NBA,バスケットボールミュージアムLayupshot

Contact us 免責事項

© 2012-2017 Layupshot.

Owner. Tadahiro Hakamata

Photo. Kentaro Sawaguchi

Design. PLANPOT DESIGN WORKS

JERSEY MUSEUM

HOME / JERSEY MUSEUM / 1999-2000 / Other / Jason Kidd

Jason Kidd #5
- Other - 1999-2000

NBA Game Worn jersey museum "Layupshot"館内で展示されているジャージは全て販売可能です。(既に販売済みのジャージも含まれています) サイト内 "Price negotiation" ボタンより簡単なフォームにご記入頂くと、在庫の有無・販売価格をメールにて返信致します。 館内に展示されているジャージは、NBA選手が着用したもの、もしくは着用するために用意された大変貴重なものばかりです。

All jerseys display within the NBA Game Worn jersey museum "Layupshot" are available for purchase. (Some jerseys on display are already sold) We will get back to you with the availability and price information if you contact us through the "Price Negotiation" button. Jerseys displayed in this museum have been worn, or issued to be worn by actual NBA players.

NBA Game Worn jersey museum "Layupshot" 博物馆内展示的所有球衣都是可以选购的(已售出的款式也在包含展示范围内)。 在本网页内,您只需点击 "Price negotiation" 图标,并简单的填写相应信息,相关球衣的库存和价格会通过EMAIL的形式发送给您。 本馆展示的所有球衣都是NBA球员亲着,或是比赛备用款式。均在市面上不可多得,具有很高收藏价值意义。

