NBA,バスケットボールミュージアムLayupshot

Contact us 免責事項

© 2012-2017 Layupshot.

Owner. Tadahiro Hakamata

Photo. Kentaro Sawaguchi

Design. PLANPOT DESIGN WORKS

JERSEY MUSEUM

HOME / JERSEY MUSEUM / 2010-2011 / Phoenix Suns / Vince Carter

Vince Carter #25
- Phoenix Suns - 2010-2011

$2,850 USD

Price negotiation

NBA Game Worn jersey museum "Layupshot"館内で展示されているジャージは全て販売可能です。(既に販売済みのジャージも含まれています) サイト内 "Price negotiation" ボタンより簡単なフォームにご記入頂くと、在庫の有無・販売価格をメールにて返信致します。 館内に展示されているジャージは、NBA選手が着用したもの、もしくは着用するために用意された大変貴重なものばかりです。

All jerseys display within the NBA Game Worn jersey museum "Layupshot" are available for purchase. (Some jerseys on display are already sold) We will get back to you with the availability and price information if you contact us through the "Price Negotiation" button. Jerseys displayed in this museum have been worn, or issued to be worn by actual NBA players.

NBA Game Worn jersey museum "Layupshot" 博物馆内展示的所有球衣都是可以选购的(已售出的款式也在包含展示范围内)。 在本网页内,您只需点击 "Price negotiation" 图标,并简单的填写相应信息,相关球衣的库存和价格会通过EMAIL的形式发送给您。 本馆展示的所有球衣都是NBA球员亲着,或是比赛备用款式。均在市面上不可多得,具有很高收藏价值意义。

Jersey Description

Carter wore this jersey in the 2nd Half during the Suns' 114-106 victory over the Toronto Raptors on March 23, 2011 at US Airways Center in Phoenix, Arizona. He played 20 minutes and registered 13 points with 1 block.

