NBA,バスケットボールミュージアムLayupshot

Contact us 免責事項

© 2012-2017 Layupshot.

Owner. Tadahiro Hakamata

Photo. Kentaro Sawaguchi

Design. PLANPOT DESIGN WORKS

JERSEY MUSEUM

HOME / JERSEY MUSEUM / 2011-2012 / Charlotte Bobcats / Tyrus Thomas

Tyrus Thomas #12
- Charlotte Bobcats - 2011-2012

NBA Game Worn jersey museum "Layupshot"館内で展示されているジャージは全て販売可能です。(既に販売済みのジャージも含まれています) サイト内 "Price negotiation" ボタンより簡単なフォームにご記入頂くと、在庫の有無・販売価格をメールにて返信致します。 館内に展示されているジャージは、NBA選手が着用したもの、もしくは着用するために用意された大変貴重なものばかりです。

All jerseys display within the NBA Game Worn jersey museum "Layupshot" are available for purchase. (Some jerseys on display are already sold) We will get back to you with the availability and price information if you contact us through the "Price Negotiation" button. Jerseys displayed in this museum have been worn, or issued to be worn by actual NBA players.

NBA Game Worn jersey museum "Layupshot" 博物馆内展示的所有球衣都是可以选购的(已售出的款式也在包含展示范围内)。 在本网页内,您只需点击 "Price negotiation" 图标,并简单的填写相应信息,相关球衣的库存和价格会通过EMAIL的形式发送给您。 本馆展示的所有球衣都是NBA球员亲着,或是比赛备用款式。均在市面上不可多得,具有很高收藏价值意义。

Jersey Description

This jersey was worn by #12 Tyrus Thomas of the Charlotte Bobcats during the 2011-2012 National Basketball Association regular season. This jersey was worn by Thomas during the Bobcats' 111-86 loss to the Los Angeles Clippers on February 11, 2012 at Time Warner Cable Arena in Charlotte, North Carolina. Thomas also wore this jersey on March 9, 2012 vs. New Jersey Nets, on March 23, 2012 vs. Milwaukee Bucks and on March 30, 2012 vs. Denver Nuggets. This jersey replicates the style worn by the Carolina Cougars in 1969 as a member of the American Basketball Association. A "NBA HWC Nights 2011-12" tag is on the lower left hem of the jersey. There is a 'ABA American Basketball Association' patch on the rear neckline. He played 18 minutes and registered 11 points with 2 assists and 5 rebounds.

