NBA,バスケットボールミュージアムLayupshot

Contact us 免責事項

© 2012-2017 Layupshot.

Owner. Tadahiro Hakamata

Photo. Kentaro Sawaguchi

Design. PLANPOT DESIGN WORKS

JERSEY MUSEUM

HOME / JERSEY MUSEUM / 1996-1997 / Houston Rockets / Charles Barkley

Charles Barkley #4
- Houston Rockets - 1996-1997

NBA Game Worn jersey museum "Layupshot"館内で展示されているジャージは全て販売可能です。(既に販売済みのジャージも含まれています) サイト内 "Price negotiation" ボタンより簡単なフォームにご記入頂くと、在庫の有無・販売価格をメールにて返信致します。 館内に展示されているジャージは、NBA選手が着用したもの、もしくは着用するために用意された大変貴重なものばかりです。

All jerseys display within the NBA Game Worn jersey museum "Layupshot" are available for purchase. (Some jerseys on display are already sold) We will get back to you with the availability and price information if you contact us through the "Price Negotiation" button. Jerseys displayed in this museum have been worn, or issued to be worn by actual NBA players.

NBA Game Worn jersey museum "Layupshot" 博物馆内展示的所有球衣都是可以选购的(已售出的款式也在包含展示范围内)。 在本网页内,您只需点击 "Price negotiation" 图标,并简单的填写相应信息,相关球衣的库存和价格会通过EMAIL的形式发送给您。 本馆展示的所有球衣都是NBA球员亲着,或是比赛备用款式。均在市面上不可多得,具有很高收藏价值意义。

