NBA,バスケットボールミュージアムLayupshot

Contact us 免責事項

© 2012-2017 Layupshot.

Owner. Tadahiro Hakamata

Photo. Kentaro Sawaguchi

Design. PLANPOT DESIGN WORKS

JERSEY MUSEUM

HOME / JERSEY MUSEUM / 2011-2012 / Boston Celtics / Paul Pierce

Paul Pierce #34
- Boston Celtics - 2011-2012

$3,140 USD

Price negotiation The Challenge

NBA Game Worn jersey museum "Layupshot"館内で展示されているジャージは全て販売可能です。(既に販売済みのジャージも含まれています) サイト内 "Price negotiation" ボタンより簡単なフォームにご記入頂くと、在庫の有無・販売価格をメールにて返信致します。 館内に展示されているジャージは、NBA選手が着用したもの、もしくは着用するために用意された大変貴重なものばかりです。

All jerseys display within the NBA Game Worn jersey museum "Layupshot" are available for purchase. (Some jerseys on display are already sold) We will get back to you with the availability and price information if you contact us through the "Price Negotiation" button. Jerseys displayed in this museum have been worn, or issued to be worn by actual NBA players.

NBA Game Worn jersey museum "Layupshot" 博物馆内展示的所有球衣都是可以选购的(已售出的款式也在包含展示范围内)。 在本网页内,您只需点击 "Price negotiation" 图标,并简单的填写相应信息,相关球衣的库存和价格会通过EMAIL的形式发送给您。 本馆展示的所有球衣都是NBA球员亲着,或是比赛备用款式。均在市面上不可多得,具有很高收藏价值意义。

Jersey Description

This green jersey was worn by #34 Paul Pierce of the Boston Celtics on the opening day of the 2011-2012 National Basketball Association regular season. He wore this jersey during the Celtics’ 106-104 loss to the New York Knicks on December 25, 2011 at Madison Square Garden in New York, New York. There is an NBA “snowflake” patch over the left breast of the jersey.

