NBA,バスケットボールミュージアムLayupshot

Contact us 免責事項

© 2012-2017 Layupshot.

Owner. Tadahiro Hakamata

Photo. Kentaro Sawaguchi

Design. PLANPOT DESIGN WORKS

JERSEY MUSEUM

HOME / JERSEY MUSEUM / 2011-2012 / Boston Celtics / Brandon Bass

Brandon Bass #30
- Boston Celtics - 2011-2012

NBA Game Worn jersey museum "Layupshot"館内で展示されているジャージは全て販売可能です。(既に販売済みのジャージも含まれています) サイト内 "Price negotiation" ボタンより簡単なフォームにご記入頂くと、在庫の有無・販売価格をメールにて返信致します。 館内に展示されているジャージは、NBA選手が着用したもの、もしくは着用するために用意された大変貴重なものばかりです。

All jerseys display within the NBA Game Worn jersey museum "Layupshot" are available for purchase. (Some jerseys on display are already sold) We will get back to you with the availability and price information if you contact us through the "Price Negotiation" button. Jerseys displayed in this museum have been worn, or issued to be worn by actual NBA players.

NBA Game Worn jersey museum "Layupshot" 博物馆内展示的所有球衣都是可以选购的(已售出的款式也在包含展示范围内)。 在本网页内,您只需点击 "Price negotiation" 图标,并简单的填写相应信息,相关球衣的库存和价格会通过EMAIL的形式发送给您。 本馆展示的所有球衣都是NBA球员亲着,或是比赛备用款式。均在市面上不可多得,具有很高收藏价值意义。

Jersey Description

This green jersey was worn by #30 Brandon Bass of the Boston Celtics on the opening day of the 2011-2012 National Basketball Association regular season. He wore this jersey during the Celtics’ 106-104 loss to the New York Knicks on December 25, 2011 at Madison Square Garden in New York, New York. Bass played 27 minutes and registered 20 points with 11 rebounds. There is an NBA “snowflake” patch over the left breast of the jersey.

Layup Navigation

2005年のNBA DraftNew Orleans Hornetsより33位で指名を受けたLouisiana State University出身のパワーフォワードである。 2005年のNBA Draft第1位指名はUniversity of Utah出身の#6 Andrew Bogutが受け、オーストラリア代表選手としてははじめてであった彼に続き2位指名をUniversity of North Carolinaより#24 Marvin Williams,第3位にUniversity of Illinois at Urbana-Champaignより#8 Deron Williamsが、4位にWake Forest University出身の#3 Chris Paulが、5位には2位指名を受けた#24 Marvin Williamsと同じUniversity of North Carolinaより#5 Raymond Feltonが同じく13位#42 Sean May, 14位#1 Rashad McCantsらが指名を受ける。 2005年のNCAAの覇者University of North Carolinaより4名の入団がこの年にあった。 その他8位にはUniversity of Arizonaから#8 Channing Fryeが、10位には2012 NBA All-Star Game に初選出された#17 Andrew Bynumもこの年にNBA入りしている。University of New MexicoからはIndiana Pacers の中心プレーヤーである#33 Danny Grangerが17位指名を受ける。続く18位には#7 Andray Blatche同様に高卒で#14 Gerald Green#7 Andray Blatcheの49位の次に50位でProvidence Collegeより#8 Ryan Gomesなども指名を受けた。 その他37位にはGonzaga Universityより#21 Ronny Turiafが、40位には#8 Monta EllisNBA入りしている。 New Orleans Hornetsで2シーズンを過ごし、3シーズン目にAvery Johnson率いるDallas Mavericks移籍する。2007~08seasonには#41 Dirk Nowitzki, #31 Jason Terry, #5 Josh Howard, #5 Jason Kidd, #42 Jerry Stackhouse, #25 Erick Dampier, #11 Jose Barea, #6 Eddie Jones, #55 Juwan Howardらタレントぞろいで臨んだ2008 NBA Play Off のWestern Conference First Round#3 Chris Paul, #6 Tyson Chandler, #30 David West, #9 Morris Peterson, #16 Peja StojakovicらのいるNew Orleans Hornets に1-4で敗れてしまう。 その後2009~10seasonにはOrlando Magicへと移るも怪我をしてしまう。チームには#14 Jameer Nelson, #12 Dwight Howard, #15 Vince Carter, #7 Rashard Lewis, #20 Mickael Pietrus, #7 J.J. Redick, #22 Matt Barnes, #13 Marcin GortatなどをようしたがNBA Play Off Eastern Conference Finalsで敗退している。翌年にも#1 Gilbert Arenas, #15 Hedo Turkoglu, #23 Jason Richardson, #5 Quentin Richardsonとメンバーは変わるもNBA Finals進出はならずに、2011~12seasonBoston Celticsへと移籍するロックアウト後の開幕戦怪我の為欠場の#34 Paul Pierceにかわり#20 Ray Allen, #5 Kevin Garnett, #9 Rajon Rondoなどが活躍を続け、ベンチには新規加入の#51 Keyon Dooling, 2シーズン目となる#0 Avery Bradley, かつてのAll Starプレーヤー#7 Jermaine O'Neal, ほか#44 Chris Wilcoxほかシーズン途中には#28 Mickael Pietrus, #50 Ryan Hollinsなども加わりチームは上昇気味にあるなか#30 Brandon Bassも活躍を見せる。

Continue reading ↑

Brandon Bass Profile

Position:
Forward
Height:
203cm
Weight:
109kg
Born:
4/30/1985, Louisiana, USA
College:
Louisiana State University
Team:
Boston Celtics, Eastern Conference
Jersey Status:
Game Worn

Other Status

CHRISTMAS GAME,

Away Jersey