NBA,バスケットボールミュージアムLayupshot

Contact us 免責事項

© 2012-2017 Layupshot.

Owner. Tadahiro Hakamata

Photo. Kentaro Sawaguchi

Design. PLANPOT DESIGN WORKS

JERSEY MUSEUM

HOME / JERSEY MUSEUM / 2014-2015 / Boston Celtics / Marcus Thornton

Marcus Thornton #4
- Boston Celtics - 2014-2015

NBA Game Worn jersey museum "Layupshot"館内で展示されているジャージは全て販売可能です。(既に販売済みのジャージも含まれています) サイト内 "Price negotiation" ボタンより簡単なフォームにご記入頂くと、在庫の有無・販売価格をメールにて返信致します。 館内に展示されているジャージは、NBA選手が着用したもの、もしくは着用するために用意された大変貴重なものばかりです。

All jerseys display within the NBA Game Worn jersey museum "Layupshot" are available for purchase. (Some jerseys on display are already sold) We will get back to you with the availability and price information if you contact us through the "Price Negotiation" button. Jerseys displayed in this museum have been worn, or issued to be worn by actual NBA players.

NBA Game Worn jersey museum "Layupshot" 博物馆内展示的所有球衣都是可以选购的(已售出的款式也在包含展示范围内)。 在本网页内,您只需点击 "Price negotiation" 图标,并简单的填写相应信息,相关球衣的库存和价格会通过EMAIL的形式发送给您。 本馆展示的所有球衣都是NBA球员亲着,或是比赛备用款式。均在市面上不可多得,具有很高收藏价值意义。

Jersey Description

This jersey worn in a game during the 2014-15 National Basketball Association regular season, by #4 Marcus Thornton of the Boston Celtics. This jersey was worn by Thornton during the Celtics' 101-93 victory over the Washington Wizards on December 7, 2014 at TD Garden in Boston, MA. He played 17 minutes and registered 21 points with 2 rebounds and 2 blocked shots. The "Parquet Pride" grey alternate jersey celebrates great moments in Celtics history from the famed Parquet Floor. The Parquet Pride jersey features a green and white Celtics wordmark on a grey background with parquet-inspired piping down the sides. Starting this season, uniforms of teams that have won an NBA championship will feature a gold championship tag to commemorate each championship season. Teams that have won a single NBA championship will have a Larry O'Brien Trophy displayed on the gold tag on the back of their jerseys. Teams with multiple NBA championships will have a Larry O'Brien Trophy with the number titles written next to it.

Layup Navigation

2009年の NBA Draft43位でLouisiana State Universityより New Orleans Hornetsに入団する。 Louisiana State Fighting Tigers時代には #15 Anthony Randolphなどと共にプレーする。またLouisiana State UniversityよりNBAでプレーした選手たちには古くは#7 Pete Maravichをはじめとし#53 Stanley Roberts, #1 Mahmoud Abdul-Rauf, #32 Shaquille O'Neal , #4 Stromile Swift, #30 Brandon Bass, #11 Glen Davis, #12 Ronald Dupree, #12 Tyrus Thomas, #15 Anthony Randolphなどの出身校である。 この2009年の NBA Draft での1位指名は2011年のSlam Dunk ChampionUniversity of Oklahoma出身の #32 Blake Griffin, 4位にはUniversity of Memphisより #13 Tyreke Evansが、5位にはスペインより#9 Ricky Rubioが、6位にはSyracuse Universityより #10 Jonny Flynnが、7位には父に有名な3pointシューターでもある#30 Dell CurryをもつDavidson Collegeで活躍した#30 Stephen Curryが指名され9位にもUniversity of Southern California出身のSlum Dunker #10 DeMar DeRozanが、15位にGonzaga Universityより#5 Austin Daye、17位にはUniversity of California, Los Angelesより#11 Jrue Holidayが、18位にはUniversity of North Carolinaより#3 Ty Lawsonが指名を受けた16位には19位で指名された#0 Jeff Teagueと同じWake Forest Universityより#16 James Johnsonが、2007 NBA Draftで1位#52 Greg Oden 4位 #11 Mike Conley21位には #14 Daequan Cook と3人が指名されたOhio State Universityよりセンターの#23 Byron Mullensが、26位にUniversity of Southern CaliforniaよりChicago Bullsで#5 Carlos Boozerの代わりに大活躍を見せるバックアップフォアードの #22 Taj Gibsonが、28位にはUniversity of North Carolinaより#19 ・#22 Wayne EllingtonNBA入りしている。この他、3 位にはArizona State Universityから #13 James Harden, 10位に指名を受けた #3 Brandon Jenningsは、#20 Jodie Meeks同様にMilwaukee Bucksから指名を受けて入団している。続く11位University of Louisvilleより#8 Terrence Williams,36位University of Pittsburghより #4 Sam Young同じく同校より 37位に #45 DeJuan Blairと続く、39位にはスウェーデン代表の#33 Jonas Jerebko, そして続く43位にLouisiana State Universityより#23 Marcus Thorntonが指名を受ける事になる。44位University of Arizonaより#10 Chase Budinger, 46位には13位指名を受けた#50 Tyler Hansbroughと同校のUniversity of North Carolinaより#14 Danny GreenNBAを果たした。 2009-10seasonNew Orleans Hornetsには#5 Marcus Thorntonと同じくルーキーで入団した#2 Darren Collisonはケガがちで満足いく出場が出来ないチームのエースでもある #3 Chris Paulに代わりいきなり大活躍をみせた他#30 David West, #50 Emeka Okafor, #16 Peja Stojakovic, #9 Morris Peterson, #23 Devin Brownなど共にプレーするし#5 Marcus Thorntonも17試合にスターターとして活躍し平均14.5得点を記録している。 2010-11シーズンには New Orleans Hornets#1 Trevor Ariza, #33 Willie Green, #8 Marco Belinelliなどが新加入する中のシーズン途中Sacramento Kingsとの間のトレードで#24 Carl Landryの代わりにSacramento Kingsに移籍する事になる。移籍後27試合中23試合に先発出場し平均21.3得点のチームトップの成績を記録する。 2011-12シーズンSacramento Kingsにはルーキーの#7 Jimmer Fredette, #22 Isaiah Thomas, #3 Tyler Honeycuttなどが加わり、チームでは#15 DeMarcus Cousins#13 Tyreke Evansと共に活躍を見せ他#42 Chuck Hayes, #32 Francisco Garcia, #15 John Salmonsなどもチームに在籍しているなか51試合全てでスターターを務め平均18.7得点のチームトップの成績を記録する。

Continue reading ↑

Marcus Thornton Profile

Position:
Guard
Height:
193cm
Weight:
93kg
Born:
6/5/1987, Louisiana, USA
College:
Louisiana State University
Team:
Boston Celtics, Eastern Conference
Jersey Status:
Game Worn

Other Status

SEASON,

Alternate Jersey