NBA,バスケットボールミュージアムLayupshot

Contact us 免責事項

© 2012-2017 Layupshot.

Owner. Tadahiro Hakamata

Photo. Kentaro Sawaguchi

Design. PLANPOT DESIGN WORKS

JERSEY MUSEUM

HOME / JERSEY MUSEUM / 2012-2013 / San Antonio Spurs / Tim Duncan

Tim Duncan #21
- San Antonio Spurs - 2012-2013

$7,700 USD

Price negotiation

NBA Game Worn jersey museum "Layupshot"館内で展示されているジャージは全て販売可能です。(既に販売済みのジャージも含まれています) サイト内 "Price negotiation" ボタンより簡単なフォームにご記入頂くと、在庫の有無・販売価格をメールにて返信致します。 館内に展示されているジャージは、NBA選手が着用したもの、もしくは着用するために用意された大変貴重なものばかりです。

All jerseys display within the NBA Game Worn jersey museum "Layupshot" are available for purchase. (Some jerseys on display are already sold) We will get back to you with the availability and price information if you contact us through the "Price Negotiation" button. Jerseys displayed in this museum have been worn, or issued to be worn by actual NBA players.

NBA Game Worn jersey museum "Layupshot" 博物馆内展示的所有球衣都是可以选购的(已售出的款式也在包含展示范围内)。 在本网页内,您只需点击 "Price negotiation" 图标,并简单的填写相应信息,相关球衣的库存和价格会通过EMAIL的形式发送给您。 本馆展示的所有球衣都是NBA球员亲着,或是比赛备用款式。均在市面上不可多得,具有很高收藏价值意义。

Jersey Description

This jersey was worn in a Kia NBA Tip-Off 2012 game during the 2012-2013 National Basketball Association regular season by #21 Tim Duncan of the San Antonio Spurs.This jersey was worn by Tim Duncan during the Spurs' 99-95 victory over the New Orleans Hornets on October 31, 2012 at New Orleans Arena in New Orleans, Louisiana.He played 34 minutes and registered 24 points with 3 assists and 11 rebounds. Duncan wears 2 jerseys per game.

