NBA,バスケットボールミュージアムLayupshot

Contact us 免責事項

© 2012-2017 Layupshot.

Owner. Tadahiro Hakamata

Photo. Kentaro Sawaguchi

Design. PLANPOT DESIGN WORKS

JERSEY MUSEUM

HOME / JERSEY MUSEUM / 2009-2010 / Miami Heat / Quentin Richardson

Quentin Richardson #5
- Miami Heat - 2009-2010

NBA Game Worn jersey museum "Layupshot"館内で展示されているジャージは全て販売可能です。(既に販売済みのジャージも含まれています) サイト内 "Price negotiation" ボタンより簡単なフォームにご記入頂くと、在庫の有無・販売価格をメールにて返信致します。 館内に展示されているジャージは、NBA選手が着用したもの、もしくは着用するために用意された大変貴重なものばかりです。

All jerseys display within the NBA Game Worn jersey museum "Layupshot" are available for purchase. (Some jerseys on display are already sold) We will get back to you with the availability and price information if you contact us through the "Price Negotiation" button. Jerseys displayed in this museum have been worn, or issued to be worn by actual NBA players.

NBA Game Worn jersey museum "Layupshot" 博物馆内展示的所有球衣都是可以选购的(已售出的款式也在包含展示范围内)。 在本网页内,您只需点击 "Price negotiation" 图标,并简单的填写相应信息,相关球衣的库存和价格会通过EMAIL的形式发送给您。 本馆展示的所有球衣都是NBA球员亲着,或是比赛备用款式。均在市面上不可多得,具有很高收藏价值意义。

Jersey Description

This jersey was worn during the Heat's 88-76 loss to the San Antonio Spurs on March 16, 2010 at American Airlines Arena in Miami, Florida by #5 Quentin Richardson of the Miami Heat. This jersey has “El Heat” displayed on the crest, and there is a NBA “Noche Latina” patch on the right breast. He played 19 minutes with 3 rebounds and 2 steals.

