NBA,バスケットボールミュージアムLayupshot

Contact us 免責事項

© 2012-2017 Layupshot.

Owner. Tadahiro Hakamata

Photo. Kentaro Sawaguchi

Design. PLANPOT DESIGN WORKS

JERSEY MUSEUM

HOME / JERSEY MUSEUM / 2010-2011 / Los Angeles Lakers / Luke Walton

Luke Walton #4
- Los Angeles Lakers - 2010-2011

NBA Game Worn jersey museum "Layupshot"館内で展示されているジャージは全て販売可能です。(既に販売済みのジャージも含まれています) サイト内 "Price negotiation" ボタンより簡単なフォームにご記入頂くと、在庫の有無・販売価格をメールにて返信致します。 館内に展示されているジャージは、NBA選手が着用したもの、もしくは着用するために用意された大変貴重なものばかりです。

All jerseys display within the NBA Game Worn jersey museum "Layupshot" are available for purchase. (Some jerseys on display are already sold) We will get back to you with the availability and price information if you contact us through the "Price Negotiation" button. Jerseys displayed in this museum have been worn, or issued to be worn by actual NBA players.

NBA Game Worn jersey museum "Layupshot" 博物馆内展示的所有球衣都是可以选购的(已售出的款式也在包含展示范围内)。 在本网页内,您只需点击 "Price negotiation" 图标,并简单的填写相应信息,相关球衣的库存和价格会通过EMAIL的形式发送给您。 本馆展示的所有球衣都是NBA球员亲着,或是比赛备用款式。均在市面上不可多得,具有很高收藏价值意义。

Jersey Description

This white ‘Noche Latina’ jersey was worn by #4 Luke Walton of the Los Angeles Lakers during the 2010-11 National Basketball Association regular season. Walton wore this jersey during the Laker's 139-137 victory over the Phoenix Suns on March 22, 2011 at Staples Center in Los Angeles, CA. There is a NBA “Noche Latina” patch on the left breast.

