NBA,バスケットボールミュージアムLayupshot

Contact us 免責事項

© 2012-2017 Layupshot.

Owner. Tadahiro Hakamata

Photo. Kentaro Sawaguchi

Design. PLANPOT DESIGN WORKS

JERSEY MUSEUM

HOME / JERSEY MUSEUM / 2016-2017 / Cleveland Cavaliers / Richard Jefferson

Richard Jefferson #24
- Cleveland Cavaliers - 2016-2017

$1,560 USD

Price negotiation The Challenge

NBA Game Worn jersey museum "Layupshot"館内で展示されているジャージは全て販売可能です。(既に販売済みのジャージも含まれています) サイト内 "Price negotiation" ボタンより簡単なフォームにご記入頂くと、在庫の有無・販売価格をメールにて返信致します。 館内に展示されているジャージは、NBA選手が着用したもの、もしくは着用するために用意された大変貴重なものばかりです。

All jerseys display within the NBA Game Worn jersey museum "Layupshot" are available for purchase. (Some jerseys on display are already sold) We will get back to you with the availability and price information if you contact us through the "Price Negotiation" button. Jerseys displayed in this museum have been worn, or issued to be worn by actual NBA players.

NBA Game Worn jersey museum "Layupshot" 博物馆内展示的所有球衣都是可以选购的(已售出的款式也在包含展示范围内)。 在本网页内,您只需点击 "Price negotiation" 图标,并简单的填写相应信息,相关球衣的库存和价格会通过EMAIL的形式发送给您。 本馆展示的所有球衣都是NBA球员亲着,或是比赛备用款式。均在市面上不可多得,具有很高收藏价值意义。

Jersey Description

This jersey worn during the 2016-17 National Basketball Association playoffs, by #24 Richard Jefferson of the Cleveland Cavaliers. Jefferson wore this jersey during the Cavaliers' 109-108 Eastern Conference Quarterfinal Game 1 victory over the Indiana Pacers on April 15, 2017 at Quicken Loans Arena in Cleveland, OH. He played 18 minutes and registered 5 points with 1 assist, 1 rebound and 1 steal. This white jersey is registered into the NBA and MeiGray Game-Worn Jersey Authentication Program as number CCA04281.

