NBA,バスケットボールミュージアムLayupshot

Contact us 免責事項

© 2012-2017 Layupshot.

Owner. Tadahiro Hakamata

Photo. Kentaro Sawaguchi

Design. PLANPOT DESIGN WORKS

JERSEY MUSEUM

HOME / JERSEY MUSEUM / 2010-2011 / Golden State Warriors / Andris Biedrins

Andris Biedrins #15
- Golden State Warriors - 2010-2011

$1,130 USD

Price negotiation The Challenge

NBA Game Worn jersey museum "Layupshot"館内で展示されているジャージは全て販売可能です。(既に販売済みのジャージも含まれています) サイト内 "Price negotiation" ボタンより簡単なフォームにご記入頂くと、在庫の有無・販売価格をメールにて返信致します。 館内に展示されているジャージは、NBA選手が着用したもの、もしくは着用するために用意された大変貴重なものばかりです。

All jerseys display within the NBA Game Worn jersey museum "Layupshot" are available for purchase. (Some jerseys on display are already sold) We will get back to you with the availability and price information if you contact us through the "Price Negotiation" button. Jerseys displayed in this museum have been worn, or issued to be worn by actual NBA players.

NBA Game Worn jersey museum "Layupshot" 博物馆内展示的所有球衣都是可以选购的(已售出的款式也在包含展示范围内)。 在本网页内,您只需点击 "Price negotiation" 图标,并简单的填写相应信息,相关球衣的库存和价格会通过EMAIL的形式发送给您。 本馆展示的所有球衣都是NBA球员亲着,或是比赛备用款式。均在市面上不可多得,具有很高收藏价值意义。

Jersey Description

Biedrins wore this jersey during the Warriors' 129-119 loss to the Sacramento Kings on March 14, 2011 at Power Balance pavilion in Sacramento, California. This jersey has a “Deerstalker Patch” over the right breast which honors the late former owner, Franklin Mieuli. There is an NBA “HWC Nights 2010-11” tag on the bottom hem of the jersey.

Layup Navigation

2004年の NBA Draft 11位でLatviaからGolden State Warriorsに入団する。 この2004 NBA Draft で第1位となる#12 Dwight Howard, 2位にはUniversity of Connecticut時代NCAA全米制覇を成し遂げた中心選手の#50 Emeka Okaforと続く3位に#7 Ben Gordonが指名を受ける、5位にUniversity of Wisconsinより#5 Devin Harrisが、6位にはStanford University出身でスニーカーマニアの#1 Josh Childressが、7位にはDuke Universityから#9 Luol Deng, 9位にUniversity of Arizonaから#9 Andre Iguodala, 10位にはUniversity of Oregonかや#6 Luke Jacksonらが指名を受けている。続く11位に#15 Andris BiedrinsがラトビアよりGolden State Warriors入団している。13位に #31 Sebastian Telfairが14位にUniversity of Minnesotaより#43 Kris Humphries,15位には#25 Al Jeffersonが、17位#5 Josh Smith, 18位#1 J.R. Smith,19位#1 Dorell Wrightと4人の高校卒が続き、20位にSaint Joseph's Universityより#14 Jameer Nelsonが、24位にSaint Joseph's Universityより#13 Delonte Westが、25位にOklahoma State Universityより #42 Tony Allenそしてこの後26位にWestern Carolina Universityより#23 Kevin Martinが指名を受けている。27位には#18 Sasha Vujacicがスロベニアより同じく28位に#19 Beno Udrihが、30位にはブラジルから#17 Anderson Varejao, 38位にDuke Universityから#25 Chris Duhonが、43位にUniversity of California, Los Angelesより#1 Trevor Arizaが、47位にCalifornia State University, Fullertonから#9 Pape Sowなどの選手たちが指名を受けている。 2004-05 seasonGolden State Warriorsでは #23 Jason Richardson, #34 Mike Dunleavy, #1 Troy Murphy, #31 Adonal Foyle, #5 Baron Davis, #4 Derek Fisher, #2 Mickael Pietrus, #3 Clifford Robinsonなどが在籍する。 2005-06 seasonGolden State Warriorsには、ルーキーで#8 Monta Ellisが加入。その後2006-07 seasonGolden State WarriorsにはDon Nelsonヘッドコーチのもと 42-40の成績でNBA Play Offに進出する#1 Stephen Jackson, #23 Jason Richardson, #22 Matt Barnes, #3 Al Harrington, #8 Monta Ellis, #15 Andris Biedrins, #2 Mickael Pietrus, #7 Kelenna Azubuike, #33 Sarunas Jasikevicius, #21 Josh Powell などと共にNBA Play Off Western Conference First RoundDallas Mavericks 破り、続くUtah Jazzとの対戦も敗れはしたが好ゲームを演じた。2006-07seasonGolden State Warriors では #5 Baron Davis, #1 Stephen Jackson, #3 Al Harrington, #22 Matt Barnes, #2 Mickael Pietrus, #7 Kelenna Azubuike, #33 Sarunas Jasikevicius, #21 Josh Powellらの活躍が大きく NBA Play Off Western Conference SemifinalsUtah Jazz相手に1-4ながら大健闘のシリーズであった。 翌2007~08シーズンには#18 Marco Belinelli, #23 C.J. Watsonがルーキーで加入、 #5 Baron Davis, #8 Monta Ellis, #1 Stephen Jackson, #3 Al Harringtonなどと活躍し76試合に出場し59ゲームでスターターを務めた。 翌2008~09シーズンには#50 Corey Maggetteがチームに、2009-10seasonには Golden State Warriorsにルーキーで#30 Stephen Curry, #55 Reggie Williamsなどが加入#8 Monta Ellis, #50 Corey Maggette と共に活躍#22 Anthony Morrowも活躍した中#15 Andris Biedrinsは、出場試合が減り33試合になった。 2010-11seasonには Golden State Warriorsにルーキーで#20 Ekpe Udoh, #7 Jeremy Linも加入、新加入で#1 Dorell Wright, また #10 David Lee, #23 Al Thorntonなども在籍、チームの中心は#8 Monta Ellis,#30 Stephen Curryであった。 2011-12 seasonGolden State Warriorsには新ヘッドコーチの #13 Mark Jacksonが就任し、シーズン途中には長年チームの顔として活躍した#8 Monta Ellisトレードで放出して#6 Andrew Bogut を獲得、#5 Stephen JacksonSan Antonio Spursに放出し #44 Richard Jeffersonを獲得チームは変革期に突入している。 Golden State Warriors一筋8年間在籍している#15 Andris Biedrins共来シーズンに向け期待がかかる。

Continue reading ↑

Andris Biedrins Profile

Position:
Center
Height:
211cm
Weight:
109kg
Born:
4/2/1986, Latvia
College:
Other
Team:
Golden State Warriors, Western Conference
Jersey Status:
Game Worn

Other Status

HARDWOOD CLASSICS,

Home Jersey