NBA,バスケットボールミュージアムLayupshot

Contact us 免責事項

© 2012-2017 Layupshot.

Owner. Tadahiro Hakamata

Photo. Kentaro Sawaguchi

Design. PLANPOT DESIGN WORKS

JERSEY MUSEUM

HOME / JERSEY MUSEUM / 2010-2011 / Indiana Pacers / Mike Dunleavy Jr

Mike Dunleavy Jr #17
- Indiana Pacers - 2010-2011

NBA Game Worn jersey museum "Layupshot"館内で展示されているジャージは全て販売可能です。(既に販売済みのジャージも含まれています) サイト内 "Price negotiation" ボタンより簡単なフォームにご記入頂くと、在庫の有無・販売価格をメールにて返信致します。 館内に展示されているジャージは、NBA選手が着用したもの、もしくは着用するために用意された大変貴重なものばかりです。

All jerseys display within the NBA Game Worn jersey museum "Layupshot" are available for purchase. (Some jerseys on display are already sold) We will get back to you with the availability and price information if you contact us through the "Price Negotiation" button. Jerseys displayed in this museum have been worn, or issued to be worn by actual NBA players.

NBA Game Worn jersey museum "Layupshot" 博物馆内展示的所有球衣都是可以选购的(已售出的款式也在包含展示范围内)。 在本网页内,您只需点击 "Price negotiation" 图标,并简单的填写相应信息,相关球衣的库存和价格会通过EMAIL的形式发送给您。 本馆展示的所有球衣都是NBA球员亲着,或是比赛备用款式。均在市面上不可多得,具有很高收藏价值意义。

Jersey Description

This navy jersey was worn by #17 Mike Dunleavy of the Indiana Pacers on opening night of the 2010-2011 National Basketball Association regular season. Dunleavy wore this jersey during the Pacers' 122-109 loss to the San Antonio Spurs on October 27, 2010 at AT&T Center in San Antonio, Texas.