Layup Navigation

1994年のNBA Draft全体第 2位でUniversity of CaliforniaよりDallas Mavericksに入団する。California Golden Bears時代には#7 Lamond Murray, #4 Michael Stewartなどと共にプレーし#23 Rex Walters, #00 Greg Ostertagなどが在籍したKansas Jayhawks#7 Bobby Hurley, #33 Grant Hill, #44 Cherokee Parksなどが在籍したDuke Blue DevilsなどとNCAAトーナメントで対戦している。またUniversity of California 出身のNBAプレーヤーには#33 Shareef Abdur-Rahim, #33 Ryan Anderson, #16 Francisco Elson, #7 Kevin Johnson, #4 Sean Marks, #44 Leon Poweなどが挙げられる。 この1994 NBA Draft1位にPurdue University出身の#13 Glenn Robinsonが2位にUniversity of California出身の#5 Jason Kiddが3位にDuke University出身の#33 Grant Hillが4位にUniversity of Connecticut出身の#42 Donyell Marshallが5位にUniversity of Michigan出身の#5 Juwan Howardが7位にUniversity of California出身の#7 Lamond Murrayが8位にXavier University出身の#44 Brian Grantが9位にUniversity of North Carolina出身の#00 Eric Montrossが10位にTemple University出身の#6 Eddie Jonesなどが指名を受けNBA入りしている。 11位にTennessee State University出身の#34 Carlos Rogers, 12位にUniversity of Arizona出身の#6 Khalid Reeves, 13位にUniversity of Michigan出身の#5 Jalen Rose, 15位にUniversity of Nebraska出身の#52 Eric Piatkowski, 16位にUniversity of Louisville出身の#22 Clifford Rozier, 17位にTemple University出身の#23 Aaron McKie, 19位にUniversity of Missouri-Kansas City出身の#7 Tony Dumasたちが続いて指名を受け、他21位にProvidence College出身の#8 Dickey Simpkinsが22位にBoston College出身の#15 Bill Curleyが23位にAuburn University出身の#11 Wesley Personが24位にUniversity of Notre Dame出身の#3 Monty Williamsが26位にFlorida State University出身の#21 Charlie Ward, 30位にBoston College出身の#10 Howard Eisleyが46位にUniversity of Minnesota出身の#2 Voshon Lenardが51位にOhio State University出身の#51 Lawrence Funderburke, 52位にUniversity of Houston出身の#5 Anthony Goldwireなどが指名を受けNBA入りを果たしている。 #5 Jason Kiddにとってルーキーシーズンとなる1994-95seasonDallas MavericksDick Mottaヘッドコーチのもと36-46の成績を残しチームにはルーキーで同じく#7 Tony Dumasも入団しチームの中心は#24 Jim Jackson, #32 Jamal Mashburnなどが活躍しほか#54 Popeye Jones, #21 George McCloud, #30 Lucious Harris, #1 Scott Brooksなどが在籍する中#5 Jason Kidd自身は出場した79試合全てに先発出場平均11.7得点、5.4リバウンド、7.7アシスト、1.9スティールを記録した。1994-95 NBA Rookie of the Year#33 Grant Hillと共に同時選出されている。 1995-96seasonDallas MavericksDick Mottaヘッドコーチのもと26-56の成績を残しチームにはルーキーで#4 Cherokee Parksが入団しチームの中心は#24 Jim Jacksonで2シーズン目となる#5 Jason Kidd自身は出場した81試合全てに先発出場平均16.6得点、6.8リバウンド、9.7アシスト、2.2スティールを記録した。また1995-96season中にAlamodome, San Antonio, TX 開催されMVPには#23 Michael Jordanが輝いた1996 NBA All-Star Game#40 Shawn Kemp, #22 Clyde Drexler, #34 Charles Barkley, #34 Hakeem Olajuwonと共にスターターとして#5 Jason Kidd自身初選出されほかWesternのリザーブメンバーとして#20 Gary Payton, #2 Mitch Richmond, #50 David Robinson, #32 Sean Elliott, #32 Karl Malone, #12 John Stockton, #55 Dikembe Mutomboなどと共にプレーし対するEasternのスターターにはMVPを獲得した#23 Michael Jordanのほかに#33 Scottie Pippen, #33 Grant Hill, #32 Shaquille O'Neal, #1 Anfernee HardawayのスターターにEasternのリザーブメンバーとして#11 Terrell Brandon, #31 Reggie Miller, #5 Juwan Howard, #41 Glen Rice, #42 Vin Baker, #33 Alonzo Mourning, #33 Patrick Ewingなども選出されている。 1996-97seasonにはDallas MavericksJim Cleamonsヘッドコーチのもと24-58の成績を残しチームにはルーキーで#20 Erick Strickland, #52 Samaki Walkerなどがチームに入団する中Dallas Mavericksで22試合を終えた12月に#7 Tony Dumas, #40 Loren Meyerと共にPhoenix Sunsとの間のトレードで#10 Sam Cassell, #4 Michael Finley, #45 A.C. Greenなどに代わりPhoenix Sunsに移籍する事に。 