NBA,バスケットボールミュージアムLayupshot

Contact us 免責事項

© 2012-2017 Layupshot.

Owner. Tadahiro Hakamata

Photo. Kentaro Sawaguchi

Design. PLANPOT DESIGN WORKS

JERSEY MUSEUM

HOME / JERSEY MUSEUM / 2007-2008 / New Orleans Hornets / Peja Stojakovic

Peja Stojakovic #16
- New Orleans Hornets - 2007-2008

$2,030 USD

Price negotiation The Challenge

NBA Game Worn jersey museum "Layupshot"館内で展示されているジャージは全て販売可能です。(既に販売済みのジャージも含まれています) サイト内 "Price negotiation" ボタンより簡単なフォームにご記入頂くと、在庫の有無・販売価格をメールにて返信致します。 館内に展示されているジャージは、NBA選手が着用したもの、もしくは着用するために用意された大変貴重なものばかりです。

All jerseys display within the NBA Game Worn jersey museum "Layupshot" are available for purchase. (Some jerseys on display are already sold) We will get back to you with the availability and price information if you contact us through the "Price Negotiation" button. Jerseys displayed in this museum have been worn, or issued to be worn by actual NBA players.

NBA Game Worn jersey museum "Layupshot" 博物馆内展示的所有球衣都是可以选购的(已售出的款式也在包含展示范围内)。 在本网页内,您只需点击 "Price negotiation" 图标,并简单的填写相应信息,相关球衣的库存和价格会通过EMAIL的形式发送给您。 本馆展示的所有球衣都是NBA球员亲着,或是比赛备用款式。均在市面上不可多得,具有很高收藏价值意义。

Jersey Description

This teal jersey was worn by #16 Peja Stojakovic of the New Orleans Hornets during the 2008 NBA All-Star Weekend held February 15-17, 2008, at New Orleans Arena in New Orleans, Louisiana. Stojakovic wore this jersey during the Foot Locker Three-Point Shootout held on Saturday, February 16, 2008

Layup Navigation

1996年の NBA Draftで、クロアチアより14位指名をSacramento Kingsより受け入団する。 この1996年のNBA Draftでは、第 1位にGeorgetown Universityより#3 Allen Iverson, 2位University of Massachusetts Amherstから#21 Marcus Camby, 3位University of Californiaから#3 Shareef Abdur-Rahim, 4位Georgia Institute of Technologyより#33 Stephon Marbury, 5位University of Connecticutから#34 Ray Allen, 6位University of Kentuckyより#8 Antoine Walker, 7位University of Memphisより#42 Lorenzen Wright, 8位Villanova Universityより#30 Kerry Kittles, 9位University of Louisvilleから#52 Samaki Walkerが、10位にMississippi State University#25 Erick DampierらがNBA入りしているが、注意すべきはこれより後に指名されている選手たちの顔ぶれも素晴らしい事である。13位には#8・#24 Kobe Bryantが、続いて14位に#16 Peja Stojakovic, 15位にSanta Clara University出身の#13 Steve Nash, 16位University of Kentuckyから#00 Tony Delk, 17位には#8・#24 Kobe Bryant同様に高卒プレーヤーの#7 Jermaine O'Nealが、18位Syracuse Universityから#44 John Wallace, 19位University of Kentucky#40 Walter McCarty, 24位にはUniversity of Arkansas at Little Rock出身の#2 Derek Fisherが、26位でGeorgetown University出身の#13 Jerome Williamsなどが続いた。 1996年のNBA Draft の2年後の1998-99seasonよりSacramento Kings#21 Vlade Divac, #4 Chris Webber, #34 Corliss Williamson,#55 Jason Williams, #31 Scot Pollard, #20 Jon Barryたちとプレーをする。 Rick Adelmanヘッドコーチのもと#55 Jason Williamsのルーキーシーズンからプレーを共にし、これより3年間の間 #25 Nick Anderson, #00 Tony Delk, #13 Doug Christie, #5 Hedo Turkogluなどの選手が加わり、4シーズン目となる 2001-02 seasonSacramento Kings#4 Chris Webber, #21 Vlade Divac, #10 Mike Bibby, #16 Peja Stojakovic, #13 Doug Christie, #5 Hedo Turkoglu, #24 Bobby Jacksonなどと最高の布陣でNBA Play Off  Western Conference Finals まで勝ち進み、#8 Kobe Bryant, #2 Derek Fisher, #17 Rick Fox, #34 Shaquille O'Neal, #5 Robert Horry, #20 Brian Shaw, #10 Lindsey HunterをようするLos Angeles Lakersとのあいだで3-4の好ゲームを演じ惜しくも破れてしまう。 2002年にFirst Union Center, Philadelphia, PAで行われた、2002 NBA All-Star Gameに選出され11得点し同じくSacramento Kings からスターターとして#4 Chris Webberが出場、MVPには#21 Kevin Garnettが輝いた。続く Philips Arena, Atlanta, GA で行われた2003 NBA All-Star Gameにも選出され同じくReservesメンバーには#34 Shaquille O'Neal, #31 Shawn Marion, #41 Dirk Nowitzki, #13 Steve Nash, #20 Gary Payton, #3 Stephon Marburyなどがいた。 自身3度目となる2004 NBA All-Star Gameは、STAPLES Center, Los Angeles, CAで開催され、同じSacramento Kingsのチームメイトの#52 Brad MillerとともにReservesメンバーからMVP#34 Shaquille O'Nealが選ばれたが、他には#34 Ray Allen, #19 Sam Cassell, #41 Dirk Nowitzki, #47 Andrei Kirilenko などの顔ぶれであった。 その後も2005-06seasonまでの8シーズンをSacramento Kingsで過ごし、その間#7 Keon Clark, #22 Jim Jackson, #52 Brad Miller, #8 Anthony Peelerなどといった選手たちもチームには加入するも2006年にIndiana Pacersにトレードされる。 2006-07seasonより New Orleans Hornetsに移籍、翌2007~08seasonNBA Play Off Western Conference Semifinalsまで#3 Chris Paul, #30 David West, #6 Tyson Chandler, #9 Morris Peterson, #24 Bonzi Wells, #2 Jannero Pargo, #12 Hilton Armstrongらと進みSan Antonio Spurs と対戦し、3-4で敗れている。2009-10seasonにはルーキーで#2 Darren Collison#5 Marcus Thorntonが加入し、また#50 Emeka Okafor#6 Tyson Chandlerとのトレードで加入するも#3 Chris Paulなどの怪我で成績は伸びなかった。 2010~11seasonには#1 Trevor Arizaらが加わり、#16 Peja StojakovicToronto Raptors へトレードされその後Dallas Mavericksと契約し、2010~11seasonDallas Mavericks2010-11 NBA Championを獲得。チームは#41 Dirk Nowitzkiを中心に#2 Jason Kidd, #31 Jason Terry, #6 Tyson Chandler, #0 Shawn Marion, #33 Brendan Haywoodなどの選手たちであった。 3ポイントシュートが上手く、長年NBAで活躍したプレーヤーのひとりである。

Continue reading ↑

Peja Stojakovic Profile

Position:
Forward-Guard
Height:
206cm
Weight:
100kg
Born:
6/9/1977, Croatia
College:
Other
Team:
New Orleans Hornets, Western Conference
Jersey Status:
Game Worn

Other Status

ALL STAR WEEKENDS,

Away Jersey