NBA,バスケットボールミュージアムLayupshot

Contact us 免責事項

© 2012-2017 Layupshot.

Owner. Tadahiro Hakamata

Photo. Kentaro Sawaguchi

Design. PLANPOT DESIGN WORKS

JERSEY MUSEUM

HOME / JERSEY MUSEUM / 2010-2011 / Boston Celtics / Troy Murphy

Troy Murphy #30
- Boston Celtics - 2010-2011

NBA Game Worn jersey museum "Layupshot"館内で展示されているジャージは全て販売可能です。(既に販売済みのジャージも含まれています) サイト内 "Price negotiation" ボタンより簡単なフォームにご記入頂くと、在庫の有無・販売価格をメールにて返信致します。 館内に展示されているジャージは、NBA選手が着用したもの、もしくは着用するために用意された大変貴重なものばかりです。

All jerseys display within the NBA Game Worn jersey museum "Layupshot" are available for purchase. (Some jerseys on display are already sold) We will get back to you with the availability and price information if you contact us through the "Price Negotiation" button. Jerseys displayed in this museum have been worn, or issued to be worn by actual NBA players.

NBA Game Worn jersey museum "Layupshot" 博物馆内展示的所有球衣都是可以选购的(已售出的款式也在包含展示范围内)。 在本网页内,您只需点击 "Price negotiation" 图标,并简单的填写相应信息,相关球衣的库存和价格会通过EMAIL的形式发送给您。 本馆展示的所有球衣都是NBA球员亲着,或是比赛备用款式。均在市面上不可多得,具有很高收藏价值意义。

Jersey Description

This green 'St. Patrick's Day' jersey was worn by #30 Troy Murphy of the Boston Celtics during the 2010-11 National Basketball Association regular season. Murphy wore this jersey during the Celtics' 88-79 loss to the New Jersey Nets on March 14, 2011 at Prudential Center in Newark, NJ. There is an NBA “St. Patrick’s Day” tag on the bottom hem of the jersey.

