NBA,バスケットボールミュージアムLayupshot

Contact us 免責事項

© 2012-2017 Layupshot.

Owner. Tadahiro Hakamata

Photo. Kentaro Sawaguchi

Design. PLANPOT DESIGN WORKS

JERSEY MUSEUM

HOME / JERSEY MUSEUM / 2010-2011 / Sacramento Kings / Beno Udrih

Beno Udrih #19
- Sacramento Kings - 2010-2011

NBA Game Worn jersey museum "Layupshot"館内で展示されているジャージは全て販売可能です。(既に販売済みのジャージも含まれています) サイト内 "Price negotiation" ボタンより簡単なフォームにご記入頂くと、在庫の有無・販売価格をメールにて返信致します。 館内に展示されているジャージは、NBA選手が着用したもの、もしくは着用するために用意された大変貴重なものばかりです。

All jerseys display within the NBA Game Worn jersey museum "Layupshot" are available for purchase. (Some jerseys on display are already sold) We will get back to you with the availability and price information if you contact us through the "Price Negotiation" button. Jerseys displayed in this museum have been worn, or issued to be worn by actual NBA players.

NBA Game Worn jersey museum "Layupshot" 博物馆内展示的所有球衣都是可以选购的(已售出的款式也在包含展示范围内)。 在本网页内,您只需点击 "Price negotiation" 图标,并简单的填写相应信息,相关球衣的库存和价格会通过EMAIL的形式发送给您。 本馆展示的所有球衣都是NBA球员亲着,或是比赛备用款式。均在市面上不可多得,具有很高收藏价值意义。

Jersey Description

Udrih wore this jersey during the Kings' 105-99 victory over the Los Angeles Clippers on February 28, 2011 at ARCO Arena in Sacramento, California. This jersey replicates the style worn by the Royals during the 1950-51 National Basketball Association season. This was the season in which the franchise won its only NBA Championship while playing in Rochester, New York. There is an NBA "HWC Nights 2010-11" tag on the bottom hem of the jersey.

