NBA,バスケットボールミュージアムLayupshot

Contact us 免責事項

© 2012-2017 Layupshot.

Owner. Tadahiro Hakamata

Photo. Kentaro Sawaguchi

Design. PLANPOT DESIGN WORKS

JERSEY MUSEUM

HOME / JERSEY MUSEUM / 1996-1997 / Los Angeles Lakers / Kobe Bryant

Kobe Bryant #8
- Los Angeles Lakers - 1996-1997

NBA Game Worn jersey museum "Layupshot"館内で展示されているジャージは全て販売可能です。(既に販売済みのジャージも含まれています) サイト内 "Price negotiation" ボタンより簡単なフォームにご記入頂くと、在庫の有無・販売価格をメールにて返信致します。 館内に展示されているジャージは、NBA選手が着用したもの、もしくは着用するために用意された大変貴重なものばかりです。

All jerseys display within the NBA Game Worn jersey museum "Layupshot" are available for purchase. (Some jerseys on display are already sold) We will get back to you with the availability and price information if you contact us through the "Price Negotiation" button. Jerseys displayed in this museum have been worn, or issued to be worn by actual NBA players.

NBA Game Worn jersey museum "Layupshot" 博物馆内展示的所有球衣都是可以选购的(已售出的款式也在包含展示范围内)。 在本网页内,您只需点击 "Price negotiation" 图标,并简单的填写相应信息,相关球衣的库存和价格会通过EMAIL的形式发送给您。 本馆展示的所有球衣都是NBA球员亲着,或是比赛备用款式。均在市面上不可多得,具有很高收藏价值意义。