Layup Navigation

University of Notre DameよりGolden State Warriors2001年のNBA Draft 14位で入団した。この時は1位より高校卒でNBA入りする#54 Kwame Brown, #3 Tyson Chandler, スペインより#16 Pau Gasol, #34 Eddy Curryと続き、12位#77 Vladimir Radmanovic, 13位で#24 Richard Jeffersonというような順位であった。 この2001 NBA Draftは1位より#54 Kwame Brown, 2位#6 Tyson Chandler, 3位にスペインより#16 Pau Gasolと4位指名までが高校卒業の選手たちであった中での5位指名をMichigan State University出身の#23 Jason Richardsonが受ける事となった。また10位にはUniversity of Arkansasより#2 Joe Johnsonが、12位には#77 Vladimir Radmanovicが,13位にはUniversity of Arizonaから#24 Richard Jefferson続く14位のUniversity of Notre Dame出身の#14 Troy Murphyは数多くのチームで活躍する。19位にはMichigan State Universityより#50 Zach Randolphたちが#33 Brendan Haywoodより上位での指名を受けNBA入りをしている。20位にはUniversity of North Carolinaから#33 Brendan Haywoodが続く21位にも同校から#40 Joseph Forteが指名を受ける。 25位にはUniversity of Alabamaより#3 Gerald Wallace, 26位にSeton Hall Universityからハイチ出身の#1 Samuel Dalembertが、27位がIowa State Universityより#6 Jamaal Tinsley, 28位にはフランスより#9 Tony ParkerSan Antonio Spursへと入団している。 30位にUniversity of Arizonaから#0 Gilbert Arenasが、34位にUniversity of Southern Californiaから#24 Brian Scalabrineが、37位にはトルコより#13 Mehmet Okurが、39位にUniversity of California, Los Angelesより#25 Earl Watsonが、45位にUniversity of Arizonaより#3 Loren Woodsなどの面々がNBA入りを果たしている。 2006-07seasonより Indiana Pacers, New Jersey Nets,その後Boston Celticsでプレーをする。 2010-11seasonには Boston CelticsDoc Riversヘッドコーチのもと56-26の成績を残しチームにはルーキーで#0 Avery Bradley, #86 Semih Erdenなどが入団しチームは#34 Paul Pierce, #20 Ray Allen, #5 Kevin Garnett, #9 Rajon Rondo, #8 Jeff Green, #13 Delonte West, #7 Jermaine O'Neal, #11 Glen Davis, #4 Nenad Krstic, #36 Shaquille O'Nealなど共にプレーを共にしNBA Play Off Eastern Conference First RoundMike D'Antoniヘッドコーチのもと42-40の成績を残しチームにはルーキーで#6 Landry Fieldsが入団しチームには新加入の#7 Carmelo Anthonyほか#1 Amare Stoudemire, #23 Toney Douglas, #9 Jared Jeffries, #14 Ronny Turiaf, #5 Bill Walker, #18 Roger Mason, #4 Chauncey Billupsなどを擁した New York Knicksと対戦し4-0のスウィ―プで勝利し続くNBA Play Off Eastern Conference SemifinalsErik Spoelstraヘッドコーチのもと58-24の成績を残しチームにはルーキーで#45 Dexter Pittmanが入団しこの2010-11seasonより揃ったBig3の#3 Dwyane Wade, #6 LeBron James, #1 Chris Boshを中心にほか#15 Mario Chalmers, #22 James Jones, #0 Mike Bibby, #40 Udonis Haslem, #50 Joel Anthony, #13 Mike Miller, #5 Juwan Howard, #55 Eddie Houseなどをようした Miami Heatの前に1-4で敗退した。 L.A.Lakersへと翌2011~12season移籍する。 2011~12seasonLos Angeles LakersMike Brownヘッドコーチのもと41-25の成績を残しチームには#24 Kobe Bryant, #17 Andrew Bynumがチームの牽引しほか#16 Pau Gasolや新加入の#7 Ramon Sessionsほか#5 Steve Blakeに加え自身を改名した#15 Metta World Peace, #22 Matt Barnes, #3 Devin Ebanks, #6 Josh McRobertsなどと共にプレーし#14 Troy Murphy自身も59試合に出場している。迎えたNBA Play Off Western Conference First RoundGeorge Karlヘッドコーチのもと38-28の成績を残しチームにはルーキーで#35 Kenneth Faried入団し活躍ほか#3 Ty Lawson, #8 Danilo Gallinari, #24 Andre Miller, #6 Arron Afflalo, #7 Al Harrington, #13 Corey Brewerなどと新加入の#34 JaVale McGeeなどをようする Denver Nuggets対戦し4-3の接戦の末勝利し続くNBA Play Off Western Conference Semifinals では Scott Brooksヘッドコーチのもと47-19の成績を残しチームにはルーキーで#15 Reggie Jacksonが入団しチームの中心は#35 Kevin Durant, #0 Russell Westbrook, #13 James Hardenなどでほか#9 Serge Ibakaや新加入の#37 Derek Fisher, #2 Thabo Sefolosha, #5 Kendrick Perkins, #4 Nick Collison, #14 Daequan Cook, #45 Cole Aldrichなどのメンバーを揃えたOklahoma City Thunderの前に1-4で敗退した。 アウトサイドシュートが上手く在籍した数多くのチームでも平均得点2ケタを記録した期間もあった。 またTroy Murphyが付けている#14をL.A.lakersでは2000~07年までウクライナ出身のStanislav Medvedenkoが付け、それ以前にはUniversity of North Carolina出身で同大学より1984 NBA Draft#23 Michael Jordanと共にNBA入りしたSam PerkinsL.A.lakers時代は勿論キャリアを通じ#14を付けプレーした。 またBoston Celticsで#30を付けていたが、その前年にやはり同じ#30を付け引退をしたRasheed Wallaceは、1995年に名門University of North Carolinaより当時のWashington Bulletsに入団その後Portland Trail BlazersDetroit Pistonsなどで活躍をし、Boston Celticsでは#34 Paul Pierce, #5 Kevin Garnett, #20 Ray AllenのBig 3に加え#43 Kendrick Perkins, #9 Rajon Rondoのスターティングラインナップに加え、#11 Glen Davis, #50 Eddie House, #40 Michael Finley, #4 Nate Robinson, #44 Brian Scalabrineなどとチームを盛り上げた。 2011-12season Boston Celticsでは、Louisiana State University出身の#30 Brandon BassOrlando Magicより移籍し活躍をしている。

Continue reading ↑

Troy Murphy Profile

Position:
Forward
Height:
211cm
Weight:
111kg
Born:
5/2/1980, New Jersey, USA
College:
University of Notre Dame
Team:
Boston Celtics, Eastern Conference
Jersey Status:
Game Worn

Other Status

ST.PATRICK,

Special Jersey