Layup Navigation

2002年の NBA Draft全体第 3位でDuke UniversityよりGolden State Warriorsに入団する。父はLos Angeles LakersPortland Trail BlazersMilwaukee Bucksなどでヘッドコーチもしていた元NBAプレーヤーでもあるMike Dunleavyである。 Duke Blue Devils時代の1999-00seasonDuke Blue Devils#31 Shane Battier, #23 Chris Carrawell, #22 Jay Williams, #5 Carlos Boozerなどと共に#33 Mike Miller, #40 Udonis Haslem, #15 Matt Bonnerなどを擁したUniversity of FloridaNCAAトーナメントEast Regional Semifinalで対戦して78-87で敗退した。2000-01 seasonDuke Blue Devilsには#25 Chris Duhonが加わり2001年のNCAAトーナメントFinal#0 Gilbert Arenas, #24 Richard Jefferson, #3 Loren Woods, #4 Luke WaltonなどがいたUniversity of Arizonaと対戦して82-72で勝利し見事2001 NCAA Tournament Championに輝いた。2001-02 seasonDuke Blue Devils#31 Shane Battierが去り代わりに#1 Dahntay Jonesが活躍する中2001年のNCAAトーナメントSouth Regional Semifinal#20 Jared Jeffries中心のIndiana Universityと対戦して73-74で敗退した。 Duke University出身のNBAプレーヤーは#5 William Avery, #31 Shane Battier, #5 Carlos Boozer, #42 Elton Brand, #9 Luol Deng, #25 Chris Duhon, #35 Danny Ferry, #15 Gerald Henderson, #33 Grant Hill, #7 Bobby Hurley, #2 Kyrie Irving, #1 Dahntay Jones, #32 Christian Laettner, #50 Corey Maggette, #6 Josh McRoberts, #44 Cherokee Parks, #7 J.J. Redick, #22 Jay Williams, #33 Shelden Williamsなどが挙げられる。 この2002年のNBA Draft全体第1位指名は中国よりビッグセンターの#11 Yao Ming, 2位には#5 Carlos Boozerと同じDuke Universityより#22 Jay Williams, 続く3位にも同校Duke Universityより#17 Mike Dunleavyが指名されている。4位にはUniversity of Kansas出身のセンター#90 Drew Goodenが、7位にはブラジルより#31 Neneがと続く8位指名を受けたのはUniversity of Marylandより#54 Chris Wilcoxが、9位には高校卒業からNBA入りする事となる#1 Amare Stoudemireが、10位でUniversity of Connecticut出身の #4 Caron Butlerが指名を受け、11位にはIndiana Universityから #20 Jared Jeffriesが、12位にはCalifornia State University, Fresnoより#2 Melvin Elyが 14位にはのちのNBA Slam Dunk Champion にも輝くUniversity of Oregon出身の #2 Fred Jonesが、15位にスロべニアから#7 Bostjan Nachbarが、17位には8位指名を受けた#44 Chris Wilcox と共にUniversity of Marylandで活躍した#3 Juan Dixonが、20位にUniversity of Missouriより#21 Kareem Rushが、22位にStanford Universityから#23 Casey Jacobsenが、23位にはUniversity of Kentuckyより#22 Tayshaun Prince, 続く24位でSerbiaよりNew Jersey Nets#12 Nenad Krsticが入団する。続いて25位にUniversity of Illinois at Urbana-Champaignから#30 Frank Williamsが、28位にはGonzaga University出身の #2 Dan Dickau が30位にはUniversity of Virginiaから#31 Roger MasonなどがNBAへの道を進んだ。 他にはこの2002 年のNBA Draftで 26位University of Miami出身の#15 John Salmons, 33位にUniversity of California, Los Angeles出身の#50 Dan Gadzuricが同大学から45位で#22 Matt Barnes も指名を受けている。34位にもDuke University出身#5 Carlos Boozer, 41位にShaw University出身#22 Ronald Murray, #44 Chris Wilcoxと同じUniversity of Marylandより43位で#35 Lonny Baxterや52位でLa Salle Universityから#45 Rasual Butlerや56位でSan Diego State Universityより#6 Randy Holcombなどの名前を見る事も出来る。 2002-03 seasonGolden State WarriorsEric Musselmanヘッドコーチのもと38-44の成績を残しチームは #33 Antawn Jamisonを中心に #0 Gilbert Arenas, #23 Jason Richardson, #1 Troy Murphy, #25 Erick Dampier, #34 Chris Millsなどと共にプレーし#10 Mike Dunleavy自身は82試合に出場して3試合に先発出場し平均12.9得点、2.9アシスト、5.9リバウンドを記録している。 2003-04 seasonGolden State WarriorsEric Musselmanヘッドコーチのもと37-45の成績を残しチームにはルーキーで#2 Mickael Pietrusが入団しチームの中心は #23 Jason Richardsonでほか#25 Erick Dampier, #3 Clifford Robinson, #10 Speedy Claxton, #37 Nick Van Exel, #35 Brian Cardinalなどの選手たちが在籍する中#34 Mike Dunleavy自身は75試合に出場して69試合に先発出場し平均11.7得点、2.9アシスト、5.9リバウンドを記録している。 