Layup Navigation

1998年の NBA Draft全体5位でUniversity of North CarolinaよりGolden State Warriorsから指名を受け、同じくUniversity of North Carolinaより4位指名を受けた #33 Antawn Jamisonと直後にトレードされToronto Raptorsに入団する。のちに同じToronto Raptors でプレーを共にする #1 Tracy McGradyは従兄弟である。 North Carolina Tar Heels時代には、1998年のNCAAトーナメント#4 Antawn Jamison, #1 Shammond Williams, #33 Brendan Haywoodと共にプレーし #24 Andre Miller, #51 Michael DoleacなどがいたUtah Utesに 59-65で敗退、前年の1997年のNCAAトーナメント#10 Mike Bibby, #8 Michael Dickerson, #31 Jason TerryなどのいたArizona Wildcats に58-66で敗れた2年連続でのNCAA トーナメントNational Semifinal での敗退以前には1995-96シーズン#1 Jeff McInnisもチームに在籍していた。 この1998 NBA Draft第1位がUniversity of the Pacificより#34 Michael OlowokandiLos Angeles Clippersへ入団、2位にはUniversity of Arizonaより#10 Mike Bibbyが、3位にUniversity of Kansasより #45 Raef LaFrentzが、6位にUniversity of Michiganから #54 Robert Traylor,7位にUniversity of Floridaから#55 Jason Williams他には8位にSaint Louis Universityより#20・#21 Larry Hughes, 9位はドイツより #41 Dirk Nowitzki, 10位に#34 Paul PierceUniversity of Kansasより指名を受け同大学からは3位で #45 Raef LaFrentzも指名されている。11位にBall State Universityから #6 Bonzi Wells,12位にUniversity of Utahから #51 Michael Doleacが続き、13位ではUniversity of Nevada, Las Vegas出身の#7 Keon Clarkが、14位にUniversity of Arizonaから #8 Michael Dickersonが、15位にGeorgia Institute of Technologyから#15 Matt Harpringが、17位には#8 Rasho Nesterovicが指名を受け、19位にUniversity of Notre Dameから #8 Pat Garrityが、21位University of Iowaから #21 Ricky Davis, 22位にはBaylor Universityより#8 Brian Skinner,25位には高卒の#3 Al HarringtonIndiana Pacersに、同じく高卒の#7 Rashard Lewisが32位で指名されている。他には29位にUniversity of Kentuckyから #8 Nazr Mohammedが、31位にUniversity of Cincinnatiより #21 Ruben Pattersonが、33位にはUniversity of California, Los Angelesから #34 Jelani McCoyが、34位には4位の #33 Antawn Jamisonが、5位の #15 Vince Carterと同じUniversity of North Carolina出身の #1 Shammond Williamsも指名を受けている。39位にはCalifornia State University, Fresnoから#12 Rafer Alston, 41位にはUniversity of Rhode Islandより #5 Cuttino Mobleyが、44位にUniversity of Californiaから #45 Sean Marksが、45位にUniversity of California, Los Angelesより #12 Toby Bailey,53位にはClemson Universityから #21 Greg Bucknerなども指名を受けてNBA入りしている。 1998-99seasonNBA Rookie of the Yearに輝く事になる #15 Vince Carterは、1998-99 seasonToronto Raptorsでプレーをスタートさせ、 #15 Vince Carterの従兄弟で2シーズン目となる #1 Tracy McGrady#13 Doug Christie, #42 Kevin Willis, #7 Dee Brown, #34 Charles Oakley, #20 Alvin Williams, #44 John Wallaceなどといった選手たちとプレーしチームトップの平均18.3得点をする活躍を見せる。NBA Rookie of the Yearには1994-95season#5 Jason Kidd#33 Grant Hillの同時受賞から #20 Damon Stoudamire, #3 Allen Iverson, #21 Tim Duncanに続いての獲得となる。翌1999-00seasonToronto Raptors#15 Vince Carter は出場するシーズン全てで82試合スターターを務め #1 Tracy McGradyと共にチームでは完全に #15 Vince Carter平均25.7得点、 #1 Tracy McGrady 平均15.4得点と存在感を現して#13 Doug Christie, #33 Antonio Davis, #30 Dell Curry, #14 Muggsy Boguesといったメンバーで迎えたNBA Play Off Eastern Conference First Round#8 Latrell Sprewell, #20 Allan Houston, #33 Patrick Ewing, #2 Larry Johnson, #21 Charlie Ward, #1 Chris Childs, #23 Marcus Camby, #14 Chris Dudleyのメンバーでプレーオフを戦うNew York Knicksと対戦して0-3で敗退したがこの1999~2000season中に開催された2000 NBA All-Star GameSlam DunkChampionに輝くとOakland Arena, Oakland, CAで行われた 2000 NBA All-Star Gameに最多投票数で選出、自身初の選出でプレーしMVPは #21 Tim Duncan#34 Shaquille O'Nealの同時受賞となったがEastのスターターとして #3 Allen Iverson, #33 Alonzo Mourning, #6 Eddie Jones, #33 Grant Hillらと共にプレーWestのスターター#21 Kevin Garnett, #5 Jason Kidd, #21 Tim Duncan, #8 Kobe Bryant, #34 Shaquille O'Neal全てを含んだプレーヤーでの最多投票数での選出という人気ぶりであった。 