NBA,バスケットボールミュージアムLayupshot

Contact us 免責事項

© 2012-2017 Layupshot.

Owner. Tadahiro Hakamata

Photo. Kentaro Sawaguchi

Design. PLANPOT DESIGN WORKS

JERSEY MUSEUM

HOME / JERSEY MUSEUM / 2010-2011 / New York Knicks / Amar’e Stoudemire

Amar’e Stoudemire #1
- New York Knicks - 2010-2011

NBA Game Worn jersey museum "Layupshot"館内で展示されているジャージは全て販売可能です。(既に販売済みのジャージも含まれています) サイト内 "Price negotiation" ボタンより簡単なフォームにご記入頂くと、在庫の有無・販売価格をメールにて返信致します。 館内に展示されているジャージは、NBA選手が着用したもの、もしくは着用するために用意された大変貴重なものばかりです。

All jerseys display within the NBA Game Worn jersey museum "Layupshot" are available for purchase. (Some jerseys on display are already sold) We will get back to you with the availability and price information if you contact us through the "Price Negotiation" button. Jerseys displayed in this museum have been worn, or issued to be worn by actual NBA players.

NBA Game Worn jersey museum "Layupshot" 博物馆内展示的所有球衣都是可以选购的(已售出的款式也在包含展示范围内)。 在本网页内,您只需点击 "Price negotiation" 图标,并简单的填写相应信息,相关球衣的库存和价格会通过EMAIL的形式发送给您。 本馆展示的所有球衣都是NBA球员亲着,或是比赛备用款式。均在市面上不可多得,具有很高收藏价值意义。

Jersey Description

This blue jersey was worn by #1 Amar’e Stoudemire of the New York Knicks during the 2010-2011 National Basketball Association regular season. Stoudemire wore this jersey during the Knicks’ 125-116 double overtime victory over the Detroit Pistons on November 28, 2010 a t Palace of Auburn Hills in Detroit, Michigan. He played 54 minutes and registered 37 points with 7 assists and 15 rebounds.

