NBA,バスケットボールミュージアムLayupshot

Contact us 免責事項

© 2012-2017 Layupshot.

Owner. Tadahiro Hakamata

Photo. Kentaro Sawaguchi

Design. PLANPOT DESIGN WORKS

JERSEY MUSEUM

HOME / JERSEY MUSEUM / 2009-2010 / Portland Trail Blazers / Juwan Howard

Juwan Howard #6
- Portland Trail Blazers - 2009-2010

NBA Game Worn jersey museum "Layupshot"館内で展示されているジャージは全て販売可能です。(既に販売済みのジャージも含まれています) サイト内 "Price negotiation" ボタンより簡単なフォームにご記入頂くと、在庫の有無・販売価格をメールにて返信致します。 館内に展示されているジャージは、NBA選手が着用したもの、もしくは着用するために用意された大変貴重なものばかりです。

All jerseys display within the NBA Game Worn jersey museum "Layupshot" are available for purchase. (Some jerseys on display are already sold) We will get back to you with the availability and price information if you contact us through the "Price Negotiation" button. Jerseys displayed in this museum have been worn, or issued to be worn by actual NBA players.

NBA Game Worn jersey museum "Layupshot" 博物馆内展示的所有球衣都是可以选购的(已售出的款式也在包含展示范围内)。 在本网页内,您只需点击 "Price negotiation" 图标,并简单的填写相应信息,相关球衣的库存和价格会通过EMAIL的形式发送给您。 本馆展示的所有球衣都是NBA球员亲着,或是比赛备用款式。均在市面上不可多得,具有很高收藏价值意义。

Jersey Description

This jersey was worn during the Trail Blazers' 106-95 loss to the Utah Jazz on January 27, 2010 at Rose Garden in Portland, Oregon by #6 Juwan Howard of the Portland Trail Blazers. He played 34 minutes and registered 2 points with 1 assist and 11 rebounds.

