NBA,バスケットボールミュージアムLayupshot

Contact us 免責事項

© 2012-2017 Layupshot.

Owner. Tadahiro Hakamata

Photo. Kentaro Sawaguchi

Design. PLANPOT DESIGN WORKS

JERSEY MUSEUM

HOME / JERSEY MUSEUM / 2013-2014 / Sacramento Kings / John Salmons

John Salmons #5
- Sacramento Kings - 2013-2014

NBA Game Worn jersey museum "Layupshot"館内で展示されているジャージは全て販売可能です。(既に販売済みのジャージも含まれています) サイト内 "Price negotiation" ボタンより簡単なフォームにご記入頂くと、在庫の有無・販売価格をメールにて返信致します。 館内に展示されているジャージは、NBA選手が着用したもの、もしくは着用するために用意された大変貴重なものばかりです。

All jerseys display within the NBA Game Worn jersey museum "Layupshot" are available for purchase. (Some jerseys on display are already sold) We will get back to you with the availability and price information if you contact us through the "Price Negotiation" button. Jerseys displayed in this museum have been worn, or issued to be worn by actual NBA players.

NBA Game Worn jersey museum "Layupshot" 博物馆内展示的所有球衣都是可以选购的(已售出的款式也在包含展示范围内)。 在本网页内,您只需点击 "Price negotiation" 图标,并简单的填写相应信息,相关球衣的库存和价格会通过EMAIL的形式发送给您。 本馆展示的所有球衣都是NBA球员亲着,或是比赛备用款式。均在市面上不可多得,具有很高收藏价值意义。

Jersey Description

This jersey worn in a Kia NBA Tip-Off 2013 game during the 2013-14 National Basketball Association regular season by #5 John Salmons of the Sacramento Kings.He played 26 minutes and registered 9 points with 2 assists and 4 rebounds.This jersey was worn by John Salmons during the Kings' 90-88 victory over the Denver Nuggets on October 30, 2013 at Sleep Train Arena in Sacramento, CA.

