NBA,バスケットボールミュージアムLayupshot

Contact us 免責事項

© 2012-2017 Layupshot.

Owner. Tadahiro Hakamata

Photo. Kentaro Sawaguchi

Design. PLANPOT DESIGN WORKS

JERSEY MUSEUM

HOME / JERSEY MUSEUM / 2010-2011 / San Antonio Spurs / Antonio McDyess

Antonio McDyess #34
- San Antonio Spurs - 2010-2011

NBA Game Worn jersey museum "Layupshot"館内で展示されているジャージは全て販売可能です。(既に販売済みのジャージも含まれています) サイト内 "Price negotiation" ボタンより簡単なフォームにご記入頂くと、在庫の有無・販売価格をメールにて返信致します。 館内に展示されているジャージは、NBA選手が着用したもの、もしくは着用するために用意された大変貴重なものばかりです。

All jerseys display within the NBA Game Worn jersey museum "Layupshot" are available for purchase. (Some jerseys on display are already sold) We will get back to you with the availability and price information if you contact us through the "Price Negotiation" button. Jerseys displayed in this museum have been worn, or issued to be worn by actual NBA players.

NBA Game Worn jersey museum "Layupshot" 博物馆内展示的所有球衣都是可以选购的(已售出的款式也在包含展示范围内)。 在本网页内,您只需点击 "Price negotiation" 图标,并简单的填写相应信息,相关球衣的库存和价格会通过EMAIL的形式发送给您。 本馆展示的所有球衣都是NBA球员亲着,或是比赛备用款式。均在市面上不可多得,具有很高收藏价值意义。

Jersey Description

This white 'Noche Latina' jersey was worn by #34 Antonio McDyess of the San Antonio Spurs during the 2010-11 National Basketball Association regular season. McDyess wore this jersey during the Spurs' 97-91 victory over the Dallas Mavericks on March 18, 2011 at American Airlines Center in Dallas, Texas.

