NBA,バスケットボールミュージアムLayupshot

Contact us 免責事項

© 2012-2017 Layupshot.

Owner. Tadahiro Hakamata

Photo. Kentaro Sawaguchi

Design. PLANPOT DESIGN WORKS

JERSEY MUSEUM

HOME / JERSEY MUSEUM / 2010-2011 / Milwaukee Bucks / Chris Douglas-Roberts

Chris Douglas-Roberts #17
- Milwaukee Bucks - 2010-2011

NBA Game Worn jersey museum "Layupshot"館内で展示されているジャージは全て販売可能です。(既に販売済みのジャージも含まれています) サイト内 "Price negotiation" ボタンより簡単なフォームにご記入頂くと、在庫の有無・販売価格をメールにて返信致します。 館内に展示されているジャージは、NBA選手が着用したもの、もしくは着用するために用意された大変貴重なものばかりです。

All jerseys display within the NBA Game Worn jersey museum "Layupshot" are available for purchase. (Some jerseys on display are already sold) We will get back to you with the availability and price information if you contact us through the "Price Negotiation" button. Jerseys displayed in this museum have been worn, or issued to be worn by actual NBA players.

NBA Game Worn jersey museum "Layupshot" 博物馆内展示的所有球衣都是可以选购的(已售出的款式也在包含展示范围内)。 在本网页内,您只需点击 "Price negotiation" 图标,并简单的填写相应信息,相关球衣的库存和价格会通过EMAIL的形式发送给您。 本馆展示的所有球衣都是NBA球员亲着,或是比赛备用款式。均在市面上不可多得,具有很高收藏价值意义。

Jersey Description

This white 'Hardwood Classics' jersey was worn by #17 Chris Douglas-Roberts of the Milwaukee Bucks during the 2010-11 National Basketball Association regular season. Douglas-Roberts wore this jersey during the Bucks' 89-78 loss to the Detroit Pistons on February 5, 2011 at Bradley Center in Milwaukee, Wisconsin. There is a NBA “HWC Nights 2010-11” tag on the bottom hem of the jersey.

Layup Navigation

2008 年のNBA Draft 40位でUniversity of MemphisよりNew Jersey Netsに入団する。Memphis Tigers時代の2007-08seasonMemphis Tigers#1 Derrick Roseと共に大活躍を見せ2008 NCAAトーナメントSouth Regional Final#14 D.J. Augustin, #10 Damion James, #45 Dexter Pittmanなどを擁したTexas Longhorns に85-67で勝利し続く2008 NCAAトーナメントSemifinal#42 Kevin Love, #0 Russell Westbrook, #2 Darren Collisonなどが在籍したUCLAと対戦し78-63で勝利し迎えた 2008 NCAAトーナメントFinal#00 Darrell Arthur, #25 Brandon Rush, #15 Mario Chalmers, #45 Cole AldrichKansasなどを擁したKansas Jayhawksと対戦して68-75で敗れているが2007-08 seasonNCAA AP All-America (1st)#14 D.J. Augustin, #8 Michael Beasley, #50 Tyler Hansbrough, #42 Kevin Loveと共に選出されている。 この2008年のNBA Draft 第1位指名を受けたのはUniversity of Memphis出身の#1 Derrick Rose, 2位にはKansas State Universityより#8 Michael Beasleyが続く3位にUniversity of Southern California出身の #32 O.J. Mayoが4,5位には同じUniversity of California, Los Angelesより4位に #0 Russell Westbrook, 5位に#42 Kevin Loveが指名されている。6位にはイタリアより #8 Danilo Gallinariが、7位でIndiana Universityより#10 Eric Gordon, 9位にUniversity of Texas at Austinより#14 D.J. Augustinが、双子でのNBA入りを果たすそして10位にStanford Universityから#11 Brook Lopezが、15位に#15 Robin Lopezが指名を受ける。11位にUniversity of Arizonaから#4 Jerryd Baylessが、12位でRider University出身の #34 Jason Thompson が13位にUniversity of Kansasから#25 Brandon Rushが、14位にはLouisiana State Universityから #4 Anthony Randolphが、16位にはUniversity of Floridaより #16 Marreese Speightsが、17位にはGeorgetown Universityより#55 Roy Hibbertが、18位にUniversity of Nevada, Renoから#34 JaVale McGeeが、19位にNorth Carolina State Universityより#21 J.J. Hicksonが、 21位にはUniversity of California出身の#33 Ryan Andersonが指名を受け21位以下では22位にWestern Kentucky Universityより#11 Courtney Lee が、24位は #9 Serge Ibaka, 25位にフランスより#88 Nicolas Batumがこの2008 NBA Draft で指名を受け続く26位にIndiana University-Purdue University Indianapolis出身の #3 George Hillが、27位にUniversity of Kansasから #00 Darrell Arthurが、34位にはUniversity of Kansas時代に劇的な3ポイントショットを決めた#15 Mario Chalmers, 35位にTexas A&M Universityより #6 DeAndre Jordan, 36位にはトルコより #3 Omer Asikが指名を受け同じくトルコより60位で#9 Semih ErdenNBA入りを果たしている。その他では 40位にUniversity of Memphis出身の#17 Chris Douglas-Robertsが、45位には#2 Goran Dragicが、47位にKansas State Universityより#5 Bill Walkerが指名を受け、39位ではUniversity of Arkansasより #24 Sonny Weemsなどが指名を受けNBA入りを果たしている。 2008-09seasonNew Jersey NetsLawrence Frankヘッドコーチのもと34-48の成績を残しチームにはルーキーで#20 Ryan Anderson, #11 Brook Lopezなども#17 Chris Douglas-Roberts 同様に入団しチームの中心は#34 Devin Harris, #15 Vince Carterなどで他#55 Keyon Dooling, #22 Jarvis Hayes, #9 Yi Jianlianなどであった。#17 Chris Douglas-Roberts自身は44試合に出場して3試合に先発出場し平均4.9得点、1.2アシストを記録している。 2009-10 seasonNew Jersey Nets はヘッドコーチがLawrence Frankから Tom Barriseに代わりそしてまた Kiki Vandewegheヘッドコーチへと1シーズン中に3人のヘッドコーチが変わる異例のシーズンとなりチームにはルーキーで#8 Terrence Williamsが加入、 #15 Vince Carter がチームを去りチームの中心は#11 Brook Lopez, #34 Devin Harrisなどでそんな中で#17 Chris Douglas-Roberts自身は67試合に出場して38試合に先発出場し平均9.8得点、1.4アシスト、3.0リバウンドを記録している。 2010-11seasonよりトレードで移籍した Milwaukee Bucksに在籍し Scott Skiles ヘッドコーチのもと35-47の成績を残しチームにはルーキーで#8 Larry Sandersが入団しチームでは #3 Brandon Jennings, #15 John Salmons, #6 Andrew Bogutまた新加入の#5 Corey Maggetteほか#0 Drew Gooden, #7 Ersan Ilyasova, #11 Earl Boykins, #55 Keyon Doolingなどが在籍しする中チームの中心であった#22 Michael Reddは怪我の為わずか10試合の出場となり#17 Chris Douglas-Roberts自身は44試合に出場して12試合に先発出場し平均7.3得点、2.0リバウンド1.1アシストを記録している。

Continue reading ↑

Chris Douglas-Roberts Profile

Position:
Guard
Height:
201cm
Weight:
91kg
Born:
1/8/1987, Michigan, USA
College:
University of Memphis
Team:
Milwaukee Bucks, Eastern Conference
Jersey Status:
Game Worn

Other Status

HARDWOOD CLASSICS,

Home Jersey