NBA,バスケットボールミュージアムLayupshot

Contact us 免責事項

© 2012-2017 Layupshot.

Owner. Tadahiro Hakamata

Photo. Kentaro Sawaguchi

Design. PLANPOT DESIGN WORKS

JERSEY MUSEUM

HOME / JERSEY MUSEUM / 2011-2012 / Miami Heat / Dwyane Wade

Dwyane Wade #3
- Miami Heat - 2011-2012

NBA Game Worn jersey museum "Layupshot"館内で展示されているジャージは全て販売可能です。(既に販売済みのジャージも含まれています) サイト内 "Price negotiation" ボタンより簡単なフォームにご記入頂くと、在庫の有無・販売価格をメールにて返信致します。 館内に展示されているジャージは、NBA選手が着用したもの、もしくは着用するために用意された大変貴重なものばかりです。

All jerseys display within the NBA Game Worn jersey museum "Layupshot" are available for purchase. (Some jerseys on display are already sold) We will get back to you with the availability and price information if you contact us through the "Price Negotiation" button. Jerseys displayed in this museum have been worn, or issued to be worn by actual NBA players.

NBA Game Worn jersey museum "Layupshot" 博物馆内展示的所有球衣都是可以选购的(已售出的款式也在包含展示范围内)。 在本网页内,您只需点击 "Price negotiation" 图标,并简单的填写相应信息,相关球衣的库存和价格会通过EMAIL的形式发送给您。 本馆展示的所有球衣都是NBA球员亲着,或是比赛备用款式。均在市面上不可多得,具有很高收藏价值意义。

Jersey Description

This blue Eastern Conference All-Star jersey was prepared for use by #3 Dwyane Wade of the Miami Heat during the 2012 NBA All-Star Weekend held February 24-26, 2012 in Orlando, Florida. Wade did not wear this jersey in the 61st NBA All-Star Game during the Eastern Conference's 152-149 loss to the Western Conference on February 26, 2012 at Amway Center. It was in Amway Center prior to and during the game. There is a Miami Heat patch on the rear neckline.