Layup Navigation

2004年の NBA Draft 28位でSloveniaよりSan Antonio Spursに入団する。スロベニア出身のNBAプレーには#18 Sasha Vujacic, #8 Rasho Nesterovicなどの選手がいる。 この2004 NBA Draft で第1位となるのは#12 Dwight Howard, 2位にはUniversity of Connecticut時代の2004年にNCAA全米制覇を成し遂げた中心選手の#50 Emeka Okaforと続く3位に#7 Ben Gordonが指名を受ける、5位にUniversity of Wisconsinより#5 Devin Harrisが、6位にはStanford University出身でスニーカーマニアの#1 Josh Childressが、7位にはDuke Universityから#9 Luol Deng, 9位にUniversity of Arizonaから#9 Andre Iguodala, 10位にはUniversity of Oregonかや#6 Luke Jacksonらが指名を受けている。続く11位に#15 Andris BiedrinsがラトビアよりGolden State Warriors入団している。13位に #31 Sebastian Telfairが14位にUniversity of Minnesotaより#43 Kris Humphries,15位には#25 Al Jeffersonが、17位#5 Josh Smith, 18位#1 J.R. Smith,19位#1 Dorell Wrightと4人の高校卒が続き、20位にSaint Joseph's Universityより#14 Jameer Nelsonが、24位にSaint Joseph's Universityより#13 Delonte Westが、25位にOklahoma State Universityより #42 Tony Allenそしてこの後26位にWestern Carolina Universityより#23 Kevin Martinが指名を受けている。27位には#18 Sasha Vujacicがスロベニアより同じく28位に#19 Beno Udrihが、30位にはブラジルから#17 Anderson Varejao, 38位にDuke Universityから#25 Chris Duhonが、43位にUniversity of California, Los Angelesより#1 Trevor Arizaが、47位にCalifornia State University, Fullertonから#9 Pape Sowなどの選手たちが指名を受けている。 2004-05 seasonよりルーキーとしてSan Antonio Spurs でプレーをスタートさせる。チームはGregg Popovich ヘッドコーチのもと59-23でプレーオフへと勝ち進み #21 Tim Duncan, #9 Tony Parker, #20 Manu Ginobiliを中心に#12 Bruce Bowen#17 Brent Barry, #23 Devin Brown, #5 Robert Horry, #8 Nazr Mohammed, #3 Glenn Robinsonなどのメンバーと共に見事この2005年にNBA Championに輝いた。シーズン中には#31 Malik Roseなども在籍していた。2005 NBA Finalでは前年2004 NBA Championになった#32 Richard Hamilton, #1 Chauncey Billups, #36 Rasheed Wallace, #22 Tayshaun Prince, #3 Ben Wallace, #24 Antonio McDyess, #10 Lindsey Hunter, #30 Carlos Arroyo, #41 Elden Campbell, #31 Darko MilicicなどをようしたDetroit Pistons相手に4-3と7戦までもつれこむ好ゲームを演じての勝利であった。 翌2005-06seasonSan Antonio Spursには #4 Michael Finley, #31 Nick Van Exel, #7 Fabricio Obertoなどの選手たちを加えプレーオフに進んだ。 #41 Dirk Nowitzki, #31 Jason Terry, #5 Josh Howard, #42 Jerry Stackhouse, #34 Devin Harris, #25 Erick Dampier, #44 Adrian Griffin, #2 Keith Van Horn, #10 Darrell Armstrong, #33 Josh Powellなどの選手たちで2006 NBA Finalへと勝ち進むDallas MavericksNBA Play Off Western Conference Semifinalsで対戦して3-4ではいたいしている。Dallas Mavericks2006 NBA Finalで2連勝からスタートするもその後まさかの4連敗によりMiami Heatが勝利している。#14 Beno Udrihはプレーオフでも7試合に出場している。 2006-07seasonSan Antonio Spurs#16 Francisco Elson, #15 Matt Bonner, #11 Jacque Vaughnなども共にプレーしプレーオフでは、NBA Play Off Western Conference First Round#15 Carmelo Anthony, #3 Allen Iverson, #31 Nene, #23 Marcus Camby, #25 Steve Blake, #1 J.R. Smith, #43 Linas KleizaなどをようしたDenver Nuggetsを4-1で破り続くNBA Play Off Western Conference Semifinals#1 Amare Stoudemire, #13 Steve Nash, #31 Shawn Marion, #10 Leandro Barbosa, #19 Raja Bell, #40 Kurt Thomas, #3 Boris Diaw, #22 James Jones, #52 Eric Piatkowski, #8 Jalen Rose, #2 Marcus BanksなどをようしたPhoenix Suns相手に4-2で勝利をおさめ#5 Carlos Boozer, #8 Deron Williams, #13 Mehmet Okur, #47 Andrei Kirilenko, #15 Matt Harpring, #2 Derek Fisher, #11 Ronnie Brewerなどメンバーで勝ち進んできたUtah JazzNBA Play Off Western Conference Finalsで対戦して4-1で勝利して2007 NBA Finalへと進んだ。#23 LeBron James, #11 Zydrunas Ilgauskas, #90 Drew Gooden, #32 Larry Hughes, #1 Daniel Gibson, #17 Anderson Varejao, #24 Donyell Marshall, #20 Eric Snow, #19 Damon Jones, #31 Scot PollardなどをようするCleveland Cavaliersを4-0のスウィ―プで下して見事2007 NBA Championとなった。 2007-08 seasonより Sacramento Kingsに在籍した#19 Beno Udrih#23 Kevin Martin, #93 Ron Artest(Metta World Peace), #52 Brad Miller, #32 Francisco Garciaやルーキーで入団した#31 Spencer Hawesなど共に活躍した。翌2008-09 seasonにはSacramento Kings#15 John Salmons, #34 Jason Thompsonなども活躍する中72試合全てでスターターを務めた。2009-10seasonには Sacramento Kingsにルーキーで #13 Tyreke Evans, #18 Omri Casspi,#40 Jon Brockmanなどが入団し他#42 Sean May, #24 Desmond Masonなどといった選手たちも共にプレーする。 2010~11シーズンにチームにはルーキーで#15 DeMarcus Cousinsが加入し2年目となる #13 Tyreke Evans#23 Marcus Thornton, #10 Samuel Dalembert, #32 Francisco Garcia, #24 Carl Landry, #18 Omri Casspiなどがチームで活躍するもPaul Westphal ヘッドコーチのもとで24-58と大きく負け越してしまう事にその後2011年にMilwaukee BucksCharlotte Bobcatsとの間の3チームトレードによって#3 Stephen Jackson, #50 Corey Maggette, #15 John Salmonsらが絡むトレードによってMilwaukee Bucksへ移籍する。 2011-12 seasonよりMilwaukee Bucksでプレーするも #3 Brandon Jennings, #0 Drew Gooden, #17 Mike Dunleavyらと共にプレーするなか#6 Andrew Bogut,#5 Stephen Jacksonがトレードによりチームを去り、代わりに#13 Ekpe Udoh, #11 Monta Ellisなどなチームに加入する中#19 Beno Udrihはスターターの座からは遠ざかっている。

Continue reading ↑

Beno Udrih Profile

Position:
Guard
Height:
191cm
Weight:
93kg
Born:
7/5/1982, Slovenia
College:
Other
Team:
Sacramento Kings, Western Conference
Jersey Status:
Game Worn

Other Status

HARDWOOD CLASSICS,

Home Jersey