NBA,バスケットボールミュージアムLayupshot

Contact us 免責事項

© 2012-2017 Layupshot.

Owner. Tadahiro Hakamata

Photo. Kentaro Sawaguchi

Design. PLANPOT DESIGN WORKS

JERSEY MUSEUM

HOME / JERSEY MUSEUM / 2014-2015 / Minnesota Timberwolves / Corey Brewer

Corey Brewer #13
- Minnesota Timberwolves - 2014-2015

NBA Game Worn jersey museum "Layupshot"館内で展示されているジャージは全て販売可能です。(既に販売済みのジャージも含まれています) サイト内 "Price negotiation" ボタンより簡単なフォームにご記入頂くと、在庫の有無・販売価格をメールにて返信致します。 館内に展示されているジャージは、NBA選手が着用したもの、もしくは着用するために用意された大変貴重なものばかりです。

All jerseys display within the NBA Game Worn jersey museum "Layupshot" are available for purchase. (Some jerseys on display are already sold) We will get back to you with the availability and price information if you contact us through the "Price Negotiation" button. Jerseys displayed in this museum have been worn, or issued to be worn by actual NBA players.

NBA Game Worn jersey museum "Layupshot" 博物馆内展示的所有球衣都是可以选购的(已售出的款式也在包含展示范围内)。 在本网页内,您只需点击 "Price negotiation" 图标,并简单的填写相应信息,相关球衣的库存和价格会通过EMAIL的形式发送给您。 本馆展示的所有球衣都是NBA球员亲着,或是比赛备用款式。均在市面上不可多得,具有很高收藏价值意义。

Jersey Description

This jersey worn in a game during the 2014-15 National Basketball Association regular season, by #13 Corey Brewer of the Minnesota Timberwolves. This jersey was worn by Corey Brewer during the Timberwolves' 113-101 loss to the Houston Rockets on November 12, 2014 at Mexico City Arena in Mexico City, Mexico. He played 24 minutes and registered 18 points with 2 assists and 4 rebounds.

Layup Navigation

2007年のNBA Draft 第7位でMinnesota Timberwolvesに指名され、入団する。出身校のUniversity of Florida 時代には、2007年に#22 Corey Brewer, #15 Al Horford, #13 Joakim Noah, #16 Marreese Speightsらと共に、#14 Daequan Cook, #11 Mike Conley, #52 Greg OdenようするOhio State Buckeyes 相手に84-75で勝利しその前年の2006年にも#6 Arron Afflalo, #1 Ryan Hollins, #5 Jordan Farmar, #2 Darren Collisonなどが活躍するUCLA Bruins相手に 73-57で勝利し2年連続NCAA全米制覇という快挙を成し遂げている。 この2007年の NBA Draft 第1位でOhio State Universityより#52 Greg Odenが、2位にUniversity of Texas at Austinより#35 Kevin Durant, 3位に#13 Corey Brewerと同じUniversity of Floridaより#15 Al Horfordが、4位にOhio State Universityより#11 Mike Conleyが、5位にGeorgetown University出身の#22 Jeff Greenが、6位には中国より#7 Yi Jianlianが、8位にはUniversity of North Carolinaから#32 Brandan Wright, 9位は同じく#13 Corey Brewerの出身校University of Floridaから#13 Joakim Noahが、10位にUniversity of Washingtonから#00 Spencer Hawes,11位Texas A&M University#2 Acie Lawその他12位Georgia Institute of Technologyより#21 Thaddeus Youngが、14位にFlorida State University出身の#12 Al Thornton、15位にEastern Washington University出身の#3 Rodney Stuckeyが、16位にUniversity of Southern Californiaより#1 Nick Youngが、18位にはイタリアより#8 Marco Belinelliが、21位にはOhio State Universityより#14 Daequan Cookが、22位にBoston College出身の#3 Jared Dudley, 23位にDePaul Universityから#21 Wilson Chandler, 24位にスペインから#5 Rudy Fernandez、27位にUniversity of California, Los Angelesから#6 Arron Afflalo, 32位にはUniversity of Southern Californiaから#13 Gabe Pruitt, 35位にはLouisiana State Universityから#11 Glen Davisが、37位にはDuke Universityより#6 Josh McRobertsが指名を受けまた42位にはVanderbilt University#4 Derrick Byarsが、53位にSyracuse Universityより#35 Demetris NicholsなどがNBA入りしている。 高校時代の2004年にはMcDonald's High School Basketball All American Teamsに選出されており、#6 Arron Afflalo, #12 LaMarcus Aldridge, #11 Glen Davis, #5 Jordan Farmar, #22 Rudy Gay, #1 Daniel Gibson, #12 Dwight Howard, #25 Al Jefferson, #9 Rajon Rondo, #1 J.R. Smith, #5 Josh Smith, #31 Sebastian Telfair, #24 Marvin Williamsなどといった選手も選出された。 ルーキーシーズンとなる2007-08seasonMinnesota Timberwolvesは、#25 Al Jeffersonを中心に#8 Ryan Gomes, #15 Gerald Green, #3 Sebastian Telfair, #4 Randy Foyeなどの新人たちに#55 Marko Jaric, #7 Greg Buckner, #24 Antoine Walkerなどといった布陣であった。翌2008-09seasonにはルーキーの#42 Kevin Loveや新加入で#33 Mike Miller, #14 Brian Cardinalなどを迎える。2009-10seasonには、#10 Jonny Flynn, #25 Al Jefferson, #42 Kevin Love, #8 Ryan Gomes, #31 Darko Milicicらと共に#22 Corey Brewerは82ゲーム全てでスターターを務めた。 2010-11season途中に Minnesota Timberwolvesは、#7 Carmelo Anthony, #4 Chauncey Billupsらが絡むNew York KnicksDenver Nuggetsの間の3チームによるトレードで#22 Corey BrewerNew York Knicks へと移る。このトレードでは他に#21 Wilson Chandler, #2 Raymond Felton, #8 Danilo Gallinariなどが絡みその後、#13 Corey BrewerDallas Mavericksに移る事となる。 2010~11seasonDallas Mavericksでは13試合のみの出場2試合のみのスターターという中でもチームは2011 NBA Championとなる。 2011~12seasonよりDenver Nuggetsでプレー、チームは#3 Ty Lawson, #6 Arron Afflalo, #8 Danilo Gallinari, #7 Al Harringtonルーキーで加入し活躍を見せる#35 Kenneth Faried, #24 Andre Miller, #11 Chris Andersenなどと一緒に#13 Corey Brewerは17試合をスターターとして出場、シーズン途中には#31 Neneがトレードで#34 JaVale McGeeと交換され、NBA Play Off Western Conference First Round#24 Kobe Bryant, #17 Andrew Bynum, #16 Pau Gasol, #7 Ramon SessionsらとGame 7まで出場停止となった#15 Metta World Peaceの代わりにスターターを務めた#3 Devin Ebanks, #14 Troy Murphy, #6 Josh McRoberts, #5 Steve BlakeなどがいるLos Angeles Lakers相手に3-4と粘るも敗退している。 Los Angeles Lakersは、この年#4 Luke Walton#28 Jason Kapono, #2 Derek Fisherなどの選手を2011~12season途中トレードで放出した。

Continue reading ↑

Corey Brewer Profile

Position:
Forward
Height:
206cm
Weight:
84kg
Born:
3/5/1986, Tennessee, USA
College:
University of Florida
Team:
Minnesota Timberwolves, Western Conference
Jersey Status:
Game Worn

Other Status

MEXICO,

Alternate Jersey