Layup Navigation

2000 年のNBA Draft18位でDePaul UniversityよりLos Angeles Clippersに入団する。DePaul University出身のNBAプレーヤーには#23 Mark Aguirre, #34 Terry Cummings, #23 Tyrone Corbin#45 Steven Hunter, #1 Rod Strickland, #21 Bobby Simmonsほか #21 Wilson Chandlerなどが挙げられる。 DePaul University時代の1999-00 seasonにはDePaul Blue Demons#21 Bobby Simmons, #45 Steven Hunterなどと共にNCAAトーナメントEast First Round#4 Nick Collison, #90 Drew Gooden, #12 Kirk Hinrich などのフレッシュマンをようしたKansas Jayhawks と対戦して77-81で敗退している。 この2000年のNBA Draft第1位で指名されたのはUniversity of Cincinnati出身の #6 Kenyon Martinが、2位にLouisiana State Universityより#4 Stromile Swiftが、3位には高卒の #21 Darius Milesが、5位にUniversity of Floridaより#50 Mike MillerOrlando Magicに入団している。続く6位には1位で指名された #6 Kenyon Martin と同じUniversity of Cincinnatiより#3 DerMarr Johnsonが、8位にはUniversity of Michiganより #11 Jamal Crawford, そして続く9位でUniversity of Minnesotaから#10 Joel Przybillaが指名を受けNBA入りをしている。続く10位には、University of Missouri出身の#55 Keyon Doolingが、15位にはGeorgia Institute of Technologyより#40 Jason Collier, 16位にトルコから#15 Hedo TurkogluSacramento Kingsへ入団した。17位にはOklahoma State University出身で2001年のAll Star Weekendに開催されたSlam Dunk Contestで優勝した#24 Desmond Masonが、そして続く18位にDePaul Universityより #3 Quentin Richardsonが、19位にUniversity of Kentuckyから #21 Jamaal Magloire, 20位にはHofstra Universityより#12 Speedy Claxton, 21位にMichigan State Universityより #24 Morris Petersonが、23位に指名を受けた#92 DeShawn StevensonDallas Mavericks2011 NBA Championに輝いた時のチームメイトでもある#35 Brian Cardinalと共にこの2000 年のNBA Draftで指名を受け、37位にはArizona State Universityより#55 Eddie Houseが、43位にOhio State Universityより#22 Michael Reddが44位に#35 Brian Cardinal が指名を受けNBA入りをしている。また高校時代には1998McDonald's High School Basketball All American Teams#50 Dan Gadzuric, #3 Al Harrington, #24 Richard Jefferson, #7 Rashard Lewis, #50 Corey Maggette, #24 Mike Miller, #22 Tayshaun Prince, #10 Joel Przybillaなどと共に選出されている。 2000-01seasonLos Angeles ClippersAlvin Gentry ヘッドコーチのもと31-51という成績を残す#1 Keyon Dooling, #21 Darius Milesらが同じくルーキーで入団し、チームの中心は#7 Lamar Odom, #5 Jeff McInnis, #52 Eric Piatkowski, #50 Corey Maggetteなどで若いチーム構成であった。 2001-02 seasonにはLos Angeles Clippers#42 Elton Brandが新加入して#34 Michael Olowokandi, #11 Earl Boykinsなども活躍する中、 #3 Quentin Richardsonも81試合に出場して平均13.3得点をあげる活躍をする。2002-03 seasonにはLos Angeles Clippersにルーキーで#20 Marko Jaric, #54 Chris Wilcoxなどが入団し、新加入で #24 Andre Millerがチームを#42 Elton Brand, #7 Lamar Odom, #50 Corey Maggetteなどと牽引した。 #3 Quentin Richardsonも14試合に先発出場した。 2003-04seasonLos Angeles ClippersMike Dunleavy ヘッドコーチのもと28-54という成績で終えルーキーでは #35 Chris Kaman , #22 Matt Barnesなどが入団し #3 Quentin Richardsonも65試合に出場しうち64試合に先発出場する活躍と同時にチームで3位となる平均17.2得点を記録した。 翌2004-05seasonPhoenix Sunsには新たに #13 Steve Nashが加入する事になるPhoenix Suns に移籍した #23 Quentin Richardsonは、#32 Amare Stoudemire, #31 Shawn Marion, #2 Joe Johnsonと共に活躍し、チームには #21 Jim Jacksonなども加入ほか #45 Bo Outlawなども在籍したまた日本人として初めてのNBAプレーヤー#1 Yuta Tabuseもわずか4試合ながら出場している。ちなみに#1は以前#1 Anfernee Hardaway が付け応レーしていた番号である。Mike D'Antoni ヘッドコーチのもとチームはラン&ガンの高速オフェンスで勝ち進み62-20の好成績を収め、迎えたプレーオフでまずNBA Play Off Western Conference First Round#16 Pau Gasol, #2 Jason Williams, #33 Mike Miller, #42 Lorenzen Wright, #31 Shane Battier, #35 Brian Cardinalなどが活躍したMemphis Grizzlies を4-0のスウィ―プで下した。