NBA,バスケットボールミュージアムLayupshot

Contact us 免責事項

© 2012-2017 Layupshot.

Owner. Tadahiro Hakamata

Photo. Kentaro Sawaguchi

Design. PLANPOT DESIGN WORKS

JERSEY MUSEUM

HOME / JERSEY MUSEUM / 2010-2011 / Chicago Bulls / Ronnie Brewer

Ronnie Brewer #11
- Chicago Bulls - 2010-2011

NBA Game Worn jersey museum "Layupshot"館内で展示されているジャージは全て販売可能です。(既に販売済みのジャージも含まれています) サイト内 "Price negotiation" ボタンより簡単なフォームにご記入頂くと、在庫の有無・販売価格をメールにて返信致します。 館内に展示されているジャージは、NBA選手が着用したもの、もしくは着用するために用意された大変貴重なものばかりです。

All jerseys display within the NBA Game Worn jersey museum "Layupshot" are available for purchase. (Some jerseys on display are already sold) We will get back to you with the availability and price information if you contact us through the "Price Negotiation" button. Jerseys displayed in this museum have been worn, or issued to be worn by actual NBA players.

NBA Game Worn jersey museum "Layupshot" 博物馆内展示的所有球衣都是可以选购的(已售出的款式也在包含展示范围内)。 在本网页内,您只需点击 "Price negotiation" 图标,并简单的填写相应信息,相关球衣的库存和价格会通过EMAIL的形式发送给您。 本馆展示的所有球衣都是NBA球员亲着,或是比赛备用款式。均在市面上不可多得,具有很高收藏价值意义。

Jersey Description

This red 'Noche Latina' jersey was worn by #11 Ronnie Brewer of the Chicago Bulls during the 2010-11 National Basketball Association regular season. Brewer wore this jersey during the Bulls' 97-85 loss to the Philadelphia 76ers on March 28, 2011 at United Center in Chicago, Illinois. There is a NBA “Noche Latina” patch on the left breast.