Layup Navigation

1984年のNBA Draft 5位でAuburn UniversityよりPhiladelphia 76ersに入団する。Auburn University 出身のNBAプレーヤーには#45 Chuck Person, #11 Wesley Person, #6 Marquis Danielsなどが挙げられる。 この1984 NBA Draftでは第1位にUniversity of Houston出身の#34 Hakeem Olajuwonが指名を受け、2位にUniversity of Kentucky出身の#31 Sam Bowieが3位にUniversity of North Carolina出身の#23 Michael Jordanが、4位にも同じくUniversity of North Carolinaより#14 Sam Perkinsが指名を受け続く5位にAuburn University出身の#34 Charles Barkleyが指名されPhiladelphia 76ersに入団する。 6位にUniversity of Kentucky出身の#54 Melvin Turpin,7位にUniversity of Arkansas出身の#21 Alvin Robertson, 9位にProvidence College出身の#33 Otis Thorpeが10位にCalifornia State University, Fullerton出身の#33 Leon Woodが11位にMichigan State University出身の#42 Kevin Willisが14位にSan Diego State University出身の#44 Michael Cageが15位にTemple University出身の#43 Terence Stansburyが16位にはGonzaga University出身の#12 John Stocktonなどが指名を受けている。17位にVanderbilt Universityより#31 Jeff Turner, 18位にUniversity of Georgia出身の#10 Vern Flemingが19位にはCalifornia State University, Fresno出身の#33 Bernard Thompsonが20位にOhio State University出身の#19 Tony Campbellが21位にUniversity of California, Los Angeles出身の#54 Kenny Fieldsなどが指名を受け33位にNew Mexico State University出身の#20 Steve Colter, 46位にLongwood University出身の#25 Jerome Kerseyなどがこの1994 NBA Draftで指名を受けている。 #34 Charles Barkleyにとってルーキーシーズンとなる1984-85seasonPhiladelphia 76ersBilly Cunninghamヘッドコーチのもと58-24の成績を残しチームにはルーキーで同じく#20 Leon Woodも入団しチームには#2 Moses Malone, #6 Julius Erving, #10 Maurice Cheeks, #24 Bobby Jones, #4 Clint Richardson, #22 Andrew Toneyなどのプレーヤーが在籍し#34 Charles Barkley自身は出場した82試合の内60試合にスターターとしてプレーして平均14.0得点、8.6リバウンド、1.9アシスト、1.2スティール、1.0ブロックを記録している。迎えたNBA Play Off Eastern Conference First RoundGene Shueヘッドコーチのもと40-42の成績を残しチームには#1 Gus Williams, #43 Jeff Ruland, #24 Jeff Malone, #11 Cliff Robinson, #42 Greg Ballard, #15 Frank Johnsonなどが在籍したWashington Bulletsと対戦し3-1で勝利しNBA Play Off Eastern Conference SemifinalsDon Nelsonヘッドコーチのもと59-23の成績を残しチームには#34 Terry Cummings, #4 Sidney Moncrief, #25 Paul Pressey, #15 Craig Hodges, #22 Ricky Pierce, #10 Mike Dunleavy, #43 Mark WestなどをようしたMilwaukee Bucksを4-0のスウィ―プ勝利し続くNBA Play Off Eastern Conference FinalsK.C. Jonesヘッドコーチのもと63-19の成績を残しチームにはルーキーで#34 Rick Carlisleが入団しチームには#33 Larry Bird, #32 Kevin McHale, #3 Dennis Johnson, #00 Robert Parish, #44 Danny Ainge, #8 Scott Wedman, #31 Cedric Maxwell, #50 Greg KiteなどをようしたBoston Celticsの前に1-4で敗退した。 1985-86 seasonPhiladelphia 76ersMatt Guokasヘッドコーチのもと54-28の成績を残しチームにはルーキーで#23 Terry Catledgeが入団しチームには#2 Moses Malone, #34 Charles Barkleyを中心に#6 Julius Erving, #10 Maurice Cheeksなども活躍しほか#11 Bob McAdoo, #3 Sedale Threatt, #45 Clemon Johnsonなどが在籍し#34 Charles Barkley自身は出場した80試合全てにスターターとしてプレーして平均20.0得点、12.8リバウンド、3.9アシスト、2.2スティール、1.6ブロックを記録しチーム内2位の活躍をしている。