Layup Navigation

1998年のNBA Draft 10位でUniversity of KansasよりBoston Celticsに入団。 この1998 NBA Draft第1位がUniversity of the Pacificより#34 Michael OlowokandiLos Angeles Clippersへ入団、2位にはUniversity of Arizonaより#10 Mike Bibbyが、6位にUniversity of Michigan出身の#54 Robert Traylorが7位にUniversity of Florida出身の#55 Jason Williamsが他に8位にSaint Louis Universityより#20・#21 Larry Hughes, 9位はドイツより#41 Dirk Nowitzki, 10位に#34 Paul PierceUniversity of Kansasより指名を受け同大学からは3位で#45 Raef LaFrentzも指名されている。11位にBall State University出身の#6 Bonzi Wellsが12位にUniversity of Utah出身の#51 Michael Doleacが指名を受ける。13位ではUniversity of Nevada, Las Vegas出身の#7 Keon Clarkが14位にUniversity of Arizona出身の#8 Michael Dickersonが15位にGeorgia Institute of Technology出身の#15 Matt Harpringが16位にValparaiso Universityから#11 Bryce Drewが17位にはスロベニアより#8 Rasho Nesterovicが19位にUniversity of Notre Dame出身の#8 Pat Garrityが指名を受け21位University of Iowaから#21 Ricky Davis, 22位にはBaylor Universityより#8 Brian Skinner, 23位にはUniversity of Nebraska出身の#10 Tyronn Lue, 24位にSt. John's University出身の#13 Felipe Lopez, 25位には高卒の#3 Al HarringtonIndiana Pacersに、同じく高卒の#7 Rashard Lewisが32位で指名されている。28位にはOregon State University出身の#25 Corey Benjaminが他には29位にUniversity of Kentuckyから#8 Nazr Mohammedが、31位にUniversity of Cincinnatiより#21 Ruben Pattersonが、33位にはUniversity of California, Los Angelesから#34 Jelani McCoyが、34位には4位の#33 Antawn Jamison, 5位の#15 Vince Carterと同じUniversity of North Carolina出身の#1 Shammond Williamsも指名を受けている。36位にFlorida Agricultural and Mechanical University出身の#13 Jerome Jamesが39位にはCalifornia State University, Fresnoから#12 Rafer Alston, 41位にはUniversity of Rhode Islandより#5 Cuttino Mobleyが43位にはGeorgetown University出身の#55 Jahidi White が44位にUniversity of Californiaから#4 Sean Marksが、45位にUniversity of California, Los Angelesより#12 Toby Bailey, 53位にはClemson Universityから#21 Greg Bucknerなども指名を受けてNBA入りしている。 高校時代には、#3 Shareef Abdur-Rahim, #1 Chauncey Billups, #15 Vince Carter, #21 Kevin Garnett, #4 Antawn Jamison, #33 Stephon Marbury, #4 Jelani McCoy, #5 Ron Mercerなどと一緒に1995年のMcDonald's High School Basketball All American Teamsに選出されている。 またKansas Jayhawks時代には#31 Scot Pollard#11 Jacque Vaughn#45 Raef LaFrentzなどと共にプレーした。 University of Kansas出身のNBAプレーヤーには#45 Cole Aldrich, #00 Darrell Arthur, #15 Mario Chalmers, #4 Nick Collison, #90 Drew Gooden, #14 Xavier Henry, #12 Kirk Hinrich, #5 Danny Manning, #11 Markieff Morris, #00 Greg Ostertag, #25 Brandon Rushなどが挙げられる。 1998~99season入団当初よりBoston Celticsの中心選手として活躍した#34 Paul Pierceは、#8 Antoine Walker, #5 Ron Mercer, #11 Dana Barros, #12 Kenny Andersonなどとプレーした。1998~99seasonBoston CelticsRick Pitinoヘッドコーチのもと19-31の成績を残しチームにはルーキーで#34 Paul Pierceと共に#13 Damon Jonesが入団し#34 Paul Pierce自身は48試合に出場しうち47試合に先発出場平均16.5得点、6.4リバウンド、2.4アシストを記録した。1999-00seasonBoston CelticsRick Pitinoヘッドコーチのもと35-47の成績を残しチームにはルーキーで#44 Adrian Griffinが入団し#34 Paul Pierce自身は73試合に出場しうち72試合に先発出場平均19.5得点、5.4リバウンド、3.0アシストを記録した。2000-01 seasonBoston CelticsRick Pitinoヘッドコーチがシーズン途中に解任され代わりにJim O'Brienヘッドコーチが就任しチームにはルーキーで#30 Mark Blount, #5 Jerome Moisoなどが入団し#34 Paul Pierce自身は82試合全てに先発出場平均25.3得点、6.4リバウンド、3.1アシスト、1.7スティールを記録しチームの中心で1位の成績を残した。 #34 Paul Pierceにとって4シーズン目となる2001~02seasonBoston Celticsは、Jim O'Brien ヘッドコーチのもとNBA Play Off  Eastern Conference Finals まで進むもNew Jersey Netsに2-4で敗れてしまう。 #34 Paul Pierceを中心にエース#8 Antoine Walker, #55 Eric Williams, #12 Kenny Anderson, #54 Rodney Rogers, #00 Tony Delkなどがチームに在籍した。 