2000-01seasonには Toronto Raptors#1 Tracy McGradyがチームを去り、完全に #15 Vince Carterが中心となった次に#33 Antonio Davisも大活躍を見せ #20 Alvin Williams, #34 Charles Oakleyほか #13 Jerome Williams, #7 Keon Clark, #3 ・#30・#35 Tracy Murrayに加えルーキーで加入した #24 Morris Petersonも活躍しNBA Play Off Eastern Conference Semifinals まで勝ち進みLarry Brown ヘッドコーチのもと56-26の成績を残して2001 NBA Finalまで進んだ #3 Allen Iversonを中心に#8 Aaron McKie, #55 Dikembe Mutombo, #20 Eric Snow, #40 Tyrone Hill, #9 George Lynch, #50 Todd MacCullochなどをようしたPhiladelphia 76ers対戦し3-4とゲーム7にもつれ込む大接戦を演じた。Philadelphia 76ersはこの2001年のNBA Final#34 Shaquille O'Neal, #8 Kobe Bryant, #2 Derek Fisher, #17 Rick Fox, #54 Horace Grant, #5 Robert Horry, #20 Brian Shaw, #10 Tyronn Lue, #3 Devean George, #4 Ron Harper, #35 Mark Madsen, #40 Greg Fosterようした Los Angeles Lakers と対戦して1-4で敗退した。 またもや2年続けての最多投票数での選出となったMCI Center, Washington, DCで開催された 2001 NBA All-Star Gameには同じEasternから MVPに #3 Allen Iverson が輝き、スターターには #3 Allen Iverson,かつてのチームメイトである #1 Tracy McGrady,同じチームで活躍する #33 Antonio Davis, #14 Anthony Masonらが選出され、控えには#55 Dikembe Mutombo, #34 Ray Allen, #33 Stephon Marbury, #13 Glenn Robinson, #8 Latrell Sprewell, #42 Jerry Stackhouse, #20 Allan Houstonといった選手たちで第3クオーターまでに20点差をつけられ負けていたところからの奇跡の逆転劇を演じたゲームでした。 2001-02seasonToronto Raptorsでは #15 Vince Carterはケガの為プレーオフでは試合に出場出来ずにまた2度目の復帰後にWashington Wizardsより #23 Michael Jordan が出場した2002 NBA All-Star Gameに最多投票数で選出されるもプレー出来ずチームでは#33 Antonio Davis, #7 Keon Clark, #1 Chris Childs, #24 Morris Peterson, #13 Jerome Williams, #30 Dell Curry, #34 Hakeem Olajuwon, #8 Jermaine Jacksonなどといった選手たちでプレーオフに進むも初戦で敗退している。 2002-03seasonには Toronto Raptors#15 Vince Carter が故障の為、#24 Morris Peterson, #20 Alvin Williams, #2 Voshon Lenard, #33 Antonio Davis, #13 Jerome Williams, #4 Jelani McCoyなどがプレーするもNBA Play Off には進出できなかった。またこのシーズンにはPhilips Arena, Atlanta, GA2003 NBA All-Star Gameが行われMVPには#21 Kevin Garnett が選ばれ#23 Michael Jordanにとって最後のNBA All-Star Game となるこの大会にEastern Reservesメンバーとして #5 Jason Kidd, #34 Paul Pierce, #24 Jamal Mashburn, #8 Antoine Walker, #11 Zydrunas Ilgauskasなどといった選手たちとプレー25分出場し9得点、2アシスト、1リバウンドという記録だった。 2003-04seasonToronto Raptorsにはルーキーで#4 Chris Boshが加入、 #15 Vince Carterのほか#42 Donyell Marshall, #5 Jalen Rose, #24 Morris Peterson, #20 Alvin Williams, #10 Milt Palacio, #12 Michael Curry, #21 Lamond Murray, #31 Roger Mason, #13 Jerome Williamsなどがプレーするもプレーオフ進出出来なかった。 この年はSTAPLES Center, Los Angeles, CAで行われた 2004 NBA All-Star Gameに再び最多投票数で選出され MVPには #34 Shaquille O'Neal が輝いた。Easternのスターターには #3 Allen Iverson, #3 Ben Wallace, #1 Tracy McGrady, #7 Jermaine O'Nealなどが共に選出された。 翌2004~05season途中にNew Jersey Netsとのトレードにより#33 Alonzo Mourning, #34 Aaron Williams,#55 Eric Williamsに代わりNew Jersey Netsへと移る事に、Pepsi Center, Denver, CO で行われた2005 NBA All-Star Gameに選出される事にMVPは #3 Allen Iverson が獲得する。#33 Grant Hill, #32 Shaquille O'Neal, #23 LeBron James, #3 Allen Iversonと共にEasternのスターターを務めた。 #15 Vince Carter#5 Jason Kidd, #24 Richard Jeffersonと共に活躍し#12 Nenad Krstic, #30 Clifford Robinsonなどと活躍プレーオフに進み #3 Dwyane Wade, #32 Shaquille O'Neal, #6 Eddie Jones, #19 Damon Jones, #40 Udonis Haslem, #5 Keyon Dooling, #33 Alonzo Mourning, #49 Shandon Anderson, #44 Christian Laettner などをようすMiami HeatNBA Play Off Eastern Conference First Roundで対戦して0-4でスウィ―プ負けした。翌2005~06シーズンには #35 Jason Collins, #0 Jeff McInnis, #11 Jacque Vaughnなどといった選手たちもチームでプレーする中 #3 Dwyane Wade, #32 Shaquille O'Neal, #55 Jason Williams, #40 Udonis Haslem, #8 Antoine Walker, #41 James Posey, #20 Gary Payton, #33 Alonzo Mourning, #5 Derek Anderson, #49 Shandon Anderson, #24 Jason Kaponoようするこの2006年の2006 NBA ChampionとなるMiami HeatNBAPlay Off Eastern Conference Semifinalsで対戦して1-4で敗退している。