24 Bobby Jackson, #21 Tom Hammonds, #26 James RobinsonなどをようしたMinnesota Timberwolvesと対戦し3-1で勝利し、NBA Play Off Western Conference Semifinalsではヘッドコーチがシーズン途中に3人が入れ替わったチームではDel Harrisヘッドコーチ, Bill Bertkaヘッドコーチ, Kurt Rambisヘッドコーチと代わりチームにはルーキーで#10 Tyronn Lue, #21 Ruben Pattersonが加入しチームには#34 Shaquille O'Nealが中心となり#8 Kobe Bryant, #41 Glen Rice, #2 Derek Fisher, #17 Rick Fox, #5 Robert Horry, #12 Derek Harper, #11 J.R. Reid, #45 Sean Rooks, #40 Travis KnightなどをようしたLos Angeles Lakersと対戦し4-0のスウィ―プで勝利し、NBA Play Off Western Conference FinalsMike Dunleavyヘッドコーチのもと35-15の成績を残しチームにはルーキーで#6 Bonzi Wellsが入団しチームには#34 Isaiah Rider, #30 Rasheed Wallace, #44 Brian Grant, #3 Damon Stoudamire, #11 Arvydas Sabonis, #19 Jim Jackson, #50 Greg Anthony, #42 Walt Williams, #2 Stacey Augmon, #5 Jermaine O'Neal, #31 Kelvin CatoなどをようしたPortland Trail Blazersと対戦し4-0のスウィ―プで勝利し、迎えた1999年のNBA FinalsJeff Van Gundyヘッドコーチのもと27-23の成績を残しチームには#8 Latrell Sprewell, #20 Allan Houston, #2 Larry Johnson, #23 Marcus Camby, #33 Patrick Ewing, #40 Kurt Thomas, #1 Chris Childs, #21 Charlie Ward, #14 Chris Dudley, #11 Rick Brunson, #32 Herb WilliamsなどをようしEasternの第8シードで勝ち上がってきたNew York Knicksと対戦し4-2で勝利している。またNew York Knicksの中心選手であった#33 Patrick Ewingは怪我の為プレー出来なかった。San Antonio Spursは見事1999 NBA Championに輝いており、このシリーズの1998-99 NBA Finals MVPには#21 Tim Duncanが輝いている。 1999-00seasonSan Antonio SpursGregg Popovichヘッドコーチのもと53-29の成績を残しチームには#21 Tim Duncan, #6 Avery Johnson, #32 Sean Elliott, #2 Jaren Jackson, #17 Mario Elie, #31 Malik Rose, #25 Jerome Kersey, #33 Antonio Daniels, #55 Samaki Walker, #30 Terry Porter, #5 Derrick Dialなどが在籍しプレーを共にして#50 David Robinson自身は出場した80試合全てにスターターとしてプレーして平均17.8得点、9.6リバウンド、1.8アシスト、1.2スティール、2.3ブロックを記録している1999-00season途中にMVPには#21 Tim Duncan#34 Shaquille O'Nealが同時受賞となったOakland Arena, Oakland, CAで開催された2000 NBA All-Star GameでWesternのスターターとして#32 Jason Kidd, #21 Kevin Garnett, #21 Tim Duncan, #8 Kobe Bryant, #34 Shaquille O'Nealが選出されWesternのリザーブメンバーとして#30 Rasheed Wallace, #20 Gary Payton, #4 Chris Webber, #12 John Stockton, #4 Michael Finley, #32 Karl Maloneと共に選出されプレーを共にし、対するEasternのスターターには#3 Allen Iverson, #15 Vince Carter, #33 Alonzo Mourning, #6 Eddie Jones, #33 Grant Hillなどが選出されEasternのリザーブメンバーには#31 Reggie Miller, #20 Allan Houston, #34 Ray Allen, #13 Glenn Robinson, #55 Dikembe Mutombo, #42 Jerry Stackhouse, #32 Dale Davisが選出され試合結果はWest 137-East 126となった。怪我によって#21 Tim DuncanNBA Play Offでプレー出来ない中NBA Play Off Western Conference First RoundDanny Aingeヘッドコーチがシーズン途中に解任され代わりにScott Skilesヘッドコーチが就任しチームにはルーキーで#31 Shawn Marionなどが入団しチームには新加入の#1 Anfernee Hardawayほか#30 Clifford Robinson, #54 Rodney Rogers, #40 Corie Blount, #11 Todd Day, #7 Kevin Johnson, #8 Oliver Miller, #12 Toby BaileyなどをようしたPhoenix Sunsと対戦し1-3で敗退した。 