NBA Play Off Eastern Conference First RoundGene Shueヘッドコーチがシーズン途中に解任され代わりにKevin Lougheryヘッドコーチが就任しチームには#24 Jeff Malone, #4 Cliff Robinson, #1 Gus Williams, #5 Dan Roundfield, #22 Dudley Bradley, #43 Jeff Ruland, #10 Manute BolなどをようしたWashington Bulletsと対戦し3-2で勝利しNBA Play Off Eastern Conference SemifinalsDon Nelsonヘッドコーチのもと57-25の成績を残しチームには#34 Terry Cummings, #25 Paul Pressey, #15 Craig Hodges, #4 Sidney Moncrief, #22 Ricky Pierceなどのメンバーが活躍したMilwaukee Bucksのまえに3-4の接戦の末敗退した。 1986-87 seasonPhiladelphia 76ersMatt Guokasヘッドコーチのもと45-37の成績を残しチームにはルーキーで#25 David Wingateが入団しチームには#6 Julius Erving, #10 Maurice Cheeks, #23 Roy Hinson, #4 Cliff Robinsonなどが在籍し#34 Charles Barkley自身は出場した68試合の内62試合にスターターとしてプレーして平均23.0得点、14.6リバウンド、4.9アシスト、1.8スティール、1.5ブロックを記録しチーム1位の活躍をしている中の1986-87 season途中にMVP#24 Tom Chambersが輝きKingdome, Seattle, WAで開催された1987 NBA All-Star Gameに自身初となるEasternのリザーブメンバーとして#32 Kevin McHale, #11 Isiah Thomas, #24 Jeff Malone, #40 Bill Laimbeer, #00 Robert Parish, #10 Maurice Cheeksと共に選出されプレーを共にした。むかえたNBA Play Off Eastern Conference First RoundではDon Nelsonヘッドコーチのもと50-32の成績を残しチームには#34 Terry Cummings, #4 Sidney Moncrief, #43 Jack Sikma, #22 Ricky Pierce, #10 John Lucas, #15 Craig HodgesなどをようしたMilwaukee Bucksと対戦し2-3で敗退している。 1987-88 seasonPhiladelphia 76ersMatt Guokasヘッドコーチがシーズン途中に解任され代わりにJim Lynamヘッドコーチが就任しチームにはルーキーで#30 Vincent Askewが入団しチームには#10 Maurice Cheeks, #42 Mike Gminski, #4 Cliff Robinsonなどと共にプレーを共にし#34 Charles Barkley自身は出場した80試合全てにスターターとしてプレーして平均28.3得点、11.9リバウンド、3.2アシスト、1.3スティール、1.3ブロックを記録しチーム1位の活躍をしている1987-88 season途中にMVP#23 Michael Jordanが輝きChicago Stadium, Chicago, ILで行われた1988 NBA All-Star GameにEasternのリザーブメンバーとして#22 Danny Ainge, #33 Patrick Ewing, #25 Doc Rivers, #43 Brad Daugherty, #32 Kevin McHale, #10 Maurice Cheeksと共に選出されEasternのスターターには#33 Larry Bird, #21 Dominique Wilkins, #23 Michael Jordan, #11 Isiah Thomas, #4 Moses Maloneが選出されプレーを共にしMVPに輝いた#23 Michael Jordanは29分プレーし40得点して138-133でEastが勝利している。 1988-89 seasonPhiladelphia 76ersJim Lynamヘッドコーチのもと46-36の成績を残しチームにはルーキーで#33 Hersey Hawkins, #1 Scott Brooksなどが入団しチームには#20 Ron Anderson, #10 Maurice Cheeks, #42 Mike Gminski, #12 Gerald Hendersonなど共に活躍し#34 Charles Barkley自身は出場した79試合全てにスターターとしてプレーして平均25.8得点、12.5リバウンド、4.1アシスト、1.6スティール、0.8ブロックを記録しチーム1位の活躍をしている1988-89 season途中にMVPには#32 Karl Maloneが輝きAstrodome, Houston, TXで開催された1989 NBA All-Star Game#23 Michael Jordan, #11 Isiah Thomas, #2 Moses Malone, #21 Dominique Wilkinsと共に先発メンバーとして選出されEasternのリザーブメンバーには#25 Mark Price, #34 Terry Cummings, #22 Larry Nance, #33 Patrick Ewing, #13 Mark Jackson, #32 Kevin McHale, #43 Brad Daughertyも選出されプレーを共にした。NBA Play Off Eastern Conference First RoundRick Pitinoヘッドコーチのもと52-30の成績を残しチームにはルーキーで#11 Rod Stricklandなどが入団しチームには#33 Patrick Ewing, #21 Gerald Wilkins, #4 Johnny Newman, #13 Mark Jackson, #34 Charles Oakley, #55 Kiki Vandeweghe, #6 Trent Tucker, #7 Kenny Walker, #8 Pete MyersなどをようしたNew York Knicksと対戦し0-3でスウィ―プ負けしている。 