Layup Navigation

#21 Tim Duncanティム・ダンカンは、アメリカ領ヴァージン諸島セント・クロイ島クリスチャンステッド出身で石工職人の父ウィリアムと助産婦の母イオンの間で生まれ姉が2人おり(シェリルとトリシア)、姉の影響で#21 Tim Duncanティム・ダンカンは幼なじみの#19 Raja Bellラジャ・ベルらと共に水泳を始め、トリシアのようなオリンピックレベルの選手になることを目標としていました。自由形50m、100m、400mのバルセロナオリンピックアメリカ代表入りを目指し、ヴァージン諸島代表としてジュニアオリンピックにも出場しています。1989年に巨大ハリケーン(ヒューゴ)が島を襲い、島で唯一国際大会レベルの競泳が可能なプールが使用不能になってしまったこと事に加え母が亡くなり、バスケットボールを始める為、中学3年生の時に義理の兄弟の影響を受けバスケット界の頂点を目指しはじめました。ウェイク・フォレスト大学デーモン・デーコンズに進学を決めました。ウェイク・フォレスト大は#21 Tim Duncanティム・ダンカンが入部する前にチームのエースだった#54 Rodney Rogersロドニー・ロジャースが1993年のNBAドラフトでNBA入りしてしまったため、彼にかわるチームの柱を求めていました。#21 Tim Duncanティム・ダンカンにその期待が掛かりましたが最初の頃はカレッジバスケへの対応がうまくいかず無得点の試合さえあり、1年目の1993‐94シーズンは平均9.8得点9.6リバウンドの成績に終わるが、シーズンが進むごとに徐々に存在感を増していきました。ウェイク・フォレスト大は20勝11敗の成績を残しました。2年目の1994‐95シーズンに#21 Tim Duncanティム・ダンカンの評判は益々高まり、#32 Joe Smithジョー・スミスや#30 Rasheed Wallaceラシード・ウォーレス、#42 Jerry Stackhouseジェリー・スタックハウスらと共に将来NBAで活躍するだろうと目されるようになりました。ロサンゼルス・レイカーズのゼネラルマネージャー、ジェリー・ウェストは#21 Tim Duncanティム・ダンカンに1995年のNBAドラフトにアーリーエントリーするよう勧めました。NBAは1996年にサラリーキャップ制度に新たにルーキーの契約に制限を設けるルーキーサラリーキャップ制度を導入する予定であり、その前にNBA入りすれば#21 Tim Duncanティム・ダンカンのもとにはより多くの契約金が入ってくるはずだったが#21 Tim Duncanティム・ダンカンは、お金よりも亡くなった母親から大学を卒業するように言われていたために大学生活を選択しました。#21 Tim Duncanティム・ダンカンは、このシーズン、ウェイク・フォレスト大をACCトーナメント決勝に導き、この場で#30 Rasheed Wallaceラシード・ウォーレス擁するノースカロライナ大学と対戦しました。試合はチームメートの#12 Randolph Childressランドルフ・チルドレスが残り4秒で劇的な決勝点を決めてウェイク・フォレスト大が勝利したが#21 Tim Duncanティム・ダンカンはNBA入り後もライバルの一人となる#30 Rasheed Wallaceラシード・ウォーレスを封じ込め、チームの勝利に貢献しました。 ウェイク・フォレスト大はNCAAトーナメントのSweet16まで進出し、オクラホマ州立大学との試合で#21 Tim Duncanティム・ダンカンは12得点22リバウンド8ブロックの活躍を見せたが、チームは敗退しました。#21 Tim Duncanティム・ダンカンの1995-96シーズン成績は平均19.1得点12.3リバウンドでACCの得点王、リバウンド王、ブロックショット王、フィールドゴール成功率1位に輝き、この4部門でカンファレンス1位となったACC史上初の選手となりました。2年連続の最優秀守備選手賞とACC年間最優秀選手、オールアメリカ1stチームに選ばれました。大学での最終年となる1996‐97シーズンには216cmの#3 Loren Woodsローレン・ウッズが加わり、チームのロスターは充実しました。開幕から13連勝を記録するもシーズン後半に調子を崩してしまい、3年連続のACCタイトル獲得はならなかったが、NCAAトーナメントではSweet16でブレビン・ナイト擁するスタンフォード大学を72‐66で降し、念願のElite8進出を果たしました。#21 Tim Duncanティム・ダンカンの成績は最終年にしてついに大台の平均20得点10リバウンドを突破する20.8得点14.7リバウンド3.2アシスト、フィールドゴール成功率60.6%をあげ、NCAA1部リーグのリバウンド王に輝くと共に先例のない3年連続の最優秀守備選手賞を受賞しました。さらに2年連続となるオールアメリカ1stチームとACC年間最優秀選手賞、全米バスケットボール記者協会選出の年間最優秀選手、ネイスミス賞、ジョン・ウッデン賞とカレッジバスケ界の主要個人賞を総なめにしました。リーグ屈指の強豪チームであるはずのサンアントニオ・スパーズがドラフト全体1位指名権を獲得できたのは、前年1996-97シーズンに大黒柱の#50 David Robinsonデビッド・ロビンソンがシーズンをほぼ全休してしまい20勝62敗、リーグワースト3位の成績でドラフト抽選で見事に1位指名権を射止め#21 Tim Duncanティム・ダンカンを指名して獲得できました。ルーキーシーズンより#50 David Robinsonデイビッド・ロビンソンとのツインタワーにより大活躍を見せました。プレーオフでは#32 Jason Kiddジェイソン・キッド擁するフェニックス・サンズと対戦しました。