NBA,バスケットボールミュージアムLayupshot

Contact us 免責事項

© 2012-2017 Layupshot.

Owner. Tadahiro Hakamata

Photo. Kentaro Sawaguchi

Design. PLANPOT DESIGN WORKS

JERSEY MUSEUM

HOME / JERSEY MUSEUM / 2012-2013 / Miami Heat / Chris Andersen

Chris Andersen #11
- Miami Heat - 2012-2013

$2,140 USD

Price negotiation

NBA Game Worn jersey museum "Layupshot"館内で展示されているジャージは全て販売可能です。(既に販売済みのジャージも含まれています) サイト内 "Price negotiation" ボタンより簡単なフォームにご記入頂くと、在庫の有無・販売価格をメールにて返信致します。 館内に展示されているジャージは、NBA選手が着用したもの、もしくは着用するために用意された大変貴重なものばかりです。

All jerseys display within the NBA Game Worn jersey museum "Layupshot" are available for purchase. (Some jerseys on display are already sold) We will get back to you with the availability and price information if you contact us through the "Price Negotiation" button. Jerseys displayed in this museum have been worn, or issued to be worn by actual NBA players.

NBA Game Worn jersey museum "Layupshot" 博物馆内展示的所有球衣都是可以选购的(已售出的款式也在包含展示范围内)。 在本网页内,您只需点击 "Price negotiation" 图标,并简单的填写相应信息,相关球衣的库存和价格会通过EMAIL的形式发送给您。 本馆展示的所有球衣都是NBA球员亲着,或是比赛备用款式。均在市面上不可多得,具有很高收藏价值意义。

Jersey Description

This jersey worn during the 2012-13 National Basketball Association regular season by #11 Chris Andersen of the Miami Heat.This jersey was worn by Andersen during the Heat's 97-96 victory over the Orlando Magic on March 6, 2013 at American Airlines Arena in Miami, FL.Andersen also wore this jersey in the following three games: The Heat's 102-93 victory over the Philadelphia 76ers on March 8, 2013 at American Airlines Arena in Miami, FL.; The Heat's 105-91 victory over the Indiana Pacers on March 10, 2013 at American Airlines Arena in Miami, FL.; The Heat's 101-97 loss to the Chicago Bulls on March 27, 2013 at United Center in Chicago, IL."EL HEAT" is on the front of the jersey.There is a NBA "Noche Latina" patch on the left breast. A NBA "Noche Latina Latin Nights" tag is on the bottom hem above the jock tag.