1996-97seasonPhoenix Sunsはシーズンを8連敗でスタートしCotton Fitzsimmonsヘッドコーチがシーズン途中に解任され代わりにDanny Aingeヘッドコーチが就任しチームにはルーキーで#13 Steve Nashなどが入団しチームには#3 Rex Chapman, #7 Kevin Johnson, #11 Wesley Person, #15 Danny Manning, #1 Cedric Ceballos, #18 Hot Rod Williams, #23 Wayman Tisdale, #2 Mark Bryantなどが在籍しNBA Play Off Western Conference First RoundGeorge Karlヘッドコーチのもと57-25の成績を残しチームには#20 Gary Payton, #40 Shawn Kempらが中心に活躍したほか#11 Detlef Schrempf, #33 Hersey Hawkins, #34 Terry Cummings, #14 Sam Perkins, #25 David Wingate, #13 Eric Snow, #10 Nate McMillanなどが在籍したSeattle SuperSonicsと対戦し2-3の接戦の末敗退した。 1997-98seasonPhoenix SunsDanny Aingeヘッドコーチのもと56-26の成績を残しチームには#34 Antonio McDyess, #21 George McCloud, #7 Kevin Johnson, #2 Mark Bryant, #30 Clifford Robinson, #13 Steve Nash, #3 Rex Chapman, #4 Dennis Scott, #18 Hot Rod Williamsなどと共にプレーし#32 Jason Kidd自身は出場した82試合全てに先発出場平均11.6得点、6.2リバウンド、9.1アシスト、2.0スティールを記録した。MVP#23 Michael Jordanが輝きMadison Square Garden, New York, NY で開催された1998 NBA All-Star GameにWesternのリザーブメンバーとして#6 Eddie Jones, #50 David Robinson, #42 Vin Baker, #9 Nick Van Exelなどと共に#32 Jason Kiddも選出され他#2 Mitch Richmond, #21 Tim DuncanなどがリザーブメンバーとしてWesternのスターターには#20 Gary Payton, #8 Kobe Bryant, #21 Kevin Garnett, #34 Shaquille O'Neal, #32 Karl Maloneが選出。対するEasternスターターには#23 Michael Jordan, #33 Grant Hill, #40 Shawn Kemp, #55 Dikembe Mutombo, #1 Anfernee Hardawayが選出されeastanのリザーブメンバーには#45 Rik Smits, #31 Reggie Miller, #55 Jayson Williams, #10 Tim Hardaway, #41 Glen Rice, #8 Steve Smith, #8 Antoine Walkerなどが選出され試合はEast 135-West 114という結果であった。 NBA Play Off Western Conference First RoundGregg Popovichヘッドコーチのもと56-26の成績を残しチームにはルーキーで#21 Tim Duncanが入団し活躍。チームには#50 David Robinson, #6 Avery Johnson, #15 Vinny Del Negro, #2 Jaren Jackson, #45 Chuck Person, #41 Will Perdue, #3 Monty Williams, #31 Malik Rose, #7 Carl HerreraなどをようしたSan Antonio Spursと対戦して1-3で敗退した。 1998-99seasonPhoenix SunsDanny Aingeヘッドコーチのもと27-23の成績を残しチームにはルーキーで#8 Pat Garrity, #12 Toby Baileyなどが入団しチームには新加入で#24 Tom Gugliottaが入り他#30 Clifford Robinson, #21 George McCloud, #15 Danny Manning, #3 Rex Chapman, #2 Randy Livingston, #13 Luc Longley, #35 Joe Kleineなどと共にプレーし#32 Jason Kidd自身は出場した50試合全てに先発出場平均16.9得点、6.8リバウンド、10.8アシスト、2.3スティールを記録した。NBA Play Off Western Conference First RoundMike Dunleavyヘッドコーチのもと35-15の成績を残しチームにはルーキーで#6 Bonzi Wellsが入団しチームには#34 Isaiah Rider, #30 Rasheed Wallace, #44 Brian Grant, #3 Damon Stoudamire, #11 Arvydas Sabonis, #19 Jim Jackson, #50 Greg Anthony, #42 Walt Williams, #2 Stacey Augmon, #5 Jermaine O'Neal, #31 Kelvin CatoなどをようしたPortland Trail Blazersと対戦し0-3のスウィ―プ負けを期した。 1999-00seasonPhoenix SunsDanny Aingeヘッドコーチがシーズン途中に解任され代わりにScott Skilesヘッドコーチが就任しチームにはルーキーで#31 Shawn Marionが入団しチームには新加入の#1 Anfernee Hardawayほか#30 Clifford Robinson, #54 Rodney Rogers, #40 Corie Blount, #11 Todd Day, #7 Kevin Johnson, #8 Oliver Miller, #12 Toby Baileyなどと共にプレーし#32 Jason Kidd自身は出場した67試合全てに先発出場平均14.3得点、7.2リバウンド、10.1アシスト、2.0スティールを記録した。MVPには#21 Tim Duncan#34 Shaquille O'Nealが同時受賞となったOakland Arena, Oakland, CA で開催された2000 NBA All-Star Gameに自身3度目で#21 Kevin Garnett, #21 Tim Duncan, #8 Kobe Bryant, #34 Shaquille O'Nealなどと共にWesternのスターターとして選出され、Westernのリザーブメンバーには#30 Rasheed Wallace, #20 Gary Payton, #4 Chris Webber, #12 John Stockton, #4 Michael Finley, #50 David Robinson, #32 Karl Maloneなどと共にプレーし対するEasternのスターターには#3 Allen Iverson, #15 Vince Carter, #33 Alonzo Mourning, #6 Eddie Jones, #33 Grant Hillなどが選出されEastern のリザーブメンバーには#31 Reggie Miller, #20 Allan Houston, #34 Ray Allen, #13 Glenn Robinson, #55 Dikembe Mutombo, #42 Jerry Stackhouse, #32 Dale Davisが選出され試合結果はWest 137-East 126となった。 