NBA,バスケットボールミュージアムLayupshot

Contact us 免責事項

© 2012-2017 Layupshot.

Owner. Tadahiro Hakamata

Photo. Kentaro Sawaguchi

Design. PLANPOT DESIGN WORKS

JERSEY MUSEUM

HOME / JERSEY MUSEUM / 2012-2013 / Los Angeles Clippers / Ronny Turiaf

Ronny Turiaf #21
- Los Angeles Clippers - 2012-2013

NBA Game Worn jersey museum "Layupshot"館内で展示されているジャージは全て販売可能です。(既に販売済みのジャージも含まれています) サイト内 "Price negotiation" ボタンより簡単なフォームにご記入頂くと、在庫の有無・販売価格をメールにて返信致します。 館内に展示されているジャージは、NBA選手が着用したもの、もしくは着用するために用意された大変貴重なものばかりです。

All jerseys display within the NBA Game Worn jersey museum "Layupshot" are available for purchase. (Some jerseys on display are already sold) We will get back to you with the availability and price information if you contact us through the "Price Negotiation" button. Jerseys displayed in this museum have been worn, or issued to be worn by actual NBA players.

NBA Game Worn jersey museum "Layupshot" 博物馆内展示的所有球衣都是可以选购的(已售出的款式也在包含展示范围内)。 在本网页内,您只需点击 "Price negotiation" 图标,并简单的填写相应信息,相关球衣的库存和价格会通过EMAIL的形式发送给您。 本馆展示的所有球衣都是NBA球员亲着,或是比赛备用款式。均在市面上不可多得,具有很高收藏价值意义。

Jersey Description

This jersey was worn by Ronny Turiaf during the Clippers' 112-100 victory over the Denver Nuggets on December 25, 2012 at STAPLES Center in Los Angeles, California.BIG Color uniforms feature a monochromatic color scheme with solid color team logos, names and numbers framed with minimal accent color. "xmas game" is handwritten on the jock tag.