Layup Navigation

2003年のNBA Draft第5位でMarquette UniversityよりMiami Heatに入団した。この2003 NBA Draftで5位以上の中に2人の選手が2010-11seasonよりBig 3としてMiami Heat で一緒にプレーする事になる#6 LeBron James#1 Chris Boshである。 この2003 NBA Draft全体第1位指名は#23 LeBron James, 3位にはSyracuse UniversityNCAA 制覇を成し遂げた#15 Carmelo Anthony, 4位にはGeorgia Institute of Technology出身の#4 Chris Bosh,そして5位でMarquette University出身の#3 Dwyane Wadeとそうそうたる面々である。続く6位には#35 Chris KamanCentral Michigan Universityより、7位にはUniversity of Kansas出身の#12 Kirk Hinrich, 8位にはUniversity of Texas at Austin出身の#11 T.J. Fordが9位にはGeorgetown University出身の#50 Mike Sweetneyが10位にUniversity of Georgia出身の#24 Jarvis Hayesが11位にはフランスより#20 Mickael Pietrusが指名を受け12位にUniversity of Kansas出身の#4 Nick Collisonが13位には#2 Marcus BanksUniversity of Nevada, Las Vegasより指名を受けNBA入りを果たした。14位にはUniversity of Oregon出身の#13 Luke Ridnourが20位にはDuke University出身の#1 Dahntay Jonesなども指名を受けた。この2003 NBA Draftでは21位指名を受けた#32 Boris Diaw同様に国外から2位指名で#31 Darko Milicic, 17位に#11 Zarko Cabarkapa, 19位に#11 Sasha Pavlovic, 25位に#20 Carlos Delfino, 28位に#10 Leandro Barbosaなども指名された。またこの他21位以降では23位に#23 Travis Outlawが27位に#43 Kendrick Perkins, 29位にWake Forest University出身の#5 Josh Howard, 31位にUniversity of California, Los Angeles出身の#26 Jason Kapono,32位にUniversity of Arizona出身の#4 Luke Walton, 38位にUniversity of Maryland出身の#5 Steve Blake, 41位にはUniversity of Detroit Mercy出身の#33 Willie Green, 43位にUniversity of Kentucky出身の#10 Keith Bogans他に45位にUniversity of Florida出身の#15 Matt Bonner, 47位にUniversity of Alabama出身の#25 Mo Williams, 49位にUniversity of Miami出身の#22 James Jones, 51位にはCreighton University出身の#26 Kyle Korverと続いた。Marquette University時代にはチームメイトに#16 Steve Novakなども在籍し2003年のNCAAトーナメントSemifinalUniversity of Kansasと対戦し61-94で敗退した。#4 Nick Collison, #12 Kirk HinrichなどがUniversity of Kansasでは活躍した。ほか2002-03 NCAA AP All-America (1st Team)#4 Nick Collison, #11 T.J. Ford, #5 Josh Howard, #30 David Westなどと共に選出された。またMarquette University出身のNBAプレーヤーには#25 Doc Rivers, #14 Tony Smith, #21 Jimmy Butler, #2 Wesley Matthews, #00 Amal McCaskillなどが挙げられる。 またこの2003 NBA Draftの上位には#23 LeBron James, #15 Carmelo Anthony, #4 Chris Bosh, #3 Dwyane Wade, #35 Chris KamanなどAll Starプレーヤーたちが勢ぞろいしている。 #3 Dwyane Wadeがルーキーとして入団した2003-04seasonMiami HeatStan Van Gundyヘッドコーチのもと42-40の成績を残しチームにはルーキーで#40 Udonis Haslem#3 Dwyane Wade同様に入団しチームには#6 Eddie Jones, #7 Lamar Odom, #4 Caron Butler, #44 Brian Grant, #11 Rafer Alston, #35 Malik Allen, #45 Rasual Butlerなどが在籍し#3 Dwyane Wade自身は61試合に出場しうち56試合に先発出場し平均16.2得点、4.0リバウンド、4.5アシストを記録した。迎えたNBA Play Off Eastern Conference First RoundTim Floydヘッドコーチのもと41-41の成績を残しチームにはルーキーで#30 David Westが入団しチームには#1 Baron Davis, #21 Jamaal Magloire, #4 David Wesley, #42 P.J. Brown, #9 George Lynch, #2 Stacey Augmon, #8 Steve Smith, #3 Darrell Armstrong, #34 Robert Traylor, #11 Shammond Williamsなどが在籍した New Orleans Hornetsと対戦して4-3の接戦の末勝利し続くNBA Play Off Eastern Conference SemifinalsRick Carlisleヘッドコーチのもと61-21の成績を残しチームにはルーキーで#33 James Jonesが入団しチームには#7 Jermaine O'Neal, #23 Ron Artest, #31 Reggie Miller, #3 Al Harrington, #11 Jamaal Tinsley, #24 Jonathan Bender, #8 Anthony Johnson, #20 Fred Jones, #44 Austin Croshere, #10 Jeff Foster, #13 Kenny Anderson, #62 Scot PollardなどのメンバーをようしたIndiana Pacersのまえに2-4で敗退した。 