NBA,バスケットボールミュージアムLayupshot

Contact us 免責事項

© 2012-2017 Layupshot.

Owner. Tadahiro Hakamata

Photo. Kentaro Sawaguchi

Design. PLANPOT DESIGN WORKS

JERSEY MUSEUM

HOME / JERSEY MUSEUM / 2010-2011 / Oklahoma City Thunder / Nenad Krstic

Nenad Krstic #12
- Oklahoma City Thunder - 2010-2011

NBA Game Worn jersey museum "Layupshot"館内で展示されているジャージは全て販売可能です。(既に販売済みのジャージも含まれています) サイト内 "Price negotiation" ボタンより簡単なフォームにご記入頂くと、在庫の有無・販売価格をメールにて返信致します。 館内に展示されているジャージは、NBA選手が着用したもの、もしくは着用するために用意された大変貴重なものばかりです。

All jerseys display within the NBA Game Worn jersey museum "Layupshot" are available for purchase. (Some jerseys on display are already sold) We will get back to you with the availability and price information if you contact us through the "Price Negotiation" button. Jerseys displayed in this museum have been worn, or issued to be worn by actual NBA players.

NBA Game Worn jersey museum "Layupshot" 博物馆内展示的所有球衣都是可以选购的(已售出的款式也在包含展示范围内)。 在本网页内,您只需点击 "Price negotiation" 图标,并简单的填写相应信息,相关球衣的库存和价格会通过EMAIL的形式发送给您。 本馆展示的所有球衣都是NBA球员亲着,或是比赛备用款式。均在市面上不可多得,具有很高收藏价值意义。

Jersey Description

This white revolution 30 jersey was worn by #12 Nenad Kristic of the Oklahoma City Thunder in a Kia NBA Tip-Off'10 game during the 2010-2011 National Basketball Association regular season. Krstic wore this jersey during the Thunder's 106-95 victory over the Chicago Bulls on October 27, 2010 at Oklahoma City Arena in Oklahoma City, OK.