Layup Navigation

2001 年のNBA Draft 13位でUniversity of ArizonaよりNBA入りを果たす。University of Arizona時代には、 #24 Richard Jefferson, #0 Gilbert Arenas, #3 Loren Woods, #4 Luke Waltonなどと共に2001年のNCAAトーナメント Final まで進み#5 Carlos Boozer, #25 Chris Duhon, #34 Mike Dunleavy, #31 Shane Battier ようするDuke Universityに72-82で敗れている。 2000-01 NCAA Tournament Championに輝いたDuke Universityからは #31 Shane Battierが6位指名を受けMemphis Grizzliesに入団している。 この2001 NBA Draftは1位より #54 Kwame Brown, 2位 #6 Tyson Chandler, 3位スペインより #16 Pau Gasolと4位指名までが高校卒業の選手たちであった中での5位指名をMichigan State University出身の #23 Jason Richardsonが受ける事となった。また10位にはUniversity of Arkansasより #2 Joe Johnson が、12位には #77 Vladimir Radmanovicが13位にはUniversity of Arizonaから #24 Richard Jefferson 続く14位のUniversity of Notre Dame出身の #14 Troy Murphyは数多くのチームで活躍する。19位にはMichigan State Universityより #50 Zach Randolphたちが #33 Brendan Haywoodより上位での指名を受けNBA入りをしている。20位にはUniversity of North Carolinaから #33 Brendan Haywoodが続く21位にも同校から #40 Joseph Forteが指名を受ける。 25位にはUniversity of Alabamaより #3 Gerald Wallace, 26位にSeton Hall Universityからハイチ出身の #1 Samuel Dalembertが、27位がIowa State Universityより #6 Jamaal Tinsley, 28位にはフランスより #9 Tony ParkerSan Antonio Spursへと入団している。 30位にUniversity of Arizonaから #0 Gilbert Arenasが、34位にUniversity of Southern Californiaから #24 Brian Scalabrineが、37位にはトルコより #13 Mehmet Okurが、39位にUniversity of California, Los Angelesより #25 Earl Watsonが、45位にUniversity of Arizonaより #3 Loren Woodsなどの面々がNBA入りを果たしている。 ルーキーの2001-02 seasonNew Jersey Netsは、 #5 Jason Kidd, #6 Kenyon Martin, #44 Keith Van Horn, #30 Kerry Kittlesらと共にルーキーの #24 Richard Jefferson, #21 Brian Scalabrineたちも加わり他にも#12 Lucious Harris, #11 Todd MacCulloch, #8 Anthony Johnsonなどが活躍し2001-02season2002 NBA Finals まで進出 #34 Shaquille O'Neal, #8 Kobe Bryant, #2 Derek Fisher, #17 Rick Fox, #5 Robert Horry, #40 Devean George, #20 Brian Shaw, #10 Lindsey Hunter又ほかに #23 Mitch RichmondなどをようしたLos Angeles Lakersに0-4でスウィ―プ負けしてしまいLos Angeles Lakers2002 NBA Championに輝く事となる。 翌2002-03seasonNew Jersey Netsには、#54 Rodney Rogers, #55 Dikembe Mutomboなどが加わり前年同様に再び2003 NBA Finals まで勝ち進むも #21 Tim Duncan, #50 David Robinson, #9 Tony Parker, #3 Stephen Jackson, #20 Manu Ginobili, #12 Bruce Bowen, #31 Malik Rose, #10 Speedy Claxton, #35 Danny Ferry, #8 Steve SmithなどのSan Antonio Spursのまえに2-4で再び2003 NBA Finalでの敗戦を期してしまう。 2003-04 seasonNew Jersey Netsでは、 #6 Kenyon Martin, #30 Kerry Kittlesと共に #24 Richard Jeffersonもかと役を見せ #5 Jason Kiddの存在も欠かせないものであった。続く2004-05 seasonNew Jersey Netsに新加入 #15 Vince Carter#12 Nenad Krstic, #30 Clifford Robinsonなどといった選手たちも在籍した。2005-06 seasonでは、New Jersey Nets#31 Lamond Murray, #11 Jacque Vaughn, #34 Scott Padgettといった選手が加わる。 2006-07 seasonNew Jersey Netsでは、#33 Mikki Moore, #7 Bostjan Nachbar, #2 Josh Booneなどの名前も見る事があった。 #24 Richard JeffersonにとってNew Jersey Nets 最後となる7シーズン目の2007-08 seasonにはNew Jersey Netsにトレードで#34 Devin Harrisが加わりチームは大きく変化する中 #24 Richard Jeffersonは、平均22.6得点を記録チーム最高であった。 2008-09seasonにトレードにより Milwaukee Bucksに移籍し#22 Michael Redd, #31 Charlie Villanueva, #7 Ramon Sessions, #6 Andrew Bogutらとプレーをする。翌2009~10シーズンには#12 Bruce Bowen, #7 Fabricio Oberto, #40 Kurt Thomasとのトレードにより 2009-10seasonより San Antonio Spursでプレーする。チ-ムメイトは、 #20 Manu Ginobili, #21 Tim Duncan, #9 Tony Parkerたちを中心に #3 George Hill, #34 Antonio McDyess, #15 Matt Bonner, #45 DeJuan Blair, #8 Roger Masonなどである。翌2010-11 seasonにはSan Antonio Spursは第1シードで出場しかし、プレーオフ初戦で #50 Zach Randolphが加わるなかチームも成長をみせ #11 Mike Conley #33 Marc Gasol, #32 O.J. Mayo, #9 Tony Allenなども活躍するMemphis Grizzliesに2-4でアップセットされてしまう。 翌2011~12シーズンの途中に#11 T.J. Ford, #3 Stephen Jacksonなどが絡むトレードによりGolden State Warriorsへと移籍しチームには#30 Stephen Curry, #10 David Lee, #1 Dorell Wrightまたルーキーで加入した#3 Jeremy Tyler, #11 Klay Thompsonなどと共にチーム改革期に入っている。また長年チームの顔だった#8 Monta Ellisは#11を付けてMilwaukee Bucksでプレー、Richard Jeffersonも新たに#44にナンバーを変えている。

Continue reading ↑

Richard Jefferson Profile

Position:
Forward
Height:
201cm
Weight:
101kg
Born:
6/21/1980, California, USA
College:
University of Arizona
Team:
Cleveland Cavaliers, Eastern Conference
Jersey Status:
Game Worn

Other Status

PLAYOFFS,

Home Jersey