NBA,バスケットボールミュージアムLayupshot

Contact us 免責事項

© 2012-2017 Layupshot.

Owner. Tadahiro Hakamata

Photo. Kentaro Sawaguchi

Design. PLANPOT DESIGN WORKS

JERSEY MUSEUM

HOME / JERSEY MUSEUM / 2008-2009 / Portland Trail Blazers / Joel Przybilla

Joel Przybilla #10
- Portland Trail Blazers - 2008-2009

NBA Game Worn jersey museum "Layupshot"館内で展示されているジャージは全て販売可能です。(既に販売済みのジャージも含まれています) サイト内 "Price negotiation" ボタンより簡単なフォームにご記入頂くと、在庫の有無・販売価格をメールにて返信致します。 館内に展示されているジャージは、NBA選手が着用したもの、もしくは着用するために用意された大変貴重なものばかりです。

All jerseys display within the NBA Game Worn jersey museum "Layupshot" are available for purchase. (Some jerseys on display are already sold) We will get back to you with the availability and price information if you contact us through the "Price Negotiation" button. Jerseys displayed in this museum have been worn, or issued to be worn by actual NBA players.

NBA Game Worn jersey museum "Layupshot" 博物馆内展示的所有球衣都是可以选购的(已售出的款式也在包含展示范围内)。 在本网页内,您只需点击 "Price negotiation" 图标,并简单的填写相应信息,相关球衣的库存和价格会通过EMAIL的形式发送给您。 本馆展示的所有球衣都是NBA球员亲着,或是比赛备用款式。均在市面上不可多得,具有很高收藏价值意义。

Jersey Description

This jersey was worn during the Trail Blazers' 90-89 victory over the Houston Rockets on December 5, 2009 at Rose Garden in Portland, Oregon by #10 Joel Przybilla of the Portland Trail Blazers. He played 35 minutes and registered 6 points with 12 rebounds.

