NBA,バスケットボールミュージアムLayupshot

Contact us 免責事項

© 2012-2017 Layupshot.

Owner. Tadahiro Hakamata

Photo. Kentaro Sawaguchi

Design. PLANPOT DESIGN WORKS

JERSEY MUSEUM

HOME / JERSEY MUSEUM / 2010-2011 / Portland Trail Blazers / Brandon Roy

Brandon Roy #7
- Portland Trail Blazers - 2010-2011

NBA Game Worn jersey museum "Layupshot"館内で展示されているジャージは全て販売可能です。(既に販売済みのジャージも含まれています) サイト内 "Price negotiation" ボタンより簡単なフォームにご記入頂くと、在庫の有無・販売価格をメールにて返信致します。 館内に展示されているジャージは、NBA選手が着用したもの、もしくは着用するために用意された大変貴重なものばかりです。

All jerseys display within the NBA Game Worn jersey museum "Layupshot" are available for purchase. (Some jerseys on display are already sold) We will get back to you with the availability and price information if you contact us through the "Price Negotiation" button. Jerseys displayed in this museum have been worn, or issued to be worn by actual NBA players.

NBA Game Worn jersey museum "Layupshot" 博物馆内展示的所有球衣都是可以选购的(已售出的款式也在包含展示范围内)。 在本网页内,您只需点击 "Price negotiation" 图标,并简单的填写相应信息,相关球衣的库存和价格会通过EMAIL的形式发送给您。 本馆展示的所有球衣都是NBA球员亲着,或是比赛备用款式。均在市面上不可多得,具有很高收藏价值意义。

Jersey Description

Roy wore this jersey during the Blazers' 91-82 loss to the Atlanta Hawks on March 12, 2011 at Philips Arena in Atlanta, Georgia. Roy played 21 minutes and registered 16 points with 2 assists and 1 rebound. This jersey has a "20" patch on the right breast in memory of former forward and assistant coach, Maurice Lucas.