1989-90 seasonPhiladelphia 76ersJim Lynamヘッドコーチのもと53-29の成績を残しチームには#33 Hersey Hawkins, #12 Johnny Dawkins, #42 Mike Gminski, #44 Rick Mahorn, #20 Ron Andersonなどが在籍し#34 Charles Barkley自身は出場した79試合全てにスターターとしてプレーして平均25.2得点、11.5リバウンド、3.9アシスト、1.9スティール、0.6ブロックを記録しチーム1位の活躍をしている1989-90 season途中にMVPには#32 Magic Johnsonが輝きMiami Arena, Miami, FLで開催された1990 NBA All-Star Game#23 Michael Jordan, #11 Isiah Thomas, #33 Patrick Ewing, #33 Larry Birdと共に先発メンバーに選出されEasternのリザーブメンバーとして#00 Robert Parish, #32 Kevin McHale, #4 Joe Dumars, #21 Dominique Wilkins, #31 Reggie Miller, #33 Scottie Pippen, #10 Dennis Rodmanが選出されている。130-113でEastが勝利している。NBA Play Off Eastern Conference First RoundLenny Wilkensヘッドコーチのもと42-40の成績を残しチームにはルーキーで#52 Chucky Brownなどが入団しチームには#43 Brad Daugherty, #25 Mark Price, #18 Hot Rod Williams, #3 Craig Ehlo, #22 Larry Nance, #20 Winston Bennett, #5 Steve Kerr, #30 Tree Rollinsなどが在籍したCleveland Cavaliersと対戦して3-2で勝利し、続くNBA Play Off Eastern Conference SemifinalsPhil Jacksonヘッドコーチのもと55-27の成績を残しチームにはルーキーで#10 B.J. Armstrong, #34 Stacey Kingなどが入団しチームには#23 Michael Jordan, #33 Scottie Pippen, #54 Horace Grant, #24 Bill Cartwright, #5 John Paxson, #14 Craig Hodges, #32 Will Perdueなどのメンバーが揃ったChicago Bullsの前に1-4で敗退した。 1990-91seasonPhiladelphia 76ersJim Lynamヘッドコーチのもと44-38の成績を残しチームにはルーキーで#8 Mario Elie, #55 Jayson Williamsなどが入団しチームには#33 Hersey Hawkins, #35 Armen Gilliam, #20 Ron Anderson, #9 Rickey Green, #4 Andre Turner, #44 Rick Mahorn, #11 Manute Bolなどと共にプレーし#34 Charles Barkley自身は出場した67試合全てにスターターとしてプレーして平均27.6得点、10.1リバウンド、4.2アシスト、1.6スティール、0.5ブロックを記録しチーム1位の活躍をしている1990-91season途中にMVPには#34 Charles Barkley自身が輝きCharlotte Coliseum, Charlotte, NCで開催された1991 NBA All-Star GameにEasternのスターターとして#23 Michael Jordan, #33 Patrick Ewing, #30 Bernard King, #4 Joe Dumarsと共に選出されEasternのリザーブメンバーには#21 Dominique Wilkins, #22 Ricky Pierce, #33 Hersey Hawkins, #32 Kevin McHale, #43 Brad Daugherty, #21 Alvin Robertson, #00 Robert Parishなども選出されプレーを共にした。#34 Charles Barkleyはこの試合で22リバウンドを記録している。NBA Play Off ?Eastern Conference First RoundDel Harrisヘッドコーチのもと48-34の成績を残しチームには#21 Alvin Robertson, #40 Frank Brickowski, #24 Jay Humphries, #31 Fred Roberts, #10 Danny SchayesなどをようしたMilwaukee Bucksと対戦し3-0で勝利し、NBA Play Off Eastern Conference SemifinalsPhil Jacksonヘッドコーチのもと61-21の成績を残しチームにはルーキーで#42 Scott Williamsが入団しチームには#23 Michael Jordan, #33 Scottie Pippen, #54 Horace Grant, #24 Bill Cartwright, #5 John Paxson, #10 B.J. Armstrong, #14 Craig Hodges, #32 Will Perdue, #52 Cliff Levingston, #34 Stacey Kingなどのメンバーが揃いこの1991年のNBA ChampionになるChicago Bullsのまえに1-4で敗退した。 1991-92 seasonPhiladelphia 76ersJim Lynamヘッドコーチのもと35-47の成績を残し#32 Charles Barkleyは背番号を#32 Magic Johnsonに敬意を表して#32に変更する。チームには#33 Hersey Hawkins, #35 Armen Gilliam, #20 Ron Anderson, #12 Johnny Dawkinsなどと共にプレーし#32 Charles Barkley自身は出場した75試合全てにスターターとしてプレーして平均23.1得点、11.1リバウンド、4.1アシスト、1.8スティール、0.6ブロックを記録しチーム1位の活躍をしている1991-92season途中にMVPにシーズン中にHIV感染を公表し引退した#32 Magic Johnsonが輝きOrlando Arena, Orlando, FLで開催された1992 NBA All-Star GameでEasternのスターターとして#23 Michael Jordan, #11 Isiah Thomas, #33 Scottie Pippen, #33 Patrick Ewingと共に選出されEasternのリザーブメンバーには#10 Dennis Rodman, #4 Joe Dumars, #35 Reggie Lewis, #43 Brad Daugherty, #25 Mark Price, #10 Michael Adams, #42 Kevin Willisが選出されてプレーを共にした。