NBA,バスケットボールミュージアムLayupshot

Contact us 免責事項

© 2012-2017 Layupshot.

Owner. Tadahiro Hakamata

Photo. Kentaro Sawaguchi

Design. PLANPOT DESIGN WORKS

JERSEY MUSEUM

HOME / JERSEY MUSEUM / 2010-2011 / Milwaukee Bucks / Earl Boykins

Earl Boykins #11
- Milwaukee Bucks - 2010-2011

NBA Game Worn jersey museum "Layupshot"館内で展示されているジャージは全て販売可能です。(既に販売済みのジャージも含まれています) サイト内 "Price negotiation" ボタンより簡単なフォームにご記入頂くと、在庫の有無・販売価格をメールにて返信致します。 館内に展示されているジャージは、NBA選手が着用したもの、もしくは着用するために用意された大変貴重なものばかりです。

All jerseys display within the NBA Game Worn jersey museum "Layupshot" are available for purchase. (Some jerseys on display are already sold) We will get back to you with the availability and price information if you contact us through the "Price Negotiation" button. Jerseys displayed in this museum have been worn, or issued to be worn by actual NBA players.

NBA Game Worn jersey museum "Layupshot" 博物馆内展示的所有球衣都是可以选购的(已售出的款式也在包含展示范围内)。 在本网页内,您只需点击 "Price negotiation" 图标,并简单的填写相应信息,相关球衣的库存和价格会通过EMAIL的形式发送给您。 本馆展示的所有球衣都是NBA球员亲着,或是比赛备用款式。均在市面上不可多得,具有很高收藏价值意义。

Jersey Description

This white 'Hardwood Classics' jersey was worn by #11 Earl Boykins of the Milwaukee Bucks during the 2010-11 National Basketball Association regular season. Boykins wore this jersey during the Bucks' 83-75 loss to the Chicago Bulls on February 26, 2011 at Bradley Center in Milwaukee, Wisconsin. There is a NBA “HWC Nights 2010-11” tag on the bottom hem of the jersey.