Layup Navigation

2002 年のNBA Draft 9位でPhoenix Sunsより指名を受けPhoenix Sunsに入団する。 高校時代には2002 McDonald's High School Basketball All American Teams#7 Carmelo Anthony, #1 Chris Bosh, #5 Raymond Felton, #42 Sean May, #1 Rashad McCants, #7 J.J. Redickなどと共に選出されている。 この2002年のNBA Draft全体第1位指名は中国よりビッグセンターの#11 Yao Ming, 2位には#5 Carlos Boozerと同じDuke Universityより#22 Jay Williams, 続く3位にも同校Duke Universityより#17 Mike Dunleavy Jrが指名されている。4位にはUniversity of Kansas出身のセンター#90 Drew Goodenが、7位にはブラジルより#31 Neneがと続く8位指名を受けたのはUniversity of Marylandより#54 Chris Wilcoxが、9位には高校卒業からNBA入りする事となる#1 Amare Stoudemireが指名を受けている続く10位でUniversity of Connecticut出身の #4 Caron Butlerが指名を受け、11位にはIndiana Universityから #20 Jared Jeffriesが、12位にはCalifornia State University, Fresnoより#2 Melvin Elyが 14位にはのちのNBA All Star GameのイベントのSlam Dunk Champion にも輝くUniversity of Oregon出身の #2 Fred Jonesが、15位にスロべニアから#7 Bostjan Nachbarが、17位には8位指名を受けた#44 Chris Wilcox と共にUniversity of Marylandで活躍した#3 Juan Dixonが、20位にUniversity of Missouriより#21 Kareem Rushが、22位にStanford Universityから#23 Casey Jacobsenが、23位にはUniversity of Kentuckyより#22 Tayshaun Prince, 続く24位でSerbiaよりNew Jersey Nets#12 Nenad Krsticが入団する。続いて25位にUniversity of Illinois at Urbana-Champaignから#30 Frank Williamsが、28位にはGonzaga University出身の #2 Dan Dickau が30位にはUniversity of Virginiaから#31 Roger MasonなどがNBAへと道を進んだ。 そしてこの2002 年のNBA Draftで 26位University of Miami出身の#15 John Salmonsが指名う受けている。ほか33位にUniversity of California, Los Angeles出身の#50 Dan Gadzuricが同大学から45位で#22 Matt Barnes も指名を受けている。34位にもDuke University出身#5 Carlos Boozer, 41位にShaw University出身#22 Ronald Murray, #44 Chris Wilcoxと同じUniversity of Marylandより43位で#35 Lonny Baxterや52位でLa Salle Universityから#45 Rasual Butlerや56位でSan Diego State Universityより#6 Randy Holcombなどの名前を見る事も出来る。 ルーキーとして入団した2002-03seasonPhoenix SunsFrank Johnsonヘッドコーチのもと44-38の成績を残しチームにはルーキーで#23 Casey Jacobsen#32 Amare Stoudemireと同じく入団しチームの中心は #3 Stephon Marbury, #31 Shawn Marion, #1 Anfernee Hardaway, #2 Joe Johnsonなどが活躍するほか#43 Jake Voskuhl, #24 Tom Gugliotta, #45 Bo Outlaw, #47 Scott Williamsなどと共にプレーした。#32 Amare Stoudemire自身もルーキーシーズンながら82試合に出場し内71試合に先発出場し平均13.5得点、8.8リバウンド、1.0アシストを記録して活躍している。迎えたNBA Play Off Western Conference First RoundGregg Popovichヘッドコーチのもと60-22の成績を残しチームにはルーキーで #20 Manu Ginobili, #23 Devin Brownらが入団しチームには #21 Tim Duncan, #9 Tony Parker, #3 Stephen Jackson, #31 Malik Rose, #50 David Robinson, #12 Bruce Bowen, #10 Speedy Claxton, #42 Kevin Willis, #25 Steve Kerr, #35 Danny Ferry, #8 Steve Smithなどをようしこのシーズンの2003 NBA Championに輝いたSan Antonio Spursと対戦し2-4で敗退している。またこの2002-03seasonの NBA Rookie of the Yearにも選出され前年は #16 Pau Gasol 翌年には#23 LeBron Jamesが選出された他2002-03 NBA All-Rookie 1st Team#4 Caron Butler, #90 Drew Gooden, #31 Nene , #11 Yao Mingなどと共に選出されている。 2003-04seasonPhoenix Sunsでは Frank Johnsonヘッドコーチがシーズン途中に解任され代わりに Mike D'Antoniヘッドコーチが就任しチームにはルーキーで #10 Leandro Barbosaが入団しチームには #3 Stephon Marbury, #31 Shawn Marion, #2 Joe Johnsonなどと共にプレーしほかシーズン中には#1 Anfernee Hardaway, #24 Tom Gugliotta, #14 Antonio McDyessなど共シーズン中プレーを共にした#32 Amare Stoudemire自身は55試合に出場し内53試合に先発出場し平均20.6得点、9.0リバウンド、1.4アシスト,1.2スティールを記録して活躍した。 