1991-92 season終了後にPhiladelphia 76ersPhoenix Sunsとの間で行われたトレードによって#14 Jeff Hornacek, #28 Andrew Lang, #34 Tim Perryに代わりPhoenix Sunsに移籍する事になる。 1992-93 seasonPhoenix SunsにはPaul Westphalヘッドコーチのもと62-20の成績を残しチームにはルーキーで#21 Richard Dumas, #25 Oliver Millerなどが入団する中チームには当初#8 Tim Kempton, #31 Kurt Rambisなどもいたがチームは#34 Charles Barkleyを中心に#7 Kevin Johnson, #9 Dan Majerle, #22 Danny Ainge, #24 Tom Chambers, #41 Mark West, #23 Cedric Ceballos, #3 Frank Johnson, #32 Negele Knightなどのメンバーをようし#34 Charles Barkley自身は出場した76試合全てにスターターとしてプレーして平均25.6得点、12.2リバウンド、5.1アシスト、1.6スティール、1.0ブロックを記録しチーム1位の活躍をしている1992-93 season途中にMVPには#32 Karl Malone, #12 John Stocktonが同時受賞しているDelta Center, Salt Lake City, UT開催された1993 NBA All-Star GameにWesternのスターターとして#32 Karl Malone, #12 John Stockton, #50 David Robinson, #22 Clyde Drexlerと共に選出され、#34 Charles Barkleyは今シーズンEasternから移り大親友である#23 Michael Jordanに敬意を表し背番号を23にした。またWesternのリザーブには#9 Dan Majerle, #10 Tim Hardaway, #34 Hakeem Olajuwon, #30 Terry Porter, #5 Danny Manning, #32 Sean Elliott, #40 Shawn Kempが選出されプレーを共にした。試合はOTにもつれ込む接戦でWest 135-East 132だった。この1992-93 seasonには#34 Charles Barkleyは自身初となる1992-93 NBA season MVPに輝いている。NBA Play Off Western Conference First RoundではRandy Pfundヘッドコーチのもと39-43の成績を残しチームにはルーキーで#1 Anthony Peeler, #35 Doug Christieなどが入団しチームには#3 Sedale Threatt, #12 Vlade Divac, #41 Elden Campbell, #42 James Worthy, #4 Byron Scott, #45 A.C. Green, #14 Tony SmithなどをようしたLos Angeles Lakersと対戦し3-2の大接戦で勝利し、NBA Play Off Western Conference Semifinalsではヘッドコーチがシーズン途中に3人が入れ替わったチームではJerry Tarkanianヘッドコーチ Rex Hughesヘッドコーチ John Lucasヘッドコーチと代わりチームにはルーキーで#24 Lloyd Daniels, #5 Sam Mackなどが入団しチームには#50 David Robinson, #32 Sean Elliott, #3 Dale Ellis, #6 Avery Johnson, #40 Willie Anderson, #7 J.R. Reid, #35 Antoine Carr, #34 Terry Cummings, #15 Vinny Del Negroなどが在籍した San Antonio Spursと対戦し4-2で勝利し、NBA Play Off Western Conference FinalsではGeorge Karl ヘッドコーチのもと55-27の成績を残しチームには#22 Ricky Pierce, #40 Shawn Kemp, #14 Sam Perkins, #20 Gary Payton, #31 Derrick McKey, #8 Eddie Johnson, #10 Nate McMillan, #44 Michael Cage, #17 Vincent Askew, #3 Dana Barrosなどのメンバーが揃ったSeattle SuperSonicsと対戦し4-3の接戦で勝利し、迎えた1993 NBA FinalsではPhil Jacksonヘッドコーチのもと57-25の成績を残しチームには#23 Michael Jordan, #33 Scottie Pippen, #54 Horace Grant, #10 B.J. Armstrong, #42 Scott Williams, #21 Stacey King, #6 Trent Tucker, #24 Bill Cartwright, #32 Will Perdue, #5 John Paxson, #20 Darrell Walker, #22 Rodney McCrayなどが在籍し1991年、1992年2年連続でNBA Championに輝いたChicago Bullsと対戦し2-4で敗退している。これにより#23 Michael Jordanを中心としたChicago Bullsは最初のスリーピートを達成している。 