NBA,バスケットボールミュージアムLayupshot

Contact us 免責事項

© 2012-2017 Layupshot.

Owner. Tadahiro Hakamata

Photo. Kentaro Sawaguchi

Design. PLANPOT DESIGN WORKS

JERSEY MUSEUM

HOME / JERSEY MUSEUM / 2010-2011 / Sacramento Kings / Luther Head

Luther Head #9
- Sacramento Kings - 2010-2011

NBA Game Worn jersey museum "Layupshot"館内で展示されているジャージは全て販売可能です。(既に販売済みのジャージも含まれています) サイト内 "Price negotiation" ボタンより簡単なフォームにご記入頂くと、在庫の有無・販売価格をメールにて返信致します。 館内に展示されているジャージは、NBA選手が着用したもの、もしくは着用するために用意された大変貴重なものばかりです。

All jerseys display within the NBA Game Worn jersey museum "Layupshot" are available for purchase. (Some jerseys on display are already sold) We will get back to you with the availability and price information if you contact us through the "Price Negotiation" button. Jerseys displayed in this museum have been worn, or issued to be worn by actual NBA players.

NBA Game Worn jersey museum "Layupshot" 博物馆内展示的所有球衣都是可以选购的(已售出的款式也在包含展示范围内)。 在本网页内,您只需点击 "Price negotiation" 图标,并简单的填写相应信息,相关球衣的库存和价格会通过EMAIL的形式发送给您。 本馆展示的所有球衣都是NBA球员亲着,或是比赛备用款式。均在市面上不可多得,具有很高收藏价值意义。

Jersey Description

Head wore this jersey during the Kings' 106-102 loss to the Orlando Magic on March 9, 2011 at Power Balance Pavilion in Sacramento, California. This jersey replicates the style worn by the Royals during the 1950-51 National Basketball Association season. This was the season in which the franchise won its only NBA Championship while playing in Rochester, New York. There is an NBA "HWC Nights 2010-11" tag on the bottom hem of the jersey.