Layup Navigation

1995年の NBA Draft全体第2 位でUniversity of Alabamaより Denver Nuggets に入団する。 1995年の NBA Draft 1位はUniversity of Marylandから#32 Joe Smithが、3位にはUniversity of North Carolinaより#42 Jerry StackhousePhiladelphia 76ersに指名され入団続く4位にも同じUniversity of North Carolinaから #30 Rasheed Wallaceが指名を受けWashington Bulletsに入団している。続く5位に高校卒の#21 Kevin GarnettMinnesota Timberwolvesに入団、6位にはOklahoma State Universityより#50 Bryant Reevesが、7位はUniversity of Arizonaから #20 Damon Stoudamireが、9位にUniversity of California, Los Angelesから#31 Ed O'Bannon, 10位にTexas Christian Universityから#40 Kurt Thomasが、11位にOhio Universityより#33 Gary Trentらが指名を受ける。12位にDuke Universityから#44 Cherokee Parks, 13位にはUniversity of Arkansasから#34 Corliss Williamson, 14位にはProvidence Collegeから#55 Eric Williamsが、15位にOregon State Universityより#17 Brent Barryが、17位にFlorida State Universityより#3 Bob Suraが、18位にUniversity of Wyomingから #42 Theo Ratliffが、20位にUniversity of Alabamaから#35 Jason Caffeyが、21位にUniversity of Wisconsinより #4 Michael Finleyが、23位にGeorgia Institute of Technologyから#4 Travis Bestが、28位にUniversity of Kansasから#00 Greg Ostertagが、35位にUniversity of Michiganから#24 Jimmy King, 43位にはMichigan State Universityから #20 Eric Snowが、47位にUniversity of California, Los Angelesより#5 Tyus Edney, 52位にIowa State University出身の#20 Fred HoibergたちがNBA入りを果たしている。 1995-96 シーズンより #24 Antonio McDyessは、Denver Nuggetsでスターターを務めチームには、#3 Dale Ellis, #1 Mahmoud Abdul-Rauf, #23 Bryant Stith, #55 Dikembe Mutombo, #5 Jalen Rose, #20 LaPhonso Ellis#34 Reggie Williams, #21 Tom Hammondsなどと共に75試合にスターターで出場している。 翌1996~97シーズンは、#20 LaPhonso Ellisに次ぐチーム平均得点の活躍を見せ #22 Ricky Pierce, #13 Mark Jackson, #5 Anthony Goldwire, #50 Ervin Johnsonなどの新加入選手たちともプレーを共にした。 翌1997年Phoenix Sunsとの間で行われたトレードにより#11 Wesley Personなどが絡むこのトレードで1997-98 seasonPhoenix Sunsに在籍チームで活躍し他に#30 Clifford Robinson, #32 Jason Kidd, #15 Danny Manning, #13 Steve Nash, #3 Rex Chapman, #18 Hot Rod Williams, #7 Kevin Johnson, #21 George McCloud, #1 Cedric Ceballosなどと共に自身初となるプレーオフに出場NBA Play Off Western Conference First Round#21 Tim Duncan, #50 David Robinson, #6 Avery Johnson, #15 Vinny Del Negro, #2 Jaren Jackson, #45 Chuck Person, #41 Will Perdue, #3 Monty Williamsなどを要するSan Antonio Spursに1-3で敗退している。 1998-99seasonDenver Nuggetsでは、 #31 Nick Van Exel, #4 Chauncey Billups, #45 Raef LaFrentzなどとプレーし、1999-00 シーズンには、Denver Nuggetsにルーキーで#41 James Poseyが加入、他に#21 George McCloud, #5 Ron Mercer, #15 Keon Clark, #9 Tariq Abdul-Wahadといった選手たちもプレーする。 2000-01seasonDenver Nuggets#24 Antonio McDyessを中心に#5 Voshon Lenard#14 Robert Packなど行った選手たちもさらに加わりそんな中平均20.8得点でチームトップであった。このシーズン中にMCI Center, Washington, DCで行われた2001 NBA All-Star Gameに自身初選出されMVPに #3 Allen Iverson が輝くなか、West Reservesとして #30 Rasheed Wallace, #4 Michael Finley, #21 Vlade Divac, #20 Gary Payton, #50 David Robinson, #32 Karl Maloneと共にベンチよりプレーし15分出場し8得点、8リバウンドを記録した。翌年には、ルーキーとして#15 Chris Andersenが入団、他に#10 Tim Hardaway, #6 Avery Johnson, #7 Juwan Howardといったベテラン勢もチームにいる中で #31 Nick Van Exelが活躍、 #24 Antonio McDyessは怪我の為わずか10試合の出場に留まった。 2004年途中更に#12 Howard Eisley, #1 Anfernee Hardaway, #3 Stephon Marburyなどが絡むNew York KnicksPhoenix Suns などのトレードでNew York Knicksへと渡り18ゲーム6試合にスターターとして出場した。New York Knicksでは、 #3 Stephon Marbury, #1 Anfernee Hardaway, #42 Vin Baker, #5 Tim Thomas, #55 Dikembe Mutombo, #49 Shandon Andersonなど様々なチームで活躍したプレーヤーたちと同じくチームに在籍した。その後もケガがちな #14 Antonio McDyessは、Phoenix Suns へ移り24ゲーム中に14試合をスターターでプレーし、チームでは、#31 Shawn Marion, #2 Joe Johnson, #32 Amare Stoudemireなどといったメンバーであった。 2004-05 seasonよりDetroit Pistonsに加わる、チームは#32 Richard Hamilton, #1 Chauncey Billups, #36 Rasheed Wallace, #22 Tayshaun Prince, #3 Ben Wallace, #10 Lindsey Hunter, #41 Elden Campbell, #30 Carlos Arroyo, #31 Darko Milicic, #8 Darvin Ham, #12 Ronald Dupreeといったメンバーで2005年のNBA Finalに進み、 #21 Tim Duncan, #20 Manu Ginobili, #9 Tony Parker, #5 Robert Horry, #12 Bruce Bowen, #14 Beno Udrih, #17 Brent Barry, #2 Nazr Mohammed, #3 Glenn RobinsonなどをようするSan Antonio Spursと対戦して3-4の接戦の末惜しくも破れてしまう。翌2005~06seasonにはNBA Play Off Eastern Conference FinalsMiami Heatと対戦し2-4で敗退している。 2007-08 seasonにはDetroit Pistonsにルーキーとして#3 Rodney Stuckey, #28 Arron Afflaloなどが加入、#25 Amir Johnson, #54 Jason Maxiell, #42 Theo Ratliffなども在籍した。2008~09seasonDetroit Pistonsは、シーズン中に #1 Allen IversonDenver Nuggets より #1 Chauncey Billups とのトレ―ドで移籍するもチームにフィットせず、NBA Play Off Eastern Conference First Round#23 LeBron James, #2 Mo Williams, #4 Ben Wallace, #11 Zydrunas Ilgauskas, #1 Daniel Gibson, #32 Joe Smith, #17 Anderson Varejao, #13 Delonte West, #10 Wally Szczerbiakなどをようする Cleveland Cavaliersに0-4でスウィ―プされた。 翌2009-10seasonには San Antonio Spursと契約し #21 Tim Duncan, #20 Manu Ginobili, #9 Tony Parker, #24 Richard Jefferson, #45 DeJuan Blair, #10 Keith Bogans, #15 Matt Bonner, #8 Roger Masonなどと共に活躍し自身も50試合をスターターとして貢献した。翌2010-11 seasonにはSan Antonio Spursは第1シードで出場、しかしプレーオフ初戦で #50 Zach Randolphが加わるなかチームも成長をみせ #11 Mike Conley #33 Marc Gasol, #32 O.J. Mayo, #9 Tony Allenなども活躍するMemphis Grizzliesに2-4でアップセットされてしまう。

Continue reading ↑

Antonio McDyess Profile

Position:
Forward-Center
Height:
206cm
Weight:
100kg
Born:
11/3/1995, Mississippi, USA
College:
University of Alabama
Team:
San Antonio Spurs, Western Conference
Jersey Status:
Game Worn

Other Status

NOCHE LATINA,

Home Jersey