2004-05 seasonPhoenix SunsMike D'Antoniヘッドコーチのもと62-20の成績を残しチームはPacific Divisionの首位になりチームにはわずか4試合の出場ながら#1 Yuta Tabuseも在籍し新加入で #13 Steve Nashがチームを変える事となる。チームの中心は#32 Amare Stoudemire, #31 Shawn Marionに加え #3 Quentin Richardson, #2 Joe Johnson, #21 Jim Jackson, #45 Steven Hunter, #10 Leandro Barbosa, #0 Walter McCarty, #46 Bo Outlawなどと共にプレーし#32 Amare Stoudemire自身は80試合全てに先発出場し平均26.0得点、8.9リバウンド、1.6アシスト、1.0スティールを記録してチーム1位の活躍をした。この2004-05 season中に Pepsi Center, Denver, COで開催された2005 NBA All-Star Gameに初選出されMVPには #3 Allen Iversonが輝くなかでEasternのリザーブメンバーとして#34 Ray Allen, #20 Manu Ginobili, #41 Dirk Nowitzkiほか同じPhoenix Suns のチームメイトの #13 Steve Nash#31 Shawn Marionと共にプレー他#7 Rashard Lewisなども選出された。迎えたNBA Play Off Western Conference First Round では シーズン中にHubie BrownヘッドコーチからLionel Hollins ヘッドコーチそしてMike Fratelloヘッドコーチと3人が入れ替わりチームには #16 Pau Gasol, #2 Jason Williams, #33 Mike Miller, #41 James Posey, #42 Lorenzen Wright, #31 Shane Battier, #4 Stromile Swift, #35 Brian Cardinal, #30 Dahntay Jones, #25 Earl Watson, #6 Bonzi Wellsなどが在籍するMemphis Grizzliesと対戦し4-0のスウィ―プで勝利し続く NBA Play Off Western Conference SemifinalDon Nelsonヘッドコーチから Avery Johnsonヘッドコーチと入れ替わりがありチームにはルーキーで#34 Devin Harris, #28 Didier Ilunga-Mbengaなどが入団しチームは #41 Dirk Nowitzkiを中心に#31 Jason Terry, #42 Jerry Stackhouse, #5 Josh Howard, #4 Michael Finley, #25 Erick Dampier, #6 Marquis Daniels, #2 Keith Van Horn, #10 Darrell Armstrong, #44 Shawn Bradley などのメンバーが揃ったDallas Mavericksと対戦し4-2で勝利し迎えたNBA Play Off Western Conference FinalsGregg Popovichヘッドコーチのもと59-23の成績を残しチームにはルーキーで#14 Beno Udrihが入団し2004-05season2005 NBA Champion#21 Tim Duncan, #9 Tony Parker, #20 Manu Ginobili, #2 Nazr Mohammed, #5 Robert Horry, #17 Brent Barry, #14 Beno Udrih, #3 Glenn Robinson などをようしたSan Antonio Spursに1-4で敗退している。 2005-06seasonPhoenix SunsMike D'Antoniヘッドコーチのもと54-28の成績を残したが#32 Amare Stoudemire自身は怪我の為わずか3試合しかプレー出来ずそんな中でチームは #13 Steve Nash, #31 Shawn Marion, #3 Boris Diaw, #2 Tim Thomas, #10 Leandro Barbosa, #19 Raja Bell, #22 James Jones, #50 Eddie House, #55 Brian Grantなど共にNBA Play Off Western Conference First Roundに進出する 初戦はPhil Jackson ヘッドコーチのもと45-37の成績を残しチームはルーキーで#17 Andrew Bynumが入団したほかチームの中心は #8 Kobe Bryant#7 Lamar Odom, #54 Kwame Brown, #4 Luke Waltonなどがプレーする Los Angeles Lakersと対戦し4-3で勝利した。NBA Play Off Western Conference Semifinals ではMike Dunleavy ヘッドコーチのもと47-35の成績を残しチームは#42 Elton Brand, #19 Sam Cassell, #50 Corey Maggette, #5 Cuttino Mobley, #35 Chris Kaman, #7 Vladimir Radmanovic, #13 Quinton Ross などを擁したLos Angeles Clippers と対戦し4-3で勝利しNBA Play Off Western Conference FinalsAvery Johnsonヘッドコーチのもと 60-22の成績を残しチームはこの2005-06season2006 NBA Final に進出する #41 Dirk Nowitzki, #5 Josh Howard, #31 Jason Terry, #25 Erick Dampier, #42 Jerry Stackhouse, #34 Devin Harris, #2 Keith Van Horn, #33 Josh Powell, #10 Darrell Armstrong などを擁したDallas Mavericksと対戦して2-4で敗退したが#32 Amare Stoudemireを怪我で欠く中Phoenix Sunsは健闘した2005-06seasonであった。 