NBA,バスケットボールミュージアムLayupshot

Contact us 免責事項

© 2012-2017 Layupshot.

Owner. Tadahiro Hakamata

Photo. Kentaro Sawaguchi

Design. PLANPOT DESIGN WORKS

JERSEY MUSEUM

HOME / JERSEY MUSEUM / 2015-2016 / Miami Heat / Luol Deng

Luol Deng #9
- Miami Heat - 2015-2016

NBA Game Worn jersey museum "Layupshot"館内で展示されているジャージは全て販売可能です。(既に販売済みのジャージも含まれています) サイト内 "Price negotiation" ボタンより簡単なフォームにご記入頂くと、在庫の有無・販売価格をメールにて返信致します。 館内に展示されているジャージは、NBA選手が着用したもの、もしくは着用するために用意された大変貴重なものばかりです。

All jerseys display within the NBA Game Worn jersey museum "Layupshot" are available for purchase. (Some jerseys on display are already sold) We will get back to you with the availability and price information if you contact us through the "Price Negotiation" button. Jerseys displayed in this museum have been worn, or issued to be worn by actual NBA players.

NBA Game Worn jersey museum "Layupshot" 博物馆内展示的所有球衣都是可以选购的(已售出的款式也在包含展示范围内)。 在本网页内,您只需点击 "Price negotiation" 图标,并简单的填写相应信息,相关球衣的库存和价格会通过EMAIL的形式发送给您。 本馆展示的所有球衣都是NBA球员亲着,或是比赛备用款式。均在市面上不可多得,具有很高收藏价值意义。

Jersey Description

This jersey worn during the 2015-16 National Basketball Association regular season, by #9 Luol Deng of the Miami Heat.Deng wore this jersey during the Heat's 123-91 victory over the Charlotte Hornets on April 17, 2016 at AmericanAirlines Arena in Miami, FL.He played 32 minutes and registered a game-high 31 points with 1 assist, 7 rebounds and 1 steal."4/17/15" is handwritten on the jock tag.