2002 NBA All-Star Gameに自身初めて選出され、First Union Center, Philadelphia, PA で行われたゲームはMVP#8 Kobe Bryantが輝いた。またこのゲームに#8 Antoine Walkerはスターターとして出場面白い事にスターターの得点が伸びずにベンチから出場した#1 Tracy McGradyが24得点、#34 Ray Allenが15得点、#34 Paul Pierce19得点と、他に#33 Alonzo Mourningが13得点とEastのReservesが大活躍した大会となった。翌2003 NBA All-Star GameはPhilips Arena, Atlanta, GAで行われ MVPは37得点と大活躍した#21 Kevin Garnettが獲得した。Washington Wizardsより現役最後の自身14回目の出場になる#23 Michael JordanのEastチームがダブルオーバータイムにもつれ込む粘りをみせた素晴らしいNBA All-Star Gameであった。#34 Paul Pierceはこれら2大会を含め2012年までに10回のNBA All-Star Gameに出場している。またUniversity of Kansas時代は#31 Scot Pollard, #45 Raef LaFrentz, #11 Jacque Vaughnなどとプレーしている。 2003~04seasonそれまで共に活躍した#8 Antoine Walkerがチームを去り、数多くの選手がチームを入れ替わるも成績は下降していく、その間#11 Marcus Banks, #12 Ricky Davis, #20 Gary Payton, #45 Raef LaFrentz, #7 Al Jefferson, #13 Delonte West, #42 Tony Allen, #43 Kendrick Perkins, 再びチームに戻った#88 Antoine Walker#30 Mark Blount, #5 Gerald Green, #4 Ryan Gomesといった新人たち#44 Brian Scalabrine, #41 Michael Olowokandiらと厳しいシーズンを過ごす中転機が訪れる事となった2007~08seasonBoston Celticsは、#5 Kevin Garnett, #20 Ray Allenが加入しBig3が誕生、#9 Rajon Rondo#43 Kendrick Perkinsの成長もあり、控えには#0 Leon Powe, #11 Glen Davis, #42 Tony Allen,またベテランの #28 Sam Cassell, #93 P.J. Brown, #66 Scot Pollard, #41 James Posey, などをようして4-2で勝利し見事2008 NBA Championsに輝いた。対戦相手となるLos Angeles Lakers#24 Kobe Bryant中心に#2 Derek Fisher, #3 Trevor Ariza, #7 Lamar Odom, #16 Pau Gasolなどで、#17 Andrew Bynumを怪我で欠くなかベンチには#5 Jordan Farmar, #77 Vladimir Radmanovic, #21 Ronny Turiaf, #18 Sasha Vujacic, #4 Luke Walton, #28 Didier Ilunga-Mbengaなどで対戦成績をシリーズ2-4とする好ゲームをした。この2008 NBA Finals#34 Paul Pierce2007-08 NBA Finals MVPを獲得している。 2008-09seasonBoston CelticsではDoc Riversヘッドコーチのもと62-20の成績でルーキーの#12 Bill Walkerが入団して#34 Paul Pierce自身は81試合全てに先発出場平均20.5得点、5.6リバウンド、3.6アシスト、1.0スティールを記録しチームの中心で1位の成績を残した。迎えたNBA Play Off Eastern Conference First RoundVinny Del Negroヘッドコーチのもと41-41の成績を残しチームにはルーキーで#1 Derrick Roseが入団しチームには#7 Ben Gordon, #15 John Salmons, #12 Kirk Hinrich, #52 Brad Miller, #13 Joakim Noah, #24 Tyrus Thomas, #2 Tim Thomas, #10 Lindsey Hunter, #34 Aaron Grayなどをようした Chicago Bullsと対戦し4-3の接戦の末勝利し続くNBA Play Off Eastern Conference SemifinalsStan Van Gundyヘッドコーチのもと59-23の成績でルーキーの#11 Courtney Leeが入団、#14 Jameer Nelsonが怪我の為プレー出来ない中シーズン途中加入の#1 Rafer Alstonが活躍をして#12 Dwight Howard, #9 Rashard Lewis, #15 Hedo Turkoglu, #20 Mickael Pietrus, #7 J.J. Redick, #8 Anthony Johnson, #13 Marcin GortatなどをようしたOrlando Magicと対戦し3-4で 敗退した。 2009-10seasonBoston CelticsDoc Riversヘッドコーチのもと50-32の成績でチームには新加入で#30 Rasheed Wallace, #40 Michael Finleyなどが加わり迎えたNBA Play Off Eastern Conference First RoundErik Spoelstraヘッドコーチのもと47-35の成績で#3 Dwyane Wade, #6 Mario Chalmers, #30 Michael Beasley, #5 Quentin Richardson, #40 Udonis Haslem, #8 Carlos Arroyo, #1 Dorell Wright, #7 Jermaine O'Neal, #22 James JonesなどをようしたMiami Heatと対戦し4-1で勝利し続くNBA Play Off Eastern Conference SemifinalsMike Brownヘッドコーチのもと61-21の成績で#23 LeBron James, #4 Antawn Jamison, #2 Mo Williams, #33 Shaquille O'Neal, #18 Anthony Parker, #13 Delonte West, #17 Anderson Varejao, #21 J.J. Hickson, #15 Jamario Moon, #1 Daniel Gibson, #11 Zydrunas Ilgauskas などをようしたCleveland Cavaliersと対戦し4-2で勝利した。