NBA,バスケットボールミュージアムLayupshot

Contact us 免責事項

© 2012-2017 Layupshot.

Owner. Tadahiro Hakamata

Photo. Kentaro Sawaguchi

Design. PLANPOT DESIGN WORKS

JERSEY MUSEUM

HOME / JERSEY MUSEUM / 2006-2007 / Memphis Grizzlies / Rudy Gay

Rudy Gay #22
- Memphis Grizzlies - 2006-2007

NBA Game Worn jersey museum "Layupshot"館内で展示されているジャージは全て販売可能です。(既に販売済みのジャージも含まれています) サイト内 "Price negotiation" ボタンより簡単なフォームにご記入頂くと、在庫の有無・販売価格をメールにて返信致します。 館内に展示されているジャージは、NBA選手が着用したもの、もしくは着用するために用意された大変貴重なものばかりです。

All jerseys display within the NBA Game Worn jersey museum "Layupshot" are available for purchase. (Some jerseys on display are already sold) We will get back to you with the availability and price information if you contact us through the "Price Negotiation" button. Jerseys displayed in this museum have been worn, or issued to be worn by actual NBA players.

NBA Game Worn jersey museum "Layupshot" 博物馆内展示的所有球衣都是可以选购的(已售出的款式也在包含展示范围内)。 在本网页内,您只需点击 "Price negotiation" 图标,并简单的填写相应信息,相关球衣的库存和价格会通过EMAIL的形式发送给您。 本馆展示的所有球衣都是NBA球员亲着,或是比赛备用款式。均在市面上不可多得,具有很高收藏价值意义。

Jersey Description

This jersey was worn by Rudy Gay rookie 2006-2007 Menphis Grizzlies white jersey.

Layup Navigation

#50 Zach Randolphと共にMemphis Grizzliesを牽引する中心プレーヤーです。2010年の世界選手権のU.S.A.代表メンバーとして金メダルを獲得している。2010-11seasonNBA Play Offs では8位で出場し1st roundで第1シードの#9 Tony Parker, #21 Tim Duncanなどが在籍したSan Antonio Spursを4勝2敗で破り、成長著しいOklahoma city Thunderを第7戦まで持ち込む好ゲームをした。しかしこのNBA Play offsでは残念ながらケガの為#22 Rudy Gayはプレーしていない。Memphis Grizzliesがチームとして注目を受ける中、「もしプレーしていれば?」などとの声も聞かれた。 2006年のNBA Draft全体第1位指名を受け、Toronto Raptorsに入団するのがイタリア出身の#7 Andrea Bargnaniだった。2位にはUniversity of Texas at Austinから#12 LaMarcus Aldridgeが、3位にGonzaga University#6 Adam Morrisonが指名される。Gonzaga University 出身選手は#12 John Stockton#21 Ronny Turiafなどが挙げられる。 4位にはLouisiana State University出身の#12 Tyrus Thomas, 6位にUniversity of Washingtonより#7 Brandon Royが、7位にはVillanova Universityより#4 Randy Foyeが続く8位にはこの2006年多くのプレーヤーが指名されたUniversity of Connecticutより#22 Rudy Gay,12位にもUniversity of Connecticutより#12 Hilton Armstrong, 13位にはスイス人初のNBAプレーヤーである#2 Thabo Sefoloshaが、14位にはUniversity of Arkansasから#11 Ronnie Brewer, 16位にUniversity of Memphisより#25 Rodney CarneyNBA入りしている。 20位にUniversity of South Carolinaから#32 Renaldo Balkman, 21位にはUniversity of Kentuckyより#9 Rajon Rondoが、26位にUniversity of California, Los Angelesより#5 Jordan Farmarが指名され、42位はUniversity of Texas at Austinより#1 Daniel Gibsonが50位には#1 Ryan Hollinsが26位指名を受けた#5 Jordan Farmarと同校のUniversity of California, Los AngelesよりNBA入りを果たした。 このように2006年NBA Draft 8位でHouston Rocketsより#22 Rudy Gayは指名されている。2006年のNBA Draftの1位のイタリア出身の#7 Andrea Bargnani, 6位の2010~11seasonで引退した#7 Brandon Roy, また24位でMemphis Grizzlies#7 Kyle Lowryを指名し2008~09seasonよりトレードでHouston Rocketsでプレーしているなかこの2006年のNBA DraftUniversity of Connecticutより多くの選手が指名を受けた。ちなみにHouston Rocketsで活躍する#7 Kyle Lowry選手はMemphis Grizzlies時代は#1を付けていました。 ヘッドコーチには1977年にPortland Trail Blazersが初優勝した際の主力メンバーとして有名なLionel Hollinsが指揮をとりアシスタントには#10 Mike Bibbyの父Philadelphia 76ersでも活躍したHenry Bibbyなどチームスタッフにも注目したい。

Continue reading ↑

Rudy Gay Profile

Position:
Forward
Height:
206cm
Weight:
100kg
Born:
8/17/1986, Maryland, USA
College:
University of Connecticut
Team:
Memphis Grizzlies, Western Conference
Jersey Status:
Game Worn

Other Status

SEASON,

Home Jersey