第1戦で#21 Tim Duncanティム・ダンカンの32得点10リバウンドの活躍により波に乗ったスパーズは3勝1敗でサンズを降し、カンファレンス準決勝に進出しました。ユタ・ジャズとのシリーズでは当時史上最高のパワーフォワードと謳われていた#32 Karl Maloneカール・マローンとのマッチアップが実現しました。第1戦では#21 Tim Duncanティム・ダンカンの33得点に対し#32 Karl Maloneカール・マローンは25得点、第2戦では#21 Tim Duncanティム・ダンカンの26得点に対し#32 Karl Maloneカール・マローンは22得点と#21 Tim Duncanティム・ダンカンは、#32 Karl Maloneカール・マローン相手にも譲らなかったが、シリーズが進むにつれて徐々に経験豊富な#32 Karl Maloneカール・マローンに主導権を握られ、チームは1勝4敗で敗退しました。#21 Tim Duncanティム・ダンカンにとってNBA2年目の1998-99シーズンはロックアウト発生により開幕が2月にまでずれ込み、レギュラーシーズンが通常の82試合から50試合に短縮されるという異例の事態からスタートしました。また#23 Michael Jordanマイケル・ジョーダンが二度目のスリーピートを成し遂げ引退をしていました。プレーオフ1回戦では#21 Tim Duncanティム・ダンカンと同い年ながらNBAでは2年先輩の#21 Kevin Garnettケビン・ガーネットが率いるミネソタ・ティンバーウルブズと対戦し、3勝1敗で降すと、カンファレンス準決勝では#34 Shaquille O'Nealシャキール・オニール、#8 Kobe Bryantコービー・ブライアント擁するロサンゼルス・レイカーズを4戦全勝で一蹴しました。カンファレンス決勝でも大学時代からのライバルである#30 Rasheed Wallaceラシード・ウォレースが所属するポートランド・トレイルブレイザーズをやはり4戦全勝で降し、ついにチーム史上初のNBAファイナル進出を果たしました。ファイナルでは第8シードから奇跡的なファイナル進出を果たしたニューヨーク・ニックスと対決しました。リーグトップセンターの一角を成した#33 Patrick Ewingパトリック・ユーイングがカンファレンスファイナルで怪我をしてしまい大黒柱不在のニックスに対し、ツインタワー擁するスパーズが有利であろうと予想されたNBAファイナルは予想通りの展開となりました。#21 Tim Duncanティム・ダンカンはNBA入り2年目にして最初のチャンピオンリングを手に入れると共に、シリーズ平均27.4得点14.0リバウンドの成績でチームを優勝に導いたとして、ファイナルMVPの称号も手に入れました。2年目でのファイナルMVP受賞は#33 カリーム・アブドゥル=ジャバーと並ぶ歴代2番目の速さである(#32 マジック・ジョンソンはルーキーイヤーに受賞)。1999-00シーズンはプレーオフを怪我の為全休した#21 Tim Duncanティム・ダンカンは、チームもプレイオフで早々に敗退してしまいそのオフにはオーランド・マジックより移籍の話を持ちかけられるもスパーズへ留まり再契約をしました。2000-01シーズンは#21 Tim Duncanティム・ダンカンが怪我から復帰し復調するもロサンジェルス・レイカーズの前に屈してしまいました。2001-02シーズンの#21 Tim Duncanティム・ダンカンは個人としては絶頂期を迎えたシーズンMVPも初受賞したがまたもやロサンジェルス・レイカーズの前に屈してしまいました。2002-03シーズンも、平均23.3得点のほかキャリアハイとなる12.9リバウンド3.9アシスト2.9ブロックを記録し、2年連続シーズンMVP受賞を達成しました。1999年以来となるファイナルに進出しました。#5 Jason Kiddジェイソン・キッド率いるニュージャージー・ネッツと対決するがネッツに2敗を喫したスパーズは3勝2敗で第6戦を迎えました。この試合で#21 Tim Duncanティム・ダンカンは21得点20リバウンド10アシスト8ブロックと、あとブロック2本でクアドルプル・ダブルに迫る快記録を残し、ネッツを粉砕しました。88対78で勝利したスパーズが4年ぶりの優勝を飾り#21 Tim Duncanティム・ダンカンは2回目となるNBAファイナルMVPを受賞しました。第6戦での8ブロックはファイナルタイ記録、合計32ブロックは、#33 Patrick Ewingパトリック・ユーイングの記録を抜くファイナル新記録となりました。この優勝をもって盟友#50 David Robinsonデイビッド・ロビンソンは現役から引退し、6年間他チームの脅威であり続けたツインタワーは終焉することになりました。2003-04シーズンは、このシーズン、レイカーズは#11 Karl Maloneカール・マローンに#20 Gary Paytonゲイリー・ペイトンと大物2人を獲得するという思い切った補強をしていたが、マローンの故障もありレギュラーシーズン中は補強の効果はあまり見られず、成績ではスパーズに劣る56勝26敗の成績に終わりました。スパーズは第1戦、2戦を連勝するも、第3戦では2001-02シーズンの#21 Tim Duncanティム・ダンカンが10得点に抑えられたことで敗北すると、以降連敗を重ね、第5戦ではレイカーズの#2 Derek Fisherデレック・フィッシャーによる残り0.4秒からの大逆転ショットを許し、結局スパーズは4連敗で敗退しました。このシーズンはデトロイト・ピストンズが優勝しました。2004-05シーズンは、見事に前年と前々年のチャンピオンチーム同士の頂上決戦を制し、3度目の優勝を果たしました。