NBA,バスケットボールミュージアムLayupshot

Contact us 免責事項

© 2012-2017 Layupshot.

Owner. Tadahiro Hakamata

Photo. Kentaro Sawaguchi

Design. PLANPOT DESIGN WORKS

JERSEY MUSEUM

HOME / JERSEY MUSEUM / 2014-2015 / Charlotte Hornets / Marvin Williams

Marvin Williams #2
- Charlotte Hornets - 2014-2015

NBA Game Worn jersey museum "Layupshot"館内で展示されているジャージは全て販売可能です。(既に販売済みのジャージも含まれています) サイト内 "Price negotiation" ボタンより簡単なフォームにご記入頂くと、在庫の有無・販売価格をメールにて返信致します。 館内に展示されているジャージは、NBA選手が着用したもの、もしくは着用するために用意された大変貴重なものばかりです。

All jerseys display within the NBA Game Worn jersey museum "Layupshot" are available for purchase. (Some jerseys on display are already sold) We will get back to you with the availability and price information if you contact us through the "Price Negotiation" button. Jerseys displayed in this museum have been worn, or issued to be worn by actual NBA players.

NBA Game Worn jersey museum "Layupshot" 博物馆内展示的所有球衣都是可以选购的(已售出的款式也在包含展示范围内)。 在本网页内,您只需点击 "Price negotiation" 图标,并简单的填写相应信息,相关球衣的库存和价格会通过EMAIL的形式发送给您。 本馆展示的所有球衣都是NBA球员亲着,或是比赛备用款式。均在市面上不可多得,具有很高收藏价值意义。

Jersey Description

This jersey worn in a Kia NBA Tip-Off 2014 game during the 2014-15 National Basketball Association regular season, by #2 Marvin Williams of the Charlotte Hornets. This jersey was worn by Marvin Williams during the Hornets' 108-106 loss to the Milwaukee Bucks on October 29, 2014 at Time Warner Arena in Charlotte, NC. He played 33 minutes and registered 19 points with 3 assists and 4 rebounds. This was the first game that the team wore their new teal alternate jerseys. "2" is handwritten on jock tag.