Layup Navigation

2000 年のNBA Draft 9位でUniversity of MinnesotaよりNBA入りを果たす。University of Minnesota出身のNBAプレーヤーではかつて活躍した#43 Mychal Thompson, #6 Trent Tucker2011~12seasonよりHouston Rocketsのヘッドコーチになった#32 Kevin McHale, #2 Voshon Lenard, #24 Bobby Jacksonなどが挙げられる。また現役ではNew Jersey Netsで活躍する#43 Kris Humphriesも同校の出身である。 この2000年のNBA Draft第1位で指名されたのはUniversity of Cincinnati出身の #6 Kenyon Martinが、2位にLouisiana State Universityより#4 Stromile Swiftが、3位には高卒の #21 Darius Milesが、5位にUniversity of Floridaより#50 Mike MillerOrlando Magicに入団している。続く6位には1位で指名された #6 Kenyon Martin と同じUniversity of Cincinnatiより#3 DerMarr Johnsonが、8位にはUniversity of Michiganより #11 Jamal Crawford, そして続く9位でUniversity of Minnesotaから#10 Joel Przybillaが指名を受けNBA入りをしている。続く10位には、University of Missouri出身の#55 Keyon Doolingが、15位にはGeorgia Institute of Technologyより#40 Jason Collier, 16位にトルコから#15 Hedo TurkogluSacramento Kingsへ入団した。17位にはOklahoma State University出身で2001年のAll Star Weekendに開催されたSlam Dunk Contestで優勝した#24 Desmond Masonが、そして続く18位にDePaul Universityより #3 Quentin Richardsonが、19位にUniversity of Kentuckyから #21 Jamaal Magloire, 20位にはHofstra Universityより#12 Speedy Claxton, 21位にMichigan State Universityより #24 Morris Petersonが、23位に指名を受けた#92 DeShawn StevensonDallas Mavericks2011 NBA Championに輝いた時のチームメイトでもある#35 Brian Cardinalと共にこの2000 年のNBA Draftで指名を受け、37位にはArizona State Universityより#55 Eddie Houseが、43位にOhio State Universityより#22 Michael Reddが44位に#35 Brian Cardinal が指名を受けNBA入りをしている。 2000-01seasonよりGeorge Karl ヘッドコーチのもとでMilwaukee Bucksは52-30の成績を残す。 Milwaukee Bucksには#6 Joel Przybilla同様のルーキーとして#22 Michael Redd#7 Jason Hartが加入、#34 Ray Allenを軸に#13 Glenn Robinson, #10 Sam Cassell, #5 Tim Thomasらも活躍を見せほか#42 Scott Williams, #35 Jason Caffey, #21 Darvin Hamなどもチームに在籍した。NBA Play Off Eastern Conference Finals まで勝ち進み #3 Allen Iverson, #8 Aaron McKie, #9 George Lynch, #40 Tyrone Hill, #20 Eric Snowに加え#55 Dikembe Mutombo, #50 Todd MacCulloch他ルーキーの #19 Raja Bell#5 Kevin OllieなどのメンバーでLos Angeles Lakersと2001 NBA Finalで対戦したPhiladelphia 76ers相手に3-4の好ゲームを展開、敗れはしたものの2000~01 season中には#6 Joel Przybillaは33試合に出場し13試合にスターターとして起用された。翌2001-02 seasonにはMilwaukee Bucksに新たに#17 Anthony Masonも加わり#6 Joel Przybilla も62試合にスターターとして出場している。翌2002~03シーズンはルーキーで#15 Ronald Murray, #50 Dan Gadzuricなども加入するなか#34 Ray Allenとのトレードで#20 Gary Payton, #24 Desmond Masonが加入#7 Toni Kukocも新たに加わる中で#6 Joel Przybillaは怪我の為出場時間が減少した。翌2003~04 seasonにはAtlanta HawksNew York Knicksの間で行われたトレードにより #5 Tim Thomas, #44 Keith Van Hornなどが絡む事で#10 Joel Przybillaも移籍。翌2004-05シーズンより Portland Trail Blazersに在籍する。チームには #3 Damon Stoudamire, #33 Shareef Abdur-Rahim, #50 Zach Randolph, #21 Ruben Patterson, #23 Darius Miles, #42 Theo Ratliff, #19 Nick Van Exel, #1 Derek Andersonやルーキーの #31 Sebastian Telfairなどが在籍した。 2年後の2006~07シーズンNate McMillan ヘッドコーチのもとで32-50の成績でルーキーシーズンの #7 Brandon Roy同様ルーキーの #12 LaMarcus Aldridgeと共 #50 Zach Randolph, #1 Jarrett Jack, #5 Ime Udoka, #21 Jamaal Magloireなどとプレーを共にする。 2008-09 seasonにはPortland Trail Blazersは Nate McMillan ヘッドコーチのもと54-28の成績となる成長を見せルーキーには前年怪我の為全試合欠場した#52 Greg Odenに加え#88 Nicolas Batum, #5 Rudy Fernandez, #4 Jerryd Baylessなどが加入、NBA Play Off Western Conference First Roundで2008-09 seasonに好調であったHouston Rocketsと対戦。#0 Aaron Brooks, #96 Ron Artest(Metta World Peace), #4 Luis Scola, #11 Yao Ming, #31 Shane Battier, #7 Kyle Lowry, #44 Chuck Hayes, #55 Dikembe Mutomboなどをようし怪我の為プレー出来ない #1 Tracy McGradyまたシ―ズン途中まで在籍しOrlando Magic に移籍し活躍した#12 Rafer Alstonなどがシーズン初めまで在籍していた。NBAPlay Off Western Conference First Roundでは結果2-4で敗退しているが #7 Brandon Royは6試合平均26.7得点、 #12 LaMarcus Aldridgeも続く平均19.5得点とチームを引っ張ったなかで#10 Joel Przybillaも活躍 #12 LaMarcus Aldridgeに次ぐ平均7.3リバウンド、3.8得点とチームに欠かすことのできない存在となる。 2009-10seasonPortland Trail Blazersには、 #24 Andre Miller, #21 Marcus Camby, #6 Juwan Howardなどの新戦力が加わりNBA Play Off Western Conference First Round#1 Amare Stoudemire, #23 Jason Richardson, #13 Steve Nash, #33 Grant Hill, #8 Channing Frye, #3 Jared Dudley, #15 Robin LopezなどをようするPhoenix Suns と対戦して2-4で敗退する。 2010-11 シーズンに一旦は#14 D.J. Augustin, #32 Boris Diaw, #3 Gerald Wallace, #1 Stephen Jackson, #12 Tyrus ThomasらのいるCharlotte Bobcatsに移籍するも、再び #12 LaMarcus Aldridge, #2 Wesley Matthews, #11 Jamal Crawford, #5 Raymond Feltonと共に加えシーズン途中に加入した#21 J.J. Hicksonなどと共に2011-12 シーズンPortland Trail Blazersに在籍している。

Continue reading ↑

Joel Przybilla Profile

Position:
Center
Height:
216cm
Weight:
116kg
Born:
10/10/1979, Minnesota, USA
College:
University of Minnesota
Team:
Portland Trail Blazers, Western Conference
Jersey Status:
Game Worn

Other Status

SEASON,

Home Jersey