NBA,バスケットボールミュージアムLayupshot

Contact us 免責事項

© 2012-2017 Layupshot.

Owner. Tadahiro Hakamata

Photo. Kentaro Sawaguchi

Design. PLANPOT DESIGN WORKS

JERSEY MUSEUM

HOME / JERSEY MUSEUM / 2011-2012 / Los Angeles Lakers / Jason Kapono

Jason Kapono #28
- Los Angeles Lakers - 2011-2012

NBA Game Worn jersey museum "Layupshot"館内で展示されているジャージは全て販売可能です。(既に販売済みのジャージも含まれています) サイト内 "Price negotiation" ボタンより簡単なフォームにご記入頂くと、在庫の有無・販売価格をメールにて返信致します。 館内に展示されているジャージは、NBA選手が着用したもの、もしくは着用するために用意された大変貴重なものばかりです。

All jerseys display within the NBA Game Worn jersey museum "Layupshot" are available for purchase. (Some jerseys on display are already sold) We will get back to you with the availability and price information if you contact us through the "Price Negotiation" button. Jerseys displayed in this museum have been worn, or issued to be worn by actual NBA players.

NBA Game Worn jersey museum "Layupshot" 博物馆内展示的所有球衣都是可以选购的(已售出的款式也在包含展示范围内)。 在本网页内,您只需点击 "Price negotiation" 图标,并简单的填写相应信息,相关球衣的库存和价格会通过EMAIL的形式发送给您。 本馆展示的所有球衣都是NBA球员亲着,或是比赛备用款式。均在市面上不可多得,具有很高收藏价值意义。

Jersey Description

This jersey was worn by #28 Jason Kapono of the Los Angeles Lakers during the 2011-12 National Basketball Association regular season. This jersey was worn by Kapono during the Lakers' 93-83 victory over the Miami Heat on March 4, 2012 at Staples Center in Los Angeles, California. There is a NBA "Noche Latina" patch on the left breast. He dressed but did not play.