Layup Navigation

2005年の NBA Draft 24位でUniversity of Illinois at Urbana-Champaign よりHouston Rocketsに入団する。 Illinois Fighting Illini時代には2004-05seasonにチームメイトの #8 Deron Williamsと共に、#32 Francisco Garciaが活躍したLouisville Cardinalsと対戦し、#20 Salim Stoudamire, #8 Channing Fryeなどが活躍したArizona WildcatsNCAAトーナメントで下して#24 Marvin Williams, #1 Rashad McCants, #42 Sean May, #20 Raymond Feltonなどをようして2005 NCAA Tournament Champion に輝いたNorth Carolina Tar Heels2005年のNCAAトーナメントFinalで対戦して70-75で敗退している。この2シーズン前には#43 Brian CookともUniversity of Illinois at Urbana-Champaign時代にプレーを共にしている。University of Illinois at Urbana-Champaign出身のNBAプレーヤーでは#25 Nick Anderson, #13 Kendall Gill, #11 Derek Harper, #8 Eddie Johnson, #3 Ken Normanなどが挙げられる。 2005年のNBA Draft第1位指名はUniversity of Utah出身の#6 Andrew Bogutが受けたがオーストラリア代表選手としてNBA Draft第1位指名は初めてであった彼に続き2位指名をUniversity of North Carolinaより#24 Marvin Williams、第3位にUniversity of Illinois at Urbana-Champaignより #8 Deron Williamsが、4位にWake Forest University出身の #3 Chris Paulが、5位には2位指名を受けた#24 Marvin Williams と同じUniversity of North Carolinaより#5 Raymond Feltonが同じく13位に#42 Sean May14位に#1 Rashad McCantsらが指名を受ける。2005年のNCAAの覇者University of North Carolinaより4名の入団がこの年にあった。7位にはUniversity of Connecticutより#31 Charlie Villanuevaが指名を受ける。そして8位にはUniversity of Arizonaから #8 Channing Fryeが指名を受ける事に。10位には2012 NBA All-Star Game に初選出された#17 Andrew Bynum もこの2005年にNBA入りしている。University of New MexicoからはIndiana Pacers の中心プレーヤーである#33 Danny Grangerが17位指名を受ける、続く18位には#7 Andray Blatche同様に高卒で#14 Gerald Green#7 Andray Blatche の49位の次に50位でProvidence Collegeより#8 Ryan Gomesなども指名を受けNBA入りを果たした。19位にSyracuse Universityから#21 Hakim Warrickが、21位にUniversity of Washingtonより #4 Nate Robinsonが、22位Georgia Institute of Technologyより#1 Jarrett Jackが、23位にUniversity of Louisvilleから#32 Francisco Garciaが、そして24位にUniversity of Illinois at Urbana-Champaignより #2 Luther Headが指名を受けている。25位には#27 Johan Petroが指名を受け、26位にUniversity of Cincinnatiより#54 Jason Maxiell, 27位にUniversity of Missouriから#43 Linas Kleizaが、30位にUniversity of Floridaより #42 David Leeが、31位に #8 Channing Frye と同じUniversity of Arizonaより#20 Salim Stoudamireが、33位にLouisiana State University出身の#30 Brandon Bassが、34位に#34 C.J. Milesが、36位に#7 Ersan Ilyasovaと続き54位にはUniversity of California, Los Angelesから#1 Dijon Thompsonが、57位にはMarcin Gortatが指名を受けNBA入りを果たしている。 その他37位にはGonzaga Universityより#21 Ronny Turiafが、40位には#8 Monta EllisがNBA入りしている。 またこの2005-06seasonAll-Rookie 1st Team#6 Andrew Bogut, #3 Chris Paul, #31 Charlie Villanueva,、他同じ大学出身の #8 Deron Williamsも共に選出されている。 ルーキー時2005-06seasonHouston Rocketsは、Jeff Van Gundy ヘッドコーチのもと34-48の成績でプレーオフには進出できなかった。チームは#11 Yao Ming, #1 Tracy McGrady, #5 Juwan Howard, #12 Rafer Alston, #7 David Wesley, #55 Dikembe Mutombo, #8 Derek Andersonなどを中心に同じくルーキーで#44 Chuck Hayes, #15 John Lucasなども入団している。 翌2006-07seasonHouston Rocketsは、 #1 Tracy McGrady, #11 Yao Ming, #12 Rafer Alston, #31 Shane Battier, #5 Juwan Howard, #44 Chuck Hayes, #55 Dikembe Mutombo, #8 Derek Andersonなどのメンバーと共にNBA Play Off Western Conference First Round#5 Carlos Boozer, #8 Deron Williams, #13 Mehmet Okur, #47 Andrei Kirilenko, #15 Matt Harpring, #2 Derek Fisher, #11 Ronnie BrewerなどメンバーでNBA Play Off Western Conference Finalまで勝ち進んだUtah Jazz相手に3-4の接戦にもつれ込む好ゲームを演じた。2007-08seasonHouston Rocketsにはルーキーで#0 Aaron Brooks, #24 Carl Landry, #4 Luis Scolaなどが加わり、 #1 Tracy McGrady, #4 Luis Scola, #31 Shane Battier, #12 Rafer Alston, #8 Bobby Jacksonなどと共にNBA Play Off Western Conference First Roundで前年と同じ Utah Jazzにまたも2-4で敗退している。 怪我の為22試合のプレーに終わった #2 Luther Head2008-09seasonに同じく #1 Tracy McGradyも怪我により35試合のプレーとなる中 Houston Rockets では#0 Aaron Brooks, #96 Ron Artest( Metta World Peace), #4 Luis Scola, #11 Yao Ming, #31 Shane Battier, #7 Kyle Lowryなど選手たちが活躍しNBA Play Off Western Conference Semifinalsまで勝ち進み #24 Kobe Bryant, #16 Pau Gasol, #7 Lamar Odom, #3 Trevor Ariza, #2 Derek Fisher, #17 Andrew Bynum, #12 Shannon Brown, #5 Jordan Farmar, #18 Sasha Vujacic, #21 Josh Powell, #28 Didier Ilunga-Mbengaらをようしてこの2009年NBA ChampionとなるLos Angeles Lakersに対して3-4の接戦に持ち込む好ゲームをした。このプレーオフ前の3月にMiami Heatへ移る事になる #13 Luther Headが共にプレーオフではプレーはしていないが在籍中のチームには #3 Dwyane Wade, #30 Michael Beasley, #7 Jermaine O'Neal, #22 James Jones, #6 Mario Chalmers,#8 Jamario Moonなど選手たちが活躍していた。 2009-10seasonには Indiana Pacersへと移る事になった #13 Luther Headが共にプレーしたのが#33 Danny Granger, #3 Troy Murphy, #55 Roy Hibbert, #1 Dahntay Jones, #25 Brandon Rush, #17 Mike Dunleavy, #2 Earl Watson, #32 Josh McRoberts, #10 Jeff Fosterなどである。 2010-11seasonより Sacramento Kingsに在籍しチームにはルーキーで#15 DeMarcus Cousinsが加入し2年目となる #13 Tyreke Evans#23 Marcus Thornton, #10 Samuel Dalembert, #32 Francisco Garcia, #24 Carl Landry, #19 Beno Udrih, #18 Omri Casspiなどがチームで活躍し36試合に出場し内14試合にスターターとして活躍した。

Continue reading ↑

Luther Head Profile

Position:
Guard
Height:
191cm
Weight:
84kg
Born:
11/26/1982, Illinois, USA
College:
University of Illinois at Urbana-Champaign
Team:
Sacramento Kings, Western Conference
Jersey Status:
Game Worn

Other Status

HARDWOOD CLASSICS,

Home Jersey