Layup Navigation

2002年の NBA Draft 24位でSerbiaよりNew Jersey Netsに入団する。 この2002年のNBA Draft全体第1位指名は中国よりビッグセンターの#11 Yao Ming, 2位には#5 Carlos Boozerと同じDuke Universityより#22 Jay Williams, 続く3位にも同校Duke Universityより#17 Mike Dunleavyが指名されている。4位にはUniversity of Kansas出身のセンター#90 Drew Goodenが、7位にはブラジルより#31 Neneがと続く8位指名を受けたのはUniversity of Marylandより#54 Chris Wilcoxが、9位には高校卒業からNBA入りする事となる#1 Amare Stoudemireが、10位でUniversity of Connecticut出身の #4 Caron Butlerが指名を受け、11位にはIndiana Universityから #20 Jared Jeffriesが、12位にはCalifornia State University, Fresnoより#2 Melvin Elyが 14位にはのちのNBA Slam Dunk Champion にも輝くUniversity of Oregon出身の #2 Fred Jonesが、15位にスロべニアから#7 Bostjan Nachbarが、17位には8位指名を受けた#44 Chris Wilcox と共にUniversity of Marylandで活躍した#3 Juan Dixonが、20位にUniversity of Missouriより#21 Kareem Rushが、22位にStanford Universityから#23 Casey Jacobsenが、23位にはUniversity of Kentuckyより#22 Tayshaun Prince, 続く24位でSerbiaよりNew Jersey Nets#12 Nenad Krsticが入団する。続いて25位にUniversity of Illinois at Urbana-Champaignから#30 Frank Williamsが、28位にはGonzaga University出身の #2 Dan Dickau が30位にはUniversity of Virginiaから#31 Roger MasonなどがNBAへと道を進んだ。 他にはこの2002 年のNBA Draftで 26位University of Miami出身の#15 John Salmons, 33位にUniversity of California, Los Angeles出身の#50 Dan Gadzuricが同大学から45位で#22 Matt Barnes も指名を受けている。34位にもDuke University出身#5 Carlos Boozer, 41位にShaw University出身#22 Ronald Murray, #44 Chris Wilcoxと同じUniversity of Marylandより43位で#35 Lonny Baxterや52位でLa Salle Universityから#45 Rasual Butlerや56位でSan Diego State Universityより#6 Randy Holcombなどの名前を見る事も出来る。 2004-05seasonより New Jersey Netsでプレー、新加入の #15 Vince Carter#5 Jason Kidd, #24 Richard Jefferson, #30 Clifford Robinsonなどと共にスターターで出場して臨んだNBA Play Off Eastern Conference First Round#3 Dwyane Wade, #32 Shaquille O'Neal 中心のMiami Heat に0-4でスウィ―プ負けしてしまう。2005-06 seasonにはNew Jersey Netsは、#31 Lamond Murray, #35 Jason Collinsなども活躍NBA Play Off Eastern Conference Semifinalsまで進みまたもや #3 Dwyane Wade, #32 Shaquille O'NealようするMiami Heat に1-4で敗れている。2006-07 seasonには、New Jersey Netsでは#33 Mikki Moore, #21 Antoine Wrightなども活躍#12 Nenad Krsticは、怪我の為26試合の出場に留まった。2007-08シーズンには New Jersey Netsは、 #24 Richard Jefferson, #15 Vince Carterを中心に #5 Jason Kiddがトレードされ代わりに#34 Devin Harrisが新たな司令塔としてDallas Mavericks からやってくる中#12 Nenad Krsticは、45試合に出場し38試合にスターターとして出場するもプレーオフ進出は出来なかった。 2008-09 seasonよりOklahoma City Thunderに移籍し#35 Kevin Durantを中心に#22 Jeff Greenやルーキー #0 Russell Westbrookなどと #2 Thabo Sefolosha, #34 Desmond Mason, #4 Nick Collison, #25 Earl Watsonらと一緒にプレーする事になった。翌2009~10シーズンにはルーキーで #6 Eric Maynor, #13 James Hardenなどが加入しNBA Play Off Western Conference First Round まで進出し、この2010年のNBA Championである #24 Kobe Bryant, #2 Derek Fisher, #16 Pau Gasol, #37 Ron Artest (Metta World Peace), #7 Lamar Odom, #17 Andrew Bynum, #1 Jordan Farmar, #18 Sasha Vujacic, #21 Josh Powell, #4 Luke Waltonなどをようする Los Angeles Lakersに2-4で敗退するも新たなシーズンに向け躍進したシーズンであった。#12 Nenad Krsticはこのシーズンに76試合出場全てでスターターを務めている。 2010-11 season好調なスターと共にOklahoma City Thunder#8 Jeff Greenと共にBoston Celtics との間でトレードをする #5 Kendrick Perkins, #3 Nate RobinsonOklahoma City Thunderに加入し、#4 Nenad Krsticは、#34 Paul Pierce, #20 Ray Allen, #5 Kevin Garnettと共に成長著しい#9 Rajon Rondoに加え、#13 Delonte West, #7 Jermaine O'Neal更には #36 Shaquille O'Neal, #11 Glen Davis, #30 Troy Murphyなどと24試合プレーし20試合でスターターを務める2010-11seasonBoston Celticsは、NBA Play Off Eastern Conference First Round でトレードにて新加入した#7 Carmelo Anthonyに加え#1 Amare Stoudemire, #4 Chauncey Billups, #6 Landry Fields, #14 Ronny Turiaf, #5 Bill Walker, #9 Jared JeffriesなどをようすNew York Knicks と対戦し4-0のスウィ―プで破り、続くNBA Play Off Eastern Conference Semifinals では #3 Dwyane Wade, #6 LeBron James, #1 Chris Bosh, #15 Mario Chalmers, #22 James Jones, #0 Mike Bibby, #40 Udonis Haslem, #13 Mike Miller, #5 Juwan Howard, #55 Eddie Houseなどのメンバーで2011 NBA Finalまで進出するMiami Heat相手に1-4で敗退している。 その後#4 Nenad Krsticはロシアへと渡っている。

Continue reading ↑

Nenad Krstic Profile

Position:
Center
Height:
213cm
Weight:
109kg
Born:
7/25/1983, Serbia
College:
Other
Team:
Oklahoma City Thunder, Western Conference
Jersey Status:
Game Worn

Other Status

KIA NBA TIP-OFF,

Home Jersey