NBA,バスケットボールミュージアムLayupshot

Contact us 免責事項

© 2012-2017 Layupshot.

Owner. Tadahiro Hakamata

Photo. Kentaro Sawaguchi

Design. PLANPOT DESIGN WORKS

JERSEY MUSEUM

HOME / JERSEY MUSEUM / 2010-2011 / Chicago Bulls / Kurt Thomas

Kurt Thomas #40
- Chicago Bulls - 2010-2011

NBA Game Worn jersey museum "Layupshot"館内で展示されているジャージは全て販売可能です。(既に販売済みのジャージも含まれています) サイト内 "Price negotiation" ボタンより簡単なフォームにご記入頂くと、在庫の有無・販売価格をメールにて返信致します。 館内に展示されているジャージは、NBA選手が着用したもの、もしくは着用するために用意された大変貴重なものばかりです。

All jerseys display within the NBA Game Worn jersey museum "Layupshot" are available for purchase. (Some jerseys on display are already sold) We will get back to you with the availability and price information if you contact us through the "Price Negotiation" button. Jerseys displayed in this museum have been worn, or issued to be worn by actual NBA players.

NBA Game Worn jersey museum "Layupshot" 博物馆内展示的所有球衣都是可以选购的(已售出的款式也在包含展示范围内)。 在本网页内,您只需点击 "Price negotiation" 图标,并简单的填写相应信息,相关球衣的库存和价格会通过EMAIL的形式发送给您。 本馆展示的所有球衣都是NBA球员亲着,或是比赛备用款式。均在市面上不可多得,具有很高收藏价值意义。

Jersey Description

This green 'St. Patrick's Day' jersey was worn by #40 Kurt Thomas of the Chicago Bulls during the 2010-11 National Basketball Association regular season. Thomas wore this jersey during the Bulls' 98-97 victory over the Washington Wizards on March 15, 2011 at United Center in Chicago, Illinois. There is an NBA “St. Patrick’s Day” tag on the bottom hem of the jersey.