Layup Navigation

Blinn College よりNBA Draft外で2001-02 seasonよりDenver Nuggetsに入団する。 Denver Nuggets には、 #31 Nick Van Exel, #5 Voshon Lenard, #41 James Posey, #45 Raef LaFrentz, #21 George McCloud, #7 Juwan Howardなどの選手たちでチームを引っ張るもMidwest Divisionで27-55の成績で6位に留まる下位チームであった。入団当初#15 Chris Andersenの出番は少なくまたBlinn CollegeよりNBA入りしたプレーヤーもみられないそんな中の 2001-02seasonNBAというと 2001-02 NBA Season MVPには #21 Tim Duncan が、Rookie of the Yearには #16 Pau Gasolが輝いている。 #34 Shaquille O'Neal, #8 Kobe Bryant, #2 Derek Fisher, #17 Rick Fox, #5 Robert Horry#10 Lindsey Hunter, #23 Mitch RichmondなどをようしたLos Angeles Lakersが、2002 NBA Finalで New Jersey Netsを4-0のスウィ―プで下し2002 NBA Championに輝いている。翌2002~03seasonのは、ルーキーで#31 Neneが加わり#15 Chris Andersenの出番も年々増えていく中2003-04 seasonDenver Nuggetsは、 #24 Andre Miller, #23 Marcus Camby, #11 Earl Boykinsらと共に #12 Chris Andersenも活躍しルーキーで加入した#56 Francisco Elsonそしてチームの中心選手となる#15 Carmelo Anthonyも加入、#1 Voshon LenardなどとNBA Play Offs Western Conference First Roundに出場しNBA Final進出が有力であった Minnesota Timberwolvesと対戦する事になる。Minnesota Timberwolvesは、Flip Saunders ヘッドコーチのもとシーズン58-24の好成績を残し#21 Kevin Garnett中心に#8 Latrell Sprewell, #19 Sam Cassell, #10 Wally Szczerbiak, #23 Trenton Hassell, #32 Fred Hoiberg, #40 Ervin Johnson, #35 Mark Madsen, #34 Michael Olowokandi, #20 Gary Trent, #3 Oliver Millerなどをようして1-4で Denver Nuggetsは敗退した。 翌2004-05シーズンから New Orleans Hornetsに在籍しチームには #1 Baron Davis, #4 David Wesley, #23 J.R. Smith, #42 P.J. Brown, #9 George Lynch, #54 Rodney Rogers, #21 Jamaal Magloire, #33 Lee Nailonたちとプレーする中チームにはけが人が多く成績は伸びなかった。 続く2005~06シーズンByron Scott ヘッドコーチのもとで38-44の成績を残す。チームにはルーキーで#33 Brandon Bass#3 Chris Paulが入団し#30 David Westと活躍、#24 Desmond Mason, #42 P.J. Brown#12 Speedy Claxtonらもいた。2007-08 seasonNew Orleans Hornetsは強豪チームへと変貌する事になる #3 Chris Paul, #30 David Westを中心に#16 Peja Stojakovic, #6 Tyson Chandler, #9 Morris Peterson, #24 Bonzi Wells, #2 Jannero Pargoなどが活躍するなかで#1 Chris Andersenはわずか5試合のみプレー怪我の為試合に出場出来なかった。 2008-09seasonより再び Denver Nuggetsに在籍し、チームは#15 Carmelo Anthonyを中心に #7 Chauncey Billups, #1 J.R. Smith, #31 Nene, #4 Kenyon Martin, #30 Dahntay Jones, #43 Linas KleizaなどのメンバーとGeorge KarlヘッドコーチのもとNBA Play Off Western Conference Finals でこの2009年NBA Championに輝いた #24 Kobe Bryant中心に #16 Pau Gasol , #7 Lamar Odom, #3 Trevor Ariza, #2 Derek Fisher, #17 Andrew Bynum, #5 Jordan Farmar, #4 Luke Walton, #18 Sasha Vujacic, #21 Josh PowellなどをようしたLos Angeles Lakersに2-4で敗退する。 翌年の2009~10シーズンには、ルーキーで#3 Ty Lawsonが入団、新加入で#6 Arron Afflaloそして“バードマン”#11 Chris Andersenも出場機会が増し人気者になる。 2010-11 seasonDenver Nuggetsでは、#3 Ty Lawson, #31 Nene, #5 J.R. Smith, #4 Kenyon Martinらと共にシーズン途中にNew York Knicksとのトレードで#7 Carmelo Anthony#4 Chauncey Billupsの代わりにやってきた#8 Danilo Gallinari, #2 Raymond Felton, #21 Wilson ChandlerなどのメンバーでOklahoma City Thunderと対戦する。 #35 Kevin Durant, #0 Russell Westbrook, #2 Thabo Sefolosha, #9 Serge Ibaka, #5 Kendrick Perkins率いるOklahoma City Thunderに1-4で敗退している。 2011~12seasonには、ルーキーの#35 Kenneth Fariedが大活躍し、#7 Al Harringtonやシーズン途中トレードにより加入した#34 JaVale McGeeや新加入の#13 Corey Brewerなどが活躍NBA Play Off Western Conference First Round では惜しくも3-4でLos Angeles Lakersのまえに敗退している。 2004年と2005年の2年連続でスラムダンクコンテストに出場した経歴がある。

Continue reading ↑

Chris Andersen Profile

Position:
Forward
Height:
208cm
Weight:
104kg
Born:
7/7/1978, California, USA
College:
Blinn College
Team:
Miami Heat, Eastern Conference
Jersey Status:
Game Worn

Other Status

NOCHE LATINA,

Away Jersey