Layup Navigation

2004 年のNBA Draft全体第7位でDuke UniversityよりNBA入りを果たす。 Duke Blue Devils時代は#7 J.J. Redick, #33 Shelden Williams, #25 Chris Duhonなど共にプレーし2004 NCAAトーナメントSemifinalまで勝ち進み#7 Ben Gordon, #50 Emeka Okaforを中心に#31 Charlie Villanueva, #2 Josh Boone, #12 Hilton Armstrong, #5 Marcus Williamsなどを擁したConnecticut Huskiesと対戦して78-79で敗退している。またDuke University出身のNBAプレーヤーには #31 Shane Battier, #5 Carlos Boozer, #42 Elton Brand, #34 Mike Dunleavy, #15 Gerald Henderson, #33 Grant Hill, #7 Bobby Hurley, #2 Kyrie Irving, #1 Dahntay Jones, #32 Christian Laettner, #21 Trajan Langdon, #50 Corey Maggette, #6 Josh McRoberts, #44 Cherokee Parks, #22 Jay Williamsなどが挙げられる。 従兄弟である#35 Deng GaiPhiladelphia 76ersでプレーした経験がある。 この2004 NBA Draft で第1位となるのは#12 Dwight Howard, 2位にはUniversity of Connecticut時代の2004年にNCAA全米制覇を成し遂げた中心選手の#50 Emeka Okaforと続く3位に#7 Ben Gordonが指名を受ける、5位にUniversity of Wisconsinより#5 Devin Harrisが、6位にはStanford University出身でスニーカーマニアの#1 Josh Childressが、7位にはDuke Universityから#9 Luol Deng, 9位にUniversity of Arizonaから#9 Andre Iguodala, 10位にはUniversity of Oregonかや#6 Luke Jacksonらが指名を受けている。続く11位に#15 Andris BiedrinsがラトビアよりGolden State Warriors入団している。13位に #31 Sebastian Telfairが14位にUniversity of Minnesotaより#43 Kris Humphries,15位には#25 Al Jeffersonが、17位#5 Josh Smith, 18位#1 J.R. Smith,19位#1 Dorell Wrightと4人の高校卒が続き、20位にSaint Joseph's Universityより#14 Jameer Nelsonが、24位にSaint Joseph's Universityより#13 Delonte Westが、25位にOklahoma State Universityより #42 Tony Allenそしてこの後26位にWestern Carolina Universityより#23 Kevin Martinが指名を受けている。27位には#18 Sasha Vujacicがスロベニアより同じく28位に#19 Beno Udrihが、30位にはブラジルから#17 Anderson Varejao, 38位にDuke Universityから#25 Chris Duhonが、43位にUniversity of California, Los Angelesより#1 Trevor Arizaが、47位にCalifornia State University, Fullertonから#9 Pape Sowなどの選手たちが指名を受けている。 #9 Luol Deng にとってのルーキーシーズンとなる2004-05seasonChicago BullsScott Skilesヘッドコーチのもと47-35の成績を残しチームにはルーキーで#7 Ben Gordon, #21 Chris Duhon, #5 Andres Nocioniなどが#9 Luol Dengと同じく入団しチームの中心は#12 Kirk Hinrich, #3 Tyson Chandler, #34 Antonio Davis, #15 Jannero Pargoなども活躍、NBA Play Off Eastern Conference First RoundEddie Jordanヘッドコーチのもと45-37の成績を残しチームは #0 Gilbert Arenas, #20 Larry Hughes, #4 Antawn Jamison, #3 Juan Dixon, #33 Brendan Haywood, #1 Jared Jeffries などを擁したWashington Wizardsと対戦して2-4で敗退した。 2005-06seasonChicago BullsScott Skilesヘッドコーチのもと41-41の成績を残しチームにはルーキーで#6 Randy Holcombなどが加入する中#7 Ben Gordonを中心に#12 Kirk Hinrich, #9 Luol Deng, #5 Andres Nocioni, #3 Tyson Chandlerなど活躍を見せる。#9 Luol Deng自身ではチーム内で3位となる78試合に出場して56試合に先発出場し平均14.3得点、6.6リバウンドを記録している。 NBA Play Off Eastern Conference First RoundではStan Van Gundy からシーズン途中にPat Rileyヘッドコーチに代わりその後41-20の成績を残しチームには #3 Dwyane Wade, #32 Shaquille O'Neal, #8 Antoine Walker, #55 Jason Williams, #40 Udonis Haslem, #42 James Posey, #20 Gary Payton, #33 Alonzo Mourning, #5 Derek Anderson, #49 Shandon Anderson, #24 Jason Kapono などを擁しこの年の2006 NBA Championに輝いたMiami Heat と対戦して2-4で敗退した。 