Layup Navigation

2005年の NBA Draft全体第2位でUniversity of North CarolinaよりAtlanta Hawksに入団する。University of North Carolina時代には上級生の#42 Sean May, #1 Rashad McCants, #5 Raymond Feltonなどと共にプレーし #8 Deron Williams, #2 Luther Head などが中心のUniversity of Illinois at Urbana-Champaign2005 NCAAトーナメント Finalで対戦して75-70で勝利して見事2005 NCAA Tournament Championに輝いている。 2005年のNBA Draft第1位指名はUniversity of Utah出身の#6 Andrew Bogutが受けたがオーストラリア代表選手としてNBA Draft第1位指名は初めてであった彼に続き2位指名をUniversity of North Carolinaより#24 Marvin Williamsが受けAtlanta Hawksに入団する。第3位にUniversity of Illinois at Urbana-Champaignより #8 Deron Williamsが、4位にWake Forest University出身の #3 Chris Paulが、5位には2位指名を受けた#24 Marvin Williams と同じUniversity of North Carolinaより#5 Raymond Feltonが同じく13位に#42 Sean May14位に#1 Rashad McCantsらが指名を受ける。2005年のNCAAの覇者University of North Carolinaより4名の入団がこの2005年にあった。7位にはUniversity of Connecticutより#31 Charlie Villanuevaが指名を受ける。そして8位にはUniversity of Arizonaから #8 Channing Fryeが指名を受ける事に。9位にArizona State University出身の#1 Ike Dioguが指名を受け10位には2012 NBA All-Star Game に初選出された#17 Andrew Bynum もこの2005年にNBA入りしている。15位にはTexas A&M Universityから#21 Antoine Wrightが16位にOklahoma State University出身の#14 Joey Grahamが続いてUniversity of New MexicoからはIndiana Pacers の中心プレーヤーである#33 Danny Grangerが17位指名を受ける、続く18位には#7 Andray Blatche同様に高卒で#14 Gerald Green#7 Andray Blatche の49位の次に50位でProvidence Collegeより#8 Ryan Gomesなども指名を受けNBA入りを果たした。19位にSyracuse Universityから#21 Hakim Warrickが、21位にUniversity of Washingtonより #4 Nate Robinsonが、22位Georgia Institute of Technologyより#1 Jarrett Jackが、23位にUniversity of Louisvilleから#32 Francisco Garciaが、そして24位にUniversity of Illinois at Urbana-Champaignより #2 Luther Headが指名を受けている。25位には#27 Johan Petroが指名を受け、26位にUniversity of Cincinnatiより#54 Jason Maxiellが、27位にUniversity of Missouriから#43 Linas Kleizaが、30位にUniversity of Floridaより #42 David Leeが、31位に #8 Channing Frye と同じUniversity of Arizonaより#20 Salim Stoudamireが、33位にLouisiana State University出身の#30 Brandon Bassが、34位に#34 C.J. Milesが、36位にトルコ出身の#7 Ersan Ilyasovaと続き54位にはUniversity of California, Los Angelesから#1 Dijon Thompsonが、57位にはMarcin Gortatが指名を受けNBA入りを果たしている。 その他37位にはGonzaga Universityより#21 Ronny Turiafが、40位には#8 Monta EllisNBA入りしている。 またこの2005~06seasonのAll-Rookie 1st Team#6 Andrew Bogut, #3 Chris Paul, #31 Charlie Villanueva2005年のNCAAトーナメント決勝で対戦したUniversity of Illinois at Urbana-Champaign 出身の #8 Deron Williamsも共に選出されている。 2005-06seasonより Atlanta Hawks に在籍しルーキーで加入した#24 Marvin Williamsと共に同じくルーキーで #20 Salim Stoudamireとチームには#3 Al Harrington, #27 Zaza Pachulia, #5 Josh Smith, #1 Josh Childressなどと一緒に活躍 #2 Joe Johnsonはチームトップの平均20.2得点の活躍を見せシーズン82試合全てに先発出場しているなか#24 Marvin Williamsは79試合に出場しうち7試合に先発した。 2006-07seasonには Atlanta Hawks#2 Joe Johnson, #5 Josh Smithが活躍を見せ他#27 Zaza Pachulia, #1 Josh Childress, #10 Tyronn Lue, #12 Speedy Claxton, #8 Anthony Johnson, #42 Lorenzen Wrightなどが在籍するなか#24 Marvin Williamsは出場した63試合全てで先発出場しスターターに定着した。 2007-08seasonAtlanta Hawksにはルーキーで#15 Al Horford, #4 Acie Lawが加わり#10 Mike Bibby#8 Anthony Johnson, #42 Lorenzen Wright, #10 Tyronn LueなどのSacramento Kingsとの間でトレードがあり移籍してきた。