NBA,バスケットボールミュージアムLayupshot

Contact us 免責事項

© 2012-2017 Layupshot.

Owner. Tadahiro Hakamata

Photo. Kentaro Sawaguchi

Design. PLANPOT DESIGN WORKS

JERSEY MUSEUM

HOME / JERSEY MUSEUM / 2014-2015 / Los Angeles Lakers / Carlos Boozer

Carlos Boozer #5
- Los Angeles Lakers - 2014-2015

NBA Game Worn jersey museum "Layupshot"館内で展示されているジャージは全て販売可能です。(既に販売済みのジャージも含まれています) サイト内 "Price negotiation" ボタンより簡単なフォームにご記入頂くと、在庫の有無・販売価格をメールにて返信致します。 館内に展示されているジャージは、NBA選手が着用したもの、もしくは着用するために用意された大変貴重なものばかりです。

All jerseys display within the NBA Game Worn jersey museum "Layupshot" are available for purchase. (Some jerseys on display are already sold) We will get back to you with the availability and price information if you contact us through the "Price Negotiation" button. Jerseys displayed in this museum have been worn, or issued to be worn by actual NBA players.

NBA Game Worn jersey museum "Layupshot" 博物馆内展示的所有球衣都是可以选购的(已售出的款式也在包含展示范围内)。 在本网页内,您只需点击 "Price negotiation" 图标,并简单的填写相应信息,相关球衣的库存和价格会通过EMAIL的形式发送给您。 本馆展示的所有球衣都是NBA球员亲着,或是比赛备用款式。均在市面上不可多得,具有很高收藏价值意义。

Jersey Description

This jersey worn in a Kia NBA Tip-Off 2014 game during the 2014-15 National Basketball Association regular season, by #5 Carlos Boozer of the Los Angeles Lakers. He played 27 minutes and registered 17 points with 2 assists and 7 rebounds. This jersey was worn by Carlos Boozer during the Lakers' 108-90 loss to the Houston Rockets on October 28, 2014 at STAPLES Center in Los Angeles, CA. Starting this season, uniforms of teams that have won an NBA championship will feature a gold championship tag to commemorate each championship season. Teams that have won a single NBA championship will have a Larry O'Brien Trophy displayed on the gold tag on the back of their jerseys. Teams with multiple NBA championships will have a Larry O'Brien Trophy with the number titles written next to it.

Layup Navigation

2002年のNBA Draft 35位で指名を受けCleveland Cavaliersに入団する事になる。 この2002年のNBA Draftの1位指名は中国よりビッグセンターの#11 Yao Ming, 2位には#5 Carlos Boozerと同じDuke Universityより#22 Jay Williams, 続く3位にも同校より#17 Mike Dunleavyが指名されている。4位にはUniversity of Kansas出身のセンター#90 Drew Goodenが、8位には2002年のNCAAを制覇したUniversity of Marylandより#44 Chris Wilcoxが、9位には高校卒業からNBA入りする事となる#1 Amare Stoudemire, 10位University of Connecticutより#4 Caron Butlerが、11位には2002年にNCAA FinalUniversity of Maryland と戦ったIndiana Universityの中心選手であった#20 Jared Jeffriesが指名を受け、14位にはのちのNBA Slam Dunk Champion にも輝くUniversity of Oregon出身の#2 Fred Jonesが、17位には8位指名を受けた#44 Chris Wilcox と共にUniversity of Marylandで活躍した#3 Juan Dixonが、23位にはUniversity of Kentuckyより#22 Tayshaun Prince, 30位にはUniversity of Virginiaから#31 Roger MasonNBAへと道を進んだ。 2002-03 seasonCleveland Cavaliersに入団した#1 Carlos Boozerが共にチームメイトになるのは#31 Ricky Davis, #32 Tyrone Hillなどでその翌年にはスーパールーキーとして2003~2004season#23 LeBron Jamesが入団、他にもチームには#55 Eric Williamsなどもいた。 2004-05seasonよりUtah Jazzへと移籍しその時は#19 Raja BellNBAで3年目のシーズンとなる#47 Andrei Kirilenkoなどが活躍、翌2005-06seasonからは、#8 Deron Williamsがチームに加わり共にチームの中心選手として活躍2008seasonの NBA All-Star Gameに選出されMVPを獲得した#23 LeBron Jamesとは以前のチームメイトであり、また開催地New Orleans Arena, New Orleans, LA で18:30出場14得点している。 前年にも選出されたが怪我の為プレーしていない。 また期待を受け2010-11seasonChicago Bullsに移籍したがシーズン開幕時に怪我をし代わりに#22 Taj Gibsonが大活躍したおかげでこのシーズン62勝20敗と第一シードを獲得、チームには#6 Keith Bogans, 6年目となる同じDuke University 出身の#9 Luol Deng, #1 Derrick Rose, #13 Joakim Noahがスターティングラインナップとして#5 Carlos Boozerと共に大活躍。 ベンチには開幕時の怪我の間代わりにスターターとして活躍した#22 Taj Gibson, #11 Ronnie Brewer, #24 Brian Scalabrine, #32 C.J. Watson, #26 Kyle Korver, #40 Kurt Thomasなどがこのシーズンの躍進には欠かせない存在であった。 タフな体でゴール下で活躍、シュートは独特のフォームでペイント付近より決めていく得点能力を持つ。

Continue reading ↑

Carlos Boozer Profile

Position:
Forward-Center
Height:
206cm
Weight:
117kg
Born:
11/20/1981, Germany
College:
Duke University
Team:
Los Angeles Lakers, Western Conference
Jersey Status:
Game Worn

Other Status

KIA NBA TIP-OFF,

Home Jersey