2000-01seasonSan Antonio SpursGregg Popovichヘッドコーチのもと58-24の成績を残しチームにはルーキーで#3 Ira Newbleが入団しチームには#21 Tim Duncan#50 David Robinsonの強力なツインタワーを軸に#33 Antonio Daniels, #30 Terry Porter, #6 Avery Johnson, #35 Danny Ferry, #31 Malik Rose, #32 Sean Elliott, #1 Derek Anderson, #4 Steve Kerr, #55 Samaki Walkerなどが在籍しプレーを共にして#50 David Robinson自身は出場した80試合全てにスターターとしてプレーして平均14.4得点、8.6リバウンド、1.5アシスト、1.0スティール、2.5ブロックを記録している2000-01season途中にMVPには#3 Allen Iversonが輝く事になったMCI Center, Washington, DCで行われた2001 NBA All-Star GameにWesternのスターターは#8 Kobe Bryant, #4 Chris Webber, #21 Tim Duncan, #21 Kevin Garnett, #32 Jason Kiddが選出されWesternのリザーブメンバーとして#30 Rasheed Wallace, #4 Michael Finley, #20 Gary Payton, #24 Antonio McDyess, #21 Vlade Divac, #32 Karl Maloneなどと共に選出されプレーし対するEasternのスターターには#3 Allen Iverson, #15 Vince Carter, #1 Tracy McGrady, #33 Antonio Davis, #14 Anthony Masonのスターターに加えEasternのリザーブメンバーには#55 Dikembe Mutombo, #34 Ray Allen, #3 Stephon Marbury, #13 Glenn Robinson, #8 Latrell Sprewell, #42 Jerry Stackhouse, #20 Allan Houstonが選出され試合は第3Qまでの20点差を跳ね返しEast 111-West 110という結果に終わった。 NBA Play Off Western Conference First RoundFlip Saundersヘッドコーチのもと47-35の成績を残しチームには#21 Kevin Garnettを中心に#7 Terrell Brandon, #10 Wally Szczerbiak, #44 Anthony Peeler, #3 LaPhonso Ellis, #13 Felipe Lopez, #22 Dean Garrett, #35 Reggie Slater, #8 Rasho Nesterovic, #5 William Avery, #42 Sam Mitchell, #4 Chauncey BillupsなどをようしたMinnesota Timberwolvesと対戦し3-0で勝利し、NBA Play Off Western Conference SemifinalsDon Nelsonヘッドコーチのもと53-29の成績を残しチームには#41 Dirk Nowitzki, #4 Michael Finley, #13 Steve Nash, #5 Juwan Howard, #44 Shawn Bradley, #9 Howard Eisley, #52 Calvin Booth, #21 Greg Buckner, #14 Eduardo Najera, #16 Wang Zhizhi, #3 Vernon Maxwell, #2 Mark BryantなどをようしたDallas Mavericksと対戦し4-1で勝利し、NBA Play Off Western Conference FinalsPhil Jacksonヘッドコーチのもと56-26の成績を残しチームにはルーキーで#35 Mark Madsen, #14 Stanislav Medvedenkoなどが入団しチームには#34 Shaquille O'Nealを中心に#8 Kobe Bryant, #2 Derek Fisher, #17 Rick Fox, #54 Horace Grant, #5 Robert Horry, #20 Brian Shaw, #10 Tyronn Lue, #3 Devean George, #4 Ron Harper, #40 Greg FosterなどをようしたLos Angeles Lakersのまえに0-4のスウィ―プ負けを期してしまう。この2001年のNBA ChampionにはLos Angeles Lakersが輝いている。 2001-02 seasonSan Antonio SpursGregg Popovichヘッドコーチのもと58-24の成績を残しチームにはルーキーで#9 Tony Parkerが入団しチームには#21 Tim Duncanを中心に#31 Malik Rose, #8 Steve Smith, #33 Antonio Daniels, #12 Bruce Bowen, #35 Danny Ferry, #18 Cherokee Parks, #5 Charles Smithなどが在籍しプレーを共にして#50 David Robinson自身は出場した78試合全てにスターターとしてプレーして平均12.2得点、8.3リバウンドを記録している。