NBA Play Off Western Conference First RoundGregg Popovichヘッドコーチのもと53-29の成績を残しチームには#50 David Robinson, #6 Avery Johnson, #32 Sean Elliott, #55 Samaki Walker, #17 Mario Elie, #33 Antonio Daniels, #31 Malik Rose, #30 Terry Porter, #25 Jerome Kerseyなどをようし#21 Tim Duncanがプレー出来ないSan Antonio Spursと対戦し3-1で勝利しNBA Play Off Western Conference SemifinalsPhil Jacksonヘッドコーチのもと67-15の成績を残しチームにはルーキーで#3 Devean Georgeが入団しチームには#34 Shaquille O'Neal, #8 Kobe Bryant, #41 Glen Rice, #4 Ron Harper, #20 Brian Shaw, #17 Rick Fox, #2 Derek Fisher, #45 A.C. Green, #40 Travis Knightなどをようしてこの2000年のNBA ChampionになったLos Angeles Lakersのまえに1-4で敗退した。 2000-01 seasonPhoenix SunsScott Skilesヘッドコーチのもと51-31の成績を残しチームにはルーキーで #15 Daniel Santiago, #25 Jake Tsakalidisなどが入団しチームには#31 Shawn Marion#32 Jason Kiddと共に活躍し#30 Clifford Robinson, #00 Tony Delk, #17 Mario Elie, #54 Rodney Rogers, #24 Tom Gugliotta, #2 Elliot Perry, #8 Vinny Del Negro, #14 Chris Dudleyなども在籍し#32 Jason Kidd自身は77試合に出場しうち76試合に先発出場平均16.9得点、6.4リバウンド、9.8アシスト、2.2スティールを記録した。MVP#3 Allen Iversonが輝く事になった MCI Center, Washington, DC で行われた2001 NBA All-Star GameにWesternのスターターとして#8 Kobe Bryant, #4 Chris Webber, #21 Tim Duncan, #21 Kevin Garnettと共に選出されWesternのリザーブメンバーには#30 Rasheed Wallace, #4 Michael Finley, #20 Gary Payton, #24 Antonio McDyess, #50 David Robinson, #21 Vlade Divac, #32 Karl Maloneなどと共にプレーし対するEasternのスターターには#3 Allen Iverson, #15 Vince Carter, #1 Tracy McGrady, #33 Antonio Davis, #14 Anthony Masonに加えEasternのリザーブメンバーには#55 Dikembe Mutombo, #34 Ray Allen, #3 Stephon Marbury, #13 Glenn Robinson, #8 Latrell Sprewell, #42 Jerry Stackhouse, #20 Allan Houstonが選出され試合は第3Qまでの20点差を跳ね返しEast 111-West 110という結果に終わった。 NBA Play Off Western Conference First RoundではRick Adelmanヘッドコーチのもと55-27の成績を残しチームにはルーキーで#5 Hedo Turkogluが入団しチームには#4 Chris Webber, #16 Peja Stojakovic, #21 Vlade Divac, #13 Doug Christie, #55 Jason Williams, #24 Bobby Jackson, #31 Scot Pollard, #20 Jon Barry, #51 Lawrence Funderburke, #15 Darrick MartinなどをようしたSacramento Kingsと対戦して1-3で敗退した。 2000-01 season終了後にPhoenix Sunsから#14 ?Chris Dudleyと共にトレードで#33 Stephon Marbury, #20 Johnny Newmanなどに代わってNew Jersey Netsに移籍する。 2001-02 seasonNew Jersey NetsByron Scottヘッドコーチのもと52-30の成績を残しチームにはルーキーで#24 Richard Jefferson, #35 Jason Collins, #21 Brian Scalabrineなどが入団しチームには#5 Jason Kiddのほか#6 Kenyon Martin, #2 Keith Van Horn, #30 Kerry Kittles, #12 Lucious Harris, #34 Aaron Williams, #11 Todd MacCulloch, #8 Anthony Johnsonなどが在籍し#5 Jason Kidd自身は出場した82試合全てに先発出場平均14.7得点、7.3リバウンド、9.9アシスト、2.1スティールを記録した。MVP#8 Kobe Bryantが輝き First Union Center, Philadelphia, PAで開催された2002 NBA All-Star GameにEasternのスターターとして#3 Allen Iverson, #23 Michael Jordan, #55 Dikembe Mutombo, #8 Antoine Walkerなどと共に選出されEasternのリザーブメンバーには#34 Ray Allen, #1 Tracy McGrady, #34 Paul Pierce, #33 Shareef Abdur-Rahim, #7 Jermaine O'Neal, #33 Alonzo Mourning, #1 Baron Davisたちとプレーを共にした。また対したWesternのスターターとして#8 Kobe Bryant, #21 Tim Duncan, #21 Kevin Garnett, #4 Chris Webber, #3 Steve Francisが選出されWesternのリザーブメンバーには#41 Dirk Nowitzki, #13 Steve Nash, #20 Gary Payton, #42 Elton Brand, #16 Peja Stojakovic, #10 Wally Szczerbiakが選出され対戦したWest 135-East 120の結果に終わった。