1993-94 seasonPhoenix SunsPaul Westphalヘッドコーチのもと56-26の成績を残しチームには#34 Charles Barkleyを中心に#7 Kevin Johnson, #45 A.C. Green, #9 Dan Majerle, #23 Cedric Ceballos, #22 Danny Ainge, #25 Oliver Miller, #35 Joe Kleine, #41 Mark West, #3 Frank Johnson, #2 Elliot Perryなどが在籍し#34 Charles Barkley自身は出場した65試合全てにスターターとしてプレーして平均21.6得点、11.2リバウンド、4.6アシスト、1.6スティール、0.6ブロックを記録しチーム1位の活躍をしている1993-94 season途中にMVP#33 Scottie Pippenが輝きTarget Center, Minneapolis, MNで開催された1994 NBA All-Star Gameに選出されるも怪我の為プレー出来ずWesternのスターターには#34 Hakeem Olajuwon, #2 Mitch Richmond, #40 Shawn Kemp, #32 Karl Malone, #22 Clyde Drexlerが選出されWesternのリザーブメンバーには#12 John Stockton, #50 David Robinson, #3 Clifford Robinson, #5 Danny Manning, #20 Gary Payton, #15 Latrell Sprewell, #7 Kevin Johnsonが選出され対するEasternのスターターには#33 Scottie Pippen, #32 Shaquille O'Neal, #10 B.J. Armstrong, #44 Derrick Coleman, #7 Kenny Andersonが選ばれEasternのリザーブメンバーには#33 Patrick Ewing, #25 Mark Price, #3 John Starks, #21 Dominique Wilkins, #54 Horace Grant, #10 Mookie Blaylock, #34 Charles Oakleyが選出されプレーした。NBA Play Off Western Conference First RoundDon Nelsonヘッドコーチのもと50-32の成績を残しチームにはルーキーで#4 Chris Webberが入団しチームには#15 Latrell Sprewell, #30 Billy Owens, #17 Chris Mullin, #25 Chris Gatling, #6 Avery JohnsonなどをようしたGolden State Warriorsと対戦し3-0で勝利し、NBA Play Off Western Conference SemifinalsRudy Tomjanovichヘッドコーチのもと58-24の成績を残しチームにはルーキーで#10 Sam Cassellが入団しチームには#34 Hakeem Olajuwonを中心に#11 Vernon Maxwell, #25 Robert Horry, #33 Otis Thorpe, #30 Kenny Smith, #17 Mario Elie, #7 Carl Herrera, #50 Matt Bullard, #1 Scott Brooksなどのメンバーが揃ったHouston Rocketsの前に3-4の接戦の末敗退している。この1994年のNBA ChampionにはHouston Rocketsが輝いている。 1994-95seasonPhoenix SunsPaul Westphalヘッドコーチのもと59-23の成績を残しチームにはルーキーで#11 Wesley Person, #8 Trevor Ruffin]]などが入団しチームには#34 Charles Barkleyを中心に#7 Kevin Johnson, #45 A.C. Green, #9 Dan Majerle, #11 Wesley Person, #23 Wayman Tisdale, #35 Joe Kleine, #2 Elliot Perry, #22 Danny Ainge, #24 Danny Schayes, #15 Danny Manning, #8 Trevor Ruffinなどが在籍し#34 Charles Barkley自身は出場した68試合のうち66試合にスターターとしてプレーして平均23.0得点、11.1リバウンド、4.1アシスト、1.6スティール、0.7ブロックを記録しチーム1位の活躍をしている1994-95season途中にMVP#2 Mitch Richmondが輝きAmerica West Arena, Phoenix, AZで開催された1995 NBA All-Star GameにWesternのスターターとして#34 Hakeem Olajuwon, #40 Shawn Kemp, #15 Latrell Sprewell, #9 Dan Majerleと共に選出されWesternのリザーブメンバーには#20 Gary Payton, #2 Mitch Richmond, #55 Dikembe Mutombo, #11 Detlef Schrempf, #32 Karl Malone, #50 David Robinson, #12 John Stocktonが選出され対するEasternのスターターには#1 Anfernee Hardaway, #33 Scottie Pippen, #32 Shaquille O'Neal, #31 Reggie Miller, #33 Grant Hillが選出されEasternのリザーブメンバーには#33 Patrick Ewing, #4 Joe Dumars, #2 Larry Johnson, #33 Alonzo Mourning, #3 Dana Barros, #42 Vin Baker, #32 Tyrone Hillが選ばれプレーした。NBA Play Off Western Conference First RoundP.J. Carlesimoヘッドコーチのもと44-38の成績を残しチームにはルーキーで#23 Aaron McKieなどが入団しチームには#1 Rod Strickland, #3 Clifford Robinson, #44 Harvey Grant, #25 Jerome Kersey, #33 Otis Thorpe, #52 Buck Williams, #30 Terry Porter, #24 Chris Dudley, #26 James Robinson, #2 Mark BryantなどをようしたPortland Trail Blazersと対戦し3-0で勝利し、NBA Play Off Western Conference SemifinalsRudy Tomjanovichヘッドコーチのもと47-35の成績を残しチームにはルーキーで#55 Zan Tabakが入団しチームにはトレードで新たに#22 Clyde Drexlerが加入しチームは#34 Hakeem Olajuwonを中心に#25 Robert Horry, #10 Sam Cassell, #30 Kenny Smith, #17 Mario Elie, #52 Chucky Brown, #32 Pete Chilcutt, #11 Vernon Maxwell, #7 Carl Herrera などをようしたHouston Rocketsのまえに3-4の接戦の末敗退している。