Layup Navigation

1994年のNBA Draft5位でWashington Bullets現在のWashington Wizardsに入団。その年にGolden State Warriorsより移籍した#4 Chris WebberUniversity of Michigan時代”Fab 5”として注目されていた。またこの1994 NBA Draft 13位にも同じくUniversity of Michiganより”Fab 5”の一員であった#5 Jalen Roseも指名されている。#4 Chris Webberはこの前年1993-94 NBA Rookie of the Yearに選出されておりWashington Bulletsは着実に力をつけていった。 この1994 NBA Draftの第1位はPurdue Universityより#13 Glenn Robinson, 2位にUniversity of Californiaより#5 Jason Kiddそして3位にはDuke Universityより#33 Grant Hillが、続く4位にUniversity of Connecticutから#42 Donyell Marshallが指名されている。他に7位でUniversity of Californiaから#21 Lamond Murrayが、8位にXavier Universityから#44 Brian Grantが、9位にUniversity of North Carolinaから#00 Eric Montrossが、10位にTemple Universityより#6 Eddie Jonesが、11位にTennessee State Universityから#34 Carlos Rogers、13位にUniversity of Michiganより#5 Jalen Roseが、15位にはUniversity of Nebraskaから#52 Eric Piatkowskiが、16位にUniversity of Louisvilleより#22 Clifford Rozier、17位にTemple University出身の#23 Aaron McKie、21位はProvidence Collegeから#8 Dickey Simpkinsが、22位にBoston Collegeから#15 Bill Curleyが、23位にAuburn Universityから#11 Wesley Personが、24位にUniversity of Notre Dameから#3 Monty Williamsが、26位にはFloridaState Universityから#21 Charlie Wardが、29位にDuke Universityより#21 Antonio Langが、30位はBoston Collegeから#10 Howard Eisleyが、46位にUniversity of Minnesotaから#2 Voshon Lenard、52位にUniversity of Houstonより#5 Anthony Goldwireといった選手たちがこの1994 NBA DraftNBA入りしている。 この1994~95seasonWashington Bullets#2 Chris Webber, #77 Gheorghe Muresan, #24 Tom Gugliotta, #40 Calbert Cheaney,#4 Scott Skilesなどと共に翌1995~96年には#30 Rasheed Wallaceが、その翌年でもある1996~97年には#30 Ben Wallaceが入団。この1996~97seasonを終えNBA Play offに第8シードで進出しNBA Eastern Conference First RoundChicago Bullsに0-3で敗退している。その後1999年に#2 Mitch Richmond#4 Chris Webberがトレードされるまでにチームには#44 Harvey Grant, #23 Tim Legler, #35 Tracy Murray, #1 Rod Strickland, #12 Chris Whitneyなどと共に#5 Juwan Howardはチームの中心として活躍した。 Alamodome, San Antonio, TX で行われた1996 NBA All-Star Gameに選出されこのゲームでMVPを獲得した#23 Michael Jordanは2シーズンぶりとなるChicago Bulls復帰後の1996 NBA All-Star Gameとなり、開催地より#50 David Robinson, #32 Sean Elliottなども選出プレーしている。 この試合#5 Juwan Howardは、16:00プレーしている。ちなみにこの大会の最多投票数を獲得したのは#33 Grant Hillであった #5 Juwan Howardは、#41 Dirk Nowitzki, #13 Steve Nash中心のDallas Mavericks2000-01seasonに移籍Dallas Mavericksには#4 Michael Finleyなどもプレーしていた。またその後2001-02 seasonDenver Nuggetsに移り#31 Nick Van Exel, #45 Raef LaFrentz, #5 Voshon Lenard, #34 Antonio McDyess, #41 James Posey, #21 George McCloudなどと一緒にプレーした。 その後#1 Tracy McGrady中心のOrlando Magic2003-04 seasonに在籍し、2004-05 seasonには Houston Rocketsへと移り#11 Yao Ming,控えでは#13 Mike James, #55 Dikembe Mutomboと共にベンチから活躍した。 2008-09 seasonには Charlotte Bobcatsに39games登録され#12 LaMarcus Aldridge, #7 Brandon RoyがいるPortland Trail Blazers2009-10seasonプレー、Portland Trail BlazersではNBA Western Conference First Roundまで進みチームには#23 Marcus Camby, #24 Andre Miller, #10 Joel Przybillaなどがいた。 またその年怪我の為1シーズンを休んだ#52 Greg Odenは2年後に解雇され、#4 Jerryd BaylessToronto Raptorsに移籍することとなった。 その翌2010~11 seasonより#6 LeBron James, #1 Chris Bosh, #3 Dwyane WadeのBig 3のいるMiami Heatでプレーしている貴重なベテランプレーヤー である。 ルーキー時代より得点力があり、ドリブルから力強くゴール下へと入りダンクする姿、現在では10チーム目となる沢山の経験を生かしベンチの心強いプレーヤーとして活躍している。2011-12 season#6 LeBron James, #1 Chris Bosh, #3 Dwyane WadeのBig 3のいるMiami Heatに在籍しむかえたNBA Play Off Eastern Conference First RoundMike D'Antoniヘッドコーチがシーズン途中に解任され代わりに Mike Woodsonヘッドコーチが就任しチームにはルーキーで#21 Iman Shumpertが入団しまた新加入で#6 Tyson Chandlerが入りLandry Fieldsは背番号を変え#2 Landry Fieldsは活躍したほか#20 Mike Bibby, #85 Baron Davis, #16 Steve Novakなどと共に全米、全世界を熱狂させた#17 Jeremy Linが活躍しまたシーズン途中では#8 J.R. Smithなども加わり勢いのある New York Knicksと対戦し4-1で勝利しNBA Play Off Eastern Conference SemifinalsFrank Vogelヘッドコーチのもと42-24の成績を残しチームには#33 Danny Granger, #21 David West, #3 George Hill, #55 Roy Hibbert, #24 Paul George, #2 Darren Collison, #28 Leandro Barbosa, #50 Tyler Hansbrough, #17 Louis Amundson, #1 Dahntay JonesなどをようしたIndiana Pacersと対戦し4-2で勝利しNBA Play Off Eastern Conference FinalsではDoc Riversヘッドコーチのもと39-27の成績を残しチームには新加入で#30 Brandon Bass, #51 Keyon Doolingらも活躍を見せ#5 Kevin Garnett, #34 Paul Pierce, #9 Rajon Rondo, #20 Ray Allen, #28 Mickael Pietrus, #0 Avery BradleyなどをようしたBoston Celticsと対戦し第7戦にもつれ込む接戦の末4-3で勝利し2012 NBA Finalsに進出した。迎えたNBA FinalsではScott Brooksヘッドコーチのもと47-19の成績を残しチームにはルーキーで#15 Reggie Jacksonが入団しチームには#35 Kevin Durant, #0 Russell Westbrookを中心に#13 James Harden, #9 Serge Ibaka, #37 Derek Fisher, #2 Thabo Sefolosha, #5 Kendrick Perkins, #4 Nick Collison, #14 Daequan Cook, #8 Nazr Mohammed, #45 Cole AldrichなどをようしたOklahoma City Thunderと対戦し4-1で見事勝利し2012 NBA Championに輝いた。

Continue reading ↑

Juwan Howard Profile

Position:
Center
Height:
206cm
Weight:
109kg
Born:
2/7/1973, Illinois, USA
College:
University of Michigan
Team:
Portland Trail Blazers, Western Conference
Jersey Status:
Game Worn

Other Status

HARDWOOD CLASSICS,

Away Jersey