Layup Navigation

2006年の NBA Draft 14位でUniversity of Arkansasより Utah Jazzに入団する。かつてPortland Trail BlazersCleveland Cavaliersなどのチームで活躍した#10 Ron Brewerの息子である。父親の#10 Ron Brewerと同じUniversity of Arkansas出身のNBAプレーヤーには#10 Todd Day, #28 Andrew Lang, #35 Joe Kleine, #8 Oliver Miller, #34 Corliss Williamsonなどで #2 Joe Johnson, #2 Jannero Pargo, #24 Sonny Weemsなども活躍している。 2006年の NBA Draft 全体第1位指名を受けToronto Raptorsに入団するのがイタリア出身の#7 Andrea Bargnaniだった。2位にはUniversity of Texas at Austinから #12 LaMarcus Aldridgeが、3位にGonzaga University#6 Adam Morrisonが指名されるGonzaga University出身の選手は#12 John Stockton#21 Ronny Turiafなどが挙げられる。 4位にはLouisiana State University出身の#12 Tyrus Thomasが指名を受けた。5位にはDuke University出身の#33 Shelden Williams がそして続く6位にUniversity of Washingtonより #7 Brandon Royが指名を受ける事になる。7位にはVillanova Universityより #4 Randy Foyeが続く8位にはこの2006年多くのプレーヤーが指名されたUniversity of Connecticutより #22 Rudy Gay,12位にもUniversity of Connecticutより#12 Hilton Armstrong, 11位にはDuke Universityより#7 J.J. Redickが、13位にはスイス人初のNBAプレーヤーである #2 Thabo Sefoloshaが、そして14位にはUniversity of Arkansasから#11 Ronnie Brewerが指名を受けUtah Jazzに入団することになる。16位にUniversity of Memphisより#25 Rodney CarneyがNBA入りしている。20位にUniversity of South Carolinaから #32 Renaldo Balkman, 21位にはUniversity of Kentuckyより#9 Rajon Rondoが22位にUniversity of Connecticutより#5 Marcus Williams同じくUniversity of Connecticutより23位に#2 Josh Booneが、24位でVillanova UniversityよりMemphis Grizzliesに入団するのが#7 Kyle Lowry である。25位にMichigan State Universityより #12 Shannon Brownが、26位にUniversity of California, Los Angelesより#5 Jordan Farmarが指名され、29位にTemple Universityから #25 Mardy Collinsが、32位にMarquette Universityから#16 Steve Novakが指名を受け42位はUniversity of Texas at Austinより#1 Daniel Gibsonが47位にLouisiana Tech Universityより#24 Paul Millsapが50位には#1 Ryan Hollins#5 Jordan Farmarと同校のUniversity of California, Los AngelesよりNBA入りを果たした。 #9 Ronnie Brewer のルーキーシーズンでもある2006-07seasonUtah JazzJerry Sloanヘッドコーチのもと51-31の成績を残しルーキーで#24 Paul Millsap, #17 Louis Amundsonなども同じくルーキーで入団し、チームの中心は#5 Carlos Boozer, #13 Mehmet Okur, #8 Deron Williams, #15 Matt Harpring, #2 Derek Fisher, #47 Andrei KirilenkoなどでNBA Play Off Western Conference First RoundJeff Van Gundyヘッドコーチのもと52-30の成績を残しチームには #1 Tracy McGrady, #11 Yao Ming, #12 Rafer Alston, #31 Shane Battier, #5 Juwan Howard, #2 Luther Head, #44 Chuck Hayes, #55 Dikembe Mutomboなどを擁した Houston Rocketsと対戦して4-3の接戦の末勝利し続くNBA Play off Western Conference SemifinalsDon Nelsonヘッドコーチのもと42-40の成績を残し #5 Baron Davis, #1 Stephen Jackson, #23 Jason Richardson, #22 Matt Barnes, #3 Al Harrington, #8 Monta Ellis, #15 Andris Biedrins, #33 Sarunas Jasikevicius, #21 Josh Powell などを擁したGolden State Warriorsに4-1で勝利し迎えた2007 NBA ChampionとなるSan Antonio SpursとのNBA Play Off Western Conference FinalsGregg Popovich ヘッドコーチのもと58-24の成績を残しチームには #21 Tim Duncan, #9 Tony Parker, #20 Manu Ginobili, #4 Michael Finley, #12 Bruce Bowen, #7 Fabricio Oberto, #5 Robert Horry, #16 Francisco Elson, #17 Brent Barry, #11 Jacque Vaughn, #15 Matt Bonner, #14 Beno Udrih などを擁した San Antonio Spursの前に1-4で敗退した。 #9 Ronnie Brewer自身では56試合に出場して14試合に先発出場し平均4.6得点を記録している。 2007-08 seasonUtah JazzJerry Sloanヘッドコーチのもと54-28の成績を残し#9 Ronnie Brewer自身では出場した76試合全てに先発出場し平均12.0得点を記録している。