この1995年のNBA Championには2年連続でHouston Rocketsが輝いている。 #23 Michael Jordanが本格的にNBAに復帰した1995-96seasonPhoenix SunsPaul Westphalヘッドコーチがシーズン途中に解任され代わりにCotton Fitzsimmonsヘッドコーチが就任しチームにはルーキーで#4 Michael Finley, #43 Chris Carr, #8 Mario Bennettなどが入団しチームには#34 Charles Barkleyを中心に#7 Kevin Johnson, #11 Wesley Person, #15 Danny Manning, #18 Hot Rod Williams, #23 Wayman Tisdale, #45 A.C. Green, #2 Elliot Perry, #17 Mario Bennett, #35 Joe Kleine, #43 Chris Carrなどが在籍し#34 Charles Barkley自身は出場した71試合全てにスターターとしてプレーして平均23.2得点、11.6リバウンド、3.7アシスト、1.6スティール、0.8ブロックを記録しチーム1位の活躍をしている。1995-96season途中にMVP#23 Michael Jordanが輝きAlamodome, San Antonio, TXで開催された1996 NBA All-Star GameにWesternのスターターとして#40 Shawn Kemp, #32 Jason Kidd, #22 Clyde Drexler, #34 Hakeem Olajuwonと共に選出されWesternのリザーブメンバーには#20 Gary Payton, #2 Mitch Richmond, #50 David Robinson, #32 Sean Elliott, #32 Karl Malone, #12 John Stockton, #55 Dikembe Mutomboが選出され対するEasternのスターターには#1 Anfernee Hardaway, #32 Shaquille O'Neal, #33 Grant Hill, #33 Scottie Pippen, #23 Michael Jordanが選出されEasternのリザーブメンバーには#11 Terrell Brandon, #31 Reggie Miller, #5 Juwan Howard, #41 Glen Rice, #42 Vin Baker, #33 Alonzo Mourning, #33 Patrick Ewingが選ばれプレーした。NBA Play Off Western Conference First RoundBob Hillヘッドコーチのもと59-23の成績を残しチームには#50 David Robinson, #32 Sean Elliott, #15 Vinny Del Negro, #6 Avery Johnson, #45 Chuck Person, #41 Will Perdue, #54 Charles Smith, #3 Monty Williams, #25 Doc Rivers, #11 Carl HerreraなどをようしたSan Antonio Spursと対戦し1-3で敗退している。 1995-96season終了後にPhoenix SunsHouston Rocketsとの間でのトレードによって#52 Chucky Brown, #2 Mark Bryant, #10 Sam Cassell , #25 Robert Horryに代わってHouston Rocketsに移籍する事に。 1996-97seasonHouston Rocketsに移籍した#4 Charles BarkleyRudy Tomjanovichヘッドコーチのもと57-25の成績を残しチームにはルーキーで#32 Othella Harrington, #12 Matt Maloneyなどが入団しチームには#34 Hakeem Olajuwon, #22 Clyde Drexler, #4 Charles Barkley, #17 Mario Elie, #12 Matt Maloney, #8 Eddie Johnson, #42 Kevin Willis, #2 Sedale Threatt, #32 Othella Harrington, #50 Matt Bullardなどのメンバーが揃いプレーを共にした。#4 Charles Barkley自身は出場した53試合全てにスターターとしてプレーして平均19.2得点、13.5リバウンド、4.7アシスト、1.3スティール、0.5ブロックを記録しチーム内2位の活躍をしている1996-97season途中にMVP#41 Glen Riceが輝きGund Arena, Cleveland, OHで開催された1997 NBA All-Star Gameに選出されるも怪我の為出場できずWesternのスターターには#34 Hakeem Olajuwon, #20 Gary Payton, #12 John Stockton, #32 Karl Malone, #40 Shawn Kempが選出されWesternのリザーブメンバーでは#15 Latrell Sprewell, #2 Mitch Richmond, #11 Detlef Schrempf, #24 Tom Gugliotta, #21 Kevin Garnett, #6 Eddie Jones, #15 Chris Gatlingが選ばれプレーを共にした。