迎えたNBA Play Off Eastern Conference First RoundIsiah Thomasヘッドコーチのもと42-40の成績を残しチームにはルーキーで#11 Jamaal Tinsleyが入団しチームには#31 Reggie Miller, #7 Jermaine O'Neal, #15 Ron Artest(Metta World Peace), #52 Brad Miller, #5 Ron Mercer, #12 Kevin Ollie, #44 Austin Croshere, #10 Jeff Foster, #24 Jonathan BenderなどをようしたIndiana Pacersと対戦し3-2の接戦の末勝利しNBA Play Off Eastern Conference SemifinalsPaul Silasヘッドコーチのもと44-38の成績を残しチームには#1 ?Baron Davis, #4 David Wesley, #5 Elden Campbell, #21 Jamaal Magloire, #42 P.J. Brown, #54 Lee Nailon, #9 George Lynch, #2 Stacey Augmon, #34 Robert TraylorなどがプレーするCharlotte Hornetsと対戦し4-1で勝利しNBA Play Off Eastern Conference FinalsJim O'Brienヘッドコーチのもと49-33の成績を残しチームには#34 Paul Pierce, #8 Antoine Walker, #7 Kenny Anderson, #54 Rodney Rogers, #55 Eric Williams, #4 Tony Battie, #28 Tony Delk, #0 Walter McCarty, #20 Erick Strickland, #30 Mark BlountなどをようしたBoston Celticsと対戦し4-2で勝利し2002 NBA FinalsPhil Jacksonヘッドコーチのもと58-24の成績を残しチームには#34 Shaquille O'Neal, #8 Kobe Bryant, #2 Derek Fisher, #17 Rick Fox, #5 Robert Horry, #3 Devean George, #52 Samaki Walker, #20 Brian Shaw, #10 Lindsey Hunter, #14 Stanislav Medvedenko, #23 Mitch Richmond, #35 Mark Madsenなどのメンバーが揃ったLos Angeles Lakersと対戦して0-4のスウィープで敗退してこの2001-02 seasonLos Angeles Lakers2002 NBA Championに輝いている。 2002-03 seasonNew Jersey NetsByron Scottヘッドコーチのもと49-33の成績を残しチームには#6 Kenyon Martin, #24 Richard Jefferson, #30 Kerry Kittles, #12 Lucious Harris, #54 Rodney Rogers, #34 Aaron Williams, #35 Jason Collins, #2 Anthony Johnson, #55 Dikembe Mutomboなどが在籍し#5 Jason Kidd自身は出場した80試合全てに先発出場平均18.7得点、6.3リバウンド、8.9アシスト、2.2スティールを記録した。MVP#21 Kevin Garnettが輝いたPhilips Arena, Atlanta, GAで開催された2003 NBA All-Star Game#5 Jason KiddはEasternのリザーブメンバーとして#15 Vince Carter, #34 Paul Pierce, #52 Brad Miller, #32 Jamal Mashburn, #8 Antoine Walker, #11 Zydrunas Ilgauskasなどと共に選出され#3 Allen Iverson, #1 Tracy McGrady, #23 Michael Jordan, #7 Jermaine O'Neal, #3 Ben WallaceなどがEasternのスターターとして選出されプレーし2OTとなる大接戦の末West 155-East 145 という結果に終わる。 NBA Play Off Eastern Conference First RoundではGeorge Karlヘッドコーチのもと42-40の成績を残しチームにはルーキーで#50 Dan Gadzuric, #15 Ronald Murray, #12 Marcus Haislipなどが入団しチームには#20 Gary Payton, #2 Tim Thomas, #10 Sam Cassell, #7 Toni Kukoc, #24 Desmond Mason, #22 Michael Redd, #17 Anthony Mason, #40 Ervin Johnson, #6 Joel Przybillaなどを擁したMilwaukee Bucksと対戦し4-2で勝利しNBA Eastern Conference SemifinalsJim O'Brienヘッドコーチのもと44-38の成績を残しチームには#34 Paul Pierce, #8 Antoine Walker, #28 Tony Delk, #0 Walter McCarty, #55 Eric WilliamsなどがプレーしたBoston Celticsと対戦し4-0のスウィ―プで勝利しNBA Play Off Eastern Conference FinalsRick Carlisleヘッドコーチのもと50-32の成績を残しチームにはルーキーで#22 Tayshaun Prince, #13 Mehmet Okurなどが入団しチームには#32 Richard Hamilton, #1 Chauncey Billups, #30 Clifford Robinson, #3 Ben Wallace, #34 Corliss Williamson, #7 Chucky Atkins, #20 Jon Barry, #12 Michael Curry, #5 Danny ManningなどをようしたDetroit Pistonsと対戦し4-0のスウィ―プで勝利し迎えた2年連続のNBA Finalsでは Gregg Popovichヘッドコーチのもと60-22の成績を残しチームにはルーキーで#20 Manu Ginobili, #23 Devin Brownらが入団しチームには#21 Tim Duncan, #9 Tony Parker, #3 Stephen Jackson, #31 Malik Rose, #50 David Robinson, #10 Speedy Claxton, #42 Kevin Willis, #25 Steve Kerr, #35 Danny Ferry, #8 Steve SmithなどをようしたSan Antonio Spursと対戦し2-4で敗退している。San Antonio Spursはこの2003年NBA Championになっている。 