Layup Navigation

Eastern Michigan UniversityよりNBA Draft外でNBA入りする。身長165cmはNBA史上2番目に背が低い選手である。Eastern Michigan University出身のNBAプレーヤーには古くはアイスマン#44 George Gervin#43 Grant Longなどが挙げられる。 1998-99 seasonNew Jersey NetsJohn Calipari ヘッドコーチからDon Caseyヘッドコーチへとシーズン中に交代がありチームにはルーキーで#9 Damon Jonesが同じく在籍しチームでは #33 Stephon Marbury, #44 Keith Van Horn, #30 Kerry Kittles, #13 Kendall Gill, #55 Jayson Williamsなどのプレーヤーが在籍する中#7 Earl Boykinsはわずか5試合の出場に留まった1998-99 seasonの途中に10日間契約でCleveland Cavaliersに移り1998-99 seasonCleveland CavaliersではMike Fratelloヘッドコーチのもと22-28の成績を残しチームには #40 Shawn Kemp, #1 Wesley Person, #45 Cedric Henderson, #23 Derek Anderson, #12 Brevin Knightなどが在籍し#5 Earl Boykinsはわずか17試合の出場に留まった。翌1999~2000seasonにはOrlando Magicに在籍後Cleveland Cavaliersに移籍したが出場は少なかった。 翌2000-01seasonには Los Angeles ClippersAlvin Gentryヘッドコーチのもと31-51の成績を残しチームにはルーキーで#1 Keyon Dooling, #21 Darius Miles, #3 Quentin Richardsonなどが加入しチームでは#7 Lamar Odom, #5 Jeff McInnis, #52 Eric Piatkowski, #34 Michael Olowokandiなどが活躍し#11 Earl Boykinsはわずか10試合の出場に留まった続く2001-02 seasonLos Angeles ClippersAlvin Gentryヘッドコーチのもと39-43の成績を残しチームには#42 Elton Brandが新加入して#34 Michael Olowokandi, #3 Quentin Richardson, #5 Jeff McInnis, #7 Lamar Odomなども活躍する中、#11 Earl Boykinsも68試合に出場して2試合は先発出場し平均4.1得点,2.1アシストをあげる活躍をする。2001-02 season 終了後にGolden State Warriorsへ移籍し2002-03seasonGolden State WarriorsEric Musselmanヘッドコーチのもと38-44の成績を残しチームにはルーキーで#10 Mike Dunleavyが入団しチームは #33 Antawn Jamisonを中心に #0 Gilbert Arenas, #23 Jason Richardson, #1 Troy Murphy, #25 Erick Dampier, #34 Chris Millsなどと共にプレーし#11 Earl Boykinsは68試合に出場し平均8.8得点、3.3アシストを記録した。 2003-04seasonDenver NuggetsJeff Bzdelikヘッドコーチのもと43-39の成績を残しチームにはルーキーで#15 Carmelo Anthony, #56 Francisco Elsonが入団しチームには他#1 Voshon Lenard, #24 Andre Miller, #23 Marcus Camby, #31 Neneなどと共にプレーし#11 Earl Boykinsも82試合に出場して3試合は先発出場し平均10.2得点,3.6アシストをあげる活躍をする。迎えたNBA Play Off Western Conference First RoundFlip Saundersヘッドコーチのもと58-24の成績を残しチームには#21 Kevin Garnettを中心に#8 Latrell Sprewell, #19 Sam Cassell, #10 Wally Szczerbiak, #23 Trenton Hassell, #34 Michael Olowokandi, #20 Gary Trent, #3 Oliver Millerなどを擁したMinnesota Timberwolvesと対戦し1-4で敗退した。 2004-05seasonDenver NuggetsJeff Bzdelikヘッドコーチから Michael CooperヘッドコーチそしてGeorge Karlヘッドコーチへとかわりチームの中心は#15 Carmelo Anthonyで他 #6 Kenyon Martin, #24 Andre Miller, #23 Marcus Camby, #1 Voshon Lenard, #31 Neneなどと共に活躍し#11 Earl Boykinsも82試合に出場して5試合は先発出場し平均12.4得点,4.5アシスト、1.7リバウンドをあげチーム内で4位となる活躍をする。迎えたNBA Play Off Western Conference First RoundGregg Popovichヘッドコーチのもと59-23の成績を残しチームにはルーキーで#14 Beno Udrihが入団し2005 NBA Championになった San Antonio Spursと対戦し1-4で敗退し相手メンバーは #21 Tim Duncan, #20 Manu Ginobili, #9 Tony Parker, #5 Robert Horry #2 Nazr Mohammed, #17 Brent Barry, #12 Bruce Bowen, #3 Glenn Robinson, #23 Devin Brownなどの面々であった。 2006-07seasonDenver NuggetsGeorge Karlヘッドコーチのもと45-37の成績を残しチーム#15 Carmelo Anthony中心にトレードで加入した #3 Allen Iversonほか#31 Nene#11 Earl BoykinsMilwaukee Bucksとのトレードによって加入した #25 Steve Blake, #1 J.R. Smithなどが活躍した。Milwaukee Bucks移籍後の#11 Earl Boykinsは35試合に出場うち19試合に先発出場し平均14.0得点、4.5アシスト、2.2リバウンドを記録している。 2007-08seasonCharlotte BobcatsSam Vincentヘッドコーチのもと32-50の成績を残しチームにはルーキーで#4 Jared Dudleyが入団しチームの中心は #23 Jason Richardson, #3 Gerald Wallace, #20 Raymond Felton, #50 Emeka Okafor, #6 Nazr Mohammedなどが活躍した。 2009-10seasonWashington WizardsFlip Saundersヘッドコーチのもと26-56の成績を残しチームには#0 Gilbert Arenas, #4 Antawn Jamison, #3 Caron Butler, #7 Andray Blatche, #12 Al Thornton, #15 Randy Foye, #33 Brendan Haywood, #1 Nick Young, #34 JaVale McGeeなど色んな選手達と共にプレーし#12 Earl Boykinsも66試合に出場して1試合は先発出場し平均6.6得点,2.6アシストをあげている。 2010-11seasonよりMilwaukee Bucksに移籍しチームはScott Skilesヘッドコーチのもと35-47の成績を残しチームにはルーキーで#8 Larry Sandersが入団しチームでは #3 Brandon Jennings, #15 John Salmons, #6 Andrew Bogutまた新加入の#5 Corey Maggetteほか#0 Drew Gooden, #17 Chris Douglas-Roberts, #7 Ersan Ilyasova, #55 Keyon Doolingなどが在籍しする中チームの中心であった#22 Michael Reddは怪我の為わずか10試合の出場となり#11 Earl Boykins自身は57試合に出場し平均7.2得点、2.5アシストを記録している。 2011-12seasonには Houston Rocketsに移籍当初は10日間契約でその後シーズン中在籍しKevin McHaleヘッドコーチのもと34-32の成績を残しチームにはルーキーで#25 Chandler Parsonsが入団し#4 Luis Scola, #3 Goran Dragic, #12 Kevin Martin, #7 Kyle Lowry, #5 Courtney Lee, #10 Chase Budinger, #21 Samuel Dalembert, #29 Marcus Cambyなどと共にプレーした。

Continue reading ↑

Earl Boykins Profile

Position:
Guard
Height:
165cm
Weight:
61kg
Born:
6/2/1976, Ohio, USA
College:
Eastern Michigan University
Team:
Milwaukee Bucks, Eastern Conference
Jersey Status:
Game Worn

Other Status

HARDWOOD CLASSICS,

Home Jersey