Layup Navigation

1995年の NBA Draft 10位でTexas Christian Universityより Miami Heatへ入団する。Texas Christian University出身のNBAプレーヤーには Charlotte Hornetsなどで活躍した#54 Lee Nailonなどがそうである。 1995年の NBA Draft 1位はUniversity of Marylandから#32 Joe Smithが指名され続く2位にUniversity of Alabamaより #24 Antonio McDyessDenver Nuggets に入団する。3位にはUniversity of North Carolinaより#42 Jerry StackhousePhiladelphia 76ersに指名され入団続く4位にも同じUniversity of North Carolinaから #30 Rasheed Wallaceが指名を受けWashington Bulletsに入団している。続く5位に高校卒の#21 Kevin GarnettMinnesota Timberwolvesに入団、6位にはOklahoma State Universityより#50 Bryant Reevesが、7位はUniversity of Arizonaから #20 Damon Stoudamireが、9位にUniversity of California, Los Angelesから#31 Ed O'Bannon, そして10位にTexas Christian Universityから#40 Kurt ThomasMiami Heatへ入団する。11位にOhio Universityより#33 Gary Trentらが指名を受ける。12位にDuke Universityから#44 Cherokee Parks, 13位にはUniversity of Arkansasから#34 Corliss Williamson, 14位にはProvidence Collegeから#55 Eric Williamsが、15位にOregon State Universityより#17 Brent Barryが、17位にFlorida State Universityより#3 Bob Suraが、18位にUniversity of Wyomingから #42 Theo Ratliffが、20位にUniversity of Alabamaから#35 Jason Caffeyが、21位にUniversity of Wisconsinより #4 Michael Finleyが、23位にGeorgia Institute of Technologyから#4 Travis Bestが、28位にUniversity of Kansasから#00 Greg Ostertagが、35位にUniversity of Michiganから#24 Jimmy King, 43位にはMichigan State Universityから #20 Eric Snowが、47位にUniversity of California, Los Angelesより#5 Tyus Edney, 52位にIowa State University出身の#20 Fred Hoibergが指名を受けて56位にもSouthern Illinois Universityより#43 Chris CarrたちがNBA入りを果たしている。 1995-96seasonMiami HeatにはPat Rileyヘッドコーチのもと42-40の成績を残す同じくルーキーで#22 Voshon Lenardも入団しチームは#33 Alonzo Mourningを柱に#15 Chris Gatling#10 Tim Hardawayが活躍を見せ#7 Rex Chapman, #5 Sasha Danilovic, #42 Walt Williams, #14 Tony Smith, #24 Danny Schayes, #23 Tyrone Corbin, #21 Stacey Kingなどを擁しNBA Play Off Eastern Conference First Round#23 Michael Jordanが1度目の復帰を果たしOrlando MagicNBA Play Off に敗退した翌年チームには #33 Scottie Pippen, #7 Toni Kukoc, #9 Ron Harper,#13 Luc Longley, #91 Dennis Rodman, #25 Steve Kerr, #34 Bill Wennington, #30 Jud Buechlerなどを擁しこのシーズンの1996 NBA Final#40 Shawn Kemp, #20 Gary Payton中心のSeattle SuperSonicsを破り見事1996 NBA Championsに輝いたChicago Bulls と対戦して0-3のスウィ―プ負けを期したがこの1995~96 seasonよりPat RileyヘッドコーチのもとMiami Heatは強豪へと変貌する事になる。 ルーキーシーズンには#40 Kurt Thomaは74試合に出場しうち42試合にスターターとして出場している。 1996-97 seasonにはMiami HeatPat Rileyヘッドコーチのもと61-21の成績を残しチームは大きく変貌する#10 Tim Hardaway, #33 Alonzo Mourningを中心に #24 Jamal Mashburn, #21 Voshon Lenard, #9 Dan Majerle, #42 P.J. Brownなども活躍し他#8 Isaac Austinも活躍、チームには#40 Kurt Thomaに他に#35 Willie Anderson, #2 Keith Askinsまたこの1996-97 seasonにルーキーとして#3 Bruce Bowenなども加入迎えたNBA Play Off Eastern Conference First Round#1 Anfernee Hardaway, #10 Darrell Armstrong, #25 Nick Anderson, #33 Derek Strong, #3 Dennis Scott,#9 Gerald Wilkins, #00 Amal McCaskill, #34 Brian Evansなどのメンバーで数多くのメンバーがチームを去り変革期にあったOrlando Magic相手に3-2と苦戦するも勝利し続くNBA Play Off Eastern Conference SemifinalsではJeff Van Gundy ヘッドコーチのもと57-25の成績を残しルーキーで#44 John Wallaceが加入しチームには #33 Patrick Ewing, #20 Allan Houston, #3 John Starks, #2 Larry Johnson, #1 Chris Childs, #34 Charles Oakley, #52 Buck Williams, #21 Charlie Wardなどが在籍した宿敵 New York Knicks相手にこれも4-3の接戦の末勝利、NBA Play Off Eastern Conference FinalsPhil Jackson ヘッドコーチのもと69-13の成績でチームは#23 Michael Jordan を中心に #33 Scottie Pippen, #7 Toni Kukoc, #9 Ron Harper, #13 Luc Longley, #91 Dennis Rodman, #25 Steve Kerr, #34 Bill Wennington, #30 Jud Buechlerなどのほかに#18 Brian Williams(Bison Dele), #00 Robert Parish, #8 Dickey Simpkins などを擁し#12 John Stockton, #32 Karl MaloneなどがいたUtah Jazz を破り1997 NBA Championに輝いたChicago Bullsのまえに再び1-4で敗退した。