Layup Navigation

2002年の NBA Draft 26位でUniversity of MiamiよりNBA入りする。#20 Jon Barry, #17 Brent Barry, #11 Drew BarryNBAプレーヤー3兄弟の父の#24 Rick BarryUniversity of Miami出身である。 この2002年のNBA Draft全体第1位指名は中国よりビッグセンターの#11 Yao Ming, 2位には#5 Carlos Boozerと同じDuke Universityより#22 Jay Williams, 続く3位にも同校Duke Universityより#17 Mike Dunleavyが指名されている。4位にはUniversity of Kansas出身のセンター#90 Drew Goodenが、7位にはブラジルより#31 Neneがと続く8位指名を受けたのはUniversity of Marylandより#54 Chris Wilcoxが、9位には高校卒業からNBA入りする事となる#1 Amare Stoudemireが、10位でUniversity of Connecticut出身の #4 Caron Butlerが指名を受け、11位にはIndiana Universityから #20 Jared Jeffriesが、12位にはCalifornia State University, Fresnoより#2 Melvin Elyが 14位にはのちのNBA All Star GameのイベントのSlam Dunk Champion にも輝くUniversity of Oregon出身の #2 Fred Jonesが、15位にスロべニアから#7 Bostjan Nachbarが、17位には8位指名を受けた#44 Chris Wilcox と共にUniversity of Marylandで活躍した#3 Juan Dixonが、20位にUniversity of Missouriより#21 Kareem Rushが、22位にStanford Universityから#23 Casey Jacobsenが、23位にはUniversity of Kentuckyより#22 Tayshaun Prince, 続く24位でSerbiaよりNew Jersey Nets#12 Nenad Krsticが入団する。続いて25位にUniversity of Illinois at Urbana-Champaignから#30 Frank Williamsが、28位にはGonzaga University出身の #2 Dan Dickau が30位にはUniversity of Virginiaから#31 Roger MasonなどがNBAへの道を進んだ。 そしてこの2002 年のNBA Draftで 26位University of Miami出身の#15 John Salmonsが指名を受けている。ほか33位にUniversity of California, Los Angeles出身の#50 Dan Gadzuricが同大学から45位で#22 Matt Barnes も指名を受けている。34位にもDuke University出身#5 Carlos Boozer, 41位にShaw University出身#22 Ronald Murray, #44 Chris Wilcoxと同じUniversity of Marylandより43位で#35 Lonny Baxterや52位でLa Salle Universityから#45 Rasual Butlerや56位でSan Diego State Universityより#6 Randy Holcombなどの名前を見る事も出来る。 ルーキーイヤーである2002-03 seasonPhiladelphia 76ersLarry Brownヘッドコーチのもと48-34の成績を残しチームには #3 Allen Iverson, #44 Derrick Coleman, #20 Eric Snow, #9 Kenny Thomas, #4 Keith Van Horn, #8 Aaron McKie, #40 Tyrone Hill, #5 Monty Williams, #54 Brian Skinnerなど共にプレーし迎えたNBA Play Off Eastern Conference First RoundPaul Silasヘッドコーチのもと47-35の成績を残しチームには #1 Baron Davis, #24 Jamal Mashburn, #4 David Wesley, #21 Jamaal Magloire, #42 P.J. Brown, #9 George Lynch, #54 Robert Traylor, #12 Kenny Andersonなどが在籍する New Orleans Hornetsと対戦し4-2で勝利しNBA Play Off Eastern Conference SemifinalsではRick Carlisleヘッドコーチのもと50-32の成績を残しチームにはルーキーで #13 Mehmet Okur, #22 Tayshaun Princeなどが入団しチームには#32 Richard Hamilton, #1 Chauncey Billups, #30 Clifford Robinson, #3 Ben Wallace, #34 Corliss Williamson, #7 Chucky Atkins, #20 Jon Barry, #12 Michael Curry, #5 Danny Manningなどを擁した Detroit Pistonsのまえに2-4で敗退した。#7 John Salmonsは64試合に出場し1試合に先発出場し平均2.1得点というシーズンであった。 2003-04seasonPhiladelphia 76ersRandy Ayersヘッドコーチからシーズン中に Chris Fordヘッドコーチへと交代しルーキーで#33 Willie Green, #26 Kyle Korverがチームに入団し #3 Allen Iversonと新加入の#31 Glenn Robinsonほか#9 Kenny Thomas, #20 Eric Snow, #25 Marc Jackson, #8 Aaron McKie, #1 Samuel Dalembert, #21 Greg Bucknerなどが在籍する中Philadelphia 76ersNBA Play Off進出を逃している。#7 John Salmonsは77試合に出場し24試合に先発出場し平均5.8得点,2.5リバウンド、1.7アシストというシーズンであった。 2004-05seasonPhiladelphia 76ersJim O'Brienヘッドコーチのもと43-39の成績を残しチームにはルーキーで#9 Andre Iguodalaが入団しチームは #3 Allen Iverson, #4 Chris Webber, #1 Samuel Dalembert, #9 Andre Iguodala, #33 Willie Green, #26 Kyle Korver, #54 Rodney Rogersなどのメンバーで迎えたNBA Play Off Eastern Conference First RoundLarry Brownヘッドコーチのもと54-28の成績を残しチームにはルーキーで#20 Carlos Delfinooが入団し#32 Richard Hamilton, #1 Chauncey Billups, #36 Rasheed Wallace, #22 Tayshaun Prince, #3 Ben Wallace, #24 Antonio McDyess, #10 Lindsey Hunter, #41 Elden Campbell, #31 Darko Milicicなどを擁したDetroit Pistonsと対戦して1-4で敗退した。 