Layup Navigation

1996年のNBA Draft 13位でCharlotte Hornetsより指名を受けるが直後にLos Angeles Lakersとのトレードで#12 Vlade Divacに代わりLos Angeles Lakersに入団する。 また高校時代には#25 Corey Benjamin, #10 Mike Bibby, #32 Richard Hamilton, #1 Stephen Jackson, #7 Jermaine O'Neal, #2 Tim Thomasなどと共に1996 McDonald's High School Basketball All American Teamsに選出されている。 この1996 NBA Draftでは第1位にGeorgetown Universityより#3 Allen Iverson, 2位にUniversity of Massachusetts Amherst出身の#21 Marcus Camby, 3位にUniversity of California出身の#3 Shareef Abdur-Rahim, 4位にGeorgia Institute of Technology出身の#33 Stephon Marbury, 5位にはUniversity of Connecticutから#34 Ray Allen, 6位にUniversity of Kentuckyより#8 Antoine Walker, 7位にUniversity of Memphisより#42 Lorenzen Wright, 8位にVillanova University出身の#30 Kerry Kittles, 9位にUniversity of Louisvilleから#52 Samaki Walkerが、10位にはMississippi State University出身の#25 Erick DampierらがNBA入りしているが注意すべきはこれより後に指名されている選手たちの顔ぶれも素晴らしい事である。11位にNorth Carolina State University出身の#52 Todd Fuller, 12位にWright State University出身の#52 Vitaly Potapenkoが指名を受け、続く13位には#8・#24 Kobe Bryantが指名を受けてNBA入りを果たしている。14位にはトルコ出身の#16 Peja Stojakovic, 15位にSanta Clara University出身の#13 Steve Nash, 16位にUniversity of Kentuckyから#00 Tony Delk, 17位には13位の#8・#24 Kobe Bryantと同じく高校卒業してすぐのアーリーエントリーによる#5 Jermaine O'Nealが、18位にSyracuse University出身の#44 John Wallace, 19位にはUniversity of Kentucky出身の#40 Walter McCarty, 20位にはリトアニアより#11 Zydrunas Ilgauskasが22位にUniversity of Alabama出身の#40 Roy Rogers が24位にはUniversity of Arkansas at Little Rock出身の#2 Derek Fisherが26位でGeorgetown University出身の#13 Jerome Williamsなどが続いたほか27位にはIndiana University出身の#34 Brian Evansが29位にUniversity of Connecticut出身の#40 Travis Knightが30位にはGeorgetown University出身の#32 Othella Harringtonが31位にWashington State University出身の#14 Mark Hendricksonが33位にはUniversity of West Florida出身の#12 Moochie Norrisが37位にUniversity of North Carolina出身の#5 Jeff McInnisが44位にDrexel University出身の#31 Malik Rose, 49位にはMarquette University出身の#00 Amal McCaskillが52位にはUniversity of Kentucky出身の#43 Mark Popeが54位にはUniversity of Georgia出身の#40 Shandon Andersonなどが指名を受けNBA入りをして活躍している。 #8 Kobe Bryantにとってのルーキーシーズンである1996-97seasonLos Angeles LakersDel Harrisヘッドコーチのもと56-26の成績を残しチームにはルーキーで#8 Kobe Bryant同様に#2 Derek Fisher, #40 Travis Knightらが入団しチームには#34 Shaquille O'Nealを中心に#9 Nick Van Exel, #41 Elden Campbell, #6 Eddie Jones, #5 Robert Horry, #4 Byron Scott, #12 Jerome Kersey, #45 Sean Rooks, #43 Corie Blountなどが在籍しプレーを共にし#8 Kobe Bryant自身は出場した71試合のうち6試合にスターターとしてプレーして平均7.6得点、1.9リバウンドを記録している。むかえたNBA Play Off Western Conference First RoundP.J. Carlesimoヘッドコーチのもと49-33の成績を残しチームにはルーキーで#5 Jermaine O'Nealが入団しチームには#30 Rasheed Wallaceを中心に#7 Kenny Anderson, #34 Isaiah Rider, #3 Clifford Robinson, #11 Arvydas Sabonis, #33 Gary Trent, #20 Chris Dudley, #10 Dontonio Wingfield, #2 Stacey AugmonなどをようしたPortland Trail Blazersと対戦して3-1で勝利し、続くNBA Play Off Western Conference SemifinalsJerry Sloanヘッドコーチのもと64-18の成績を残しチームにはルーキーで#40 Shandon Andersonが入団しチームには#32 Karl Malone, #12 John Stocktonのピック&ロールを軸に#14 Jeff Hornacek, #3 Bryon Russell, #10 Howard Eisley, #55 Antoine Carr, #00 Greg Ostertag, #44 Greg Foster, #34 Chris Morris, #31 Adam Keefeなどが在籍したUtah Jazzと対戦して1-4で敗退している。#8 Kobe Bryantにとってこの1996-97seasonNBA Play Offは非常に厳しい戦いを強いられ自身平均8.2得点とNBAの厳しさを学ぶ事となる。 1997-98seasonLos Angeles LakersDel Harrisヘッドコーチのもと61-21の成績を残しチームには#34 Shaquille O'Nealを中心に#6 Eddie Jones, #9 Nick Van Exel, #17 Rick Fox, #5 Robert Horry, #2 Derek Fisher, #41 Elden Campbell, #43 Corie Blount, #23 Mario Bennett, #45 Sean Rooks, #20 Jon Barryなどが在籍しプレーを共にし#8 Kobe Bryant自身は出場した79試合のうち1試合にスターターとしてプレーして平均15.4得点、3.1リバウンド、2.5アシスト、0.9スティール、0.5ブロックを記録している。1997-98season途中にMVPには#23 Michael Jordanが輝き Madison Square Garden, New York, NYで開催された 1998 NBA All-Star GameでEasternのスターターとして#33 Grant Hill, #40 Shawn Kemp, #55 Dikembe Mutombo, #1 Anfernee Hardaway, #23 Michael Jordanらが選出されEasternのリザーブメンバーには#45 Rik Smits, #31 Reggie Miller, #55 Jayson Williams, #10 Tim Hardaway, #41 Glen Rice, #8 Steve Smith, #8 Antoine Walkerが選出されプレーをした。そして対するWesternのスターターとして#20 Gary Payton, #21 Kevin Garnett, #34 Shaquille O'Neal, #32 Karl Maloneと共に選出され自身初、All Star Game初でのスターターであった。Westernのリザーブメンバーとしては#6 Eddie Jones, #42 Vin Baker, #9 Nick Van Exel, #32 Jason Kidd, #2 Mitch Richmond, #21 Tim Duncan, #50 David Robinsonが選出されプレーを共にしている。結果はEast 135-West 114でした。