この2007~08シーズンのNBA Play Off Eastern Conference First Round#5 Kevin Garnett, #20 Ray Allenが加入し#34 Paul Pierceと共にBig3が誕生、#9 Rajon Rondo#43 Kendrick Perkinsの成長もあり、控えには#0 Leon Powe, #11 Glen Davis, #42 Tony Allen,またベテランの #28 Sam Cassell, #93 P.J. Brown, #66 Scot Pollard, #41 James Posey, などで2008 NBA ChampionとなるBoston Celticsに3-4と食い下がるも敗退してしまう事に。 #2 Joe Johnson, #5 Josh Smithに次ぐ活躍を見せ先発出場80試合し平均14.8得点を記録した。 2008-09 seasonAtlanta Hawks#2 Joe Johnsonを中心に#5 Josh Smith, #10 Mike Bibby, #24 Marvin Williams, #22 Ronald Murray, #15 Al Horford,#1 Maurice Evansなどが活躍、NBA Play off Eastern Conference Semifinalsまで勝ち進み#23 LeBron Jamesを中心に#11 Zydrunas Ilgauskas, #13 Delonte West, #10 Wally Szczerbiak, #1 Daniel Gibson, #17 Anderson Varejao, #4 Ben Wallaceといったメンバーで勝ち上がってきたCleveland Cavaliersと対戦して0-4のスウィ―プ負けを期した。 2009-10seasonには Atlanta Hawksにルーキーで#0 Jeff Teagueが入団し新加入で#32 Joe Smith, #11 Jamal Crawford などが加わった。チーム内では #2 Joe Johnsonがシーズンで平均21.3得点でチームを引っ張り、プレーオフへとコマを進めNBA Eastern Conference First Round#3 Brandon Jennings, #15 John Salmons, #7 Ersan Ilyasova, #24 Jerry Stackhouse, #40 Kurt Thomas などがいるMilwaukee Bucks相手に4-3で勝利してNBA Play Off Eastern Conference Semifinalsに進出し#14 Jameer Nelson, #12 Dwight Howard, #9 Rashard Lewis, #20 Mickael Pietrus, #15 Vince Carter, #7 J.J. Redick, #13 Marcin Gortat, #22 Matt Barnes, #55 Jason Williams, #30 Brandon BassらをようするOrlando Magic相手に0-4でスウィ―プ負けした。 2010-11seasonAtlanta Hawksでは#24 Marvin Williamsが65試合に出場しうち52試合に先発出場している。 #2 Joe Johnson, #11 Jamal Crawford, #5 Josh Smith, #15 Al Horford, #24 Marvin Williamsらが活躍する中#10 Mike BibbyMiami Heat に移籍し、#6 Kirk Hinrichがチームに加入するなか #2 Joe Johnson, #5 Josh Smithが同じく平均18.8得点を記録する中 #11 Jamal Crawfordはチームを去り代わりに#0 Jeff Teagueが成長を見せ NBA Play Off Eastern Conference First Round プレーオフを迎え#0 Jeff Teagueが大活躍を見せるなかで #12 Dwight Howard, #14 Jameer Nelson, #15 Hedo Turkoglu, #23 Jason Richardson, #30 Brandon Bass, #1 Gilbert Arenas, #7 J.J. Redick, #33 Ryan Anderson, #5 Quentin RichardsonなどをようしたOrlando Magicを4-2でアップセットする。続くNBA Play Off Eastern Conference Semifinals#1 Derrick Rose, #9 Luol Deng, #5 Carlos Boozer, #13 Joakim Noah, #26 Kyle Korver, #22 Taj Gibson, #6 Keith Bogans, #11 Ronnie Brewer, #23 C.J. Watson, #40 Kurt Thomas, #3 Omer Asikらをようし第1シードのChicago Bullsに対して2-4と健闘し敗れている。 NBAロックアウト後に迎えた短縮の2011-12seasonAtlanta Hawksにルーキーで#44 Ivan Johnsonが入団しNBA17シーズン目となるベテランの#42 Jerry Stackhouse, 同じくNBA15シーズン目となるベテランの #1 Tracy McGradyなどが加入するなか#15 Al Horford が怪我の為早々と戦線を離脱する事になる。 #24 Marvin Williamsは平均10.2得点と活躍を見せ迎えた NBA Play Off Eastern Conference First Round#34 Paul Pierce, #5 Kevin Garnettケガがちな#20 Ray Allenと成長著しい#9 Rajon Rondoに新加入の#30 Brandon Bass, #51 Keyon Doolingまたシーズン途中に加入した#28 Mickael Pietrus#0 Avery Bradley, #50 Ryan Hollinsなどでシーズン後半に勢いをつけた Boston Celtics相手に2-4の成績で敗退している。

Continue reading ↑

Marvin Williams Profile

Position:
Forward
Height:
206cm
Weight:
104kg
Born:
6/19/1986, Washington, USA
College:
University of North Carolina
Team:
Charlotte Hornets, Eastern Conference
Jersey Status:
Game Worn

Other Status

KIA NBA TIP-OFF,

Alternate Jersey