NBA,バスケットボールミュージアムLayupshot

Contact us 免責事項

© 2012-2017 Layupshot.

Owner. Tadahiro Hakamata

Photo. Kentaro Sawaguchi

Design. PLANPOT DESIGN WORKS

JERSEY MUSEUM

HOME / JERSEY MUSEUM / 2011-2012 / Detroit Pistons / Ben Gordon

Ben Gordon #8
- Detroit Pistons - 2011-2012

NBA Game Worn jersey museum "Layupshot"館内で展示されているジャージは全て販売可能です。(既に販売済みのジャージも含まれています) サイト内 "Price negotiation" ボタンより簡単なフォームにご記入頂くと、在庫の有無・販売価格をメールにて返信致します。 館内に展示されているジャージは、NBA選手が着用したもの、もしくは着用するために用意された大変貴重なものばかりです。

All jerseys display within the NBA Game Worn jersey museum "Layupshot" are available for purchase. (Some jerseys on display are already sold) We will get back to you with the availability and price information if you contact us through the "Price Negotiation" button. Jerseys displayed in this museum have been worn, or issued to be worn by actual NBA players.

NBA Game Worn jersey museum "Layupshot" 博物馆内展示的所有球衣都是可以选购的(已售出的款式也在包含展示范围内)。 在本网页内,您只需点击 "Price negotiation" 图标,并简单的填写相应信息,相关球衣的库存和价格会通过EMAIL的形式发送给您。 本馆展示的所有球衣都是NBA球员亲着,或是比赛备用款式。均在市面上不可多得,具有很高收藏价值意义。

Jersey Description

This blue jersey was worn by #8 Ben Gordon of the Detroit Pistons in a Kia NBA Tip-Off ’11 game during the 2011-2012 National Basketball Association regular season. He wore this jersey during the Piston’s 91-79 loss to the Indiana Pacers on December 26, 2011 at Bankers Life Fieldhouse in Indianapolis, Indiana.

Layup Navigation

2004年のNBA Draft 3位この2004年NCAA制覇を成し遂げたUniversity of Connecticut よりChicago Bullsへ入団、大学時代のチームメイト#50 Emeka Okaforも全体のNBA Draft 2位でNBA入りしている。 この2004 NBA Draft 1位が#12 Dwight Howardで2位にはUniversity of Connecticut時代でプレーを共にした#50 Emeka Okafor続く3位に#7 Ben Gordonが指名を受ける。5位にUniversity of Wisconsinより#5 Devin Harrisが、6位にはStanford University出身でスニーカーマニアの#1 Josh Childressが、7位にはDuke Universityから#9 Luol Deng, 9位にUniversity of Arizonaから#9 Andre Iguodala, 10位にはUniversity of Oregonから#6 Luke Jacksonらが指名を受けている。続く11位に#15 Andris BiedrinsがラトビアよりGolden State Warriors入団している。13位に#31 Sebastian Telfairが14位にUniversity of Minnesotaより#43 Kris Humphries,15位には#25 Al Jeffersonが、17位#5 Josh Smith, 18位#1 J.R. Smith,19位#1 Dorell Wrightと4人の高校卒が続き、20位にSaint Joseph's Universityより#14 Jameer Nelsonが、24位にSaint Joseph's University#13 Delonte Westが、25位にOklahoma State Universityより#42 Tony Allenそしてこの後26位にWestern CarolinaUniversityより#23 Kevin Martinが指名を受けている。27位には#18 Sasha Vujacicがスロベニアより同じく28位に#19 Beno Udrihが、30位にはブラジルから#17 Anderson Varejao, 38位にDuke Universityから#25 Chris Duhonが、43位にUniversity of California, Los Angelesより#1 Trevor Arizaが、47位にCalifornia State University, Fullertonから#9 Pape Sowなどの選手たちが指名を受けている。前年には#23 LeBron JamesCleveland Cavaliersに入団して話題となった。 #7 Ben GordonScott Skiles率いるChicago Bulls入った年にチームには、#3 Tyson Chandler, #12 Kirk Hinrichに加え、#7 Ben Gordonと同じくルーキーとして#9 Luol Deng, #21 Chris Duhon, #5 Andres Nocioniの3人も一緒に加入またベテランの#34 Antonio Davisも在籍していた。 2005年NBA Play OffNBA Eastern Conference First RoundWashington Wizards を相手に2-4で敗退しているがこの年の2004-05 NBA Sixth Man of the Yearを獲得する活躍と共に3年連続でNBA Play offへ出場する。このNBA Sixth Man of the Yearには前年の2003-04season#33 Antawn Jamisonが、翌年の2005-06season#33 Mike Millerが獲得している。 #1 Derrick Roseがルーキーとして加入した2008-09seasonChicago Bullsには、#12 Tyrus Thomas, #2 Tim Thomas, #15 John Salmons, #13 Joakim Noah, #52 Brad Miller, #12 Kirk Hinrich, #90 Drew Gooden, #9 Luol Dengなど数多くの優秀な選手と共に自身もChicago Bullsの得点源として活躍した。 2008-09season再びNBA Play Offsに進出したChicago Bulls#5 Kevin Garnett, #20 Ray Allen, #34 Paul PierceらBig3率いるBoston Celticsと3-4と最終戦まで持ち込む好ゲームを演じ敗退する。この時のBoston Celticsには#8 Stephon Marburyといった珍しいベンチメンバーや#50 Eddie Houseのように優れた3ポイントシューターなど変化が見うけられた。 翌2009-10seasonDetroit Pistonsに移籍し、以前の優勝メンバーである#32 Richard Hamilton, #22 Tayshaun Princeを残しチームは変革期にあるなかチームには#3 Rodney Stuckey,スウェーデン人として史上2人目のNBA選手でもある#33 Jonas? JerebkoDetroit Pistonsの黄金期を支えた守護神がチームに戻る形となる#6 Ben Wallace,ルーキーの#5 Austin Daye#54 Jason Maxiellなどがチームに在籍する。 Ben Gordonは8月2日に背番号を変える事をアナウンスし、以下彼を取材した記者の記述である。 Eighth Avenue is where Gordon grew up in Mount Vernon, New York. The No. 8 has significant sentimental value to Gordon. これらの事からBen Gordonにとってこのナンバー8は特別な思い入れのあるナンバーであろう。 2011~12seasonには新加入でUniversity of Kentuckyより#7 Brandon Knightが入団、Ben Gordonが以前NBA入団時より付けていた背番号を付けることとなる。他に2年目となるセンター#10 Greg Monroeが活躍している。 イギリス・London生まれの彼は優れた得点能力を持ち、3ポイントシュートも上手い選手である。

Continue reading ↑

Ben Gordon Profile

Position:
Guard
Height:
191cm
Weight:
91kg
Born:
4/4/1983, United Kingdom
College:
University of Connecticut
Team:
Detroit Pistons, Eastern Conference
Jersey Status:
Game Worn

Other Status

KIA NBA TIP-OFF,

Away Jersey