2006-07 seasonにはChicago BullsScott Skilesヘッドコーチのもと49-33の成績を残しチームにはルーキーで #2 Thabo Sefolosha, #24 Tyrus Thomasなども入団しチームの中心は#7 Ben Gordon, #9 Luol Dengであり他新加入で#3 Ben Wallace, #42 P.J. Brownなども在籍し#9 Luol Deng自身ではチーム内で2位となる82試合全てに先発出場し平均18.8得点、7.1リバウンドを記録している。NBA Play Off Eastern Conference First RoundPat Rileyヘッドコーチのもと44-38の成績を残しチームには #3 Dwyane Wade, #32 Shaquille O'Neal, #8 Antoine Walker, #55 Jason Williams, #40 Udonis Haslem, #42 James Posey, #20 Gary Payton, #33 Alonzo Mourning,#1 Dorell Wright, #6 Eddie Jonesなどを擁した前年の2006 NBA ChampionMiami Heatと対戦して4-0のスウィ―プで勝利し続くNBA Play Off Eastern Conference SemifinalsFlip Saundersヘッドコーチのもと53-29の成績を残しチームには#32 Richard Hamilton, #1 Chauncey Billups, #36 Rasheed Wallace, #22 Tayshaun Prince, #84 Chris Webber, #24 Antonio McDyess, #6 Ronald Murray, #10 Lindsey Hunter, #34 Dale Davisなどを擁した Detroit Pistonsと対戦し2-4で敗退した。 2007-08 seasonにはChicago Bulls では3人のヘッドコーチが入れ替わりチームの成績も上がらないなかルーキーで#13 Joakim Noah, #35 Demetris Nichols, #34 Aaron Grayなどが入団しチーム内でも#32 Joe Smith#90 Drew Goodenほか#32 Larry Hughesなどの新加入の選手たちも入れ替わり在籍したが#7 Ben Gordonがチームトップの平均18.6得点を稼ぎ続いて#9 Luol Dengがチーム内で2位となる63試合に出場して59試合に先発出場し平均17.0得点、6.3リバウンドを記録している。 2008-09seasonChicago BullsVinny Del Negroヘッドコーチのもと41-41の成績を残しチームにはルーキーで#1 Derrick Roseが入団する。チームには#7 Ben Gordon#15 John Salmons, #9 Luol Deng, #1 Derrick Roseに加えベテランの#52 Brad Miller, #2 Tim Thomasなどもプレー#13 Joakim Noahも成長をみせるなか #9 Luol Dengは49試合のうち46試合に先発し平均14.1得点、6.0リバウンドの活躍を見せたが怪我の為出場の機会は減った。迎えたNBA Play Off Eastern Conference First Round#34 Paul Pierce, #20 Ray Allen, #9 Rajon Rondo, #11 Glen Davis, #43 Kendrick Perkins, #50 Eddie House, #44 Brian Scalabrine, #8 Stephon Marbury, #5 Bill Walker, #13 Gabe Pruittなどのメンバーで怪我の為出場できない#5 Kevin GarnettなどをようしたBoston Celticsと対戦して3-4の接戦の末惜しくも破れている。 2009-10 seasonにはChicago BullsVinny Del Negroヘッドコーチのもと41-41の成績を残しチームにはルーキーで #22 Taj Gibson, #16 James Johnsonなどが入団しチームの中心は完全に#1 Derrick Roseになり続いて#9 Luol Dengもチーム内で2位となる70試合に出場して69試合に先発出場し平均16.7得点、7.0リバウンドを記録する活躍を見せ#13 Joakim Noah, #12 Kirk Hinrich, #6 Ronald Murray他ルーキーの #22 Taj Gibsonまたベテランの#52 Brad Millerほか#21 Hakim Warrick, #2 Jannero Pargoなども活躍をしNBA Play Off Eastern Conference First RoundMike Brownヘッドコーチのもと61-21の成績を残しチームには#23 LeBron James, #4 Antawn Jamison, #2 Mo Williams, #33 Shaquille O'Neal, #18 Anthony Parker, #13 Delonte West, #17 Anderson Varejao, #21 J.J. Hickson, #15 Jamario Moon, #11 Zydrunas Ilgauskas, #1 Daniel Gibsonなどを擁したCleveland Cavaliersと対戦して1-4で敗退した。 2010-11 seasonにはChicago BullsTom Thibodeauヘッドコーチのもと62-20の成績を残しチームにはルーキーで #3 Omer Asikが入団し新加入で#5 Carlos Boozer, #26 Kyle Korver, #40 Kurt Thomas, #24 Brian Scalabrine, #32 C.J. Watson, #11 Ronnie Brewerなどが加わりシーズン初めに移籍してきたばかりの#5 Carlos Boozerが怪我の為出場できず代わりに #22 Taj Gibsonが大活躍を見せるなか#9 Luol Deng自身ではチーム内で3位となる82試合全てに先発出場し平均17.4得点、5.8リバウンドを記録している。 