2004-05 seasonMiami HeatStan Van Gundyヘッドコーチのもと59-23の成績を残しチームにはルーキーで#1 Dorell Wrightが入団しチームに中心は#3 Dwyane Wadeと新加入の#32 Shaquille O'Nealなどで他は#6 Eddie Jones, #19 Damon Jones, #40 Udonis Haslem, #5 Keyon Dooling, #33 Alonzo Mourning, #45 Rasual Butler, #44 Christian Laettner, #51 Michael Doleac, #49 Shandon Anderson, #8 Steve Smithなどが在籍し#3 Dwyane Wade自身は77試合全てに先発出場し平均24.1得点、5.2リバウンド、6.8アシスト、1.6スティール、1.1ブロックを記録した。2004-05 season中にMVPには#3 Allen Iversonが輝き Pepsi Center, Denver, CO で開催された2005 NBA All-Star Game に自身初選出されEasternリザーブメンバーとして#7 Jermaine O'Neal, #11 Zydrunas Ilgauskas, #34 Paul Pierce, #0 Gilbert Arenas, #3 Ben Wallace, #4 Antawn Jamisonらと共に選出、プレーを共にした。NBA Play Off Eastern Conference First RoundLawrence Frankヘッドコーチのもと42-40の成績でルーキーの#12 Nenad Krsticが加入しチームは新たに#15 Vince Carterがトレードで加入して#24 Richard Jefferson, #5 Jason Kiddほか#30 Clifford Robinson, #6 Travis Bestなどが中心に活躍していたNew Jersey Netsと対戦して4-0のスウィ―プで勝利し続くNBA Play Off Eastern Conference SemifinalsではEddie Jordanヘッドコーチのもと45-37の成績を残しチームには#0 Gilbert Arenas, #20 Larry Hughes, #4 Antawn Jamison, #3 Juan Dixon, #33 Brendan Haywood, #1 Jared Jeffries, #36 Etan Thomas, #54 Kwame Brown, #8 Anthony Peeler, #2 Steve Blake, #7 Laron Profitなどが在籍したWashington Wizardsと対戦しこれも4-0のスウィ―プで勝利しNBA Play Off Eastern Conference FinalsではLarry Brownヘッドコーチのもと54-28の成績を残しチームにはルーキーで#20 Carlos Delfinoが入団しチームには#32 Richard Hamilton, #1 Chauncey Billups, #36 Rasheed Wallace, #22 Tayshaun Prince, #3 Ben Wallace, #10 Lindsey Hunter, #30 Carlos Arroyo, #41 Elden Campbell, #31 Darko Milicic, #8 Darvin Ham, #12 Ronald Dupreeなどのメンバーが揃ったDetroit Pistonsのまえに3-4の接戦の末敗退した。 2005-06 seasonMiami HeatStan Van Gundyヘッドコーチがシーズン途中に解任され代わりにPat Rileyヘッドコーチが就任しチームにはルーキーで#25 Wayne Simienが入団。チームの中心は#3 Dwyane Wadeでほか#32 Shaquille O'Neal, #8 Antoine Walker, #55 Jason Williams, #40 Udonis Haslem, #42 James Posey, #20 Gary Payton, #33 Alonzo Mourning, #5 Derek Anderson, #51 Michael Doleac, #49 Shandon Anderson, #24 Jason Kaponoなどのメンバーをそろえ2005-06 season 中にMVP#23 LeBron James が輝きToyota Center, Houston, TX で開催された2006 NBA All-Star Game#23 LeBron James, #3 Allen Iverson, #32 Shaquille O'Neal, #15 Vince Carterと共にEasternのスターターとして選出されリザーブメンバーには#3 Ben Wallace, #36 Rasheed Wallace, #1 Chauncey Billups, #32 Richard Hamiltonと4人がDetroit Pistonsより選出されたほか#4 Chris Bosh, #0 Gilbert Arenasなども選出。対するWesternのスターターには#13 Steve Nash, #1 Tracy McGrady, #8 Kobe Bryant, #21 Tim Duncan, #11 Yao Mingなどが選出されWesternリザーブには#9 Tony Parker, #34 Ray Allen, #31 Shawn Marion, #42 Elton Brand, #21 Kevin Garnett, #41 Dirk Nowitzki, #16 Pau Gasolなどが選出された。 #3 Dwyane Wade自身は2005-06 season 75試合全てに先発出場し平均27.2得点、5.7リバウンド、6.7アシスト、1.9スティール、0.8ブロックでチームトップの成績を記録した。迎えたNBA Play Off Eastern Conference First RoundScott Skilesヘッドコーチのもと41-41の成績を残しチームにはルーキーで#6 Randy Holcombなどが加入する中#7 Ben Gordonを中心に#12 Kirk Hinrich, #9 Luol Deng, #5 Andres Nocioni, #3 Tyson Chandlerなど活躍を見せるChicago Bullsと対戦し4-2で勝利しNBA Play Off Eastern Conference SemifinalsLawrence Frankヘッドコーチのもと49-33の成績を残しチームにはルーキーで#21 Antoine Wrightが加入しチームには#15 Vince Carter, #24 Richard Jefferson, #12 Nenad Krstic, #5 Jason Kidd, #31 Lamond Murray, #30 Clifford Robinson, #35 Jason Collins, #11 Jacque Vaughn, #34 Scott PadgettなどをようしたNew Jersey Netsと対戦し4-1で勝利しNBA Play Off Eastern Conference FinalsFlip Saundersヘッドコーチのもと64-18の成績を残しチームにはルーキーで#25 Amir Johnsonが入団しチームには#32 Richard Hamilton, #1 Chauncey Billups, #22 Tayshaun Prince, #36 Rasheed Wallace, #24 Antonio McDyess, #3 Ben Wallace, #10 Lindsey Hunter, #5 Maurice Evans, #00 Tony Delk, #13 Kelvin Cato, #20 Carlos Delfino, #34 Dale Davisなどのメンバーが揃った Detroit Pistonsと対戦し4-2で勝利し迎えた2006 NBA FinalsAvery Johnsonヘッドコーチのもと60-22の成績を残しチームにはルーキーで#33 Josh Powellが入団し#41 Dirk Nowitzki, #31 Jason Terry, #5 Josh Howard, #42 Jerry Stackhouse, #34 Devin Harris, #25 Erick Dampier, #44 Adrian Griffin, #6 Marquis Daniels, #7 DeSagana Diop, #2 Keith Van Horn, #10 Darrell Armstrong, #28 Didier Ilunga-MbengaなどをようしたDallas Mavericksと対戦。Dallasで行われたGame1,2と2連敗したのち4連勝を収め見事2006 NBA Championに輝き、#3 Dwyane Wade自身は2005-06 NBA Finals MVPを獲得した。またMiami Heat2006年にNBA Championとなった時にはチームに#55 Jason Williams, #32 Shaquille O'Neal, #40 Udonis Haslem, #42 James Posey,ベテラン勢では#8 Antoine Walker, #33 Alonzo Mourning, #20 Gary Payton, #5 Derek Anderson, #49 Shandon Andersonなどの他にも3ポイントシューター#24 Jason Kaponoもいた。 NBA All-Star Gamesには2005年より8回連続出場し、また大学時代には2002-03 NCAA College Basketball AP All-America Teamsに選出されている。この時の2002-03 NCAA 1st Team には上記のとおり#5 Josh HowardWake Forest Universityより#30 David WestXavier Universityより選出された。2nd Teamには#7 Carmelo AnthonySyracuse Universityより、#26 Kyle KorverCreighton Universityより選ばれている。 2007-08 seasonMiami HeatではPat Rileyヘッドコーチのもと15-67の成績を残しチームにはルーキーで#50 Joel Anthony, #14 Daequan Cookなどが入団する中チームは一変する#3 Dwyane Wadeを中心に#21 Ricky Davis, #2 Marcus Banks, #30 Mark Blount, #1 Dorell Wrightなどもプレーする中で#3 Dwyane Wade自身は51試合に出場しうち49試合に先発出場し平均24.6得点、4.2リバウンド、6.9アシスト、1.7スティール、0.7ブロックを記録した。 2008-09 seasonMiami HeatErik Spoelstraヘッドコーチのもと43-39の成績を残しチームにはルーキーで#30 Michael Beasley, #6 Mario Chalmersなどが入団し活躍。他にチームには#7 Jermaine O'Neal, #22 James Jones, #40 Udonis Haslem, #14 Daequan Cook, #8 Jamario Moon, #50 Joel Anthony, #21 Jamaal Magloire, #1 Dorell Wrightなどが在籍する中で#3 Dwyane Wade自身は79試合全てに先発出場し平均30.2得点、5.0リバウンド、7.5アシスト、2.2スティール、1.3ブロックを記録した。2008-09 season途中にMVP#24 Kobe Bryant#32 Shaquille O'Nealが同時受賞しUS Airways Center, Phoenix, AZで開催された 2009 NBA All-Star Game#12 Dwight Howard, #23 LeBron James, #5 Kevin Garnett, #3 Allen Iversonと共にスターターで選出されEasternリザーブメンバーには#2 Joe Johnson, #9 Rashard Lewis, #34 Paul Pierce, #20 Ray Allen, #34 Devin Harris, #2 Mo Williams, #33 Danny Grangerなどが選出されプレーを共にした。