2人のウォーレスに苦しんだ2001-02シーズンの#21 Tim Duncanティム・ダンカンだったが、終わってみればシリーズ平均20.6得点14.1リバウンド、全試合でダブル・ダブルを達成する活躍であり、マジック・ジョンソン、マイケル・ジョーダン、シャキール・オニールに続いて史上4人目となる3度目のファイナルMVPを受賞しました。 2005-06シーズンは、カンファレンスファイナルで対戦したマーベリックスのエース#41 Dirk Nowitzkiダーク・ノヴィツキーの平均27.1得点に対し#21 Tim Duncanティム・ダンカンは平均32.2得点11.7リバウンドをあげました。しかし#21 Tim Duncanティム・ダンカンの身を削ったプレーをもってしてもこの激戦を制することができず、第7戦では41得点15リバウンド6アシストをあげるが、延長戦にもつれた末にマーベリックスに惜敗しました。プロ10年目、30歳となる2006-07シーズンは、順調なレギュラーシーズンの戦いにプレーオフではダラス・マーベリックスが早々に敗退してしまいフェニックス・サンズに勝利してカンファレンスファイナルでユタ・ジャズを倒しNBAファイナルまで順調に進みました。クリーブランド・キャバリアーズとのファイナルシリーズでは、キャバリアーズの若きエース#23 LeBron Jamesレブロン・ジェームズにエースキラーの#12 Bruce Bowenブルース・ボウエンがマッチアップしスパーズが4戦全勝でキャバリアーズを一蹴しました。4度目の優勝を飾ったがファイナルMVPを受賞したのが#21 Tim Duncanティム・ダンカンではなく#9 Tony Parkerトニー・パーカーであったことでした。#21 Tim Duncanティム・ダンカンもシリーズ平均18.3得点11.5リバウンドと活躍したが、それ以上に平均24.5得点をあげた#9 Tony Parkerトニー・パーカーの活躍が目覚しかった。スパーズに再び連覇のチャンスが訪れた2007-08シーズンは#24 Kobe Bryantコービー・ブライアントに#16 Pau Gasolパウ・ガソル擁するレイカーズに、ホーネッツとのシリーズで疲弊していたスパーズは1勝するのがやっとで、1勝4敗でまたもやスパーズの連覇はならなかった。2008-09シーズンは、スパーズにとっては2000年以来となる1回戦敗退となりました。2009-10シーズンは主力の高齢化がさらに進みカンファレンスセミファイナルではサンズに0勝4敗のスィープを喫しシーズンを終了しました。2010-11シーズンは#21 Tim Duncanティム・ダンカン率いるスパーズは、ウェスタンカン・ファレンスを首位で突破しました。しかしプレーオフ初戦で#50 Zach Randolphザック・ランドルフと#16 Pau Gasolパウ・ガソルの弟の#33 Marc Gasolマルク・ガソル率いる第8シードのメンフィス・グリズリーズと対戦しました。グリスリーズは徹底的に#21 Tim Duncanティム・ダンカンにマークしてインサイドを制圧し、4勝2敗でチーム史上初のプレーオフで勝利をあげ第1シードのチームが第8シードのチームに負けることは珍しくファーストラウンドが7試合制になった以降としては史上2回目の出来事となりました。2012-2013シーズンには、オールNBAファーストチーム、オールディフェンシブセカンドチームに選出されました。 2013年、カンファレンス・ファイナル第3戦で#21 Tim Duncanティム・ダンカンはプレーオフでの通算ダブルダブルを144とし、143回のウィルト・チェンバレンを抜き、歴代2位となった。1位はマジック・ジョンソンの157回、4位はシャキール・オニールの142回、5位はビル・ラッセルの137回である。 #6 LeBron Jamesレブロン・ジェームズ、#3 Dwyane Wadeドウェイン・ウェイド、#1 Chris Boshクリス・ボッシュのビッグスリー擁するマイアミ・ヒートとの対決となったNBAファイナルは、近年希に見る接戦となり、これまで4度のファイナル進出ではすべて優勝していたが、初めてファイナル敗退を喫しました。マイアミ・ヒートとの再戦となった2014年ファイナル第1戦で、21得点(フィールドゴール9/10)10リバウンド、第2戦で18得点15リバウンドを記録し、マジック・ジョンソンのプレーオフ通算ダブルダブル記録の157に並ぶ共に第1戦では1972年のウィルト・チェンバレン以来となるファイナルで20得点10リバウンド以上でフィールドゴール成功率90%以上の記録を達成しました。4勝1敗で見事自身五度目となるNBAチャンピオンになりました。2016年7月11日、スパーズは記者会見を開き、#21 Tim Duncanティム・ダンカンの現役引退を発表しました。2016年11月16日、スパーズは#21 Tim Duncanティム・ダンカンが着用していた背番号「21」を永久欠番にすることを発表しました。同年12月18日のニューオーリンズ・ペリカンズ戦の試合後に永久欠番セレモニーが盛大に執り行われました。

Continue reading ↑

Tim Duncan Profile

Position:
Forward-Center
Height:
211cm
Weight:
112kg
Born:
4/25/1976, US Virgin Islands
College:
Wake Forest University
Team:
San Antonio Spurs, Western Conference
Jersey Status:
Game Worn

Other Status

KIA NBA TIP-OFF,

Away Jersey