Layup Navigation

2005 年のNBA Draft37位でGonzaga UniversityよりNBA入りする。Gonzaga University時代には#6 Adam Morrison共プレーを共にした。またGonzaga University出身のNBAプレーヤーは#12 John Stockton, #2 Dan Dickau, #5 Austin Dayeなどが挙げられる。 2005年のNBA Draft第1位指名はUniversity of Utah出身の#6 Andrew Bogutが受けたがオーストラリア代表選手としてNBA Draft第1位指名は初めてであった彼に続き2位指名をUniversity of North Carolinaより#24 Marvin Williamsが受けAtlanta Hawksに入団する。第3位にUniversity of Illinois at Urbana-Champaignより #8 Deron Williamsが、4位にWake Forest University出身の #3 Chris Paulが、5位には2位指名を受けた#24 Marvin Williams と同じUniversity of North Carolinaより#5 Raymond Feltonが同じく13位に#42 Sean May14位に#1 Rashad McCantsらが指名を受ける。2005年のNCAAの覇者University of North Carolinaより4名の入団がこの2005年にあった。7位にはUniversity of Connecticutより#31 Charlie Villanuevaが指名を受ける。そして8位にはUniversity of Arizonaから #8 Channing Fryeが指名を受ける事に。9位にArizona State University出身の#1 Ike Dioguが指名を受け10位には2012 NBA All-Star Game に初選出された#17 Andrew Bynum もこの2005年にNBA入りしている。15位にはTexas A&M Universityから#21 Antoine Wrightが16位にOklahoma State University出身の#14 Joey Grahamが続いてUniversity of New MexicoからはIndiana Pacers の中心プレーヤーである#33 Danny Grangerが17位指名を受ける、続く18位には#7 Andray Blatche同様に高卒で#14 Gerald Green#7 Andray Blatche の49位の次に50位でProvidence Collegeより#8 Ryan Gomesなども指名を受けNBA入りを果たした。19位にSyracuse Universityから#21 Hakim Warrickが、21位にUniversity of Washingtonより #4 Nate Robinsonが、22位Georgia Institute of Technologyより#1 Jarrett Jackが、23位にUniversity of Louisvilleから#32 Francisco Garciaが、そして24位にUniversity of Illinois at Urbana-Champaignより #2 Luther Headが指名を受けている。25位には#27 Johan Petroが指名を受け、26位にUniversity of Cincinnatiより#54 Jason Maxiellが、27位にUniversity of Missouriから#43 Linas Kleizaが、30位にUniversity of Floridaより #42 David Leeが、31位に #8 Channing Frye と同じUniversity of Arizonaより#20 Salim Stoudamireが、33位にLouisiana State University出身の#30 Brandon Bassが、34位に#34 C.J. Milesが、36位に#7 Ersan Ilyasovaと続き54位にはUniversity of California, Los Angelesから#1 Dijon Thompsonが、57位には#13 Marcin Gortatが指名を受けNBA入りを果たしている。 そして37位でGonzaga Universityより#21 Ronny Turiafが指名を受けほか40位に#8 Monta Ellisも指名されNBA入りしている。 2005-06seasonLos Angeles LakersPhil Jacksonヘッドコーチのもと45-37の成績を残しチームにはルーキーで#17 Andrew Bynumが同じく入団しチームの中心は #8 Kobe Bryant, #7 Lamar Odom, #54 Kwame Brown, #4 Luke Walton, #1 Smush Parker, #43 Brian Cook, #18 Sasha Vujacic, #24 Jim Jackson, #2 Aaron McKieなど共にプレーを共にしNBA Play Off Western Conference First RoundMike D'Antoniヘッドコーチのもと54-28の成績を残しチームにはルーキーで#1 Dijon Thompsonが入団しチームは #13 Steve Nash, #31 Shawn Marionを中心に#32 Amare Stoudemireを怪我で欠く中#3 Boris Diaw, #2 Tim Thomas, #10 Leandro Barbosa, #19 Raja Bell, #22 James Jones, #50 Eddie House, #55 Brian Grant, #40 Kurt Thomas などが活躍したPhoenix Sunsと対戦し3-4で敗退している。 #21 Ronny Turiaf自身は23試合に出場し1試合に先発出場し平均10.1得点、8.3リバウンド、1.8アシストを記録している。 2006-07 seasonLos Angeles LakersPhil Jacksonヘッドコーチのもと42-40の成績を残しチームにはルーキーで#5 Jordan Farmarが入団しチームの中心は背番号を変えた #24 Kobe Bryantほか新加入で#6 Maurice Evans, #3 Shammond Williamsなども在籍しNBA Play Off Western Conference First RoundMike D'Antoniヘッドコーチのもと61-21の成績を残しチームには#1 Amare Stoudemire, #13 Steve Nash, #31 Shawn Marion, #10 Leandro Barbosa, #19 Raja Bell, #40 Kurt Thomas, #3 Boris Diaw, #22 James Jones, #52 Eric Piatkowski, #8 Jalen Rose, #2 Marcus BanksなどをようしたPhoenix Sunsと再び対戦し1-4で敗退した。 2007-08seasonLos Angeles LakersPhil Jacksonヘッドコーチのもと57-25の成績を残しチームでは#17 Andrew Bynumが怪我で出場出来ない中でチームのエース #24 Kobe Bryantを中心に #16 Pau Gasol, #7 Lamar Odom, #2 Derek Fisher, #18 Sasha Vujacic, #10 Vladimir Radmanovic, #4 Luke Walton, #5 Jordan Farmar, #21 Ronny Turiaf, #3 Trevor ArizaなどをようしたLos Angeles LakersPacific Division第1位になりNBA Play off Western Conference First RoundGeorge Karlヘッドコーチのもと50-32の成績を残しチームには #3 Allen Iverson, #15 Carmelo Anthony, #1 J.R. Smith, #43 Linas Kleiza, #4 Kenyon Martin, #21 Eduardo Najera, #31 Nene, #23 Marcus Camby, #45 Steven HunterなどをようしたDenver Nuggetsと対戦し4-0のスウィ―プで勝利しNBA Play Off Western Conference SemifinalsJerry Sloanヘッドコーチのもと54-28の成績を残しチームには #8 Deron Williams, #5 Carlos Boozer, #13 Mehmet Okur, #47 Andrei Kirilenko, #9 Ronnie Brewer, #26 Kyle Korver, #15 Matt Harpring, #24 Paul Millsap, #17 Ronnie Price, #34 C.J. Miles などが在籍したUtah Jazzと対戦し4-2で勝利しNBA Play Off Western Conference FinalsGregg Popovichヘッドコーチのもと56-26の成績を残しチームには #9 Tony Parker, #21 Tim Duncan, #20 Manu Ginobili, #4 Michael Finley, #12 Bruce Bowen, #5 Ime Udoka, #17 Brent Barry, #40 Kurt Thomas, #7 Fabricio Oberto, #25 Robert Horry, #3 Damon Stoudamire, #11 Jacque Vaughn, #15 Matt Bonner などをようしたSan Antonio Spursと対戦し4-1で勝利し2008 NBA Finalsに進む事になった。