NBA Play Off Western Conference First RoundではNate McMillanヘッドコーチのもと45-37の成績を残しチームにはルーキーで#25 Earl Watson, #14 Predrag Drobnjak, #77 Vladimir Radmanovicなどが入団しチームには#20 Gary Payton, #42 Vin Bakerを中心に#24 Desmond Mason, #31 Brent Barry, #7 Rashard Lewis, #33 Jerome James, #1 Shammond WilliamsなどをようしたSeattle SuperSonicsと対戦し3-2で勝利し、NBA Play Off Western Conference SemifinalsPhil Jacksonヘッドコーチのもと58-24の成績を残しチームには#34 Shaquille O'Nealを中心に#8 Kobe Bryant, #2 Derek Fisher, #17 Rick Fox, #5 Robert Horry, #20 Brian Shaw, #52 Samaki Walker, #3 Devean George, #35 Mark Madsen, #14 Stanislav Medvedenko, #23 Mitch RichmondなどをようしたLos Angeles Lakersと対戦し1-4で敗退している。この2002年のNBA ChampionにはLos Angeles Lakersが輝いている。 2002-03seasonSan Antonio SpursGregg Popovichヘッドコーチのもと60-22の成績を残しチームにはルーキーで#20 Manu Ginobili, #23 Devin Brownらが入団しチームには#21 Tim Duncan, #9 Tony Parker, #3 Stephen Jackson, #31 Malik Rose, #50 David Robinson, #12 Bruce Bowen, #10 Speedy Claxton, #42 Kevin Willis, #25 Steve Kerr, #35 Danny Ferry, #8 Steve Smithなどをようしこのシーズンの2003 NBA Championに輝くことになる。 NBA Play Off Western Conference First RoundではFrank Johnsonヘッドコーチのもと44-38の成績を残しチームにはルーキーで#23 Casey Jacobsen#32 Amare Stoudemireと同じく入団しチームの中心は#3 Stephon Marbury, #31 Shawn Marion, #1 Anfernee Hardaway, #2 Joe Johnsonなどが活躍するほか#43 Jake Voskuhl, #24 Tom Gugliotta, #45 Bo Outlaw, #47 Scott WilliamsなどをようしたPhoenix Sunsと対戦し4-2で勝利し、NBA Play Off Western Conference SemifinalsPhil Jacksonヘッドコーチのもと50-32の成績を残しチームにはルーキーで#12 Jannero Pargo, #21 Kareem Rushなどが入団しチームには#8 Kobe Bryant, #34 Shaquille O'Neal, #2 Derek Fisher, #3 Devean George, #5 Robert Horry, #20 Brian Shaw, #14 Stanislav Medvedenko, #35 Mark MadsenなどをようしたLos Angeles Lakersと対戦し4-2で勝利し、NBA Play Off Western Conference FinalsDon Nelsonヘッドコーチのもと60-22の成績を残しチームには#41 Dirk Nowitzki, #31 Nick Van Exel, #4 Michael Finley, #13 Steve Nash, #45 Raef LaFrentz, #14 Eduardo Najera, #11 Raja Bell, #43 Walt Williams, #44 Shawn Bradley, #7 Adrian Griffin, #9 Tariq Abdul-WahadなどをようしたDallas Mavericksと対戦し4-2で勝利し、迎えた2003年のNBA FinalByron Scottヘッドコーチのもと49-33の成績を残しチームには#5 Jason Kidd, #6 Kenyon Martin, #24 Richard Jefferson, #30 Kerry Kittles, #12 Lucious Harris, #54 Rodney Rogers, #34 Aaron Williams, #35 Jason Collins, #2 Anthony Johnson, #55 Dikembe Mutomboなどが在籍し2年連続のNBA Final進出となるNew Jersey Netsと対戦し4-2で勝利し見事2003年のNBA Championに輝いた。

Continue reading ↑

David Robinson Profile

Position:
Center
Height:
216cm
Weight:
107kg
Born:
8/6/1965, Florida, USA
College:
United States Naval Academy
Team:
San Antonio Spurs, Western Conference
Jersey Status:
Pro-cut

Other Status

LIMITED EDITION,

Away Jersey