続くNBA Play Off Eastern Conference FinalsStan Van Gundyヘッドコーチのもと59-23の成績で#14 Jameer Nelson, #12 Dwight Howard, #15 Vince Carter, #9 Rashard Lewis, #7 J.J. Redick, #20 Mickael Pietrus, #22 Matt Barnes, #13 Marcin Gortat, #44 Jason Williams, #33 Ryan Anderson, #30 Brandon Bass, #8 Anthony JohnsonなどをようしたOrlando Magicと対戦し4-2で見事勝利し 2010 NBA Finalsに進出してLos Angeles Lakers2008 NBA Finals以来再び対戦する事になった。むかえた2010 NBA FinalsではPhil Jacksonヘッドコーチのもと57-25の成績で#24 Kobe Bryant, #16 Pau Gasol, #37 Ron Artest(Metta World Peace), #2 Derek Fisher, #7 Lamar Odom, #17 Andrew Bynum, #1 Jordan Farmar, #18 Sasha Vujacic, #4 Luke Walton, #21 Josh Powell, #12 Shannon BrownなどをようしたLos Angeles Lakersに3-4となる大接戦を演じBoston Celticsは敗退している。シリーズ途中には#43 Kendrick Perkinsが怪我をしてしまい出場が出来ず最後のゲーム7まで分からないシリーズの展開であった。 2010-11seasonには Boston CelticsDoc Riversヘッドコーチのもと56-26の成績を残しチームにはルーキーで#0 Avery Bradley, #86 Semih Erdenなどが入団しチームは#34 Paul Pierce, #20 Ray Allen, #5 Kevin Garnett, #9 Rajon Rondo, #8 Jeff Green, #13 Delonte West, #7 Jermaine O'Neal, #11 Glen Davis, #4 Nenad Krstic, #36 Shaquille O'Nealなど共にプレーを共にしNBA Play Off Eastern Conference First RoundMike D'Antoniヘッドコーチのもと42-40の成績を残しチームにはルーキーで#6 Landry Fieldsが入団しチームには新加入の#7 Carmelo Anthonyほか#1 Amare Stoudemire, #23 Toney Douglas, #9 Jared Jeffries, #14 Ronny Turiaf, #5 Bill Walker, #18 Roger Mason, #4 Chauncey Billupsなどを擁したNew York Knicksと対戦し4-0のスウィ―プで勝利し続くNBA Play Off Eastern Conference SemifinalsErik Spoelstraヘッドコーチのもと58-24の成績を残しチームにはルーキーで#45 Dexter Pittmanが入団しこの2010-11seasonより揃ったBig3の#3 Dwyane Wade, #6 LeBron James, #1 Chris Boshを中心にほか#15 Mario Chalmers, #22 James Jones, #0 Mike Bibby, #40 Udonis Haslem, #50 Joel Anthony, #13 Mike Miller, #5 Juwan Howard, #55 Eddie HouseなどをようしたMiami Heatの前に1-4で敗退した。#34 Paul Pierce自身は80試合に全て先発出場し平均18.9得点、5.4リバウンド、3.3アシスト、1.0スティールを記録している。 2011-12seasonBoston CelticsDoc Riversヘッドコーチのもと39-27の成績を残しチームにはルーキーで#12 JaJuan Johnson, #55 E'Twaun Moore, #54 Greg Stiemsmaなどが入団しチームには新加入で#30 Brandon Bass, #51 Keyon Doolingやシーズン途中には#50 Ryan Hollinsなども加入する中でチームの中心は#5 Kevin Garnett, #34 Paul Pierce, #9 Rajon Rondoなどで#20 Ray Allenは怪我の為調子を落としながらもほか#28 Mickael Pietrusなども活躍し迎えたNBA Play Off Eastern Conference First RoundLarry Drewヘッドコーチのもと40-26の成績を残しチームにはルーキーで#44 Ivan Johnsonが入団しチームの中心は#2 Joe Johnsonで他#0 Jeff Teague, #5 Josh Smith, #24 Marvin Williams, #6 Kirk Hinrich, #1 Tracy McGrady, #7 Jannero Pargo, #33 Willie Green, #77 Vladimir Radmanovicなどが在籍し怪我から途中復帰した#15 Al Horford なども活躍したAtlanta Hawksと対戦し4-2で勝利し続くNBA Play Off Eastern Conference SemifinalsDoug Collinsヘッドコーチのもと35-31の成績を残しチームには#9 Andre Iguodala, #11 Jrue Holiday, #23 Louis Williams, #12 Evan Turner, #00 Spencer Hawes, #42 Elton Brand, #21 Thaddeus Young, #20 Jodie Meeksなどのメンバーが揃ったPhiladelphia 76ersと対戦し4-3の接戦の末勝利しNBA Play Off Eastern Conference FinalsではErik Spoelstraヘッドコーチのもと46-20の成績を残しチームにはルーキーで#30 Norris Cole, #14 Terrel Harrisなどが入団しチームの中心は#6 LeBron James, #3 Dwyane Wade, #1 Chris BoshらBig3の加えほか#15 Mario Chalmers, #31 Shane Battier, #40 Udonis Haslem, #13 Mike Miller, #50 Joel Anthony, #22 James Jones, #21 Ronny Turiaf, #5 Juwan Howard, #45 Dexter Pittmanなどのメンバーをそろえた Miami Heatのまえに3-4の大接戦の末敗退している。

Continue reading ↑

Paul Pierce Profile

Position:
Forward
Height:
198cm
Weight:
104kg
Born:
10/13/1977, California, USA
College:
University of Kansas
Team:
Boston Celtics, Eastern Conference
Jersey Status:
Game Issued

Other Status

CHRISTMAS GAME,

Away Jersey