この1997~98シーズン途中の2月に#40 Kurt Thoma#24 Jamal Mashburn絡みのトレードによりDallas Mavericksに移籍している。 1997-98seasonには Dallas Mavericksにルーキーで#3 Kevin Ollieなどが入団するもチームの中心は #4 Michael Finleyでほか#23 Cedric Ceballos, #3 Dennis Scott, #44 Shawn Bradley,#24 Hubert Davis, #52 Samaki Walker, #45 A.C. Green, #6 Khalid Reevesなども在籍する中#40 Kurt Thomaはわずか5試合の出場に留まった。 NBAロックアウト明けの1998-99 seasonNew York Knicksへと移籍しJeff Van Gundy ヘッドコーチのもと27-23の成績を残しチームは#8 Latrell Sprewell, #20 Allan Houston, #2 Larry Johnson, #23 Marcus Camby, #33 Patrick Ewingなどと共に#40 Kurt Thomasも活躍しほか #1 Chris Childs, #21 Charlie Ward, #14 Chris Dudley, #32 Herb Williamsなどが在籍1999 NBA Play Offに第8シードで出場する。 NBA Play Off Eastern Conference First RoundではPat Rileyヘッドコーチのもと33-17の成績を残しチームはWestern 第1シードで出場を決めた宿敵でチームには#33 Alonzo Mourning, #42 P.J. Brown, #24 Jamal Mashburn, #10 Tim Hardaway,#30 Terry Porter, #21 Voshon Lenard, #35 Clarence Weatherspoon, #9 Dan Majerle, #2 Keith Askins などを擁したMiami Heat相手に3-2の大接戦を演じてアップセットの勝利続くNBA Play Off Eastern Conference SemifinalsLenny Wilkensヘッドコーチのもと31-19の成績を残しチームは #8 Steve Smith, #10 Mookie Blaylock, #43 Grant Long, #55 Dikembe Mutombo, #23 Tyrone Corbin, #4 Chris Crawford, #24 Anthony Johnsonなどを擁した Atlanta Hawks相手に4-0のスウィ―プ勝利で勢いを付け迎えたNBA Play Off Eastern Conference Finals では Larry Bird ヘッドコーチのもと33-17の成績を残しチームにはルーキーで#25 Al Harringtonが入団しチームの中心は#31 Reggie Millerでほか #5 Jalen Rose, #45 Rik Smits, #13 Mark Jackson, #17 Chris Mullin, #32 Dale Davis, #33 Antonio Davis,#14 Sam Perkins, #9 Derrick McKey, #4 Travis Best, #20 Fred Hoiberg, #44 Austin Croshereなどを擁したIndiana Pacers と対戦し見事4-2で勝利し1999 NBA Finalへと進む事になる。第8シードがNBA Finalへ進むのはこれが初めてとなる。見事第8シードで出場より勝ち進んだチームはNBA FinalsGregg Popovichヘッドコーチのもと37-13の成績を残しチームは #21 Tim Duncan, #50 David Robinson, #6 Avery Johnson, #32 Sean Elliott, #2 Jaren Jackson, #17 Mario Elie, #31 Malik Rose, #25 Jerome Kersey, #33 Antonio Daniels, #4 Steve Kerr, #41 Will Perdueなど選手たちが在籍したSan Antonio Spurs相手に1-4と大健闘し敗退した。 1999-00 seasonNew York KnicksではJeff Van Gundyヘッドコーチのもと50-32の成績を残しチームは#8 Latrell Sprewell, #33 Patrick Ewing, #20 Allan Houston, #2 Larry Johnson, #21 Charlie Ward, #23 Marcus Camby, #14 Chris Dudleyらと共に#40 Kurt Thomasも活躍しNBA Play Off Eastern Conference First RoundButch Carterヘッドコーチのもと45-37の成績を残しチームは#15 Vince Carter, #1 Tracy McGradyほか #42 Kevin Willis, #33 Antonio Davis, #34 Charles Oakley, #1 Muggsy Bogues, #13 Doug Christie, #30 Dell Curry, #7 Dee Brown, #20 Alvin Williamsなどを擁したToronto Raptorsと対戦して3-0のスウィ―プで勝利してNBA Play Off Eastern Conference SemifinalsPat Rileyヘッドコーチのもと52-30の成績を残しチームは #33 Alonzo Mourningを中心に #24 Jamal Mashburn, #9 Dan Majerle, #25 Anthony Carter, #42 P.J. Brown, #35 Clarence Weatherspoon, #10 Tim Hardaway, #12 Bruce Bowen, #52 Otis Thorpe などを擁したMiami Heatと対戦して4-3の大接戦の末勝利しNBA Play Off Eastern Conference Finals ではLarry Birdヘッドコーチのもと56-26の成績を残しチームはルーキーで#24 Jonathan Bender, #10 Jeff Fosterなどが加入し#31 Reggie Millerを中心に #5 Jalen Rose, #45 Rik Smits, #44 Austin Croshere, #4 Travis Best, #32 Dale Davis, #13 Mark Jackson,#14 Sam Perkins,#9 Derrick McKey,[[#17 Chris Mullin]などを擁したIndiana Pacers相手に2-4で敗退した。