NBA,バスケットボールミュージアムLayupshot

Contact us 免責事項

© 2012-2017 Layupshot.

Owner. Tadahiro Hakamata

Photo. Kentaro Sawaguchi

Design. PLANPOT DESIGN WORKS

JERSEY MUSEUM

HOME / JERSEY MUSEUM / 2014-2015 / Washington Wizards / Ramon Sessions

Ramon Sessions #7
- Washington Wizards - 2014-2015

NBA Game Worn jersey museum "Layupshot"館内で展示されているジャージは全て販売可能です。(既に販売済みのジャージも含まれています) サイト内 "Price negotiation" ボタンより簡単なフォームにご記入頂くと、在庫の有無・販売価格をメールにて返信致します。 館内に展示されているジャージは、NBA選手が着用したもの、もしくは着用するために用意された大変貴重なものばかりです。

All jerseys display within the NBA Game Worn jersey museum "Layupshot" are available for purchase. (Some jerseys on display are already sold) We will get back to you with the availability and price information if you contact us through the "Price Negotiation" button. Jerseys displayed in this museum have been worn, or issued to be worn by actual NBA players.

NBA Game Worn jersey museum "Layupshot" 博物馆内展示的所有球衣都是可以选购的(已售出的款式也在包含展示范围内)。 在本网页内,您只需点击 "Price negotiation" 图标,并简单的填写相应信息,相关球衣的库存和价格会通过EMAIL的形式发送给您。 本馆展示的所有球衣都是NBA球员亲着,或是比赛备用款式。均在市面上不可多得,具有很高收藏价值意义。

Jersey Description

This jersey worn by #7 Ramon Sessions of the Washington Wizards during the 2014-15 National Basketball Association playoffs. Sessions wore this jersey during the Wizards' 93-86 Eastern Conference Quarter-Final Game 1 victory over the Toronto Raptors on April 18, 2015 at Air Canada Centre in Toronto, Ontario. He played 16 minutes and registered 6 points with 2 rebounds and 1 assist.