2004-05 seasonGolden State WarriorsMike Montgomeryヘッドコーチのもと34-48の成績を残しチームにはルーキーで#15 Andris Biedrinsが入団しチームの中心は #23 Jason Richardsonでほか #1 Troy Murphy, #4 Derek Fisherほかシーズン途中にトレードで #5 Baron Davisも加入した#34 Mike Dunleavy自身は79試合全てに先発出場し平均13.4得点、2.6アシスト、5.5リバウンドを記録している。 2005-06 seasonGolden State WarriorsMike Montgomeryヘッドコーチのもと34-48の成績を残しチームにはルーキーで#3 Will Bynum, #9 Ike Diogu, #8 Monta Ellisなどが入団しチームの中心は #23 Jason Richardson, #5 Baron Davis#34 Mike Dunleavy自身は81試合に出場して68試合に先発出場し平均11.5得点、2.9アシスト、4.9リバウンドを記録している。 2006-07 seasonGolden State WarriorsDon Nelsonヘッドコーチのもと42-40の成績を残しチームにはルーキーで#7 Kelenna Azubuikeが入団しチームの中心は#8 Monta Ellis, #5 Baron Davis, #23 Jason Richardsonなどで2006-07 season途中にIndiana Pacers とのトレードで#3 Al Harrington, #1 Stephen Jackson, #33 Sarunas Jasikevicius, #21 Josh Powell に代わり#9 Ike Diogu, #4 Keith McLeod, #3 Troy Murphyと共にIndiana Pacersに移籍す事になる2006-07seasonIndiana PacersRick Carlisleヘッドコーチのもと35-47の成績を残しチームには#7 Jermaine O'Neal, #33 Danny Granger, #6 Jamaal Tinsley, #10 Jeff Fosterなどが在籍し#17 Mike Dunleavy自身はIndiana Pacers移籍後43試合全てに先発出場し平均14.0得点、2.6アシスト、5.7リバウンドを記録している。 2007-08seasonIndiana PacersJim O'Brienヘッドコーチのもと36-46の成績を残しチームには#33 Danny Grangerを中心に #3 Troy Murphy, #7 Jermaine O'Neal, #21 Kareem Rush, #10 Jeff Fosterなどが在籍した中#17 Mike Dunleavy自身は82試合全てに先発出場し平均19.1得点、3.5アシスト、5.2リバウンドを記録してチーム内で2位の記録を残している。 2008-09seasonIndiana PacersJim O'Brienヘッドコーチのもと36-46の成績を残しチームにはルーキーで#55 Roy Hibbert#25 Brandon Rushが入団しチームの中心は#33 Danny Grangerでほか#5 T.J. Fordなどもプレー#17 Mike Dunleavy自身は怪我の為18試合のみの出場になった。 2009-10seasonには Indiana PacersJim O'Brienヘッドコーチのもと32-50の成績を残しチームにはルーキーで#50 Tyler Hansbrough, #22 A.J. Priceらが入団しチームの中心は#33 Danny Grangerでほか #3 Troy Murphy, #55 Roy Hibbert, #21 Brandon Rush, #2 Earl Watson, #1 Dahntay Jonesなども活躍する中で#17 Mike Dunleavy自身は67試合に出場して15試合に先発出場し平均9.9得点、1.5アシスト、3.5リバウンドを記録して成績を落としている。 2010-11seasonIndiana PacersJim O'Brienヘッドコーチがシーズン途中に解任されFrank Vogelヘッドコーチが就任しルーキーの#24 Paul Georgeも活躍を見せ#33 Danny Grangerを中心に#50 Tyler Hansbrough, #55 Roy Hibbert, #2 Darren Collison, #32 Josh McRobertsなどと共に自身初となるNBA Play Off 進出を果たす。迎えたNBA Play Off Eastern Conference First RoundTom Thibodeauヘッドコーチのもと62-20の成績を残しチームにはルーキーで #3 Omer Asikが入団しチームの中心は#1 Derrick Rose#9 Luol Deng, #5 Carlos Boozer, #13 Joakim Noah, #26 Kyle Korver, #22 Taj Gibson, #6 Keith Bogans, #11 Ronnie Brewer, #32 C.J. Watson, #40 Kurt Thomasなどを擁したEastern第1シードのChicago Bullsと対戦して1-4で敗退したがチームは着実に力を付けていた。 #17 Mike Dunleavy自身は61試合に出場して44試合に先発出場し平均11.2得点、1.7アシスト、4.5リバウンドを記録している。 2011-12seasonには Milwaukee Bucksに移籍し Scott Skilesヘッドコーチのもと31-35の成績を残しチームの中心は#3 Brandon Jennings#0 Drew Gooden, #7 Ersan Ilyasovaなども活躍を見せるトレードでシーズン途中に加入した#11 Monta Ellisも活躍代わりに#6 Andrew Bogut, #5 Stephen Jacksonがチームを去った。そんな中#17 Mike Dunleavy自身は55試合に出場して3試合に先発出場し平均12.3得点、2.1アシスト、3.7リバウンドを記録している。

Continue reading ↑

Mike Dunleavy Jr Profile

Position:
Forward-Guard
Height:
206cm
Weight:
100kg
Born:
9/15/1980, Texas, USA
College:
Duke University
Team:
Indiana Pacers, Eastern Conference
Jersey Status:
Game Worn

Other Status

KIA NBA TIP-OFF,

Away Jersey