迎えたNBA Play Off Western Conference First RoundRick Adelmanヘッドコーチのもと55-27の成績を残しチームには #1 Tracy McGrady, #4 Luis Scola, #31 Shane Battier, #12 Rafer Alston, #55 Dikembe Mutombo, #44 Chuck Hayesなどを擁したHouston Rocketsと対戦して4-2で勝利しNBA Play Off Western Conference SemifinalsPhil Jacksonヘッドコーチのもと57-25の成績を残しチームは#17 Andrew Bynumを怪我で欠いたなか #24 Kobe Bryantを中心に #16 Pau Gasol, #7 Lamar Odom, #2 Derek Fisher, #18 Sasha Vujacic, #10 Vladimir Radmanovic, #4 Luke Walton, #5 Jordan Farmar, #21 Ronny Turiaf, #3 Trevor Ariza などを擁したLos Angeles Lakersに2-4で敗れた。 2008-09seasonUtah JazzJerry Sloanヘッドコーチのもと48-34の成績を残しチームにはルーキーで#41 Kosta Koufosが入団しチームの中心は #8 Deron Williamsとなりほか #13 Mehmet Okur, #5 Carlos Boozerなども活躍を見せ#9 Ronnie Brewer自身では81試合に出場して80試合に先発出場し平均13.7得点、3.7リバウンドを記録して活躍している。NBA Play Off Western Conference First RoundPhil Jacksonヘッドコーチのもと65-17の成績を残しチームは2009 NBA Championに輝く事になるLos Angeles Lakersと対戦して1-4で敗退した。 2009-10seasonUtah Jazzで53試合を先発でプレーしたなかシーズン途中にMemphis Grizzliesとのトレードで移籍する事になる。 2010-11seasonより Chicago Bulls在籍しチーム内には以前Utah Jazzでプレーを共にした#5 Carlos Boozer#26 Kyle Korverなどが在籍しチームはNBA Play Off第1シードを獲得した2010-11seasonChicago Bullsでは#1 Derrick Roseを中心に#9 Luol Deng, #5 Carlos Boozer, #13 Joakim Noah, #26 Kyle Korver, #22 Taj Gibson, #6 Keith Bogansなどと共に #40 Kurt Thomasも活躍したほか#11 Ronnie Brewer, #32 C.J. Watson, #3 Omer Asikなども活躍する。迎えたNBA Play Off Eastern Conference First Round でルーキーの#24 Paul Georgeに加え#33 Danny Grangerを中心に#50 Tyler Hansbrough, #55 Roy Hibbert, #2 Darren Collison, #1 Dahntay Jones, #17 Mike Dunleavy, #32 Josh McRobertsなどをようしたIndiana Pacers 相手に4-1で勝利を収め続くNBA Play Off Eastern Conference Semifinals#2 Joe Johnson, #5 Josh Smith, #15 Al Horford, #24 Marvin Williamsと共に大活躍した #0 Jeff Teagueなどをようした Atlanta Hawks と戦い4-2で勝利しNBA Play off Eastern Conference Finals では #3 Dwyane Wade, #6 LeBron James, #1 Chris BoshのBig 3に加え#15 Mario Chalmers, #22 James Jones, #0 Mike Bibby, #13 Mike Miller, #5 Juwan Howard, #55 Eddie HouseなどをようしたMiami Heat のまえに1-4で敗退してしまう。#11 Ronnie Brewer自身では82試合に出場してわずか1試合に先発出場するも平均6.2得点を記録している。 NBAロックアウト後の短縮シーズンで始まった2011-12 seasonChicago BullsTom Thibodeauヘッドコーチのもと50-16の成績を残しチームにはルーキーで#21 Jimmy Butlerが入団し新加入でDetroit Pistons で長年活躍した#32 Richard Hamiltonも加入する。その為チーム内では#32 C.J. Watsonが背番号を#7に変更した。チームの中心である#1 Derrick Roseが怪我の為 2011-12season 終盤にプレー出来ずそんな中#7 C.J. Watson が代わりにスターターを務め活躍し他にも#15 John Lucas2011-12season 途中加入の#8 Mike Jamesなどの活躍チーム一丸と成り迎えたNBA Play Off に第1シードで出場したNBA Play Off Eastern Conference First Round のGame 1でプレーした#1 Derrick Roseが怪我をしてしまう事に#11 Jrue Holiday, #9 Andre Iguodala, #23 Louis Williams, #12 Evan Turner, #42 Elton Brand, #21 Thaddeus Young, #20 Jodie MeeksなどをようしたPhiladelphia 76ersがこのシリーズを制し2-4でChicago Bullsは敗退している。この2011-12seasonにはChicago Bullsのスーパーベンチモブとして #3 Omer Asik, #11 Ronnie Brewer, #21 Jimmy Butler, #22 Taj Gibson, #26 Kyle Korver, #15 John Lucas, #24 Brian Scalabrine, #7 C.J. Watsonらが大活躍する中で #24 Brian Scalabrineは特に地元ファンの人気者になった。

Continue reading ↑

Ronnie Brewer Profile

Position:
Guard-Forward
Height:
201cm
Weight:
100kg
Born:
3/20/1985, Oregon, USA
College:
University of Arkansas
Team:
Chicago Bulls, Eastern Conference
Jersey Status:
Game Worn

Other Status

NOCHE LATINA,

Away Jersey