Layup Navigation

2006 年のNBA Draft全体第4位でLouisiana State UniversityよりNBA入りを果たす。 Louisiana State Fighting Tigers時代には#11 Glen Davisと共にプレーし2006 NCAAトーナメントSemifinal#6 Arron Afflalo, #5 Jordan Farmar, #1 Ryan Hollins, #2 Darren Collisonらをようした UCLA と対戦して45-59で敗退している。この2006年のNCAA Tournament Championには#13 Joakim Noah, #22 Corey Brewer, #15 Al Horfordなどが活躍したFlorida Gators Rosterが輝いている。 2006 年のNBA Draft 直後にPortland Trail Blazersとのトレードによって #12 LaMarcus Aldridgeに代わってChicago Bullsに入団する事になる。 2006年の NBA Draft 全体第1位指名を受けToronto Raptorsに入団するのがイタリア出身の#7 Andrea Bargnaniだった。2位にはUniversity of Texas at Austinから #12 LaMarcus Aldridgeが、3位にGonzaga University#6 Adam Morrisonが指名されるGonzaga University出身の選手は#12 John Stockton#21 Ronny Turiafなどが挙げられる。 4位にはLouisiana State University出身の#12 Tyrus Thomasが指名を受けた。5位にはDuke University出身の#33 Shelden Williams がそして続く6位にUniversity of Washingtonより #7 Brandon Royが指名を受ける事になる。7位にはVillanova Universityより #4 Randy Foyeが続く8位にはこの2006年多くのプレーヤ―が指名されたUniversity of Connecticutより #22 Rudy Gay,12位にもUniversity of Connecticutより#12 Hilton Armstrong, 11位にはDuke Universityより#7 J.J. Redickが、13位にはスイス人初のNBAプレーヤーである #2 Thabo Sefoloshaが、14位にはUniversity of Arkansasから#11 Ronnie Brewer,16位にUniversity of Memphisより#25 Rodney CarneyNBA入りしている。20位にUniversity of South Carolinaから #32 Renaldo Balkman, 21位にはUniversity of Kentuckyより#9 Rajon Rondoが22位にUniversity of Connecticutより#5 Marcus Williams同じくUniversity of Connecticutより23位に#2 Josh Booneが、24位でVillanova UniversityよりMemphis Grizzliesに入団するのが#7 Kyle Lowry である。25位にMichigan State Universityより #12 Shannon Brownが、26位にUniversity of California, Los Angelesより#5 Jordan Farmarが指名され、29位にTemple Universityから #25 Mardy Collinsが、32位にMarquette Universityから#16 Steve Novakが指名を受け42位はUniversity of Texas at Austinより#1 Daniel Gibsonが47位にLouisiana Tech Universityより#24 Paul Millsapが50位には#1 Ryan Hollins#5 Jordan Farmarと同校のUniversity of California, Los AngelesよりNBA入りを果たした。 2006-07seasonChicago Bullsで同じくルーキーとして #2 Thabo Sefoloshaと共に入団してチームの中心は#7 Ben Gordonがシーズン平均21.4得点の大活躍を見せ#9 Luol Deng, #12 Kirk Hinrich, #5 Andres Nocioni, #21 Chris Duhon他ベテランの#3 Ben Wallace, #42 P.J. Brownなどといった選手たちでプレーオフに進み迎えたNBA Play Off Eastern Conference First Round#3 Dwyane Wade, #32 Shaquille O'Neal, #8 Antoine Walker, #41 James Posey, #40 Udonis Haslem, #33 Alonzo Mourning, #55 Jason Williams, #24 Jason Kapono, #6 Eddie Jones, #20 Gary Payton, #1 Dorell WrightなどをようしたMiami Heat と対戦し4 0のスウィ―プで勝利を収める事になる。続くNBA Play off Eastern Conference Semifinals#1 Chauncey Billups, #36 Rasheed Wallace, #32 Richard Hamilton, #22 Tayshaun Prince, #84 Chris Webber, #54 Jason Maxiell, #24 Antonio McDyess, #6 Ronald Murray, #10 Lindsey Hunterなどのメンバーをようした Detroit Pistonsのまえに2-4で敗退した。 2007-08seasonChicago Bullsにはルーキーで#13 Joakim Noah, #34 Aaron Gray, #35 Demetris Nicholsなどが入団し#7 Ben Gordon, #9 Luol Deng,#32 Joe Smithなどが活躍する。他#90 Drew Goodenやシーズン途中で加入する#32 Larry Hughesなども活躍#13 Joakim Noahと共に#24 Tyrus Thomasは74試合うち27試合に先発出場している。 チームは新たにヘッドコーチにVinny Del Negro を迎え41-41の成績を残した 2008-09 seasonChicago Bullsにルーキーとして#1 Derrick Roseが入団する。チームには#7 Ben Gordon#15 John Salmons, #9 Luol Deng, #24 Tyrus Thomasに加えベテランの#52 Brad Miller, #2 Tim Thomasなどもプレー#13 Joakim Noahも成長をみせるなか #24 Tyrus Thomasは79試合のうち61試合に先発し活躍を見せた。 NBA Play Off Eastern Conference First Round#34 Paul Pierce, #20 Ray Allen, #9 Rajon Rondo, #11 Glen Davis, #43 Kendrick Perkins, #50 Eddie House, #44 Brian Scalabrine, #8 Stephon Marbury, #5 Bill Walker, #13 Gabe Pruittなどのメンバーで怪我の為出場できない#5 Kevin GarnettなどをようしたBoston Celticsと対戦して3-4の接戦の末惜しくも破れている。 前年同様にVinny Del Negro のもとに41-41の成績を残した 2009-10 seasonのChicago Bullsにルーキーとして #22 Taj Gibsonが入団する。2009-10 seasonの途中にCharlotte Bobcats とのトレードにより#0 Acie Law, #6 Ronald Murrayに代わりCharlotte Bobcatsへ移籍する。Larry Brown ヘッドコーチのもとで44-38の成績を残した 2009-10 seasonCharlotte BobcatsNBA Play Off Eastern Conference First Round に進出、#14 Jameer Nelson, #12 Dwight Howard, #15 Vince Carter, #9 Rashard Lewis, #20 Mickael Pietrus, #7 J.J. Redick, #22 Matt Barnes, #13 Marcin Gortat, #44 Jason Williams, #33 Ryan Anderson, #30 Brandon Bass, #8 Anthony Johnson らをようしたOrlando Magicと対戦して#1 Stephen Jackson, #3 Gerald Wallace, #20 Raymond Felton, #32 Boris Diaw, #13 Nazr Mohammed, #0 Larry Hughes, #14 D.J. Augustin, #6 Tyson Chandlerと共に#12 Tyrus Thomasも健闘するもチームは0-4でスウィ―プ負けをしている。 2010-11seasonには Charlotte Bobcatsでは#14 D.J. Augustinが成長を見せるもほか#32 Boris Diaw, #3 Gerald Wallace, #1 Stephen Jacksonなども健闘するもチームの成績は悪く#12 Tyrus Thomasも怪我の為出場数も減り41試合のみのプレーとなった。 2011-12 seasonにはCharlotte BobcatsPaul Silas ヘッドコーチのもとで7-59という最悪の成績を残したチームには期待のルーキーとして#1 Kemba Walker, #0 Bismack Biyomboが入団するも#15 Gerald Henderson, #50 Corey Maggetteがチームを引っ張りシーズン途中#55 Reggie Williamsなども加入したが厳しいシーズンであった。#12 Tyrus Thomasは30試合の先発出場をしている。 #12 Tyrus Thomas にとって3シーズン目となる2008-09season NBA Blocks部門において1位#12 Dwight Howard、2位#11 Chris Andersen、3位の#21 Ronny Turiafに次ぐ4位に#11 Brook Lopezと同じ成績で位置した非常に優れた跳躍力の持ち主である。

Continue reading ↑

Tyrus Thomas Profile

Position:
Forward
Height:
206cm
Weight:
98kg
Born:
8/17/1986, Louisiana, USA
College:
Louisiana State University
Team:
Charlotte Bobcats, Eastern Conference
Jersey Status:
Game Worn

Other Status

HARDWOOD CLASSICS,

Home Jersey