この1999-00 season#40 Kurt Thomas自身では80試合に出場して21試合に先発出場し平均8.0得点、6.3リバウンドを記録している。 2000-01seasonには New York KnicksJeff Van Gundy ヘッドコーチのもと48-34の成績を残しチームは #20 Allan Houston, #8 Latrell Sprewell, #41 Glen Rice, #23 Marcus Camby, #2 Larry Johnson, #32 Othella Harrington, #31 Mark Jackson, #50 Felton Spencerなどの選手たちが在籍したなか#40 Kurt Thomas自身では77試合に出場して29試合に先発出場し平均10.4得点を記録している。 NBA Play Off Eastern Conference First RoundLenny Wilkensヘッドコーチのもと47-35の成績を残しチームはルーキーの #24 Morris Petersonが入団し #15 Vince Carterを中心に#33 Antonio Davis, #20 Alvin Williams, #34 Charles Oakley, #1 Chris Childs, #30 Dell Curry, #13 Jerome Williams, #7 Keon Clark, #3 Tracy Murray などが在籍したToronto Raptors相手に2-3と善戦したが敗退している。 2001-02seasonには New York Knicks#20 Allan Houston, #8 Latrell Sprewell, #23 Marcus Cambyなどと共に活躍しほか#35 Clarence Weatherspoon, #13 Mark Jackson, #49 Shandon Anderson, #4 Howard Eisleyなども在籍、#40 Kurt Thomas自身では82試合全てに先発出場し平均13.9得点、9.1リバウンドを記録している。 2002-03seasonには New York KnicksDon Chaneyヘッドコーチのもと37-45の成績を残しチームはルーキーの#30 Frank Williamsが加入中心は #20 Allan Houston, #8 Latrell Sprewellに次ぐ#40 Kurt Thomasの存在であったがチームはプレーオフには進出できないでいた。 2003-04seasonには New York Knicks は日を追うごとにメンバーが変わる事になる #3 Stephon Marbury, #1 Anfernee Hardaway, #42 Vin Baker, #13 Nazr Mohammedやルーキーで#50 Mike Sweetneyが加入し #5 Tim Thomas, #55 Dikembe Mutomboなども在籍する中#40 Kurt Thomas自身では80試合に出場して75試合に先発出場し平均11.1得点、8.3リバウンドを記録している。またこの年のNBA Play Off Eastern Conference First Round#24 Richard Jefferson, #6 Kenyon Martin, #30 Kerry Kittles, #5 Jason Kiddなどを擁した New Jersey Netsに0-4のスウィ―プ負けをしている。 2004-05seasonNew York Knicksに在籍して#40 Kurt Thomas自身では80試合に出場して出場した全ての試合に先発出場し平均11.5得点、10.4リバウンドを記録している。この2004-05season 終了後にNew York Knicksから#1 Dijon Thompson と共にPhoenix Sunsとのトレードで #23 Quentin Richardson, #4 Nate Robinson絡みで移籍する事になる。 2005-06seasonPhoenix Sunsに移籍Mike D'Antoniヘッドコーチのもと54-28の成績を残しチームは #13 Steve Nash, #31 Shawn Marion, #3 Boris Diaw, #2 Tim Thomas, #10 Leandro Barbosa, #19 Raja Bell, #22 James Jones, #55 Eddie House, #55 Brian Grantなど共にNBA Play Off Western Conference First Roundに進出する 初戦はPhil Jackson ヘッドコーチのもと45-37の成績を残しチームはルーキーで#17 Andrew Bynumが入団したほかチームの中心は #8 Kobe Bryant#7 Lamar Odom, #54 Kwame Brown, #4 Luke Waltonなどがプレーする Los Angeles Lakersと対戦し4-3で勝利した。NBA Play Off Western Conference Semifinals ではMike Dunleavy ヘッドコーチのもと47-35の成績を残しチームは#42 Elton Brand, #19 Sam Cassell, #50 Corey Maggette, #5 Cuttino Mobley, #35 Chris Kaman, #7 Vladimir Radmanovic, #13 Quinton Ross などを擁したLos Angeles Clippers と対戦し4-3で勝利しNBA Play Off Western Conference FinalsAvery Johnsonヘッドコーチのもと 60-22の成績を残しチームはこの2005-06season2006 NBA Final に進出する #41 Dirk Nowitzki, #5 Josh Howard, #31 Jason Terry, #25 Erick Dampier, #42 Jerry Stackhouse, #34 Devin Harris, #2 Keith Van Horn, #33 Josh Powell, #10 Darrell Armstrong などを擁したDallas Mavericksと対戦して2-4で敗退したが#32 Amare Stoudemireを怪我で欠く中健闘した2005-06seasonであった。 