NBA Play Off Eastern Conference First RoundMike Woodsonヘッドコーチのもと47-35の成績を残しチームには#5 Josh Smith, #2 Joe Johnson, #10 Mike Bibby, #22 Ronald Murray, #27 Zaza Pachulia, #1 Maurice Evans, #15 Al Horford, #24 Marvin Williams, #12 Speedy ClaxtonなどをようしたAtlanta Hawksと対戦し3-4の接戦の末敗退している。 2009-10 seasonMiami HeatErik Spoelstraヘッドコーチのもと47-35の成績を残しチームでは#6 Mario Chalmers, #30 Michael Beasleyまた新加入で#5 Quentin Richardsonなども加わりほか#40 Udonis Haslem, #8 Carlos Arroyo, #1 Dorell Wright, #7 Jermaine O'Neal, #50 Joel Anthony, #21 Jamaal Magloire, #22 James Jonesなどが在籍する中で#3 Dwyane Wade自身は2009-10 season 77試合全てに先発出場し平均26.6得点、4.8リバウンド、6.5アシスト、1.8スティール、1.1ブロックでチームトップの成績を記録した。 またこの2010年Cowboys Stadium, Arlington, TXで行われた2010 NBA All Star Gameでは両軍最多の28 pointsを記録し、31:20のプレータイムで2010 NBA All Star Game MVPを獲得している。NBA Play Off Eastern Conference First RoundDoc Riversヘッドコーチのもと50-32の成績を残しチームには#34 Paul Pierce, #20 Ray Allen, #9 Rajon Rondo, #5 Kevin Garnett, #11 Glen Davis, #30 Rasheed Wallace, #43 Kendrick Perkins, #42 Tony Allen, #4 Nate Robinson, #40 Michael Finley, #44 Brian ScalabrineなどのメンバーをそろえたBoston Celticsと対戦し1-4で敗退している。 2010-11 seasonMiami HeatErik Spoelstraヘッドコーチのもと58-24の成績を残しチームにはルーキーで#45 ?Dexter Pittmanが入団しチームには#3 Dwyane Wadeに加え#6 LeBron James, #1 Chris BoshのBig 3が新たに誕生しほか#15 Mario Chalmers, #22 James Jones, #0 Mike Bibby, #40 Udonis Haslem, #50 Joel Anthony, #13 Mike Miller, #11 Zydrunas Ilgauskas, #5 Juwan Howard, #55 Eddie House, #21 Jamaal Magloireなどのメンバーが揃い#3 Dwyane Wade自身は2010-11 season 出場した76試合全てに先発出場し平均25.5得点、4.6リバウンド、6.4アシスト、1.5スティール、1.1ブロックでチームトップの#6 LeBron Jamesに次ぐ2位の成績を記録した。 2010-11 season 途中にMVPには#24 Kobe Bryantが輝いたSTAPLES Center, Los Angeles, CA で開催された2011 NBA All-Star Game#6 LeBron James, #1 Derrick Rose, #1 Amare Stoudemire, #12 Dwight Howardと共にスターターで選出されEasternリザーブでは#1 Chris Bosh, #9 Rajon Rondo, #2 Joe Johnson, #20 Ray Allen, #20 Paul Pierce, #15 Al Horford, #5 Kevin Garnettらが選出されプレーを共にした。むかえたNBA Play Off Eastern Conference First RoundDoug Collinsヘッドコーチのもと41-41の成績を残しチームにはルーキーで#12 Evan Turnerが入団しチームには#9 Andre Iguodala, #42 Elton Brand, #11 Jrue Holiday, #21 Thaddeus Young, #23 Louis Williams, #20 Jodie Meeks, #00 Spencer Hawes, #16 Marreese SpeightsなどをようしたPhiladelphia 76ersと対戦し4-1で勝利しNBA Play Off Eastern Conference SemifinalsDoc Riversヘッドコーチのもと56-26の成績を残しチームにはルーキーで#0 Avery Bradley, #86 Semih Erdenなどが入団しチームには#34 Paul Pierce, #20 Ray Allen, #5 Kevin Garnett, #9 Rajon Rondo, #8 Jeff Green, #13 Delonte West, #7 Jermaine O'Neal, #11 Glen Davis, #4 Nenad Krstic, #36 Shaquille O'Neal, #30 Troy Murphyなどのメンバーが揃ったBoston Celticsと対戦し4-1で勝利しNBA Play Off Eastern Conference FinalsTom Thibodeauヘッドコーチのもと62-20の成績を残しチームにはルーキーで#3 Omer Asikが入団。