NBA Play Off Western Conference First RoundMike Dunleavyヘッドコーチのもと46-36の成績を残しチームにはルーキーで#21 Alvin Williams, #31 Kelvin Cato, #9 Rick Brunsonらが入団しチームには#34 Isaiah Rider, #3 Damon Stoudamire, #30 Rasheed Wallace, #42 Walt Williams, #44 Brian Grant, #11 Arvydas Sabonis, #2 Stacey Augmon, #33 Gary Grant, #5 Jermaine O'NealなどをようしたPortland Trail Blazersと対戦し3-1で勝利し、NBA Play Off Western Conference SemifinalsGeorge Karlヘッドコーチのもと61-21の成績を残しチームには#20 Gary Paytonを中心に#11 Detlef Schrempf, #42 Vin Baker, #33 Hersey Hawkins, #7 Jerome Kersey, #9 Dale Ellis, #14 Sam Perkins, #2 Greg Anthony, #10 Nate McMillan, #25 David Wingate, #15 Aaron WilliamsなどをようしたSeattle SuperSonicsと対戦し4-1で勝利し、NBA Play Off Western Conference FinalsJerry Sloanヘッドコーチのもと62-20の成績を残しチームにはルーキーで#11 Jacque Vaughn, 25Troy Hudsonなどが入団しチームには#32 Karl Malone, #12 John Stocktonを中心に#3 Bryon Russell, #14 Jeff Hornacek, #40 Shandon Anderson, #10 Howard Eisley, #55 Antoine Carr, #44 Greg Foster, #34 Chris Morris, #00 Greg Ostertag, #31 Adam Keefeなどが在籍したUtah Jazzと対戦し0-4でスウィ―プ負けを期している。 NBAロックアウト後の1998-99seasonLos Angeles Lakersはヘッドコーチがシーズン途中に3人が入れ替わったチームではDel Harrisヘッドコーチ Bill Bertkaヘッドコーチ Kurt Rambisヘッドコーチと代わりチームにはルーキーで#10 Tyronn Lue, #21 Ruben Pattersonが加入しチームには#34 Shaquille O'Nealが中心となり#8 Kobe Bryant, #41 Glen Rice, #2 Derek Fisher, #17 Rick Fox, #5 Robert Horry, #12 Derek Harper, #11 J.R. Reid, #45 Sean Rooks, #40 Travis Knightなどが在籍しプレーを共にし#8 Kobe Bryant自身は出場した50試合全てにスターターとしてプレーして平均19.9得点、5.3リバウンド、3.8アシスト、1.4スティール、1.0ブロックを記録している。NBA Play Off Western Conference First RoundRudy Tomjanovichヘッドコーチのもと31-19の成績を残しチームにはルーキーで#5 Cuttino Mobley, #8 Michael Dickerson, #11 Bryce Drewらが入団しチームには他に新加入で#33 Scottie Pippenも加わり#4 Charles Barkley, #33 Scottie Pippen, #34 Hakeem Olajuwonを中心に#7 Sam Mack, #55 Antoine Carr, #53 Stanley Robertsなどが在籍したHouston Rocketsと対戦し3-1で勝利し、続くNBA Play Off Western Conference SemifinalsGregg Popovichヘッドコーチのもと37-13の成績を残しチームには#21 Tim Duncan, #6 Avery Johnson, #32 Sean Elliott, #2 Jaren Jackson, #17 Mario Elie, #31 Malik Rose, #25 Jerome Kersey, #33 Antonio Daniels, #4 Steve Kerr, #41 Will Perdueなどが在籍したSan Antonio Spursと対戦し0-4のスウィ―プで敗退している。この1998-99seasonSan Antonio Spursは見事1999 NBA Championに輝いており、この1999 NBA Finalsシリーズの1998-99 NBA Finals MVPには#21 Tim Duncanが輝いている。 1999-00seasonLos Angeles LakersPhil Jacksonヘッドコーチのもと67-15の成績を残しチームにはルーキーで#3 Devean Georgeが入団しチームには#34 Shaquille O'Nealを中心に#8 Kobe Bryantも活躍し#41 Glen Rice, #4 Ron Harper, #20 Brian Shaw, #17 Rick Fox, #2 Derek Fisher, #45 A.C. Green, #40 Travis Knightなどが在籍しプレーを共にし#8 Kobe Bryant自身は出場した66試合のうち62試合にスターターとしてプレーして平均22.5得点、6.3リバウンド、4.9アシスト、1.6スティール、0.9ブロックを記録している。MVPには#21 Tim Duncan#34 Shaquille O'Nealが同時受賞となったOakland Arena, Oakland, CAで開催された2000 NBA All-Star Gameに自身2度目で#21 Kevin Garnett, #21 Tim Duncan, #32 Jason Kidd, #34 Shaquille O'NealなどとWesternのスターターとして選出されWesternのリザーブメンバーでは#30 Rasheed Wallace, #20 Gary Payton, #4 Chris Webber, #12 John Stockton, #4 Michael Finley, #50 David Robinson, #32 Karl Maloneなどと共にプレーし、対するEasternのスターターには#3 Allen Iverson, #15 Vince Carter, #33 Alonzo Mourning, #6 Eddie Jones, #33 Grant Hillなどが選出されEastern のリザーブメンバーには#31 Reggie Miller, #20 Allan Houston, #34 Ray Allen, #13 Glenn Robinson, #55 Dikembe Mutombo, #42 Jerry Stackhouse, #32 Dale Davisが選出され試合結果はWest 137-East 126となった。NBA Play Off Western Conference First RoundRick Adelmanヘッドコーチのもと44-38の成績を残しチームには#4 Chris Webber, #21 Vlade Divac, #55 Jason Williams, #16 Peja Stojakovic, #20 Jon Barry, #00 Tony Delk, #25 Nick Anderson, #34 Corliss Williamson, #31 Scot Pollard, #51 Lawrence Funderburke, #15 Darrick Martin, #23 Tyrone Corbinなどをようした Sacramento Kingsと対戦し3-2で勝利し、NBA Play Off Western Conference SemifinalsDanny Aingeヘッドコーチがシーズン途中に解任され代わりに Scott Skilesヘッドコーチが就任しチームにはルーキーで#31 Shawn Marionな入団しチームには新加入の#1 Anfernee Hardawayほか#30 Clifford Robinson, #54 Rodney Rogers, #40 Corie Blount, #11 Todd Day, #7 Kevin Johnson, #8 Oliver Miller, #12 Toby BaileyなどをようしたPhoenix Sunsと対戦し4-1で勝利し、続くNBA Play Off Western Conference FinalsMike Dunleavyヘッドコーチのもと59-23の成績を残しチームには#30 Rasheed Wallace, #8 Steve Smith #33 Scottie Pippen, #11 Arvydas Sabonis, #3 Damon Stoudamire, #6 Bonzi Wells, #44 Brian Grant, #12 Detlef Schrempf, #50 Greg Anthony, #5 Jermaine O'Neal, #2 Stacey Augmon, #14 Gary Grantなどが在籍したPortland Trail Blazersと対戦し4-3の大接戦の末勝利し、迎えた2000 NBA FinalsではLarry Birdヘッドコーチのもと56-26の成績を残しチームにはルーキーで #24 Jonathan Bender, #10 Jeff Fosterが入団しチームには#31 Reggie Miller, #5 Jalen Rose, #45 Rik Smits, #44 Austin Croshere, #4 Travis Best, #32 Dale Davis, #13 Mark Jackson, #14 Sam Perkins, #9 Derrick McKey, #17 Chris Mullin, #55 Zan Tabakなどが在籍したIndiana Pacersと対戦し見事4-2で勝利し2009 NBA Championに輝いている。 2000-01seasonLos Angeles LakersPhil Jacksonヘッドコーチのもと56-26の成績を残しチームにはルーキーで#35 Mark Madsen, #14 Stanislav Medvedenkoなどが入団しチームには#34 Shaquille O'Nealを中心に#8 Kobe Bryantも活躍し#2 Derek Fisher, #17 Rick Fox, #54 Horace Grant, #5 Robert Horry, #20 Brian Shaw, #10 Tyronn Lue, #3 Devean George, #4 Ron Harper, #40 Greg Fosterなどが在籍しプレーを共にし#8 Kobe Bryant自身は出場した68試合全てにスターターとしてプレーして平均28.5得点、5.9リバウンド、5.0アシスト、1.7スティール、0.6ブロックを記録している。