2003-04 seasonNew Jersey NetsByron Scottヘッドコーチがシーズン途中に解任され代わりに ?Lawrence Frankヘッドコーチが就任しチームにはルーキーで#10 Zoran Planinicが入団しチームには#6 Kenyon Martin, #24 Richard Jefferson, #30 Kerry Kittles, #12 Lucious Harris, #54 Rodney Rogersなどが在籍する中#5 Jason Kidd自身は67試合に出場しうち66試合に先発出場平均15.5得点、6.4リバウンド、9.2アシスト、1.8スティールを記録した。 MVP#34 Shaquille O'Nealが輝いた STAPLES Center, Los Angeles, CAで開催された2004 NBA All-Star GameにEasternのリザーブメンバーとして#6 Kenyon Martin, #21 Jamaal Magloire, #23 Ron Artest(Metta World Peace), #1 Baron Davis, #22 Michael Redd, #34 Paul Pierceと共に選出されEasternのスターターには#7 Jermaine O'Neal, #1 Tracy McGrady, #3 Ben Wallace, #3 Allen Iverson, #15 Vince Carterが選出され、対するWesternのスターターには#8 Kobe Bryant, #21 Kevin Garnett, #21 Tim Duncan, #3 Steve Francis, #11 Yao Mingが選出されWesternのリザーブメンバーとして#34 Shaquille O'Neal, #34 Ray Allen, #16 Peja Stojakovic, #19 Sam Cassell, #41 Dirk Nowitzki, #47 Andrei Kirilenko, #52 Brad Millerが選出されプレーしWest 136-East 132の結果に終わっている。NBA Play Off Eastern Conference First Roundではヘッドコーチがシーズン途中に3人が入れ替わったチームではDon ChaneyヘッドコーチHerb Williamsヘッドコーチ Lenny Wilkensヘッドコーチと変わり、ルーキーで#50 Mike Sweetneyが入団しチームには#3 Stephon Marbury, #1 Anfernee Hardaway, #40 Kurt Thomas, #13 Nazr Mohammed, #42 Vin Baker, #30 Frank Williams, #2 Tim Thomas, #55 Dikembe MutomboなどをようしたNew York Knicksと対戦し4-0のスウィ―プで勝利しNBA Play Off Eastern Conference SemifinalsLarry Brownヘッドコーチのもと54-28の成績を残しチームにはルーキーで#31 Darko Milicicが入団しチ-ムには#32 Richard Hamilton, #1 Chauncey Billups, #30 Rasheed Wallace, #3 Ben Wallace, #22 Tayshaun Prince, #34 Corliss Williamson, #13 Mehmet Okur, #7 Mike James, #10 Lindsey Hunter, #41 Elden Campbell, #8 Darvin Hamなどのメンバーでこの2004年のNBA Championに輝いたDetroit Pistonsと対戦し3-4の接戦の末敗退した。 2004-05 seasonにはNew Jersey NetsLawrence Frankヘッドコーチのもと42-40の成績でルーキーの#12 Nenad Krsticが加入しチームは新たに#15 Vince Carterがトレードで加入して#24 Richard Jefferson, #5 Jason Kiddほか#30 Clifford Robinson, #6 Travis Bestなども活躍し迎えたNBA Play Off Eastern Conference First RoundStan Van Gundyヘッドコーチのもと59-23の成績でルーキーの#1 Dorell Wrightほかチームの中心は#3 Dwyane Wade#32 Shaquille O'Neal#6 Eddie Jones, #19 Damon Jones, #40 Udonis Haslem, #55 Keyon Dooling, #33 Alonzo Mourning, #44 Christian Laettner, #49 Shandon AndersonなどをようしたMiami HeatNew Jersey Netsに対して4-0のスウィ―プで勝利した。#5 Jason Kiddは出場した66試合の内65試合にスターターとしてプレーして平均14.4得点、7.4リバウンド、8.3アシスト、1.9スティールを記録している。 2005-06seasonNew Jersey NetsLawrence Frankヘッドコーチのもと49-33の成績を残しチームにはルーキーで#21 Antoine Wrightが入団しチームでは#15 Vince Carter, #24 Richard Jeffersonが共に活躍し#12 Nenad Krstic, #31 Lamond Murray, #30 Clifford Robinson, #11 Jacque Vaughnなども在籍し#5 Jason Kidd自身は出場した80試合全てに先発出場平均13.3得点、7.3リバウンド、8.4アシスト、1.9スティールを記録した。 NBA Play Off Eastern Conference First RoundRick Carlisleヘッドコーチのもと41-41の成績を残しチームにはルーキーで#33 Danny Granger, #3 Sarunas Jasikeviciusらが入団しチームには#7 Jermaine O'Neal, #8 Anthony Johnson, #1 Stephen Jackson, #44 Austin Croshere, #20 Fred Jones, #16 Peja Stojakovic, #10 Jeff Foster, #11 Jamaal Tinsley, #31 Scot PollardなどをようしたIndiana Pacersと対戦し4-2で勝利している。この2005-06seasonDetroit Pistonsとの対戦での大乱闘があり#15 Ron Artest(Metta World Peace)の姿はなかった。続くNBA Eastern Conference SemifinalsではMiami Heatと対戦しStan Van Gundyヘッドコーチがシーズン途中に解任され代わりにPat Rileyヘッドコーチが就任しチームにはルーキーで#25 Wayne Simienが入団しチームの中心は#3 Dwyane Wadeでほか#32 Shaquille O'Neal, #8 Antoine Walker, #55 Jason Williams, #40 Udonis Haslem, #42 James Posey, #20 Gary Payton, #33 Alonzo Mourning, #5 Derek Anderson, #51 Michael Doleac, #49 Shandon Anderson, #24 Jason Kaponoなどのメンバーをそろえ2006年のNBA Championに輝くこの2005-06seasonMiami Heatのまえに1-4で敗退している。 