またシーズン中にToyota Center, Houston, TXで行われた 2006 NBA All-Star Gameでは MVPに#23 LeBron Jamesが輝きEastのスターターとして #3 Dwyane Wade, #23 LeBron James, #3 Allen Iverson, #32 Shaquille O'Neal らと共に選出されプレーした。Easternの控え選手にはDetroit Pistons より4人の選手が選ばれ#3 Ben Wallace, #30 Rasheed Wallace, #1 Chauncey Billups, #32 Richard Hamiltonらで他に#4 Chris Bosh, #34 Paul Pierce, #0 Gilbert Arenasなども選出された。 2006-07 seasonNew Jersey Netsにはルーキーで#2 Josh Booneが加入、#33 Mikki Moore, #35 Jason Collinsなども活躍を見せる中Thomas & Mack Center, Las Vegas, NV で行われ自身8度目となる2007 NBA All-Star Gameに選出される。MVPには #24 Kobe Bryant が輝きEasternの控え選手として #7 Jermaine O'Neal, #12 Dwight Howard, #2 Joe Johnson, #1 Chauncey Billups, #3 Caron Butler, #32 Richard Hamiltonと共に #15 Vince Carterも選出された。 #23 LeBron James, #90 Drew Gooden, #11 Zydrunas Ilgauskas, #32 Larry Hughes, #1 Daniel Gibson, #17 Anderson Varejao, #24 Donyell Marshall, #20 Eric Snow,#19 Damon Jonesなどをようして2007 NBA Finalまで勝ち進んだCleveland CavaliersNBA Play Off Eastern Conference Semifinals で対戦して2-4で敗退している。 2007-08seasonNew Jersey Netsでは #15 Vince Carterと共にチームの中心であった #5 Jason Kidd, #24 Richard Jeffersonが共に去り、代わりに#34 Devin Harrisがチームに加入する。翌2008-09seasonNew Jersey Netsはルーキーで#11 Brook Lopez, #20 Ryan Anderson, #17 Chris Douglas-Robertsが加入、チームでは#22 Jarvis Hayes, #9 Yi Jianlianなどもプレー#34 Devin Harrisがチームの中心になりつつあった。 その後#33 Ryan Andersonと共にトレードでOrlando Magic へ移籍する事に#12 Rafer Alston, #4 Tony Battie, #5 Courtney Leeがチームを移る事に。 2009-10seasonより Orlando Magicに在籍する事にチームは#14 Jameer Nelson, #12 Dwight Howard, #9 Rashard Lewis, #20 Mickael Pietrus, #7 J.J. Redick, #22 Matt Barnes, #13 Marcin Gortat, #55 Jason Williams, #33 Ryan Anderson, #30 Brandon Bass, #8 Anthony Johnsonなどのメンバーでプレーオフに進出NBA Play Off Eastern Conference Finals#34 Paul Pierce, #20 Ray Allen, #9 Rajon Rondo, #5 Kevin Garnett, #11 Glen Davis, #30 Rasheed Wallace, #42 Tony Allen, #43 Kendrick Perkins, #4 Nate Robinson, #40 Michael Finleyなどでこの2010年NBA Final2010 NBA Championに再び輝くLos Angeles Lakersと戦うBoston Celticsに2-4と食い下がるも敗退した。 翌2010~11season途中に#4 Marcin Gortat, #20 Mickael Pietrusと共にPhoenix Sunsにトレードされる代わりに#15 Hedo Turkoglu, #3 Earl Clark, #23 Jason Richardson らが移籍する事になった。その後Phoenix Sunsでは#3 Jared Dudley, #8 Channing Frye, #0 Aaron Brooks#13 Steve Nash#33 Grant Hillなどとプレー #25 Vince Carterも51試合41試合でスターターを務めた。 2011-12 seasonよりDallas Mavericksに在籍し #41 Dirk Nowitzki, #31 Jason Terry, #0 Shawn Marion, #2 Jason Kidd, #13 Delonte West, #33 Brendan Haywoodなどを中心にプレーオフに進出 #25 Vince Carterも活躍を見せるなか #35 Kevin Durant, #0 Russell Westbrook, #9 Serge Ibaka, #5 Kendrick Perkins, #2 Thabo Sefolosha, #13 James Harden, #37 Derek Fisher, #14 Daequan Cook, #8 Nazr Mohammed, #45 Cole AldrichなどをようすOklahoma City ThunderNBA Play Off Western Conference First Roundで対戦し0-4でスウィ―プ負けしている。 また高校時代に #15 Vince Carterは、#3 Shareef Abdur-Rahim, #1 Chauncey Billups, #21 Kevin Garnett, #4 Antawn Jamison, #33 Stephon Marbury, #34 Jelani McCoy, #5 Ron Mercer, #34 Paul Pierce, #54 Robert Traylorなどと共に1995 McDonald's High School Basketball All American Teamsに選出されている。

Continue reading ↑

Vince Carter Profile

Position:
Guard-Forward
Height:
198cm
Weight:
98kg
Born:
1/26/1977, Florida, USA
College:
University of North Carolina
Team:
Phoenix Suns, Western Conference
Jersey Status:
Game Worn

Other Status

SEASON,

Home Jersey