MVP#3 Allen Iversonが輝く事になったMCI Center, Washington, DCで行われた2001 NBA All-Star GameにWesternのスターターとして#32 Jason Kidd, #4 Chris Webber, #21 Tim Duncan, #21 Kevin Garnettと共に選出されWesternのリザーブメンバーには#30 Rasheed Wallace, #4 Michael Finley, #20 Gary Payton, #24 Antonio McDyess, #50 David Robinson, #21 Vlade Divac, #32 Karl Maloneなどと共にプレーし、対するEasternのスターターには#3 Allen Iverson, #15 Vince Carter, #1 Tracy McGrady, #33 Antonio Davis, #14 Anthony Masonに加えEasternのリザーブメンバーには#55 Dikembe Mutombo, #34 Ray Allen, #3 Stephon Marbury, #13 Glenn Robinson, #8 Latrell Sprewell, #42 Jerry Stackhouse, #20 Allan Houstonが選出され試合は第3Qまでの20点差を跳ね返しEast 111-West 110という結果に終わった。NBA Play Off Western Conference First RoundMike Dunleavyヘッドコーチのもと50-32の成績を残しチームには#3 Damon Stoudamire, #8 Steve Smith, #30 Rasheed Wallace, #11 Arvydas Sabonis, #12 Detlef Schrempf, #2 Stacey Augmon, #1 Rod Strickland, #50 Greg Anthony, #34 Dale Davis, #55 Will Perdue, #4 Antonio Harveyなどが在籍したPortland Trail Blazersと対戦し3-0のスウィ―プで勝利し、NBA Play Off Western Conference Semifinalsでは Rick Adelmanヘッドコーチのもと55-27の成績を残しチームにはルーキーで#5 Hedo Turkogluが入団しチームには#4 Chris Webber, #16 Peja Stojakovic, #21 Vlade Divac, #13 Doug Christie, #55 Jason Williams, #24 Bobby Jackson, #31 Scot Pollard, #20 Jon Barry, #51 Lawrence Funderburke, #15 Darrick MartinなどをようしたSacramento Kingsと対戦して4-0のスウィ―プで勝利し、NBA Play Off Western Conference FinalsGregg Popovichヘッドコーチのもと58-24の成績を残しチームにはルーキーで#3 Ira Newbleが入団しチームには#21 Tim Duncan#50 David Robinsonの強力なツインタワーを軸に#33 Antonio Daniels, #30 Terry Porter, #6 Avery Johnson, #35 Danny Ferry, #31 Malik Rose, #32 Sean Elliott, #1 Derek Anderson, #4 Steve Kerr, #55 Samaki Walkerなどが在籍したSan Antonio Spursと対戦しここでも4-0のスウィ―プで勝利し、迎えた2001 NBA FinalsではLarry Brownヘッドコーチのもと56-26の成績を残しチームにはルーキーで#19 Raja Bellが入団し#3 Allen Iversonを中心に#8 Aaron McKie, #55 Dikembe Mutombo, #20 Eric Snow, #40 Tyrone Hill, #33 Jumaine Jones, #9 George Lynch, #50 Todd MacCulloch, #52 Matt Geiger, #5 Kevin Ollie, #23 Rodney BufordなどをようしたPhiladelphia 76ersと対戦し4-2で勝利し見事2001 NBA Championに輝いている。 2001-02seasonLos Angeles LakersPhil Jacksonヘッドコーチのもと58-24の成績を残しチームには#34 Shaquille O'Neal, #8 Kobe Bryant, #2 Derek Fisher, #17 Rick Fox, #5 Robert Horry, #3 Devean George, #52 Samaki Walker, #20 Brian Shaw, #10 Lindsey Hunter, #14 Stanislav Medvedenko, #23 Mitch Richmond, #35 Mark Madsenなどが在籍しプレーを共にし#8 Kobe Bryant自身は出場した80試合全てにスターターとしてプレーして平均25.2得点、5.5リバウンド、5.5アシスト、1.5スティール、0.4ブロックを記録している。31得点を上げる活躍をしたMVP#8 Kobe Bryant自身が輝きFirst Union Center, Philadelphia, PAで開催された2002 NBA All-Star GameにEasternのスターターとして#3 Allen Iverson, #23 Michael Jordan, #55 Dikembe Mutombo, #8 Antoine Walker, #5 Jason Kiddが選出されEasternのリザーブメンバーには#34 Ray Allen, #1 Tracy McGrady, #34 Paul Pierce, #33 Shareef Abdur-Rahim, #7 Jermaine O'Neal, #33 Alonzo Mourning, #1 Baron Davisが選出されプレーを共にした。またWesternのスターターとして#21 Tim Duncan, #21 Kevin Garnett, #4 Chris Webber, #3 Steve Francisと共に選出されWesternのリザーブメンバーには#41 Dirk Nowitzki, #13 Steve Nash, #20 Gary Payton, #42 Elton Brand, #16 Peja Stojakovic, #10 Wally Szczerbiakが選出され対戦したWest 135-East 120の結果に終わった。NBA Play Off Western Conference First RoundMaurice Cheeksヘッドコーチのもと49-33の成績を残しチームには#30 Rasheed Wallace, #33 Scottie Pippen, #1 Derek Anderson, #6 Bonzi Wells, #21 Ruben Patterson, #3 Damon Stoudamire, #25 Steve Kerr, #40 Shawn Kemp, #9 Rick Brunson, #14 Chris Dudleyなどが在籍したPortland Trail Blazersと対戦し3-0のスウィ―プで勝利し、続くNBA Play Off Western Conference SemifinalsではGregg Popovichヘッドコーチのもと58-24の成績を残しチームにはルーキーで#9 Tony Parkerが入団しチームには#21 Tim Duncanを中心に#31 Malik Rose, #8 Steve Smith, #33 Antonio Daniels, #12 Bruce Bowen, #35 Danny Ferry, #18 Cherokee Parks, #5 Charles Smithなどが在籍したSan Antonio Spursと対戦し4-1で勝利し、NBA Play Off Western Conference FinalsではRick Adelmanヘッドコーチのもと61-21の成績を残しチームにはルーキーで#3 Gerald Wallaceが入団しチームには#4 Chris Webber, #10 Mike Bibby, #21 Vlade Divac, #13 Doug Christie, #24 Bobby Jackson, #16 Peja Stojakovic, #5 Hedo Turkoglu, #31 Scot Pollard, #51 Lawrence Funderburke, #52 Chucky BrownなどをようしたSacramento Kingsと対戦し4-3の大接戦の末勝利し、迎えた2002 NBA FinalsではByron Scottヘッドコーチのもと52-30の成績を残しチームにはルーキーで#24 Richard Jefferson, #35 Jason Collins, #21 Brian Scalabrineなどが入団しチームには#5 Jason Kiddのほか#6 Kenyon Martin, #2 Keith Van Horn, #30 Kerry Kittles, #12 Lucious Harris, #34 Aaron Williams, #11 Todd MacCulloch, #8 Anthony Johnsonなどが在籍したNew Jersey Netsと対戦し4-0のスウィ―プで勝利し見事2002 NBA Championに輝いている。また3年連続の3ピートをチームメイトの#34 Shaquille O'Nealと共に達成している。 2002-03seasonLos Angeles LakersPhil Jacksonヘッドコーチのもと50-32の成績を残しチームにはルーキーで#12 Jannero Pargo, #21 Kareem Rushなどが入団しチームには#8 Kobe Bryant, #34 Shaquille O'Neal, #2 Derek Fisher, #3 Devean George, #5 Robert Horry, #20 Brian Shaw, #14 Stanislav Medvedenko, #35 Mark Madsenなどが在籍しプレーを共にし#8 Kobe Bryant自身はチーム1位となる出場した82試合全てにスターターとしてプレーして平均30.0得点、6.9リバウンド、5.9アシスト、2.2スティール、0.8ブロックを記録している。