2006-07 seasonPhoenix SunsMike D'Antoni ヘッドコーチのもと61-21の成績を残しチームは#1 Amare Stoudemireが復帰し #13 Steve Nash, #10 Leandro Barbosa, #31 Shawn Marion, #19 Raja Bell, #3 Boris Diaw, #2 Marcus Banks, #8 Jalen Rose, #52 Eric Piatkowskiなどのメンバーでプレーオフに進み初戦に勝利しNBA Play Off Western Conference Semifinalsまで進み Gregg Popovichヘッドコーチのもと58-24の成績を残しチームは #21 Tim Duncan, #9 Tony Parker, #20 Manu Ginobili, #4 Michael Finley, #12 Bruce Bowen, #7 Fabricio Oberto, #5 Robert Horry, #16 Francisco Elson, #17 Brent Barry, #11 Jacque Vaughn, #15 Matt Bonner, #14 Beno Udrihなどを擁したSan Antonio Spursと対戦して2-4で敗退した。 2006-07 season の終了後にSeattle SuperSonicsにトレードされ、その後San Antonio Spurs#17 Brent Barry, #16 Francisco Elsonなどが絡むトレードでSan Antonio Spursに移籍した。 翌2008-09 seasonではSan Antonio SpursGregg Popovichヘッドコーチのもと54-28の成績を残しチームは#9 Tony Parker, #21 Tim Duncanを中心に #20 Manu Ginobiliを怪我で欠く中 #4 Michael Finley, #8 Roger Mason, #90 Drew Gooden, #3 George Hill, #12 Bruce Bowen, #5 Ime Udokaなどと共にプレーしNBA Play Off Western Conference First RoundRick Carlisleヘッドコーチのもと50-32の成績を残しチームは #41 Dirk Nowitzki中心に#5 Josh Howard, #31 Jason Terry, #2 Jason Kidd, #32 Brandon Bass, #11 Jose Barea などを擁したDallas Mavericksと対戦して1-4で敗退した。 2008-09 seasonの終了後に#7 Fabricio Oberto, #12 Bruce Bowenと共にトレードでMilwaukee Bucks に移籍する代わりに #24 Richard JeffersonSan Antonio Spursに移る事に。 2009-10seasonMilwaukee BucksScott Skiles ヘッドコーチのもと46-36の成績を残しチームはルーキーで #3 Brandon Jennings, #23 Jodie Meeksらが入団し#15 John Salmons, #10 Carlos Delfino, #7 Ersan Ilyasovaやベテランの#24 Jerry Stackhouseなども在籍し#40 Kurt Thomas自身では70試合に出場して9試合に先発出場し平均7.2得点、10.0リバウンドを記録している。NBA Play Off Eastern Conference First RoundMike Woodsonヘッドコーチのもと53-29の成績を残しチームは #2 Joe Johnson, #15 Al Horford, #11 Jamal Crawford, #5 Josh Smith, #10 Mike Bibby, #24 Marvin Williamsなどを擁したAtlanta Hawksと対戦して3-4の大接戦の末敗れている。 2010-11seasonより Chicago Bullsに在籍して Tom Thibodeau ヘッドコーチのもと62-20の成績を残しチームはNBA Play Off第1シードを獲得した2010-11seasonChicago Bullsでは#1 Derrick Roseを中心に#9 Luol Deng, #5 Carlos Boozer, #13 Joakim Noah, #26 Kyle Korver, #22 Taj Gibson, #6 Keith Bogansなどと共に #40 Kurt Thomasも活躍しほか #3 Omer Asikなども活躍する。迎えたNBA Play Off Eastern Conference First Round でルーキーの#24 Paul Georgeに加え#33 Danny Grangerを中心に#50 Tyler Hansbrough, #55 Roy Hibbert, #2 Darren Collison, #1 Dahntay Jones, #17 Mike Dunleavy, #32 Josh McRobertsなどをようしたIndiana Pacers 相手に4-1で勝利を収め続くNBA Play Off Eastern Conference Semifinals#2 Joe Johnson, #5 Josh Smith, #15 Al Horford, #24 Marvin Williamsと共に大活躍した #0 Jeff Teagueなどをようした Atlanta Hawks と戦い4-2で勝利しNBA Play off Eastern Conference Finals では #3 Dwyane Wade, #6 LeBron James, #1 Chris BoshのBig 3に加え#15 Mario Chalmers, #22 James Jones, #0 Mike Bibby, #13 Mike Miller, #5 Juwan Howard, #55 Eddie HouseなどをようしたMiami Heat のまえに1-4で敗退してしまう。 2011-12 seasonにはPortland Trail Blazersに移籍し2010~11season終了後に引退した #7 Brandon Royや解雇された#52 Greg Odenに代わりルーキーで#4 Nolan Smithが加入しチームの中心は #12 LaMarcus Aldridgeが活躍またシーズン途中で加入した#21 J.J. Hicksonが活躍を見せるほか #11 Jamal Crawford, #2 Wesley Matthews, #5 Raymond Felton, #10 Joel Przybillaなども活躍を見せている。現役最年長プレーヤーでもある。

Continue reading ↑

Kurt Thomas Profile

Position:
Forward
Height:
206cm
Weight:
104kg
Born:
10/4/1972, Texas, USA
College:
Texas Christian University
Team:
Chicago Bulls, Eastern Conference
Jersey Status:
Game Worn

Other Status

ST.PATRICK,

Special Jersey