チームはNBA Play Off第1シードを獲得した2010-11seasonの Chicago Bullsでは#1 Derrick Roseを中心に#9 Luol Deng, #5 Carlos Boozer, #13 Joakim Noah, #26 Kyle Korver, #22 Taj Gibson, #6 Keith Bogansなどと共に #40 Kurt Thomasも活躍しほか#11 Ronnie Brewer, #32 C.J. Watson, #3 Omer Asikなども活躍する。迎えたNBA Play Off Eastern Conference First Round でルーキーの#24 Paul Georgeに加え#33 Danny Grangerを中心に#50 Tyler Hansbrough, #55 Roy Hibbert, #2 Darren Collison, #1 Dahntay Jones, #17 Mike Dunleavy, #32 Josh McRobertsなどをようしたIndiana Pacers 相手に4-1で勝利を収め続くNBA Play Off Eastern Conference Semifinals#2 Joe Johnson, #5 Josh Smith, #15 Al Horford, #24 Marvin Williamsと共に大活躍した #0 Jeff Teagueなどをようした Atlanta Hawks と戦い4-2で勝利しNBA Play off Eastern Conference Finalsでは #3 Dwyane Wade, #6 LeBron James, #1 Chris BoshのBig 3に加え#15 Mario Chalmers, #22 James Jones, #0 Mike Bibby, #13 Mike Miller, #5 Juwan Howard, #55 Eddie HouseなどをようしたMiami Heat のまえに1-4で敗退してしまう。 NBAロックアウト後の短縮シーズンで始まった2011-12 seasonChicago BullsTom Thibodeauヘッドコーチのもと50-16の成績を残しチームにはルーキーで#21 Jimmy Butlerが入団し新加入でDetroit Pistons で長年活躍した#32 Richard Hamiltonも加入する。その為チーム内では#32 C.J. Watsonが背番号を#7に変更した。チームの中心である#1 Derrick Roseが怪我の為 2011-12season 終盤にプレー出来ずそんな中#7 C.J. Watson が代わりにスターターを務め活躍し他にも#15 John Lucas2011-12season 途中加入の#8 Mike Jamesなどの活躍チーム一丸と成り迎えたNBA Play Off に第1シードで出場したNBA Play Off Eastern Conference First Round のGame 1でプレーした#1 Derrick Roseが怪我をしてしまう事に#11 Jrue Holiday, #9 Andre Iguodala, #23 Louis Williams, #12 Evan Turner, #42 Elton Brand, #21 Thaddeus Young, #20 Jodie MeeksなどをようしたPhiladelphia 76ersがこのシリーズを制し2-4でChicago Bullsは敗退している。この2011-12seasonにはChicago Bullsのスーパーベンチモブとして #3 Omer Asik, #21 Jimmy Butler, #22 Taj Gibson, #26 Kyle Korver, #15 John Lucas, #24 Brian Scalabrine, #7 C.J. Watsonらが大活躍する中で #24 Brian Scalabrineは特に地元ファンの人気者になった。また2011-12season中にAmway Center, Orlando, FL で行われた2012 NBA All-Star Game#9 Luol Deng自身初となる選出で出場する事になった。MVPには #35 Kevin Durant が選ばれた他地元チームの#12 Dwight Howardが最多投票数で選出。Wastanのスターターには #35 Kevin Durant#24 Kobe Bryant, #32 Blake Griffin, #3 Chris Paul, #17 Andrew Bynumが選ばれ控えには #0 Russell Westbrook, #42 Kevin Love, #41 Dirk Nowitzki, #33 Marc Gasol, #9 Tony Parker, #12 LaMarcus Aldridge, #13 Steve Nashが選出され対するEasternのスターターには #3 Dwyane Wade, #6 LeBron James, #12 Dwight Howard, #7 Carmelo Anthony, #1 Derrick Roseが選ばれ控えには#1 Chris Bosh, #8 Deron Williams, #9 Rajon Rondo, #9 Andre Iguodala, #34 Paul Pierce, #55 Roy Hibbertなどと共に#9 Luol Dengも初選出された。

Continue reading ↑

Luol Deng Profile

Position:
Forward
Height:
203cm
Weight:
100kg
Born:
4/16/1985, New Jersey, USA
College:
Duke University
Team:
Miami Heat, Eastern Conference
Jersey Status:
Game Worn

Other Status

SEASON,

Alternate Jersey