迎えた2008 NBA FinalsDoc Riversヘッドコーチのもと66-16の成績を残しチームにはルーキーで#11 Glen Davis, #13 Gabe Pruitt らが入団しチームには#5 Kevin Garnett, #34 Paul Pierce, #20 Ray Allen, #9 Rajon Rondo, #41 James Posey, #43 Kendrick Perkins, #0 Leon Powe, #28 Sam Cassell, #93 P.J. Brown, #50 Eddie House, #42 Tony Allenなどが在籍したBoston Celticsを相手に2-4と敗退した。 2008-09 seasonGolden State Warriors に移籍しチームはDon Nelsonヘッドコーチのもと29-53の成績を残しチームにはルーキーで#22 Anthony Morrow, #4 Anthony Randolphらが入団しチームは#1 Stephen Jackson, #50 Corey Maggette, #15 Andris Biedrins, #32 C.J. Watsonなど共にプレーし#21 Ronny Turiaf自身は79試合に出場し26試合に先発出場し平均5.9得点、4.6リバウンド、2.1アシストを記録している。 2009-10 seasonGolden State WarriorsDon Nelsonヘッドコーチのもと26-56の成績を残しチームにはルーキーで#30 Stephen Curry, #55 Reggie Williamsらが入団しチームの中心は#8 Monta Ellis#50 Corey Maggetteであった。2009-10 season終了後にNew York Knicksとの間のトレードにより #42 David Leeに代わり #4 Anthony Randolph , #7 Kelenna Azubuikeと共にNew York Knicksに移籍する事になる。 2010-11seasonNew York KnicksMike D'Antoniヘッドコーチのもと42-40の成績を残しチームにはルーキーで#6 Landry Fieldsが入団しチームには新加入の#7 Carmelo Anthonyほか#1 Amare Stoudemire, #23 Toney Douglas, #9 Jared Jeffries, #14 Ronny Turiaf, #5 Bill Walker, #18 Roger Mason, #4 Chauncey Billupsなどを擁した New York KnicksNBA Play Off Eastern Conference First RoundDoc Riversヘッドコーチのもと56-26の成績を残しチームにはルーキーで#0 Avery Bradley, #86 Semih Erdenなどが入団しチームは#34 Paul Pierce, #20 Ray Allen, #5 Kevin Garnett, #9 Rajon Rondo, #8 Jeff Green, #13 Delonte West, #7 Jermaine O'Neal, #11 Glen Davis, #4 Nenad Krstic, #36 Shaquille O'Nealなどが在籍したBoston Celticsと対戦し0-4のスウィ―プ負けをしている。#14 Ronny Turiaf自身は64試合に出場し21試合に先発出場している。 2010-11season 終了後にDallas MavericksWashington Wizardsとの間の3チームでのトレードにより #6 Tyson Chandlerなどが絡みWashington Wizardsに移籍しその後Washington WizardsDenver NuggetsそしてLos Angeles Clippersのトレードにより#34 JaVale McGee, #42 Nene , #1 Nick Youngなどが絡み移籍する事に2011-12 season途中の3月にMiami Heatに移籍しチームは2011-12 seasonMiami HeatErik Spoelstraヘッドコーチのもと46-20の成績を残しチームにはルーキーで#30 Norris Coleが入団しまた新加入で #31 Shane Battierも加わりチームは#6 LeBron James, #3 Dwyane Wade, #1 Chris BoshたちBig3に加え#15 Mario Chalmers, #31 Shane Battier, #40 Udonis Haslem, #13 Mike Miller, #50 Joel Anthony, #22 James Jones, #5 Juwan Howardなどと共にプレーしNBA Play Off Eastern Conference First RoundMike D'Antoniヘッドコーチからシーズン中にMike Woodsonヘッドコーチへ変わりチームにはルーキーで#21 Iman Shumpertが入団しまたシーズン途中では#17 Jeremy Linが大活躍し#7 Carmelo Anthony, #1 Amare Stoudemire, #8 J.R. Smith, #2 Landry Fields, #6 Tyson Chandler, #85 Baron Davis, #20 Mike Bibby, #16 Steve Novak, #9 Jared Jeffries などをようしたNew York Knicksと対戦し4-1で勝利しNBA Eastern Conference SemifinalsFrank Vogelヘッドコーチのもと42-24の成績を残しチームには#33 Danny Grangerを中心に#21 David West, #3 George Hill, #55 Roy Hibbert, #24 Paul George, #2 Darren Collison, #20 Leandro Barbosa, #50 Tyler HansbroughなどをようしたIndiana Pacersと対戦し4-2で勝利しNBA Play Off Eastern Conference Finals ではDoc Riversヘッドコーチのもと39-27の成績を残しチームには新加入で#30 Brandon Bass, #51 Keyon Doolingらも活躍を見せ#5 Kevin Garnett, #34 Paul Pierce, #9 Rajon Rondo, #20 Ray Allen, #28 Mickael Pietrus, #0 Avery BradleyなどをようしたBoston Celticsと対戦し第7戦にもつれ込む接戦の末4-3で勝利し2012 NBA Finalsに進出した。

Continue reading ↑

Ronny Turiaf Profile

Position:
Forward
Height:
208cm
Weight:
113kg
Born:
1/13/1983, Martinique
College:
Gonzaga University
Team:
Los Angeles Clippers, Western Conference
Jersey Status:
Game Worn

Other Status

CHRISTMAS GAME,

BIG Color Jersey