続くNBA Play Off Western Conference Semifinals#41 Dirk Nowitzki, #31 Jason Terry, #42 Jerry Stackhouse, #5 Josh Howard, #4 Michael Finley, #25 Erick Dampier, #2 Keith Van Horn, #34 Devin Harris, #10 Darrell ArmstrongなどをようしたDallas Mavericksを4-2で退け、迎えたNBA Play Off Western Conference Finals2004-05seasonNBA Champion#21 Tim Duncan, #9 Tony Parker, #20 Manu Ginobili, #2 Nazr Mohammed, #5 Robert Horry, #17 Brent Barry, #14 Beno Udrih, #3 Glenn Robinson などをようしたSan Antonio Spursに1-4で敗退している。2004-05season終了後にPhoenix SunsNew York Knicksとの間で行われたトレードによって #4 Nate Robinsonと共に#40 Kurt Thomas, #1 Dijon Thompsonとの代わりにNew York Knicksへと移籍する事に。 2005-06seasonには New York Knicksにルーキーで #4 Nate Robinson, #7 Channing Frye, #42 David Leeなどが入団しチームでは #3 Stephon Marbury, #11 Jamal Crawfordなどが活躍する中 #5 Jalen Rose#1 Steve Francis, #1 Anfernee Hardawayなどといった選手たちもシーズン中には在籍したが成績は悪かった。 Isiah Thomasヘッドコーチのもと33-49の成績に終わる 2006-07seasonには New York Knicksにルーキーで #32 Renaldo Balkmanが加入し、チームの中心は #34 Eddy Curry, #11 Jamal Crawfordなどで #3 Stephon Marbury, #1 Steve Francis, #42 David Lee, #26 Kelvin Cato, #20 Jared Jeffriesなども在籍、 #23 Quentin Richardson自身は49試合に出場しうち47試合をスターターとしてプレーし平均13.0得点している。 2007-08 seasonにはNew York Knicksにルーキーで #21 Wilson Chandlerが入団し、他新加入で #2 Fred Jones, #50 Zach Randolphなどが加わるもチームはIsiah Thomasヘッドコーチのもと 23-59と低迷した。 #23 Quentin Richardson自身は65試合に出場しうち65試合をスターターとしてプレーし平均8.1得点している。 2008-09seasonには New York KnicksPhoenix Suns よりMike D'Antoniヘッドコーチを迎えるも32-50と負け越す中ルーキーで #8 Danilo Gallinariが入団してチームでも#7 Al Harrington, #4 Nate Robinson, #42 David Lee, #21 Wilson Chandler, #1 Chris Duhonなどと共にプレーし #23 Quentin Richardson自身は72試合に出場しうち51試合をスターターとしてプレーし平均10.2得点している。2008-09season後にMemphis GrizzliesLos Angeles ClippersMinnesota Timberwolvesその後 Miami Heatとの間でのトレードにより#30 Mark Blountの代わりに移籍2009-10 seasonMiami Heat に移籍している。チームは #3 Dwyane Wadeを中心に#6 Mario Chalmers, #30 Michael Beasley, #40 Udonis Haslem, #8 Carlos Arroyo, #1 Dorell Wright, #7 Jermaine O'Neal, #22 James JonesなどのメンバーでNBAPlay Off Eastern Conference First Round#34 Paul Pierce, #20 Ray Allen, #9 Rajon Rondo, #5 Kevin Garnett, #11 Glen Davis, #30 Rasheed Wallace, #43 Kendrick Perkins, #4 Nate Robinson, #40 Michael Finley, #44 Brian Scalabrineなどをようし2009-10 season2010 NBA Finalまで進んだ Boston Celtics と対戦し1-4で敗退した。 2010-11seasonより Orlando Magicに在籍Stan Van Gundy ヘッドコーチのもと52-30の成績を残し#14 Jameer Nelson, #12 Dwight Howard, #1 Gilbert Arenas, #23 Jason Richardson, #7 J.J. Redick, #15 Hedo Turkoglu, #25 Chris Duhon, #33 Ryan Anderson, #30 Brandon Bass, #8 Anthony Johnson らをようしたOrlando Magicは、 #2 Joe Johnson, #11 Jamal Crawford, #5 Josh Smith, #15 Al Horford, #0 Jeff Teague, #6 Kirk Hinrich, #24 Marvin WilliamsなどをようしたAtlanta HawksNBA Play off Eastern Conference First Round で対戦して2-4で敗退した。 2011-12seasonには Orlando Magicでは1シーズンを通して#12 Dwight Howardの移籍騒動で揺れ、その中でチーム2番手の成長プレーヤーである#33 Ryan Andersonが61試合にスターターとして出場し平均16.1得点を記録する。他#14 Jameer Nelson, #23 Jason Richardson, #7 J.J. Redick, #15 Hedo Turkogluや新加入の#11 Glen Davisと共に #5 Quentin RichardsonもプレーしNBAPlay Off Eastern Conference First Round#33 Danny Granger, #21 David West, #3 George Hill, #55 Roy Hibbert, #2 Darren CollisonらをようしたIndiana Pacers に1-4で敗退している。#12 Dwight Howardはチームに残るもヘルニアの手術の為シーズン途中よりプレーしていない。

Continue reading ↑

Quentin Richardson Profile

Position:
Guard
Height:
198cm
Weight:
101kg
Born:
4/13/1980, Illinois, USA
College:
DePaul University
Team:
Miami Heat, Eastern Conference
Jersey Status:
Game Worn

Other Status

NOCHE LATINA,

Away Jersey