Layup Navigation

2003年NBA Draft 31位でUCLAよりNBA入りする。また高校時代には#23 Jason Richardson, #24 Jonathan Bender, #10 Keith Bogans, #5 Carlos Boozer, #4 Nick Collison,#43 Brian Cook, #34 Mike Dunleavy, #40 Joseph Forte, #23 Casey Jacobsen, #22 Jay Williamsなどと共に1999 McDonald's All Americanにも選出されている。 この2003 NBA Draftの1位指名は#23 LeBron James, 3位にはSyracuse University2003年のNCAA全米制覇を成し遂げた#15 Carmelo Anthony, 4位にはGeorgia Institute of Technology出身の#4 Chris Bosh,そして5位でMarquette University出身の#3 Dwyane Wadeとそうそうたる面々である。続く6位には#35 Chris KamanCentral Michigan Universityより、7位にはUniversity of Kansas出身の#12 Kirk Hinrich, 8位にUniversity of Texas at Austin出身の#11 T.J. Fordが、9位にGeorgetown University出身の#50 Mike Sweetneyが10位でUniversity of Georgiaより#24 Jarvis Hayesが12位にUniversity of Kansas出身の#4 Nick Collisonが指名を受け13位にUniversity of Nevada, Las Vegas出身の#2 Marcus Banksが続き14位にUniversity of Oregon出身の#13 Luke Ridnourが17位でセルビアより#11 Zarko CabarkapaNBA入りしている。続いてXavier University出身の#30 David Westが18位での指名となる。この2003 NBA Draftでも国外から2位指名で#31 Darko Milicic, 21位で#3 Boris Diaw同じフランスから11位に#20 Mickael Pietrus, 20位にDuke University出身の#1 Dahntay Jonesが続き23位に#25 Travis Outlawが、24位にUniversity of Illinois at Urbana-Champaignより#43 Brian Cookが、25位には#20 Carlos DelfinoがアルゼンチンよりNBA入りを果たす。その後にBoston Celtics 在籍時に2度進出するNBA Finalsで活躍する事となる#43 Kendrick Perkins, 29位にはWake Forest University出身の#5 Josh Howardなども2003年のNBA draftで指名を受けてる。また#24 Jason Kaponoの次の32位でUniversity of Arizona出身で父親が偉大なNBA名センター#32 Bill Walton#4 Luke Waltonが指名されている。そして38位でUniversity of Maryland出身の#5 Steve Blakeが41位にUniversity of Detroit Mercyより#33 Willie Greenが、42位に#27 Zaza Pachuliaが、43位にUniversity of Kentuckyより#10 Keith Bogansが、45位でUniversity of Florida出身の#15 Matt Bonnerが、47位にUniversity of Alabamaより#25 Mo Williamsが、49位にUniversity of Miamiから#22 James Jonesが、51位にはCreighton University出身の#26 Kyle Korverが指名を受けNBA入りを果たしている。 ルーキーシーズンである2003-04seasonCleveland CavaliersPaul Silasヘッドコーチのもと35-47の成績を残しチームにはルーキーで#23 LeBron James#24 Jason Kapono同様に入団しチームには#1 Carlos Boozer, #21 Ricky Davis, #11 Zydrunas Ilgauskas, #0 Jeff McInnis, #55 Eric Williams, #54 Lee Nailon, #12 Kevin Ollieなどが在籍した。 ルーキーながら#23 LeBron Jamesは79試合に全て先発出場し平均20.9得点、5.5リバウンド、5.9アシスト、1.6スティールを記録。これはチームトップである。また#24 Jason Kapono自身は41試合に出場している。 2003-04season終了後にCharlotte Bobcatsにトレードされ2004-05 seasonCharlotte BobcatsBernie Bickerstaffヘッドコーチのもと18-64の成績を残しチームにはルーキーで#50 Emeka Okaforが入団しチームの中心は#50 Emeka Okafor, #7 Primoz Brezec, #3 Gerald Wallace, #22 Brevin Knightなどで活躍した。#24 Jason Kapono自身は81試合に出場してうち14試合に先発出場し平均8.5得点を記録した。 2005-06season Miami Heatへ移籍しStan Van Gundyからシーズン途中にPat Rileyヘッドコーチに代わりその後41-20の成績を残しチームには#3 Dwyane Wade, #32 Shaquille O'Neal, #8 Antoine Walker, #55 Jason Williams, #40 Udonis Haslem, #42 James Posey, #20 Gary Payton, #33 Alonzo Mourning, #5 Derek Anderson, #49 Shandon Anderson, #24 Jason Kaponoなどを擁しこの年の2006 NBA Championに輝いたMiami Heatのなかで#24 Jason Kapono自身は51試合に出場した。