2005-06 seasonPhiladelphia 76ersMaurice Cheeksヘッドコーチのもと38-44の成績を残しチームにはルーキーでが入団し#23 Louis Williams, #42 Shavlik Randolphなどが入団しほか #45 Steven Hunterなども加入し#12 Kevin Ollieも活躍し#7 John Salmonsは82試合に出場し24試合に先発出場し平均7.5得点,2.7リバウンド、2.7アシストというシーズンであった。 2006-07seasonより Sacramento Kingsに移籍しEric Musselmanヘッドコーチのもと33-49の成績を残しチームには#23 Kevin Martin, #93 Ron Artest(Metta World Peace), #10 Mike Bibby, #3 Shareef Abdur-Rahim, #34 Corliss Williamson, #52 Brad Miller, #32 Francisco Garcia, #9 Kenny Thomasなどと共にプレーした。 2007-08seasonSacramento KingsReggie Theusヘッドコーチのもと38-44の成績を残しチームにはルーキーで#31 Spencer Hawesが入団し#15 John Salmons自身は81試合に出場し41試合に先発出場し平均12.5得点,4.3リバウンド、2.6アシストというシーズンであった。 2008-09 seasonにはSacramento Kings ではReggie TheusヘッドコーチからKenny Nattヘッドコーチにシーズン中に代わり#15 John Salmons自身が53試合全てに先発出場し平均18.3得点,4.2リバウンド、3.7アシストという大活躍をしたシーズンの途中にChicago Bullsとの間のトレードによって#52 Brad Miller と共に#90 Drew Gooden, #5 Andres Nocioniなどに代わりChicago Bullsへと移籍する2008-09seasonChicago BullsではVinny Del Negroヘッドコーチのもと41-41の成績を残しチームにはルーキーで#1 Derrick Roseが入団し、チーム内でけが人が多い中#7 Ben Gordon, #12 Kirk Hinrich, #52 Brad Miller, #13 Joakim Noah, #24 Tyrus Thomas, #2 Tim Thomas, #10 Lindsey Hunterなど共に活躍を見せNBA Play Off Eastern Conference First RoundDoc Riversヘッドコーチのもと62-20の成績を残しチームにはルーキーで#12 Bill Walkerが入団し#34 Paul Pierce, #20 Ray Allen, #9 Rajon Rondo, #11 Glen Davis, #43 Kendrick Perkins, #50 Eddie House, #44 Brian Scalabrine, #8 Stephon Marbury, #13 Gabe Pruitt などを擁したBoston Celticsと対戦して3-4の接戦の末敗退している。 2009-10seasonには Chicago BullsVinny Del Negroヘッドコーチのもと41-41の成績を残しチームにはルーキーで #22 Taj Gibson, #16 James Johnsonなどが入団しチーム内で#1 Derrick Rose, #9 Luol Dengに次ぐ#15 John Salmons自身が51試合に出場し28試合に先発出場し平均12.7得点,3.4リバウンド、2.5アシストという大活躍をしたシーズンの途中に#21 Hakim WarrickなどがトレードによってMilwaukee Bucksに移籍2009-10 seasonMilwaukee BucksではScott Skilesヘッドコーチのもと46-36の成績を残しチームにはルーキーで #3 Brandon Jennings, #23 Jodie Meeksなどが入団しチームでは#7 Ersan Ilyasova, #24 Jerry Stackhouse, #40 Kurt Thomasなどのプレーヤーたちも在籍する中で移籍後#15 John Salmons自身は30試合に出場し28試合に先発出場し平均19.9得点,3.2リバウンド、3.3アシストという大活躍をしチーム1位の好調さをみせ迎えたNBA Play Off Eastern Conference First RoundMike Woodsonヘッドコーチのもと53-29の成績を残しチームにはルーキーで#0 Jeff Teagueが入団し #2 Joe Johnson, #11 Jamal Crawford, #15 Al Horford, #5 Josh Smith, #10 Mike Bibby, #24 Marvin Williams, #27 Zaza Pachuliaなどを擁したAtlanta Hawksと対戦し3-4の接戦の末敗退している。 2010-11seasonよりMilwaukee Bucksに移籍しチームはScott Skilesヘッドコーチのもと35-47の成績を残しチームにはルーキーで#8 Larry Sandersが入団しチームでは #3 Brandon Jennings, #15 John Salmons, #6 Andrew Bogutまた新加入の#5 Corey Maggetteほか#0 Drew Gooden, #17 Chris Douglas-Roberts, #7 Ersan Ilyasova, #55 Keyon Doolingなどが在籍しする中チームの中心であった#22 Michael Reddは怪我の為わずか10試合の出場となり#15 John Salmons自身は73試合に出場し内70試合に先発出場し平均14.0得点、3.6リバウンド、3.5アシストを記録している。 2010-11season 終了後にMilwaukee BucksSacramento KingsCharlotte Bobcatsによる3チームトレードによってルーキーの#7 Jimmer Fredette#5 Stephen Jacksonほかルーキーの#0 Bismack Biyomboなどが絡むトレードによって#5 John Salmonsは以前所属した事のあるSacramento Kingsに移籍する。 2011-12 seasonSacramento KingsPaul Westphalヘッドコーチからシーズン途中に Keith Smartヘッドコーチに代わりチームには#7 Jimmer Fredette, #3 Tyler Honeycutt, #22 Isaiah Thomasなどが入団し#23 Marcus Thornton, #15 DeMarcus Cousins, #13 Tyreke Evansなどが活躍し#22 Isaiah Thomas, #42 Chuck Hayesなども貴重な働きをする中#5 John Salmons自身は46試合に出場し内32試合に先発出場し平均7.5得点、2.9リバウンド、2.0アシストを記録している。

Continue reading ↑

John Salmons Profile

Position:
Guard
Height:
201cm
Weight:
95kg
Born:
12/12/1979, Pennsylvania, USA
College:
University of Miami
Team:
Sacramento Kings, Western Conference
Jersey Status:
Game Worn

Other Status

KIA NBA TIP-OFF,

Away Jersey