2002-03season途中にMVP#21 Kevin Garnettが輝きPhilips Arena, Atlanta, GAで開催された2003 NBA All-Star Gameに対するEasternのスターターとして#3 Allen Iverson, #1 Tracy McGrady, #7 Jermaine O'Neal, #3 Ben Wallace, #23 Michael Jordanが選出されEasternのリザーブメンバーには#5 Jason Kidd, #15 Vince Carter, #34 Paul Pierce, #52 Brad Miller, #24 Jamal Mashburn, #8 Antoine Walker, #11 Zydrunas Ilgauskasが選出されプレーを共にした。また自身が選出されたWesternのスターターには#21 Kevin Garnett, #21 Tim Duncan, #3 Steve Francis, #11 Yao Mingも選出されWesternのリザーブメンバーには#34 Shaquille O'Neal, #31 Shawn Marion, #41 Dirk Nowitzki, #13 Steve Nash, #20 Gary Payton, #3 Stephon Marbury, #16 Peja Stojakovicが選出されプレーしたこの試合はWest 155-East 145と 2OTにもつれ込む大接戦を演じた。NBA Play Off Western Conference First RoundFlip Saundersヘッドコーチのもと51-31の成績を残しチームにはルーキーで#29 Mike Wilksが入団しチームには#21 Kevin Garnettを中心に#16 Troy Hudson, #10 Wally Szczerbiak, #25 Marc Jackson, #8 Rasho Nesterovic, #9 Kendall Gill, #44 Anthony Peeler, #1 Rod Strickland, #20 Gary Trent, #32 Joe Smith, #3 Loren Woodsなどをようした Minnesota Timberwolvesと対戦し4-2で勝利し、NBA Play Off Western Conference SemifinalsではGregg Popovichヘッドコーチのもと60-22の成績を残しチームにはルーキーで#20 Manu Ginobili, #23 Devin Brownらが入団しチームには#21 Tim Duncan, #9 Tony Parker, #3 Stephen Jackson, #31 Malik Rose, #50 David Robinson, #12 Bruce Bowen, #10 Speedy Claxton, #42 Kevin Willis, #25 Steve Kerr, #35 Danny Ferry, #8 Steve Smithなどをようしこのシーズンの2003 NBA Championに輝くことになるSan Antonio Spursのまえに2-4で敗退した。 2003-04seasonLos Angeles LakersPhil Jacksonヘッドコーチのもと56-26の成績を残しチームにはルーキーで#4 Luke Walton, #5 Ime Udokaなどが入団しチームには#8 Kobe Bryant, #34 Shaquille O'Nealを中心に新加入で#11 Karl Malone, #20 Gary Paytonなども加わり#2 Derek Fisher, #3 Devean George, #14 Stanislav Medvedenko, #17 Rick Fox, #7 Brian Cook, #3 Bryon Russellなどが在籍しプレーを共にし#8 Kobe Bryant自身はチーム1位となる出場した65試合のうち64試合にスターターとしてプレーして平均24.0得点、5.5リバウンド、5.1アシスト、1.7スティール、0.4ブロックを記録している。2003-04seasonの途中にMVP#34 Shaquille O'Nealが輝いたSTAPLES Center, Los Angeles, CAで開催された2004 NBA All-Star GameにEasternのリザーブメンバーとして#6 Kenyon Martin, #21 Jamaal Magloire, #23 Ron Artest(Metta World Peace), #1 Baron Davis, #22 Michael Redd, #34 Paul Pierce, #5 Jason Kiddが選出されEasternのスターターには#7 Jermaine O'Neal, #1 Tracy McGrady, #3 Ben Wallace, #3 Allen Iverson, #15 Vince Carterが選出され対するWesternのスターターとして#21 Kevin Garnett, #21 Tim Duncan, #3 Steve Francis, #11 Yao Mingと共に選出されWesternのリザーブメンバーとして#34 Shaquille O'Neal, #34 Ray Allen, #16 Peja Stojakovic, #19 Sam Cassell, #41 Dirk Nowitzki, #47 Andrei Kirilenko, #52 Brad Millerが選出されプレーしWest 136-East 132の結果に終わっている。NBA Play Off Western Conference First RoundJeff Van Gundyヘッドコーチのもと45-37の成績を残しチームには#3 Steve Francis, #11 Yao Mingを中心にチームには#21 Jim Jackson, #5 Cuttino Mobley, #2 Maurice Taylor, #13 Kelvin Cato, #9 Bostjan Nachbar, #30 Clarence Weatherspoon, #35 Scott Padgett, #31 Mark Jackson, #52 Eric Piatkowski, #29 Mike WilksなどをようしたHouston Rocketsと対戦し4-1で勝利し、NBA Play Off Western Conference SemifinalsGregg Popovichヘッドコーチのもと57-25の成績を残しチームにはルーキーで#3 Matt Carrollが入団しチームには#21 Tim Duncan, #9 Tony Parker, #20 Manu Ginobiliらを軸にほか#14 Hedo Turkoglu, #5 Robert Horry, #12 Bruce Bowen, #8 Rasho Nesterovic, #23 Devin Brown, #1 Jason Hart, #17 Charlie Ward, #31 Malik Rose, #42 Kevin WillisなどをようしたSan Antonio Spursと対戦し4-2で勝利し、NBA Play Off Western Conference FinalsFlip Saundersヘッドコーチのもと58-24の成績を残しチームにはルーキーで#44 Ndudi Ebi, #4 Keith McLeodなどが入団しチームには#21 Kevin Garnettを中心に#8 Latrell Sprewell, #19 Sam Cassell, #10 Wally Szczerbiak, #23 Trenton Hassell, #32 Fred Hoiberg, #15 Darrick Martin, #40 Ervin Johnson, #35 Mark Madsen, #34 Michael Olowokandi, #20 Gary Trent, #3 Oliver MillerなどをようしたMinnesota Timberwolvesと対戦し4-2で勝利し、迎えた2004 NBA FinalsではLarry Brownヘッドコーチのもと54-28の成績を残しチームにはルーキーで#31 Darko Milicicが入団しチームには#32 Richard Hamilton, #1 Chauncey Billups, #30 Rasheed Wallace, #3 Ben Wallace, #22 Tayshaun Prince, #34 Corliss Williamson, #13 Mehmet Okur, #7 Mike James, #10 Lindsey Hunter, #41 Elden Campbell, #8 Darvin Hamなどのメンバーが揃ったDetroit Pistonsのまえに1-4で敗退している。 2004-05 seasonLos Angeles LakersRudy Tomjanovichヘッドコーチがシーズン途中に解任され代わりに Frank Hamblenヘッドコーチが就任しチームにはルーキーで#18 Sasha Vujacicが入団しチームには#8 Kobe Bryantを中心にトレードで新加入した#1 Caron Butler, #7 Lamar Odomなどが在籍ほか#9 Chucky Atkins, #20 Jumaine Jones, #31 Chris Mihm, #4 Luke Walton, #55 Brian Grantなどが在籍しプレーを共にし#8 Kobe Bryant自身はチーム1位となる出場した66試合全てにスターターとしてプレーして平均27.6得点、5.9リバウンド、6.0アシスト、1.3スティール、0.8ブロックを記録している。2004-05 season中にMVPには#3 Allen Iversonが輝きPepsi Center, Denver, COで開催された2005 NBA All-Star Gameに対するEasternのリザーブメンバーには#3 Dwyane Wade, #7 Jermaine O'Neal, #11 Zydrunas Ilgauskas, #34 Paul Pierce, #0 Gilbert Arenas, #3 Ben Wallace, #4 Antawn Jamisonが選出されEasternのスターターには#3 Allen Iverson, #23 LeBron James, #32 Shaquille O'Neal, #15 Vince Carter, #33 Grant Hillが選出されWesternのスターターとして#1 Tracy McGrady, #11 Yao Ming, #21 Tim Duncan, #21 Kevin Garnettと共に選出されWesternのリザーブメンバーには#34 Ray Allen, #20 Manu Ginobili, #41 Dirk Nowitzki, #1 Amare Stoudemire, #13 Steve Nash, #31 Shawn Marion, #7 Rashard Lewisが選出されており結果はEast 125-West 115に終わっている。 