Layup Navigation

2003年の NBA Draft 32位でUniversity of ArizonaよりLos Angeles Lakersに入団する。またNBAの伝説的センターの#32 Bill Walton の息子である。 University of Arizona時代には、1999-00seasonからプレーし Arizona Wildcatsには #3 Loren Woods, #24 Richard Jefferson, #0 Gilbert Arenasなどといった選手たちと共にプレーしほか年は違うが#12 Will Bynum, #8 Channing Fryeなどと共にもプレーした事もある。#22 Jay Williams, #31 Shane Battier, #34 Mike Dunleavy, #5 Carlos Boozer, #25 Chris Duhonといった選手たちでNCAAトーナメントを勝ち進んできた2000-01seasonDuke Blue Devils2001 NCAA Finalsで対戦してArizona Wildcats は75-82で敗退している。 この2003 NBA Draft 全体第1位指名は#23 LeBron James, 3位にはSyracuse University2003年のNCAAトーナメント全米制覇を成し遂げた#15 Carmelo Anthony, 4位にはGeorgia Institute of Technology出身の#4 Chris Bosh,そして5位でMarquette University出身の #3 Dwyane Wadeとそうそうたる面々である。続く6位には #35 Chris KamanCentral Michigan UniversityよりNBA入りを果たしている。7位にはUniversity of Kansas出身の#12 Kirk Hinrichが、8位にUniversity of Texas at Austinから#11 T.J. Fordが、9位にGeorgetown University出身の#50 Mike Sweetneyが、10位にUniversity of Georgiaから#24 Jarvis Hayesが、11位にフランスより#20 Mickael Pietrusが、12位にはUniversity of Kansasから #4 Nick Collisonが、 13位には#2 Marcus BanksUniversity of Nevada, Las Vegasより指名を受けNBA入りを果たした。14位にはUniversity of Oregonより#13 Luke Ridnourが、18位にXavier Universityより#30 David Westが、20位にDuke Universityより#1 Dahntay Jonesが指名を受けている。この2003 NBA Draftでは21位指名を受けた#3 Boris Diaw同様に国外から2位指名で#31 Darko Milicicも上位指名された。また21位以降では23位に #25 Travis Outlawで24位にUniversity of Illinois at Urbana-Champaignより#43 Brian Cookが、25位には#10 Carlos Delfinoが、27位に #43 Kendrick Perkins,29位にWake Forest Universityより#5 Josh Howard, 31位にUniversity of California, Los Angelesより#26 Jason Kaponoが、そして32位にUniversity of Arizonaより #4 Luke Waltonが指名を受けている。他に 38位University of Marylandより #5 Steve Blake, 41位にはUniversity of Detroit Mercyから#33 Willie Green, 43位にUniversity of Kentucky出身の#10 Keith Bogans他に45位にUniversity of Floridaから #15 Matt Bonner, 47位University of Alabamaから #25 Mo Williams,49位にUniversity of Miami出身の#22 James Jones, 51位Creighton University出身の#26 Kyle Korverと続いた。 #4 Luke Walton にとってのルーキーシーズンは2003~04season Los Angeles LakersPhil Jacksonヘッドコーチのもとスタートする。2003~04 seasonを 56-26で終え #34 Shaquille O'Neal, #8 Kobe Bryant, #2 Derek Fisher, #17 Rick Foxなどに加えてこの2003~04 seasonに移籍した#11 Karl Malone, #20 Gary PaytonといったNBA All Starプレーヤーなども数多くようし #4 Luke Walton 同様にルーキーで#43 Brian Cookも在籍そんな中2004 NBA Finals まで進みDetroit Pistonsと対戦1-4で敗退し 2004 NBA Championには #32 Richard Hamilton, #1 Chauncey Billups, #30 Rasheed Wallace, #3 Ben Wallace, #22 Tayshaun Prince, #34 Corliss Williamson, #13 Mehmet Okur, #7 Mike James, #10 Lindsey Hunter, #41 Elden Campbell, #8 Darvin Ham, #31 Darko Milicicなどの選手たち戦ったDetroit Pistonsが輝いた。 翌2004-05 seasonLos Angeles Lakersにとって大きく変化するシーズンであった。 ヘッドコーチは、Rudy Tomjanovichになり、チームでは #8 Kobe Bryantが完全にチームの中心となり #1 Caron Butler, #9 Chucky Atkins, #7 Lamar Odomなどと共に苦戦しプレーオフ進出を逃す。 2005-06 seasonLos Angeles Lakersは再びPhil Jacksonヘッドコーチを迎え45-37の成績を残すチームには #54 Kwame Brown, #1 Smush Parkerなどとルーキーで#17 Andrew Bynum#21 Ronny Turiafらも加入も #13 Steve Nash, #31 Shawn Marion, #3 Boris Diaw, #2 Tim Thomas, #10 Leandro Barbosa, #19 Raja Bellを中心に#32 Amare Stoudemireを怪我で欠くPhoenix SunsNBA Play Off Western Conference First Round で対戦して3-4で敗退している。翌2006~07シーズン#4 Luke Waltonも60ゲームでスターターを務めチームは、 #8 Kobe Bryantを中心に#7 Lamar Odom, #17 Andrew Bynum, #10 Vladimir Radmanovic, #1 Jordan Farmarなどと共にプレーしNBA Play Off Western Conference First Round に進むも怪我の為プレー出来ずプレーオフでは#2 Marcus Banks, #8 Jalen Rose, #52 Eric Piatkowskiなどの選手もわずかながらプレーし #13 Steve Nash, #31 Shawn Marion, #1 Amare Stoudemire, #19 Raja Bellなどが中心のPhoenix Sunsに1-4で敗退した。 2007-08seasonLos Angeles Lakersは、Phil Jackson ヘッドコーチのもとで57-25の成績を残し2008 NBA Finalsまで勝ち進む、2008 NBA Final対戦相手はこの2007~08 seasonより#5 Kevin Garnett, #20 Ray Allenが加入し#34 Paul Pierceと共にBig3が誕生、#9 Rajon Rondo#43 Kendrick Perkinsの成長もあり、控えには#0 Leon Powe, #11 Glen Davis, #42 Tony Allen,またベテランの #28 Sam Cassell, #93 P.J. Brown, #66 Scot Pollard, #41 James Posey, などで見事2008 NBA Championに輝いたのは Boston Celticsであった。Los Angeles Lakers#24 Kobe Bryant中心に #2 Derek Fisher, #3 Trevor Ariza, #7 Lamar Odom, #16 Pau Gasolなどで、 #17 Andrew Bynumを怪我で欠くなかベンチには#5 Jordan Farmar, #10 Vladimir Radmanovic, #21 Ronny Turiaf, #18 Sasha Vujacic, #4 Luke Walton, #28 Didier Ilunga-Mbengaなどで2-4となる好ゲームをした。 #4 Luke Walton にとって6年目となる2008-09season Los Angeles Lakersは、 #24 Kobe Bryant, #16 Pau Gasol, #7 Lamar Odom, #3 Trevor Ariza, #2 Derek Fisher, #17 Andrew Bynum, #12 Shannon Brown, #5 Jordan Farmar, #18 Sasha Vujacic, #21 Josh Powell, #28 Didier Ilunga-Mbengaらをようして2009 NBA Finalsまで勝ち進み Orlando Magicと対戦する。怪我より回復したばかりの#14 Jameer Nelsonにかわり#1 Rafer Alstonが活躍#12 Dwight Howardを中心に#9 Rashard Lewis, #20 Mickael Pietrus, #15 Hedo Turkoglu, #13 Marcin Gortat, #7 J.J. Redick, #11 Courtney Lee, #8 Anthony Johnsonらで戦うも Orlando Magicは1-4で敗退し、Los Angeles Lakersは見事2009 NBA Championに輝いた。 続く2009-10season Los Angeles Lakers2010 NBA Championに再び輝く、チームには#37 Ron Artest( Metta World Peace)が加わり、2010 NBA Finals では2年前の2008 NBA Finalの舞台で敗戦を期したこのシーズン #30 Rasheed Wallace, #40 Michael Finleyなどを加えた Boston Celtics相手に4-3で勝利を収めている。 翌2010~11seasonは、NBA Play Off Western Conference SemifinalsDallas Mavericksに0-4でスウィ―プ負けしている。 2011~12season途中に#28 Jason Kaponoと共にCleveland Cavaliers#7 Ramon Sessions絡みのトレードで移籍する事に2011-12 seasonCleveland CavaliersByron Scott ヘッドコーチのもと21-45の成績でシーズンを終え、 #4 Antawn Jamisonはチームを離れ、ルーキーの#2 Kyrie Irving中心に#18 Anthony Parker, #36 Omri Casspi, 同じくルーキーの#13 Tristan Thompsonにも期待がかかるなか#17 Anderson Varejaoはケガがちでプレー出来ない状態にある。

Continue reading ↑

Luke Walton Profile

Position:
Forward
Height:
203cm
Weight:
107kg
Born:
3/28/1980, California, USA
College:
University of Arizona
Team:
Los Angeles Lakers, Western Conference
Jersey Status:
Game Worn

Other Status

NOCHE LATINA,

Alternate Jersey