2006-07 seasonPhoenix SunsMike D'Antoni ヘッドコーチのもと61-21の成績を残しチームは#1 Amare Stoudemireが復帰し #13 Steve Nash, #10 Leandro Barbosa, #31 Shawn Marion, #19 Raja Bell, #3 Boris Diaw, #2 Marcus Banks, #8 Jalen Rose, #52 Eric Piatkowskiなどのメンバーでプレーオフに進み初戦に勝利しNBA Play Off Western Conference Semifinalsまで進み Gregg Popovichヘッドコーチのもと58-24の成績を残しチームは #21 Tim Duncan, #9 Tony Parker, #20 Manu Ginobili, #4 Michael Finley, #12 Bruce Bowen, #7 Fabricio Oberto, #5 Robert Horry, #16 Francisco Elson, #17 Brent Barry, #11 Jacque Vaughn, #15 Matt Bonner, #14 Beno Udrihなどを擁したSan Antonio Spursと対戦して2-4で敗退した。またThomas & Mack Center, Las Vegas, NVで開催されたこの2006-07 season中に 2007 NBA All-Star Gameに選出されMVPには #24 Kobe Bryantが輝いている中Westernのリザーブメンバーとして#15 Carmelo Anthony, #9 Tony Parker, #31 Shawn Marion, #34 Ray Allen, #5 Josh Howard, #13 Mehmet Okurなどと共に選出されプレーを共にしている。#1 Amare Stoudemire自身は82試合に出場し内78試合に先発出場し平均20.4得点、9.6リバウンド、1.0アシスト、1.0スティールを記録してチーム1位の活躍をした。 2007-08seasonPhoenix SunsMike D'Antoniヘッドコーチのもと55-27の成績を残しチームにはルーキーで#8 D.J. Strawberry, #29 Alando Tuckerが入団し新加入で #32 Shaquille O'Neal, #33 Grant Hillなどと共に #13 Steve Nash, #3 Boris Diaw, #19 Raja Bell, #10 Leandro Barbosa, #54 Brian Skinner, #4 Sean Marksなどが在籍しプレーを共にするシーズン中にNew Orleans Arena, New Orleans, LA で開催された2008 NBA All-Star Game に選出されMVPには#23 LeBron James が輝くなかでWesternのリザーブメンバーとして #7 Brandon Roy, #3 Chris Paul, #41 Dirk Nowitzki, #13 Steve Nash, #5 Carlos Boozer, #30 David Westプレーを共にした。#1 Amare Stoudemire自身は79試合全てに先発出場し平均25.2得点、9.1リバウンド、1.5アシスト、0.8スティールを記録してチーム1位の活躍をした。 2008-09 seasonPhoenix SunsTerry Porterヘッドコーチから Alvin Gentryヘッドコーチにシーズン中に代わりルーキーで#2 Goran Dragic, #15 Robin Lopezらが入団する中 #32 Shaquille O'Nealと共にチームを牽引 #13 Steve Nash, #33 Grant Hill, #23 Jason Richardson, #22 Matt Barnes, #3 Jared Dudleyなども活躍する中で地元US Airways Center, Phoenix, AZ で開催された2009 NBA All-Star Gameにチームメイトの #32 Shaquille O'Nealと共に選出されMVPには #24 Kobe Bryant#32 Shaquille O'Neal が同時受賞となり #24 Kobe Bryant, #3 Chris Paul, #21 Tim Duncan, #11 Yao Mingらと共に Westernスターターに初選出されプレーした。#1 Amare Stoudemire自身は53試合全てに先発出場し平均21.4得点、8.1リバウンド、2.0アシスト、0.9スティールを記録してチーム1位の活躍をしたがNBA Play Off 進出はならなかった。 2009-10 seasonPhoenix Sunsでは Alvin Gentryヘッドコーチのもと54-28の成績を残しチームにはルーキーで#55 Earl Clark, #32 Taylor Griffinらが入団しチームでは#1 Amare Stoudemireを中心に #23 Jason Richardson, #13 Steve Nash, #33 Grant Hill, #8 Channing Frye, #10 Leandro Barbosa, #15 Robin Lopez, #3 Jared Dudley, #2 Goran Dragic, #17 Louis Amundsonなどが活躍する中Cowboys Stadium, Arlington, TX で行われた2010 NBA All-Star Game に自身5度目となる選出をされる。MVPには #3 Dwyane Wadeが輝いたが#15 Carmelo Anthony, #41 Dirk Nowitzki, #13 Steve Nash, #21 Tim Duncanと共にWesternのスターターとしてプレーした。