2005-06 seasonLos Angeles LakersPhil Jacksonヘッドコーチのもと45-37の成績を残しチームにはルーキーで#17 Andrew Bynum, #21 Ronny Turiafなどが入団しチームには#8 Kobe Bryantを中心に#7 Lamar Odom, #54 Kwame Brown, #4 Luke Walton, #1 Smush Parker, #43 Brian Cook, #18 Sasha Vujacic, #3 Devean George, #24 Jim Jackson, #2 Aaron McKieなどが在籍しプレーを共にし#8 Kobe Bryant自身はチーム1位となる出場した80試合全てにスターターとしてプレーして平均35.4得点、5.3リバウンド、4.5アシスト、1.8スティール、0.4ブロックを記録している。また2005-06 seasonの途中にToyota Center, Houston, TXで行われた2006 NBA All-Star Gameでは MVP#23 LeBron Jamesが輝きEasternのスターターとして#3 Dwyane Wade, #23 LeBron James, #3 Allen Iverson, #32 Shaquille O'Neal, #15 Vince Carterらが選出されプレー、Easternの控え選手にはDetroit Pistonsより4人の選手が選ばれ#3 Ben Wallace, #30 Rasheed Wallace, #1 Chauncey Billups, #32 Richard Hamiltonらで他に#4 Chris Bosh, #34 Paul Pierce, #0 Gilbert Arenasなども選出された。また対戦したWesternのスターターとして#13 Steve Nash, #1 Tracy McGrady, #21 Tim Duncan, #11 Yao Mingと共に選出されWesternのリザーブメンバーには#9 Tony Parker, #34 Ray Allen, #31 Shawn Marion, #42 Elton Brand, #21 Kevin Garnett, #41 Dirk Nowitzki, #16 Pau Gasolが選出されプレーを共にした。East 122-West 120の結果に終わった。NBA Play Off Western Conference First RoundMike D'Antoniヘッドコーチのもと54-28の成績を残したが#32 Amare Stoudemire自身は怪我の為わずか3試合しかプレー出来ずそんな中でチームは#13 Steve Nash, #31 Shawn Marion, #3 Boris Diaw, #2 Tim Thomas, #10 Leandro Barbosa, #19 Raja Bell, #22 James Jones, #50 Eddie House, #55 Brian Grantなどのメンバーで快進撃を続けるPhoenix Sunsと対戦して3-4の接戦の末敗退している。 2006-07 seasonLos Angeles LakersPhil Jacksonヘッドコーチのもと42-40の成績を残し#8 Kobe Bryant自身心機一転背番号を#8から#24 Kobe Bryantに変更し2006-07 seasonのスタート切った。チームは#24 Kobe Bryantを中心に#7 Lamar Odom, #54 Kwame Brown, #4 Luke Walton, #5 Jordan Farmar, #6 Maurice Evans, #17 Andrew Bynum, #43 Brian Cook, #3 Shammond Williams, #21 Ronny Turiaf, #18 Sasha Vujacic, #1 Smush Parkerなどが在籍しプレーを共にし#24 Kobe Bryant自身はチーム1位となる出場した77試合全てにスターターとしてプレーして平均31.6得点、5.7リバウンド、5.4アシスト、1.4スティール、0.5ブロックを記録している。2006-07 season途中にMVPには#24 Kobe Bryant自身が輝きThomas & Mack Center, Las Vegas, NVで開催された2007 NBA All-Star GameにWesternのスターターとして#1 Tracy McGrady, #41 Dirk Nowitzki, #21 Tim Duncan, #21 Kevin Garnettと共に選出されWesternのリザーブメンバーには#15 Carmelo Anthony, #9 Tony Parker, #31 Shawn Marion, #34 Ray Allen, #1 Amare Stoudemire, #5 Josh Howard, #13 Mehmet Okurが選出されプレーを共にし対するEasternのスターターとして#23 LeBron James, #3 Dwyane Wade, #4 Chris Bosh, #0 Gilbert Arenas, #32 Shaquille O'Nealが選出されEasternのリザーブメンバーには#7 Jermaine O'Neal, #12 Dwight Howard, #2 Joe Johnson, #1 Chauncey Billups, #15 Vince Carter, #3 Caron Butler, #32 Richard Hamiltonが選出されこの2007 NBA All-Star Gameの結果はWest 153-East 132に終わっている。 NBA Play Off Western Conference First RoundMike D'Antoniヘッドコーチのもと61-21の成績を残しチームは#1 Amare Stoudemireが復帰し#13 Steve Nash, #10 Leandro Barbosa, #31 Shawn Marion, #19 Raja Bell, #3 Boris Diaw, #2 Marcus Banks,#8 Jalen Rose, #52 Eric PiatkowskiなどのメンバーをようしたPhoenix Sunsと対戦し1-4で敗退している。 2007-08 seasonLos Angeles LakersPhil Jacksonヘッドコーチのもと57-25の成績を残しチームには#24 Kobe Bryant中心に#2 Derek Fisher, #3 Trevor Ariza, #7 Lamar Odom, #16 Pau Gasolなどで #17 Andrew Bynumを怪我で欠くなかベンチには#5 Jordan Farmar, #77 Vladimir Radmanovic, #21 Ronny Turiaf, #18 Sasha Vujacic, #4 Luke Walton, #28 Didier Ilunga-Mbengaなどが在籍しプレーを共にし#24 Kobe Bryant自身はチーム1位となる出場した82試合全てにスターターとしてプレーして平均28.3得点、6.3リバウンド、5.4アシスト、1.8スティール、0.5ブロックを記録している。2007-08 season途中にMVPには#23 LeBron Jamesが輝きNew Orleans Arena, New Orleans, LAで開催された2008 NBA All-Star Gameに対するEasternのリザーブメンバーには#20 Ray Allen, #34 Paul Pierce, #1 Chauncey Billups, #32 Richard Hamilton, #36 Rasheed Wallace, #2 Joe Johnson, #4 Antawn Jamisonが選出されEasternのスターターには#12 Dwight Howard, #23 LeBron James, #5 Jason Kidd, #3 Dwyane Wade, #4 Chris Boshが選出されWesternのスターターとして#21 Tim Duncan, #15 Carmelo Anthony, #3 Allen Iverson, #11 Yao Mingと共に選出されWesternのリザーブメンバーには#7 Brandon Roy, #3 Chris Paul, #41 Dirk Nowitzki, #1 Amare Stoudemire, #13 Steve Nash, #5 Carlos Boozer, #30 David Westが選出されており結果はEast 134-West 128に終わっている。NBA Play Off Western Conference First RoundではGeorge Karlヘッドコーチのもと50-32の成績を残しチームには#15 Carmelo Anthony, #3 Allen Iverson, #1 J.R. Smith, #43 Linas Kleiza, #4 Kenyon Martin, #21 Eduardo Najera, #31 Nene, #23 Marcus Camby, #25 Anthony Carter, #5 Yakhouba Diawara, #12 Chucky Atkins, #45 Steven HunterなどをようしたDenver Nuggetsと対戦し4-0のスウィ―プで勝利し、NBA Play Off Western Conference SemifinalsJerry Sloanヘッドコーチのもと54-28の成績を残しチームにはルーキーで#44 Kyrylo Fesenkoが入団しチームには#8 Deron Williams, #13 Mehmet Okur, #47 Andrei Kirilenko, #9 Ronnie Brewer, #26 Kyle Korver, #15 Matt Harpring, #24 Paul Millsap, #9 Ronnie Price, #34 C.J. Miles, #3 Jason Hart, #31 Jarron CollinsなどをようしたUtah Jazzと対戦し4-2で勝利し、NBA Play Off Western Conference FinalsGregg Popovichヘッドコーチのもと56-26の成績を残しチームには#9 Tony Parker, #21 Tim Duncan, #20 Manu Ginobiliなどを軸に#4 Michael Finley, #12 Bruce Bowen, #5 Ime Udoka, #17 Brent Barry, #40 Kurt Thomas, #7 Fabricio Oberto, #25 Robert Horry, #3 Damon Stoudamire, #11 Jacque Vaughn, #15 Matt BonnerなどをようしたSan Antonio Spursと対戦し4-1で勝利し、迎えた2008 NBA FinalsではDoc Riversヘッドコーチのもと66-16の成績を残しチームには#5 Kevin Garnett, #20 Ray Allenが加入し#34 Paul Pierceを中心としたBig3が誕生し#9 Rajon Rondo#43 Kendrick Perkinsの成長もあり、控えには#0 Leon Powe, #11 Glen Davis, #42 Tony Allen,またベテランの #28 Sam Cassell, #93 P.J. Brown, #66 Scot Pollard, #41 James PoseyなどのメンバーをようしたBoston Celticsと対戦し2-4で敗退している。 