NBA Play Off Western Conference First RoundFlip Saundersヘッドコーチのもと40-42の成績を残しチームにはルーキーで#3 Stephon Marbury, #22 Dean Garrettなどが入団しチームには#24 Tom Gugliotta, #21 Kevin Garnett, #5 Doug West, #42 Sam Mitchell, #30 Terry Porter, #26 James Robinson, #44 Cherokee Parks, #43 Chris CarrなどをようしたMinnesota Timberwolvesと対戦し3-0で勝利し、NBA Play Off Western Conference SemifinalsではGeorge Karlヘッドコーチのもと57-25の成績を残しチームには#20 Gary Payton, #40 Shawn Kemp, #11 Detlef Schrempf, #33 Hersey Hawkins, #34 Terry Cummings, #14 Sam Perkins, #25 David Wingate, #20 Eric Snow, #10 Nate McMillanなどをようしたSeattle SuperSonicsと対戦し4-3の接戦の末勝利し、NBA Play Off Western Conference FinalsJerry Sloanヘッドコーチのもと64-18の成績を残しチームにはルーキーで#40 Shandon Andersonが入団しチームには#32 Karl Malone, #12 John Stockton, #14 Jeff Hornacek, #3 Bryon Russell, #10 Howard Eisley, #55 Antoine Carr, #00 Greg Ostertag, #44 Greg Foster, #34 Chris Morris, #31 Adam Keefeなどのメンバーが揃ったUtah Jazzの前に2-4で敗退した。 1997-98seasonHouston RocketsRudy Tomjanovichヘッドコーチのもと41-41の成績を残しチームには#34 Hakeem Olajuwon, #22 Clyde Drexlerと共に#4 Charles Barkleyも活躍ほか#42 Kevin Willis, #17 Mario Elie, #12 Matt Maloney, #8 Eddie Johnson, #20 Brent Price, #50 Matt Bullard, #32 Othella Harringtonなども在籍し#4 Charles Barkley自身は出場した68試合のうち41試合にスターターとしてプレーして平均15.2得点、11.7リバウンド、3.2アシスト、1.0スティール、0.4ブロックを記録。NBA Play Off Western Conference First RoundJerry Sloanヘッドコーチのもと62-20の成績を残しチームにはルーキーで#11 Jacque Vaughn, #25 Troy Hudsonらが入団しチームには#32 Karl Malone, #12 John Stocktonを中心に#3 Bryon Russell, #14 Jeff Hornacek, #40 Shandon Anderson, #10 Howard Eisley, #55 Antoine Carr, #44 Greg Foster, #34 Chris Morris, #00 Greg Ostertag, #31 Adam Keefeなどをようしこの1998年のNBA Finalsに2年連続進出するUtah Jazzと対戦し2-3の接戦の末敗退した。 1998-99seasonHouston RocketsRudy Tomjanovichヘッドコーチのもと31-19の成績を残しチームにはルーキーで#5 Cuttino Mobley, #8 Michael Dickerson, #11 Bryce Drewらが入団しチームには他に新加入で#33 Scottie Pippenも加わり#4 Charles Barkley, #33 Scottie Pippen, #34 Hakeem Olajuwonを中心に#7 Sam Mack, #55 Antoine Carr, #53 Stanley Robertsなども在籍する中で迎えたNBA Play Off Western Conference First Roundではヘッドコーチがシーズン途中に3人が入れ替わったチームではDel Harrisヘッドコーチ Bill Bertkaヘッドコーチ Kurt Rambisヘッドコーチと代わりチームにはルーキーで#10 Tyronn Lue, #21 Ruben Pattersonが加入しチームには#34 Shaquille O'Nealが中心となり#8 Kobe Bryant, #41 Glen Rice, #2 Derek Fisher, #17 Rick Fox, #5 Robert Horry, #12 Derek Harper, #11 J.R. Reid, #45 Sean Rooks, #40 Travis KnightなどをようしたLos Angeles Lakersのまえに1-3で敗退した。 #4 Charles Barkley現役最後のシーズンとなる1999-00seasonHouston RocketsRudy Tomjanovichヘッドコーチのもと34-48の成績を残しチームにはルーキーで#3 Steve Francis, #21 Kenny Thomasらが入団しチームには#4 Charles Barkley, #34 Hakeem Olajuwonのほかに#42 Walt Williams, #44 Tony Massenburg, #12 Moochie Norris, #6 Carlos Rogers, #40 Shandon Anderson, #13 Kelvin Catoなどが在籍し#4 Charles Barkley自身はわずか20試合うち18試合をスターターでプレーし平均16.8得点、12.1リバウンド、3.7アシストに終わっている。

Continue reading ↑

Charles Barkley Profile

Position:
Forward
Height:
198cm
Weight:
114kg
Born:
2/20/1963, Alabama, USA
College:
Auburn University
Team:
Houston Rockets, Western Conference
Jersey Status:
Pro-cut

Other Status

LIMITED EDITION,

Away Jersey