チームの中心は#1 Derrick Roseでほかに#9 Luol Deng, #5 Carlos Boozer, #13 Joakim Noahたちも活躍し#26 Kyle Korver, #22 Taj Gibson, #6 Keith Bogans, #11 Ronnie Brewer, #32 C.J. Watson, #40 Kurt Thomasなどが在籍したChicago Bullsと対戦し4-1で勝利すると2011 NBA FinalsRick Carlisleヘッドコーチのもと57-25の成績を残しチームには#41 Dirk Nowitzki, #31 Jason Terry, #0 Shawn Marion, #2 Jason Kidd, #6 Tyson Chandler, #11 Jose Barea, #16 Peja Stojakovic, #92 DeShawn Stevenson, #33 Brendan Haywood, #28 Ian Mahinmi, #35 Brian Cardinal, #13 Corey BrewerなどをようしたDallas Mavericksの前に2-4で敗退した。 2011-12seasonは新たに#31 Shane Battierを獲得しルーキーでは#30 Norris Coleが加入。またベテランで17年目となる#5 Juwan Howardに加え2011~12season途中には#21 Ronny Turiafも加わりMiami Heatのベンチは選手層を増している。そして#15 Mario Chalmers, #22 James Jones, #13 Mike Millerなどの成長がチームに大きく貢献しているなか2011-12season中にAmway Center, Orlando, FL で行われた2012 NBA All-Star Gameに選出されMVPには#35 Kevin Durantが選ばれたが、開催地で地元チームから#12 Dwight Howardが最多投票数で選出。Wastanのスターターには#35 Kevin Durant#24 Kobe Bryant, #32 Blake Griffin, #3 Chris Paul, #17 Andrew Bynumが選ばれ、控えには#0 Russell Westbrook, #42 Kevin Love, #41 Dirk Nowitzki, #33 Marc Gasol, #9 Tony Parker, #12 LaMarcus Aldridge, #13 Steve Nashが選出され対するEasternのスターターには#3 Dwyane Wadeの他、#6 LeBron James, #12 Dwight Howard, #7 Carmelo Anthony, #1 Derrick Roseが選ばれ、控えには#1 Chris Bosh, #8 Deron Williams, #9 Rajon Rondo, #9 Andre Iguodala, #34 Paul Pierce, #55 Roy Hibbertなどと共に#9 Luol Dengも初選出された。 NBA Play Off Eastern Conference First RoundMike D'Antoniヘッドコーチがシーズン途中に解任され代わりに Mike Woodsonヘッドコーチが就任しチームにはルーキーで#21 Iman Shumpertが入団しまた新加入で#6 Tyson Chandlerが入りLandry Fieldsは背番号を変え#2 Landry Fieldsは活躍したほか#20 Mike Bibby, #85 Baron Davis, #16 Steve Novakなどと共に全米、全世界を熱狂させた#17 Jeremy Linが活躍しまたシーズン途中では#8 J.R. Smithなども加わり勢いのある New York Knicksと対戦し4-1で勝利しNBA Play Off Eastern Conference SemifinalsFrank Vogelヘッドコーチのもと42-24の成績を残しチームには#33 Danny Granger, #21 David West, #3 George Hill, #55 Roy Hibbert, #24 Paul George, #2 Darren Collison, #28 Leandro Barbosa, #50 Tyler Hansbrough, #17 Louis Amundson, #1 Dahntay JonesなどをようしたIndiana Pacersと対戦し4-2で勝利しNBA Play Off Eastern Conference Finals ではDoc Riversヘッドコーチのもと39-27の成績を残しチームには新加入で#30 Brandon Bass, #51 Keyon Doolingらも活躍を見せ#5 Kevin Garnett, #34 Paul Pierce, #9 Rajon Rondo, #20 Ray Allen, #28 Mickael Pietrus, #0 Avery BradleyなどをようしたBoston Celticsと対戦し第7戦にもつれ込む接戦の末4-3で勝利し2012 NBA Finalsに進出した。迎えたNBA FinalsではScott Brooksヘッドコーチのもと47-19の成績を残しチームにはルーキーで#15 Reggie Jacksonが入団しチームには#35 Kevin Durant, #0 Russell Westbrookを中心に#13 James Harden, #9 Serge Ibaka, #37 Derek Fisher, #2 Thabo Sefolosha, #5 Kendrick Perkins, #4 Nick Collison, #14 Daequan Cook, #8 Nazr Mohammed, #45 Cole AldrichなどをようしたOklahoma City Thunderと対戦し4-1で見事勝利し2012 NBA Championに輝いた。2006年以来2度目のNBA Championとなった。

Continue reading ↑

Dwyane Wade Profile

Position:
Guard
Height:
193cm
Weight:
96kg
Born:
1/17/1982, Illinois, USA
College:
Marquette University
Team:
Miami Heat, Eastern Conference
Jersey Status:
Game Issued

Other Status

ALL STAR GAME,

East Jersey