2008-09 seasonLos Angeles LakersPhil Jacksonヘッドコーチのもと65-17の成績を残しチームにはルーキーで#9 Sun Yueが入団しチームには#24 Kobe Bryantを中心に#16 Pau Gasol, #7 Lamar Odom, #2 Derek Fisher, #17 Andrew Bynum, #12 Shannon Brown, #5 Jordan Farmar, #4 Luke Walton, #18 Sasha Vujacic, #21 Josh Powell, #28 Didier Ilunga-Mbengaなどが在籍しプレーを共にし#24 Kobe Bryant自身はチーム1位となる出場した82試合全てにスターターとしてプレーして平均26.8得点、5.2リバウンド、4.9アシスト、1.5スティール、0.5ブロックを記録している。2008-09 season途中にMVPには#24 Kobe Bryant#32 Shaquille O'Nealが同時受賞で輝きUS Airways Center, Phoenix, AZで開催された2009 NBA All-Star Gameに対するEasternのリザーブメンバーには#2 Joe Johnson, #9 Rashard Lewis, #34 Paul Pierce, #20 Ray Allen, #34 Devin Harris, #2 Mo Williams, #33 Danny Grangerが選出されEasternのスターターには#12 Dwight Howard, #23 LeBron James, #3 Dwyane Wade, #5 Kevin Garnett, #1 Allen Iversonが選出されWesternのスターターとして#3 Chris Paul, #1 Amare Stoudemire, #21 Tim Duncan, #11 Yao Mingと共に選出されWesternのリザーブメンバーには#7 Brandon Roy, #9 Tony Parker, #1 Chauncey Billups, #16 Pau Gasol, #30 David West, #41 Dirk Nowitzki, #32 Shaquille O'Nealが選出されており結果はWest 146-East 119に終わっている。NBA Play Off Western Conference First RoundJerry Sloanヘッドコーチのもと48-34の成績を残しチームにはルーキーで#41 Kosta Koufosが入団しチームには#8 Deron Williams, #5 Carlos Boozer, #24 Paul Millsap, #47 Andrei Kirilenko, #26 Kyle Korver, #9 Ronnie Brewer, #15 Matt Harpring, #34 C.J. Miles, #13 Mehmet Okur, #17 Ronnie Price, #31 Jarron Collins, #2 Brevin KnightなどをようしたUtah Jazzと対戦し4-1で勝利し、NBA Play Off Western Conference SemifinalsではRick Adelmanヘッドコーチのもと53-29の成績を残しチームには#0 Aaron Brooks, #96 Ron Artest(Metta World Peace), #4 Luis Scola, #11 Yao Ming, #13 Von Wafer, #31 Shane Battier, #14 Carl Landry, #7 Kyle Lowry, #44 Chuck Hayes, #17 Brent Barry, #43 Brian Cook, #55 Dikembe Mutomboなどをようした Houston Rocketsと対戦し4-3の接戦の末勝利し、NBA Play Off Western Conference FinalsGeorge Karlヘッドコーチのもと54-28の成績を残しチームにはルーキーで#13 Sonny Weemsが入団しチームの中心は#15 Carmelo Anthonyほか#7 Chauncey Billups, #1 J.R. Smith, #31 Nene, #4 Kenyon Martin, #30 Dahntay Jonesなどが活躍し#43 Linas Kleiza, #11 Chris Andersen, #25 Anthony Carter, #27 Johan Petro, #32 Renaldo Balkman, #6 Jason Hartなどが在籍したDenver Nuggetsと対戦し4-2で勝利し、迎えた2009 NBA FinalsStan Van Gundyヘッドコーチのもと59-23の成績を残しチームにはルーキーで#11 Courtney Leeが入団しチームには#12 Dwight Howardを中心にほか#9 Rashard Lewis, #15 Hedo Turkogluらも活躍、シーズン途中の移籍によって加入した#1 Rafer Alstonが怪我の為プレー出来なかった#14 Jameer Nelsonの分も活躍し#20 Mickael Pietrus, #7 J.J. Redick, #8 Anthony Johnson, #13 Marcin Gortat, #4 Tony Battie, #10 Tyronn Lue, #31 Adonal FoyleなどをようしたOrlando Magicと対戦し4-1で見事勝利しLos Angeles Lakers2009 NBA Championに輝いた。 またこのシリーズで#24 Kobe Bryantは自身初となる2008-09 NBA Finals MVPを獲得している。 2009-10 seasonLos Angeles LakersPhil Jacksonヘッドコーチのもと57-25の成績を残しチームには新加入で#37 Ron Artest(Metta World Peace)が加入チームは#24 Kobe Bryantを中心に#16 Pau Gasol, #2 Derek Fisher, #7 Lamar Odom, #17 Andrew Bynum, #12 Shannon Brown, #1 Jordan Farmar, #18 Sasha Vujacic, #4 Luke Walton, #21 Josh Powell, #6 Adam Morrison, #28 Didier Ilunga-Mbengaなどが在籍しプレーを共にし#24 Kobe Bryant自身はチーム1位となる出場した73試合全てにスターターとしてプレーして平均27.0得点、5.4リバウンド、5.0アシスト、1.5スティール、0.3ブロックを記録している。2009-10 season途中にMVP#3 Dwyane Wadeが輝きCowboys Stadium, Arlington, TXで開催された2010 NBA All-Star Gameに選出されるも怪我の為プレー出来なかった。結果は East 141-West 139でEasternのスターターには#23 LeBron James, #3 Dwyane Wade, #12 Dwight Howard, #2 Joe Johnson, #5 Kevin Garnettが選出されEasternのリザーブメンバーには#4 Chris Bosh, #9 Rajon Rondo, #3 Gerald Wallace, #1 Derrick Rose, #15 Al Horford, #42 David Lee, #34 Paul Pierceが選出されWesternのスターターには#15 Carmelo Anthony, #41 Dirk Nowitzki, #13 Steve Nash, #1 Amare Stoudemire, #21 Tim Duncanが選出されWesternのリザーブメンバーには#8 Deron Williams, #1 Chauncey Billups, #16 Pau Gasol, #35 Kevin Durant, #50 Zach Randolph, #35 Chris Kaman, #2 Jason Kiddが選出されプレーした。NBA Play Off Western Conference First RoundではScott Brooksヘッドコーチのもと50-32の成績を残しチームにはルーキーで#13 James Harden, #9 Serge Ibaka, #6 Eric Maynor, #23 Byron Mullensらが入団しチームには#35 Kevin Durant, #0 Russell Westbrookを中心に#22 Jeff Green, #12 Nenad Krstic, #2 Thabo Sefolosha, #4 Nick Collison, #36 Etan Thomas, #7 Kevin Ollieなどをようした Oklahoma City Thunderと対戦し4-2で勝利し、続くNBA Play Off Western Conference SemifinalsJerry Sloanヘッドコーチのもと53-29の成績を残しチームにはルーキーで#3 Eric Maynor, #23 Wesley Matthewsらが入団しチームには#8 Deron Williams, #5 Carlos Boozer, #24 Paul Millsapなどが活躍を見せほか#34 C.J. Miles, #26 Kyle Korver, #44 Kyrylo Fesenko, #17 Ronnie Price, #47 Andrei Kirilenko, #13 Mehmet Okurなどが在籍したUtah Jazzと対戦し4-0のスウィ―プで勝利し、NBA Play Off Western Conference FinalsAlvin Gentryヘッドコーチのもと54-28の成績を残しチームにはルーキーで#55 Earl Clark, #32 Taylor Griffinらが入団しチームでは#1 Amare Stoudemireを中心に#23 Jason Richardson, #13 Steve Nash, #33 Grant Hill, #8 Channing Frye, #10 Leandro Barbosa, #15 Robin Lopez, #3 Jared Dudley, #2 Goran Dragic, #17 Louis Amundsonなどが在籍したPhoenix Sunsと対戦し4-2で勝利し、3年連続でNBA Finalsへと進んだ。 