2006-07seasonNew Jersey NetsLawrence Frankヘッドコーチのもと41-41の成績を残しチームにはルーキーで#2 Josh Boone, #1 Marcus Williamsなどが入団しチームでは#15 Vince Carter, #24 Richard Jeffersonが大活躍するなかでほか#33 Mikki Moore, #7 Bostjan Nachbar, #12 Nenad Krstic, #30 Clifford Robinson, #50 Eddie Houseなどが在籍したなか#5 Jason Kidd自身は出場した80試合全てに先発出場平均13.0得点、8.2リバウンド、9.2アシスト、1.6スティールを記録した。MVP#24 Kobe Bryantが輝いたThomas & Mack Center, Las Vegas, NVで開催された2007 NBA All-Star Gameに選出されるも怪我の為プレー出来なかった。 NBA Play Off Eastern Conference First RoundSam Mitchellヘッドコーチのもと47-35の成績を残しチームにはルーキーで#7 Andrea Bargnani, #15 Jorge Garbajosaなどが入団し#4 Chris Bosh, #11 T.J. Ford, #18 Anthony Parker, #8 Jose Calderon, #24 Morris Peterson, #3 Juan Dixonなとがルーキーの#7 Andrea Bargnaniと共にプレーしたToronto Raptorsと対戦し4-2で勝利し続くNBA Play Off Eastern Conference SemifinalsMike Brownヘッドコーチのもと50-32の成績を残しチームにはルーキーで#1 Daniel Gibson, #6 Shannon Brownらが入団しチームには#23 LeBron James, #11 Zydrunas Ilgauskas, #90 Drew Gooden, #32 Larry Hughes, #3 Sasha Pavlovic, #17 Anderson Varejao, #24 Donyell Marshall, #20 Eric Snow, #19 Damon Jones, #14 Ira Newble, #31 Scot PollardなどをようしたCleveland Cavaliersと対戦し2-4で敗退した。 2007-08 seasonNew Jersey NetsでスタートさせるなかMVP#23 LeBron Jamesが輝いた New Orleans Arena, New Orleans, LA で開催された2008 NBA All-Star Game#12 Dwight Howard, #23 LeBron James, #3 Dwyane Wade, #4 Chris Boshなどと共にEasternのスターターとして選出されプレーしたのちに#35 Malik Allen, #21 Antoine Wrightと一緒にDallas Mavericksとの間のトレードによって#34 Devin Harris, #23 Trenton Hassell, #7 DeSagana Diop, #2 Keith Van Hornなどに代わってDallas Mavericksに移籍する事に2007-08seasonDallas MavericksAvery Johnsonヘッドコーチのもと51-31の成績を残しチームには#41 Dirk Nowitzki, #31 Jason Terry, #5 Josh Howard, #32 Brandon Bass, #42 Jerry Stackhouse, #40 Devean George, #25 Erick Dampier, #11 Jose Barea, #6 Eddie Jones, #55 Juwan Howard, #10 Tyronn Lueなどが在籍し迎えたNBA Play Off Western Conference First RoundByron Scottヘッドコーチのもと56-26の成績を残しチームにはルーキーで#32 Julian Wrightが入団しチームには#3 Chris Paul, #30 David West, #16 Peja Stojakovic, #6 Tyson Chandler, #9 Morris Peterson, #2 Jannero Pargo, #24 Bonzi Wells, #12 Hilton Armstrong, #5 Mike James, #40 Ryan BowenなどをようしたNew Orleans Hornetsと対戦し1-4で敗退している。 2008-09seasonDallas MavericksRick Carlisleヘッドコーチのもと50-32の成績を残しチームには#41 Dirk Nowitzki, #5 Josh Howard, #31 Jason Terry, #32 Brandon Bass, #11 Jose Barea, #21 Antoine Wright, #25 Erick Dampier, #1 Ryan Hollins, #33 James Singleton, #8 Gerald Greenなどと共にプレーしNBA Play Off Western Conference First RoundではGregg Popovichヘッドコーチのもと54-28の成績を残しチームにはルーキーで#3 George Hillが入団しチームには#9 Tony Parker, #21 Tim Duncan, #4 Michael Finley, #8 Roger Mason, #90 Drew Gooden, #12 Bruce Bowen, #5 Ime Udoka, #15 Matt Bonner, #7 Fabricio Oberto, #11 Jacque VaughnなどをようしたSan Antonio Spursと対戦し4-1で勝利しNBA Play Off Western Conference SemifinalsGeorge Karlヘッドコーチのもと54-28の成績を残しチームにはルーキーで#13 Sonny Weemsが入団しチームには#15 Carmelo Anthony, #7 Chauncey Billups, #1 J.R. Smith, #31 Nene, #4 Kenyon Martin, #30 Dahntay Jones, #43 Linas Kleiza, #11 Chris Andersen, #25 Anthony Carter, #27 Johan PetroなどをようしたDenver Nuggetsと対戦し1-4で敗退している。 2009-10 seasonにはDallas MavericksではRick Carlisleヘッドコーチのもと55-27の成績を残しチームにはルーキーで#3 Rodrigue Beauboisが入団しチームでは#41 Dirk Nowitzki, #4 Caron Butler, #31 Jason Terry, #0 Shawn Marion, #33 Brendan Haywood, #11 Jose Barea, #14 Eduardo Najera, #92 DeShawn Stevensonなどが活躍し#2 Jason Kidd自身は出場した80試合全てに先発出場平均10.3得点、5.6リバウンド、9.1アシスト、1.8スティールを記録した。