Layup Navigation

2007 年のNBA Draft 56位でUniversity of Nevada, RenoよりMilwaukee Bucksに入団する。University of Nevada, Reno時代には#34 JaVale McGeeなど共プレーを共にした。 この2007年のNBA Draft 第1位でOhio State Universityより#52 Greg Odenが指名されているが、続く2位にUniversity of Texas at Austinより #35 Kevin Durant, 3位に7位で指名される事となる#13 Corey Brewerと同じUniversity of Floridaより#15 Al Horfordが、5位にGeorgetown University出身の#22 Jeff Greenが、6位には中国より#7 Yi Jianlianが、8位にはUniversity of North Carolinaから#32 Brandan Wright, 9位は同じく#13 Corey Brewer の出身校University of Floridaから#13 Joakim Noahが、10位にUniversity of Washingtonから#00 Spencer Hawes,11位Texas A&M Universityより#2 Acie Lawその他12位にはGeorgia Institute of Technologyより#21 Thaddeus Youngが、そして14位にFlorida State University出身の #12 Al Thorntonが続く、15位にEastern Washington University出身の#3 Rodney Stuckeyが、16位にUniversity of Southern Californiaより #1 Nick Youngが、18位にはイタリアより#8 Marco Belinelliが、21位には #11 Mike Conley と同じ出身校であるOhio State Universityより #14 Daequan Cookが、22位にBoston College出身の#3 Jared Dudley,23位にDePaul Universityから #21 Wilson Chandler, 24位にスペインから#5 Rudy Fernandezが、27位にUniversity of California, Los Angelesから#6 Arron Afflalo, 32位にはUniversity of Southern Californiaから #13 Gabe Pruitt, 35位にはLouisiana State Universityから#11 Glen Davisが、37位にはDuke Universityより#6 Josh McRobertsが指名を受けまた42位にはVanderbilt University#4 Derrick Byarsが、48位にはスペインより #33 Marc Gasolがその他 53位にSyracuse Universityより#35 Demetris Nicholsが指名を受け56位にはUniversity of Nevada, Renoより#7 Ramon SessionsなどがNBA入りしている。 2007-08seasonより Milwaukee Bucksに在籍し Larry Krystkowiakヘッドコーチのもと26-56の成績を残しチームにはルーキーで#9 Yi Jianlianも同じく入団しチームの中心は#22 Michael Reddでほか #25 Mo Williams, #6 Andrew Bogut, #31 Charlie Villanueva, #24 Desmond Mason, #21 Bobby Simmonsなどと共にプレーするも成績は伸びず又出場試合も17試合のみであった。 2008-09seasonには Milwaukee Bucksに新たに Scott Skilesヘッドコーチが就任し34-48の成績を残しチームにはルーキーで#12 Luc Mbah a Mouteなどが加入し#22 Michael Reddがケガがちな中でトレードで加入した #24 Richard Jeffersonが活躍しほか#31 Charlie Villanueva, #13 Luke Ridnourなども在籍する中で#7 Ramon Sessions自身は79試合に出場して39試合に先発出場し平均12.4得点、5.7アシストを記録している。 2009-10 seasonにはMinnesota Timberwolvesに移籍しKurt Rambisヘッドコーチのもと15-67の成績を残しチームにはルーキーで#19 Wayne Ellington, #10 Jonny Flynnなどが入団しチームの中心は#25 Al Jefferson, #42 Kevin LoveであったMilwaukee Bucksでの#3 Ramon Sessionsの2シーズン目の成長を買われたのだが#3 Ramon Sessions自身は82試合に出場してわずか1試合に先発出場に終わり平均8.2得点、3.1アシストを記録して大いに期待を裏切った。 2009-10 season 終了後に#1 Ryan Hollinsと共にCleveland Cavaliers にトレードされ代わりに #31 Sebastian Telfair, #13 Delonte Westらが移籍した。 2010-11 seasonよりCleveland Cavaliersに移籍しByron Scottヘッドコーチのもと19-63の成績を残しチームにはルーキーで#9 Semih Erdenなどが入団するもチームの中心は #4 Antawn Jamisonのみで#21 J.J. Hickson, #1 Daniel Gibson, #18 Anthony Parkerなども健闘したがシーズン途中には #2 Mo Williamsがトレードされ代わりに #85 Baron Davisが加入そんな中#7 Ramon Sessions自身は81試合に出場して38試合に先発出場し平均13.3得点、5.2アシスト、3.1リバウンドを記録して大いに活躍している。 2011-12 seasonCleveland CavaliersByron Scottヘッドコーチのもと21-45の成績を残しチームにはルーキーで#2 Kyrie Irving, #13 Tristan Thompsonなどが入団する中の3月に#8 Christian Eyengaと共にトレードでLos Angeles Lakersへと移籍する代わりに#28 Jason Kapono, #4 Luke WaltonCleveland Cavaliersへと移籍。 2011-12seasonLos Angeles LakersMike Brownヘッドコーチのもと41-25の成績を残しチームの中心は#24 Kobe Bryantと自身初の2012 NBA All Star Gameに選出された#17 Andrew Bynumほか #16 Pau Gasol, #15 Metta World Peace, #5 Steve Blake, #14 Troy Murphyなどが活躍し#7 Ramon Sessions自身は移籍後23試合に出場して19試合に先発出場し平均12.7得点、6.2アシスト、3.8リバウンドを記録して大いに活躍している。 迎えたNBA Play Off Western Conference First RoundGeorge Karlヘッドコーチのもと38-28の成績を残しチームにはルーキーで#35 Kenneth Fariedが大活躍しシーズン途中に加入した#34 JaVale McGeeほか#3 Ty Lawson, #8 Danilo Gallinariを中心に #24 Andre Miller, #6 Arron Afflalo, #7 Al Harrington, #13 Corey Brewerなどを擁したDenver Nuggetsと対戦して4-3の大接戦の末勝利し続くNBA Play Off Western Conference Semifinals ではScott Brooksヘッドコーチのもと47-19の成績を残しチームにはルーキーで#15 Reggie Jacksonが入団しチームの中心は #35 Kevin Durant#0 Russell Westbrook2011-12 NBA Sixth Man of the Year を獲得した #13 James Harden, 2011-12 NBA ブロック第1位の #9 Serge Ibaka, #2 Thabo Sefolosha, #5 Kendrick Perkins, #4 Nick Collison, #14 Daequan Cook, #8 Nazr Mohammed, #45 Cole Aldrichそしてシーズン途中に加入した大ベテランの #37 Derek Fisherなどを擁したOklahoma City Thunderに1-4で敗退している。

Continue reading ↑

Ramon Sessions Profile

Position:
Guard
Height:
191cm
Weight:
86kg
Born:
4/11/1986, South Carolina, USA
College:
University of Nevada, Reno
Team:
Washington Wizards, Eastern Conference
Jersey Status:
Game Worn

Other Status

PLAYOFFS,

Away Jersey