NBA,バスケットボールミュージアムLayupshot

Contact us 免責事項

© 2012-2017 Layupshot.

Owner. Tadahiro Hakamata

Photo. Kentaro Sawaguchi

Design. PLANPOT DESIGN WORKS

JERSEY MUSEUM

HOME / JERSEY MUSEUM / 2010-2011 / Utah Jazz / Raja Bell

Raja Bell #19
- Utah Jazz - 2010-2011

NBA Game Worn jersey museum "Layupshot"館内で展示されているジャージは全て販売可能です。(既に販売済みのジャージも含まれています) サイト内 "Price negotiation" ボタンより簡単なフォームにご記入頂くと、在庫の有無・販売価格をメールにて返信致します。 館内に展示されているジャージは、NBA選手が着用したもの、もしくは着用するために用意された大変貴重なものばかりです。

All jerseys display within the NBA Game Worn jersey museum "Layupshot" are available for purchase. (Some jerseys on display are already sold) We will get back to you with the availability and price information if you contact us through the "Price Negotiation" button. Jerseys displayed in this museum have been worn, or issued to be worn by actual NBA players.

NBA Game Worn jersey museum "Layupshot" 博物馆内展示的所有球衣都是可以选购的(已售出的款式也在包含展示范围内)。 在本网页内,您只需点击 "Price negotiation" 图标,并简单的填写相应信息,相关球衣的库存和价格会通过EMAIL的形式发送给您。 本馆展示的所有球衣都是NBA球员亲着,或是比赛备用款式。均在市面上不可多得,具有很高收藏价值意义。

Jersey Description

This navy Revolution 30 jersey was worn by #19 Raja Bell of the Utah Jazz in a Kia NBA Tip-Off '10 game during the 2010-2011 National Basketball Association regular season. Bell wore this jersey during the Jazz's 110-88 loss to the Denver Nuggets on October 27, 2010 at Pepsi Center in Denver, Colorado. Bell played 29 minutes and registered 12 points with 2 assists and 2 rebounds.

Layup Navigation

Florida International University出身でNBA Draft外でNBA入りする。計6チームを渡り歩き、良いディフェンダーのイメージが強い #19 Raja Bellである。Florida International University時代には#30 Carlos Arroyoとも一緒にプレーしている。 2000-01 seasonよりPhiladelphia 76ersでプレーし、 #3 Allen Iverson中心に #8 Aaron McKie, #9 George Lynch, #40 Tyrone Hill, #20 Eric Snowに加え#55 Dikembe Mutombo, #50 Todd MacCullochなどのプレーやとルーキーで加入した #19 Raja Bellは、#5 Kevin Ollieなどのメンバーとプレーオフを勝ち進み #34 Shaquille O'Neal, #8 Kobe Bryant, #2 Derek Fisher, #17 Rick Fox,#54 Horace Grant, #5 Robert Horry, #20 Brian Shaw, #9 Ron Harperなどをようす Los Angeles Lakers2001 NBA Finalsで対戦した。Larry BrownヘッドコーチのもとでPhiladelphia 76ersが1勝するも1-4で敗退した。翌2001~02seasonにはルーキーとして#12 Speedy Claxton, #1 Samuel Dalembertが加入、また#44 Derrick Colemanもチームに加わった。 2002-03seasonより Dallas Mavericksに在籍し、 #41 Dirk Nowitzki, #13 Steve Nash, #4 Michael Finleyに加え #31 Nick Van Exel, #45 Raef LaFrentz, #43 Walt Williams, #44 Shawn Bradleyらのメンバーと共にNBA Play Off Western Conference Finals まで進み #21 Tim Duncan, #9 Tony Parker, #20 Manu Ginobili, #12 Bruce Bowen, #50 David Robinson, #31 Malik Rose, #10 Speedy Claxton, #35 Danny Ferry, #8 Steve Smithようしこの2003年にNBA Championに輝いたSan Antonio Spursの前に2-4で敗退している。 2003-04seasonより Utah Jazzに移り#47 Andrei Kirilenko, #15 Matt Harpring, #10 Gordan Giricekまた同じ大学でプレーを共にした#30 Carlos Arroyoほか#2 DeShawn Stevensonとプレーする。翌2004~05seasonには #13 Mehmet Okur, #5 Carlos Boozerなども加わりルーキーで#43 Kris Humphriesも入団した。 2005-06seasonには Phoenix Sunsへ移り、Mike D'Antoniヘッドコーチのもと 54-28の成績を残しNBA Play Off Western Conference Finals へとコマを進め #13 Steve Nash, #31 Shawn Marion, #3 Boris Diaw, #2 Tim Thomas, #55 Eddie House, #22 James Jonesなどメンバーと共に #19 Raja Bellも活躍を見せる。 #32 Amare Stoudemireが怪我の為プレー出来ず、ルーキーの#1 Dijon Thompsonは出場の機会が無いなかでDallas Mavericksと対戦し2-4 敗退した。Dallas Mavericksは、 #41 Dirk Nowitzki, #31 Jason Terry, #5 Josh Howard, #25 Erick Dampier, #22 Adrian Griffin, #34 Devin Harris, #42 Jerry Stackhouse, #10 Darrell Armstrongなどのメンバーで2006 NBA Finalへと進んだ。 2006~07seasonPhoenix Suns に在籍し#1 Amare Stoudemireも回復し #19 Raja Bellも同じく78ゲームでスターターを務める活躍を見せる。プレーオフでは#2 Marcus Banks, #8 Jalen Rose, #52 Eric Piatkowskiなどの選手もわずかながらプレーし #13 Steve Nash, #31 Shawn Marion, #1 Amare Stoudemire, #19 Raja Bellを中心にNBA Play Off Western Conference Semifinalsまで勝ち進み #21 Tim Duncan, #9 Tony Parker, #20 Manu Ginobili, #4 Michael Finley, #12 Bruce Bowen, #7 Fabricio Oberto, #5 Robert Horry, #16 Francisco Elson, #11 Jacque Vaughn, #17 Brent Barry, #15 Matt Bonner, #14 Beno Udrihようしこの2007年にNBA Championに輝いたSan Antonio Spursの前に2-4で敗退している。この2006~07seasonのAll-Defensive 1st Team#21 Tim Duncan, #21 Marcus Camby, #8 Kobe Bryant, #12 Bruce Bowenと共に選出された。続く2007~08シーズンにはチームに#33 Grant Hill, #32 Shaquille O'Nealが加わり自身も75試合でスターターを務める。 2008~09シーズン途中に#3 Boris Diawと共にCharlotte Bobcatsとのトレードで #23 Jason Richardson, #3 Jared Dudleyなどにかわり移籍する。 2009~10seasonにはCharlotte BobcatsGolden State Warriorsの間のトレードにより #77 Vladimir Radmanovicと共に移籍、代わりに#1 Stephen Jackson , #2 Acie LawCharlotte Bobcatsへと移る。 2010-11 seasonより再びUtah Jazzに在籍しチームは、#5 Devin Harris, #25 Al Jefferson, #15 Derrick Favors, #20 Gordon Hayward, #24 Paul Millsap等を中心にチームが姿を変える中63ゲームでスターターを務めた。

Continue reading ↑

Utah Jazz: Illustration by mizuho nishio

Raja Bell Profile

Position:
Guard
Height:
196cm
Weight:
93kg
Born:
9/19/1976, US Virgin Islands, USA
College:
Florida International University
Team:
Utah Jazz, Western Conference
Jersey Status:
Game Worn

Other Status

KIA NBA TIP-OFF,

Away Jersey