この2005-06season にはMiami HeatNBA Play Off Eastern Conference First RoundScott Skilesヘッドコーチのもと41-41の成績を残しチームにはルーキーで#1 Stephen Graham, #6 Randy Holcombらが入団しチームには#5 Andres Nocioni, #7 Ben Gordon, #12 Kirk Hinrich, #9 Luol Deng, #50 Mike Sweetney, #21 Chris Duhon, #15 Jannero Pargo, #3 Tyson Chandlerなどのメンバーが揃ったChicago Bullsと対戦し4-2で勝利しNBA Play Off Eastern Conference SemifinalsLawrence Frankヘッドコーチのもと49-33の成績を残しチームにはルーキーで#21 Antoine Wrightが入団しチームには#15 Vince Carter, #24 Richard Jefferson, #5 Jason Kidd, #12 Nenad Krstic, #31 Lamond Murray, #30 Clifford Robinson, #35 Jason Collins, #11 Jacque VaughnなどをようしたNew Jersey Netsと対戦し4-1で勝利しNBA Play Off Eastern Conference FinalsFlip Saundersヘッドコーチのもと64-18の成績を残しチームにはルーキーで#25 Amir Johnson, #54 Jason Maxiellらが入団しチームには#32 Richard Hamilton, #1 Chauncey Billups, #22 Tayshaun Prince, #36 Rasheed Wallace, #24 Antonio McDyess, #3 Ben Wallace, #10 Lindsey Hunter, #5 Maurice Evans, #00 Tony Delk, #13 Kelvin Cato, #20 Carlos Delfino, #34 Dale Davisなどをようした Detroit Pistonsと対戦し4-2で勝利し迎えた2006 NBA FinalsAvery Johnsonヘッドコーチのもと60-22の成績を残しチームにはルーキーで#33 Josh Powellが入団しチームの中心は#41 Dirk Nowitzkiでほか#31 Jason Terry, #5 Josh Howard, #42 Jerry Stackhouse, #34 Devin Harris, #25 Erick Dampier, #44 Adrian Griffin, #6 Marquis Daniels, #7 DeSagana Diop, #2 Keith Van Horn, #10 Darrell ArmstrongなどをようしたDallas Mavericksと対戦し先に2勝するもその後Miami Heatが4連勝し見事シリーズを勝ち抜き3point シューターである彼は2005-06season Miami Heat2006 NBA Championになっている。 2007-08 seasonToronto Raptorsに移籍しSam Mitchellヘッドコーチのもと41-41の成績を残しチームにはルーキーで#33 Jamario Moonが入団しチームの中心は#4 Chris Boshでほか#8 Jose Calderon, #11 T.J. Ford, #18 Anthony Parker, #20 Carlos Delfino, #7 Andrea Bargnani, #43 Kris Humphriesなどとプレーを共にし#24 Jason Kapono自身は81試合に出場してうち7試合に先発出場し平均7.2得点を記録した。迎えたNBA Play Off Eastern Conference First RoundStan Van Gundyヘッドコーチのもと52-30の成績を残しチームにはルーキーで#13 Marcin Gortatが入団しチームには#12 Dwight Howard, #9 Rashard Lewis, #15 Hedo Turkoglu, #14 Jameer Nelson, #1 Maurice Evans, #10 Keith Bogans, #5 Keyon Dooling, #30 Carlos Arroyo, #7 J.J. RedickなどをようしたOrlando Magicと対戦し1-4で敗退した。2007年のAll Starの3point contestに出場している。2008~09 season終了後にPhiladelphia 76ersとの間のトレードにより#30 Reggie Evansに代わり移籍する事になる。 その後Philadelphia 76ersでは#72を付け活躍が期待されたが、成績は下降し2009~10seasonPhiladelphia 76ers ではEddie Jordanヘッドコーチのもと27-55の成績を残しチームにはルーキーで#11 Jrue Holidayが入団しチームには#9 Andre Iguodala, #1 Samuel Dalembert, #42 Elton Brand, #20 Jodie Meeks, #23 Louis Williams, #21 Thaddeus Youngなどと共にプレーした。 2011-12seasonL.A.Lakersへと移籍する。2011-12seasonチームメイトには同じUCLA出身の#9 Matt Barnesとは大学時代に同じコートでプレーした。2011-12season途中に#4 Luke Waltonと共にCleveland Cavaliers#7 Ramon Sessions絡みのトレードで移籍する事になる。 現在2011-12seasonでも数多くのUCLA出身のプレーヤーがNBAで活躍している。例えば#6 Arron Afflalo, #1 Trevor Ariza, #9 Matt Barnes, #2 Darren Collison, #85 Baron Davis, #2 Jordan Farmar, #42 Kevin Love, #0 Russell Westbrookなどがそうである。

Continue reading ↑

Jason Kapono Profile

Position:
Forward
Height:
203cm
Weight:
97kg
Born:
2/4/1981, California, USA
College:
University of California, Los Angeles
Team:
Los Angeles Lakers, Western Conference
Jersey Status:
Game Worn

Other Status

NOCHE LATINA,

Alternate Jersey