Layup Navigation

2006年の NBA Draft全体6位でUniversity of WashingtonよりNBA入りを果たす。 Washington Huskies時代には 2002年より #4 Nate Robinsonと共に活躍、同校出身のNBAの先輩には#11 Todd MacCullochなどがいる。 2006年の NBA Draft 全体第1位指名を受け、Toronto Raptorsに入団するのがイタリア出身の#7 Andrea Bargnaniだった。2位にはUniversity of Texas at Austinから #12 LaMarcus Aldridgeが、3位にGonzaga University#6 Adam Morrisonが指名されるGonzaga University出身の選手は#12 John Stockton#21 Ronny Turiafなどが挙げられる。 4位にはLouisiana State University出身の#12 Tyrus Thomas, そして続く6位にUniversity of Washingtonより #7 Brandon Royが指名を受ける事になる。7位にはVillanova Universityより #4 Randy Foyeが続く8位にはこの2006年多くのプレーヤーが指名されたUniversity of Connecticutより #22 Rudy Gay,12位にもUniversity of Connecticutより#12 Hilton Armstrong, 13位にはスイス人初のNBAプレーヤーである #2 Thabo Sefoloshaが、14位にはUniversity of Arkansasから#11 Ronnie Brewer,16位にUniversity of Memphisより#25 Rodney CarneyNBA入りしている。20位にUniversity of South Carolinaから #32 Renaldo Balkman, 21位にはUniversity of Kentuckyより#9 Rajon Rondoが、24位でVillanova UniversityよりMemphis Grizzliesに入団するのが#7 Kyle Lowry である。26位にUniversity of California, Los Angelesより#5 Jordan Farmarが指名され、42位はUniversity of Texas at Austinより#1 Daniel Gibsonが50位には#1 Ryan Hollins#5 Jordan Farmarと同校のUniversity of California, Los AngelesよりNBA入りを果たした。 2006-07seasonより Portland Trail BlazersでプレーNate McMillan ヘッドコーチのもとで32-50の成績でシーズンを終える。ルーキーシーズンは #7 Brandon Roy同様ルーキーの #12 LaMarcus Aldridgeと共 #50 Zach Randolph, #1 Jarrett Jack, #5 Ime Udoka, #21 Jamaal Magloire, #10 Joel Przybillaたちとプレーする。またこの2006-07seasonの NBA Rookie of the Yearに輝き、前年の受賞は #3 Chris Paulまた翌2007~08 seasonより #35 Kevin Durant, #1 Derrick Rose, #13 Tyreke Evans , #32 Blake Griffin , #2 Kyrie Irvingと続いている。過去には 1979-80seasonには#33 Larry Birdが、1984-85seasonには#23 Michael Jordanも受賞している。 翌NBA 2シーズン目となる2007-08 seasonPortland Trail Blazersでは早くもチームの中心になる #7 Brandon Roy#12 LaMarcus Aldridgeがチームを引っ張り、New Orleans Arena, New Orleans, LAで行われた2008 NBA All-Star Gameにも初選出される。MVPは、#23 LeBron James が獲得したがWest チーム全体の中で最長となる28分に出場し18得点、9リバウンド、5アシストを記録した。West Reserveメンバー には #3 Chris Paul, #41 Dirk Nowitzki, #32 Amare Stoudemire, #13 Steve Nash, #5 Carlos Boozer, #30 David Westたちがいた。この2007~08シーズン#25 Travis Outlaw, #8 Martell Webster, #2 Steve Blake, #44 Channing Frye, #10 Joel Przybillaらと共に #12 LaMarcus Aldridgeとチームを牽引し自身74試合に出場し平均19.1得点を記録するもNBA Play Off進出ならずに終える。 2008-09 seasonにはPortland Trail BlazersNate McMillan ヘッドコーチのもと54-28の成績となる成長を見せルーキーには前年怪我の為全試合欠場した#52 Greg Odenに加え#88 Nicolas Batum, #5 Rudy Fernandez, #4 Jerryd Baylessなどが加入、自身2度目となるUS Airways Center, Phoenix, AZで行われた2009 NBA All-Star Gameに選出される。MVPには #24 Kobe Bryant#32 Shaquille O'Neal の同時受賞となる珍しい大会でスターターとリザーブからの受賞となった。スターターには、 #24 Kobe Bryant, #3 Chris Paul, #1 Amare Stoudemire, #21 Tim Duncan, #11 Yao MingたちでReserveメンバーには #32 Shaquille O'Neal, #41 Dirk Nowitzki, #30 David West, #16 Pau Gasol, #1 Chauncey Billups, #9 Tony Parkerらと共に #7 Brandon Royもプレーした。この2008~09シーズンはチームトップの平均21.9得点を記録。NBA Play Off Western Conference First Round2008-09 seasonに好調であったHouston Rocketsと対戦。#0 Aaron Brooks, #96 Ron Artest(Metta World Peace), #4 Luis Scola, #11 Yao Ming, #31 Shane Battier, #7 Kyle Lowry, #44 Chuck Hayes, #55 Dikembe Mutomboなどをようし怪我の為プレー出来ない #1 Tracy McGradyまたシ―ズン途中まで在籍しOrlando Magic に移籍し活躍した#12 Rafer Alstonなどがシーズン初めまで在籍していた。NBA Play Off Western Conference First Roundでは結果2-4で敗退しているが #7 Brandon Royは6試合平均26.7得点、 #12 LaMarcus Aldridgeも続く平均19.5得点とチームを引っ張った。 2009-10seasonPortland Trail Blazersには、 #24 Andre Miller, #21 Marcus Camby, #6 Juwan Howardなどの新戦力が加わりNBA Play Off Western Conference First Round#1 Amare Stoudemire, #23 Jason Richardson, #13 Steve Nash, #33 Grant Hill, #8 Channing Frye, #3 Jared Dudley, #15 Robin LopezなどをようするPhoenix Suns と対戦して2-4で敗退している。 この2009~10シーズン中に行われたMVPには #3 Dwyane Wade が輝きCowboys Stadium, Arlington, TX で開催された2010 NBA All-Star Gameにも #7 Brandon Royは選出されるも怪我の為出場できなかった。WesternのReserveメンバーには #35 Chris Kaman, #50 Zach Randolph, #35 Kevin Durantなど選手がいた。 2010~11seasonには怪我の具合が悪く47試合の出場に留まりチームは #12 LaMarcus Aldridgeを中心に #24 Andre Miller, #2 Wesley Matthews, #88 Nicolas Batum, #23 Marcus Camby チーム内で活躍 #3 Gerald Wallace加わるもプレーオフ初戦にDallas Mavericksに2-4で敗退、 #7 Brandon Royも出場プレーするも2010~11 season終了後に引退を表明わずか5シーズンのNBAプレーヤーとしてのキャリアに終止符を打った。

Continue reading ↑

Brandon Roy Profile

Position:
Guard
Height:
198cm
Weight:
98kg
Born:
7/23/1984, Washington, USA
College:
University of Washington
Team:
Portland Trail Blazers, Western Conference
Jersey Status:
Game Worn

Other Status

SEASON,

Alternate Jersey