2010 NBA FinalsではDoc Riversヘッドコーチのもと50-32の成績を残しチームには#34 Paul Pierce, #20 Ray Allen, #5 Kevin Garnettを軸に成長著しい#9 Rajon Rondoほか#11 Glen Davis, #30 Rasheed Wallace, #43 Kendrick Perkinsなども活躍#42 Tony Allen, #4 Nate Robinson, #7 Marquis Daniels, #40 Michael Finley, #44 Brian ScalabrineなどをようしたBoston Celticsと対戦し4-3とゲーム7まで分からない大接戦の中シリーズ途中で怪我をしプレー不可能になった#43 Kendrick Perkinsに加え見事Los Angeles Lakersはゲーム7を勝利しNBA Championに輝いた。2年連続でシリーズを通して活躍した#24 Kobe Bryant2009-10 NBA Finals MVPを受賞した。 2010-11 seasonLos Angeles LakersPhil Jacksonヘッドコーチのもと57-25の成績を残しチームにはルーキーで#45 Derrick Caracter, #3 Devin Ebanksらが入団しチームには#24 Kobe Bryantを中心に#17 Andrew Bynum, #16 Pau Gasol, #7 Lamar Odom, #15 Ron Artest(Metta World Peace), #2 Derek Fisher, #12 Shannon Brown, #9 Matt Barnes, #5 Steve Blake, #50 Theo Ratliff, #32 Joe Smith, #4 Luke Waltonなどが在籍しプレーを共にし#24 Kobe Bryant自身はチーム1位となる出場した82.試合全てにスターターとしてプレーして平均25.3得点、5.1リバウンド、4.7アシスト、1.2スティール、0.1ブロックを記録している。2010-11 season途中にMVP#24 Kobe Bryant自身が輝きLos Angeles Lakersの地元STAPLES Center, Los Angeles, CAで開催された2011 NBA All-Star Gameに選出され試合結果はWest 148-East 143でWesternのスターターとして#35 Kevin Durant, #3 Chris Paul, #15 Carmelo Anthony, #21 Tim Duncanと共に選出されWesternのリザーブメンバーには#16 Pau Gasol, #20 Manu Ginobili, #8 Deron Williams, #32 Blake Griffin, #41 Dirk Nowitzki, #0 Russell Westbrook, #42 Kevin Loveが選出され対するEasternのスターターには#6 LeBron James, #1 Derrick Rose, #1 Amare Stoudemire, #12 Dwight Howard, #3 Dwyane Wadeが選出されEasternのリザーブメンバーには#1 Chris Bosh, #9 Rajon Rondo, #2 Joe Johnson, #20 Ray Allen, #34 Paul Pierce, #15 Al Horford, #5 Kevin Garnettが選出され戦った。NBA Play Off Western Conference First RoundMonty Williamsヘッドコーチのもと46-36の成績を残しチームにはルーキーで#20 Quincy Pondexterが入団しチームには#3 Chris Paulを中心に#24 Carl Landry, #1 Trevor Ariza, #8 Marco Belinelli, #50 Emeka Okafor, #2 Jarrett Jack, #33 Willie Green, #34 Aaron Gray, #14 Jason SmithなどをようしたNew Orleans Hornetsと対戦し4-2で勝利し、NBA Play Off Western Conference SemifinalsRick Carlisleヘッドコーチのもと57-25の成績を残しチームには#41 Dirk Nowitzki, #31 Jason Terry, #0 Shawn Marion, #2 Jason Kidd, #6 Tyson Chandler, #11 Jose Barea, #16 Peja Stojakovic, #92 DeShawn Stevenson, #33 Brendan Haywood, #28 Ian Mahinmi, #35 Brian Cardinal, #13 Corey Brewerなどが在籍し、他#4 Caron Butlerが怪我の為プレー出来ないDallas Mavericksのまえに0-4のスウィ―プ負けを期した。 2011-12 seasonLos Angeles LakersMike Brownヘッドコーチのもと41-25の成績を残しチームにはルーキーで#0 Andrew Goudelock, #1 Darius Morrisらが入団しチームには#24 Kobe Bryantを中心にほか#17 Andrew Bynumも急成長を見せ#16 Pau Gasol, #5 Steve Blake, #15 Metta World Peace, #9 Matt Barnes, #3 Devin Ebanksなどが在籍し新加入で#6 Josh McRoberts, #14 Troy Murphy, #27 Jordan Hill, #7 Ramon Sessionsなども活躍チームにはトレードするまで一時#28 Jason Kapono, #4 Luke Waltonなども在籍しプレーを共にし#24 Kobe Bryant自身はチーム1位となる出場した58試合全てにスターターとしてプレーして平均27.9得点、5.4リバウンド、4.6アシスト、1.2スティール、0.3ブロックを記録している。2011-12 season途中にMVP#35 Kevin Durantが輝いたAmway Center, Orlando, FLで開催された2012 NBA All-Star GameにWesternのスターターとして#35 Kevin Durant, #32 Blake Griffin, #3 Chris Paul, #17 Andrew Bynumと共に選出されWesternのリザーブメンバーには#0 Russell Westbrook, #42 Kevin Love, #33 Marc Gasol, #9 Tony Parker, #12 LaMarcus Aldridge, #13 Steve Nashが選出され対するEasternのスターターとして#3 Dwyane Wade, #6 LeBron James, #12 Dwight Howard, #7 Carmelo Anthony, #1 Derrick Roseが選出されEasternのリザーブメンバーには#1 Chris Bosh, #8 Deron Williams, #9 Rajon Rondo, #9 Andre Iguodala, #34 Paul Pierce, #55 Roy Hibbert, #9 Luol Dengが選出されプレーし結果West 152-East 149で終わっている。NBA play Off Western Conference First RoundGeorge Karlヘッドコーチのもと38-28の成績を残しチームにはルーキーで#35 Kenneth Faried, #1 Jordan Hamiltonらが入団しチームには#3 Ty Lawson, #8 Danilo Gallinari, #24 Andre Miller, #6 Arron Afflalo, #7 Al Harrington, #34 JaVale McGee, #13 Corey Brewer, #25 Timofey MozgovなどをようしたDenver Nuggetsと対戦し4-3の大接戦の末勝利し、NBA Play Off Western Conference SemifinalsScott Brooksヘッドコーチのもと47-19の成績を残しチームにはルーキーで#15 Reggie Jacksonが入団しチームの中心は#35 Kevin Durant#0 Russell Westbrookでほか#13 James Harden, #9 Serge Ibakaなども活躍を見せシーズン途中にはベテランの#37 Derek Fisherも加わり#2 Thabo Sefolosha, #5 Kendrick Perkins, #4 Nick Collison, #14 Daequan Cook, #8 Nazr Mohammed, #45 Cole Aldrichなどが在籍プレーするOklahoma City Thunderに1-4で敗退している。

Continue reading ↑

Kobe Bryant Profile

Position:
Guard
Height:
198cm
Weight:
91kg
Born:
11/3/1996, Pennsylvania, USA
College:
Other
Team:
Los Angeles Lakers, Western Conference
Jersey Status:
Pro-cut

Other Status

LIMITED EDITION,

Home Jersey