#1 Amare Stoudemire自身は82試合全てに先発出場し平均23.1得点、8.9リバウンド、1.0アシスト、0.6スティールを記録してチーム1位の活躍をし迎えたNBA Play Off Western Conference First RoundNate McMillanヘッドコーチのもと50-32の成績を残しチームにはルーキーで#33 Dante Cunningham, #8 Patrick Mills, #31 Jeff Pendergraphらが入団しチームは #12 LaMarcus Aldridgeを中心に #24 Andre Miller, #4 Jerryd Bayless, #23 Martell Webster, #88 Nicolas Batum, #5 Rudy Fernandez, #21 Marcus Camby, #7 Brandon Roy, #6 Juwan Howard などをようしたPortland Trail Blazersと対戦し4-2で勝利し続くNBA Play Off Western Conference SemifinalsではGregg Popovichヘッドコーチのもと50-32の成績を残しチームにはルーキーで #45 DeJuan Blairが入団しチームでは #20 Manu Ginobili, #21 Tim Duncan, #9 Tony Parkerらが活躍しほか #3 George Hill, #24 Richard Jefferson, #34 Antonio McDyess, #15 Matt Bonner, #10 Keith Bogans, #8 Roger Mason Jrなどのメンバーが揃うSan Antonio Spursと対戦し4-0のスウィ―プで勝利しNBA Play Off Western Conference FinalsPhil Jacksonヘッドコーチのもと57-25の成績を残しチーム #24 Kobe Bryantを中心に #16 Pau Gasol, #37 Metta World Peace, #2 Derek Fisher, #7 Lamar Odom, #17 Andrew Bynum, #12 Shannon Brown, #1 Jordan Farmar, #18 Sasha Vujacic, #4 Luke Walton, #21 Josh Powell, #6 Adam Morrison, #28 Didier Ilunga-Mbengaなどのメンバーで2010 NBA Championに輝いた Los Angeles Lakersの前に2-4で敗退している。 2010-11 seasonNew York Knicksへと移籍しPhoenix Suns 時代にチームの指揮を執っていたMike D'Antoniヘッドコーチのもと42-40の成績を残しチームにはルーキーで#6 Landry Fieldsが入団しまた新加入で#1 Amare Stoudemireと同じくシーズン前に#20 Raymond Feltonがチームに加わる中のシーズン中にMinnesota TimberwolvesDenver Nuggetsとの3チーム間でのトレードによって#7 Carmelo Anthony, #4 Chauncey Billupsなどが絡み #8 Danilo Gallinari#21 Wilson Chandler, #25 Timofey Mozgov, #20 Raymond Feltonらが共にDenver Nuggetsへ移籍する事になりチームの中心は#7 Carmelo Anthony, #4 Chauncey Billups, #1 Amare Stoudemireとなるなか#1 Amare Stoudemire自身は78試合全てに先発出場し平均25.3得点、8.2リバウンド、2.6アシストを記録する活躍をして迎えたNBA Play Off Eastern Conference First RoundDoc Riversヘッドコーチのもと56-26の成績を残しチームにはルーキーで#0 Avery Bradley, #86 Semih Erdenなどが入団しチームは#34 Paul Pierce, #20 Ray Allen, #5 Kevin Garnett, #9 Rajon Rondo, #8 Jeff Green, #13 Delonte West, #7 Jermaine O'Neal, #11 Glen Davis, #4 Nenad Krstic, #36 Shaquille O'Nealなどが在籍したBoston Celticsと対戦し0-4のスウィ―プ負けをしている。またこの2010-11 season中にSTAPLES Center, Los Angeles, CAで開催された2011 NBA All-Star Game にスターターで選出されMVPには #24 Kobe Bryant が輝くなかでEasternスターターとして#6 LeBron James, #1 Derrick Rose, #3 Dwyane Wade, #12 Dwight Howardと共にプレーした。またこの2011 NBA All-Star Game#1 Amare Stoudemire自身28分プレーし29得点、6リバウンドと活躍した。 2011-12 seasonNew York Knicks ではMike D'Antoniヘッドコーチがシーズン途中に解任され代わりに Mike Woodsonヘッドコーチが就任しチームにはルーキーで#21 Iman Shumpertが入団しまた新加入で #6 Tyson Chandlerが入りLandry Fields は背番号を変え#2 Landry Fields は活躍したほか#20 Mike Bibby, #85 Baron Davis, #16 Steve Novakなどと共に全米、全世界を熱狂させた#17 Jeremy Linが活躍しまたシーズン途中では#8 J.R. Smithなども加わるなか#1 Amare Stoudemire自身は出場した47試合全てに先発出場し平均17.5得点、7.8リバウンド、1.1アシストを記録し迎えたNBA Play Off Eastern Conference First RoundErik Spoelstraヘッドコーチのもと46-20の成績を残しチームにはルーキーで#30 Norris Coleが入団しまた新加入で #31 Shane Battierが活躍チームの中心は#6 LeBron James, #3 Dwyane Wade, #1 Chris BoshらBig3に加え#15 Mario Chalmers, #40 Udonis Haslem, #13 Mike Miller, #50 Joel Anthony, #22 James Jones, #14 Ronny Turiaf, #5 Juwan Howardなどのメンバーが揃ったMiami Heatと対戦して1-4で敗退した。

Continue reading ↑

Amar’e Stoudemire Profile

Position:
Forward-Center
Height:
208cm
Weight:
111kg
Born:
11/16/1982, Florida, USA
College:
Other
Team:
New York Knicks, Eastern Conference
Jersey Status:
Game Worn

Other Status

SEASON,

Away Jersey