MVP#3 Dwyane Wadeが輝いた Cowboys Stadium, Arlington, TX で開催された2010 NBA All-Star GameでWesternのリザーブとして#8 Deron Williams, #1 Chauncey Billups, #16 Pau Gasol, #35 Kevin Durant, #50 Zach Randolph, #35 Chris Kamanなどと共に選出されWesternのスターターには#15 Carmelo Anthony, #41 Dirk Nowitzki, #13 Steve Nash, #1 Amare Stoudemire, #21 Tim Duncanが選出されプレーを共にした。迎えたNBA Play Off Western Conference First RoundGregg Popovichヘッドコーチのもと50-32の成績を残しチームにはルーキーで#45 DeJuan Blairが入団しチームでは#20 Manu Ginobili, #21 Tim Duncan, #3 George Hill, #24 Richard Jefferson, #34 Antonio McDyess, #15 Matt Bonner, #28 Ian Mahinmi, #10 Keith Bogans, #8 Roger MasonなどをようしたSan Antonio Spursと対戦し2-4で敗退している。 2010-11seasonDallas MavericksRick Carlisleヘッドコーチのもと57-25の成績を残しチームには#41 Dirk Nowitzki, #31 Jason Terry, #0 Shawn Marion, #2 Jason Kidd, #6 Tyson Chandler, #11 Jose Barea, #16 Peja Stojakovic, #92 DeShawn Stevenson, #33 Brendan Haywood, #28 Ian Mahinmi, #35 Brian Cardinal, #13 Corey Brewer#4 Caron Butlerが怪我の為プレー出来ない中で迎えたNBA Play Off Western Conference First RoundNate McMillanヘッドコーチのもと48-34の成績を残しチームにはルーキーで#11 Luke Babbittなどが入団しチームには#12 LaMarcus Aldridge, #3 Gerald Wallace, #24 Andre Miller, #2 Wesley Matthews, #7 Brandon Roy, #88 Nicolas Batum, #23 Marcus Camby, #5 Rudy Fernandezなどをようした Portland Trail Blazersと対戦し4-2で勝利しNBA Play Off Western Conference SemifinalsPhil Jacksonヘッドコーチのもと57-25の成績を残しチームにはルーキーで#3 Devin Ebanks, #45 Derrick Caracterらが入団しチームには#24 Kobe Bryant, #17 Andrew Bynum, #16 Pau Gasol, #7 Lamar Odom, #15 Ron Artest(Metta World Peace), #2 Derek Fisher, #12 Shannon Brown, #22 Matt Barnes, #5 Steve Blake, #50 Theo Ratliff, #1 Joe SmithなどをようしたLos Angeles Lakersを4-0のスウィ―プで破りNBA Play Off Western Conference FinalsScott Brooksヘッドコーチのもと55-27の成績を残しチームにはルーキーで#45 Cole Aldrichが入団しチームには#35 Kevin Durant, #0 Russell Westbrook, #13 James Harden, #9 Serge Ibaka, #4 Nick Collison, #6 Eric Maynor, #2 Thabo Sefolosha, #43 Kendrick Perkins, #14 Daequan Cook, #8 Nazr Mohammed, #3 Nate Robinsonなどのメンバーが揃ったOklahoma City Thunderと対戦し4-1で勝利しNBA FinalsではErik Spoelstraヘッドコーチのもと58-24の成績を残しチームにはルーキーで#45 Dexter Pittmanが入団しチームは#3 Dwyane Wade, #6 LeBron James, #1 Chris BoshのBig 3に加え#15 Mario Chalmers, #22 James Jones, #0 Mike Bibby, #13 Mike Miller, #5 Juwan Howard, #55 Eddie HouseなどをようしたMiami Heatと対戦し見事4-2で勝利しこの2011年の2011 NBA Championに輝いている。 2011-12seasonDallas MavericksRick Carlisleヘッドコーチのもと36-30の成績を残しチームには新加入で#25 Vince Carter, #13 Delonte Westほか#4 Kelenna Azubuike, #9 Yi Jianlianなども加わりチームには#41 Dirk Nowitzki, #31 Jason Terry, #0 Shawn Marion, #33 Brendan Haywood, #35 Brian Cardinal, #34 Brandan Wrightなども在籍する中迎えたNBA Play Off Western Conference First RoundScott Brooksヘッドコーチのもと47-19の成績を残しチームにはルーキーで#15 Reggie Jacksonが入団しチームの中心は#35 Kevin Durant#0 Russell Westbrookでほか#13 James Harden, #9 Serge Ibakaなども活躍を見せシーズン途中にはベテランの#37 Derek Fisherも加わり#2 Thabo Sefolosha, #5 Kendrick Perkins, #4 Nick Collison, #14 Daequan Cook, #8 Nazr Mohammed, #45 Cole Aldrichなどが在籍プレーするOklahoma City Thunderに0-4でスウィ―プ負けしている。

Continue reading ↑

Jason Kidd Profile

Position:
Guard
Height:
193cm
Weight:
93kg
Born:
3/23/1973, California, USA
College:
University of California, Berkeley
Team:
Other, Not Defined
Jersey Status:
Game Issued

Other Status

U.S.A.,

Home Jersey