NBA,バスケットボールミュージアムLayupshot

Contact us 免責事項

© 2012-2017 Layupshot.

Owner. Tadahiro Hakamata

Photo. Kentaro Sawaguchi

Design. PLANPOT DESIGN WORKS

JERSEY MUSEUM

HOME / JERSEY MUSEUM / 1999-2000 / Seattle SuperSonics / Gary Payton

Gary Payton #20
- Seattle SuperSonics - 1999-2000

$2,500 USD

Price negotiation

NBA Game Worn jersey museum "Layupshot"館内で展示されているジャージは全て販売可能です。(既に販売済みのジャージも含まれています) サイト内 "Price negotiation" ボタンより簡単なフォームにご記入頂くと、在庫の有無・販売価格をメールにて返信致します。 館内に展示されているジャージは、NBA選手が着用したもの、もしくは着用するために用意された大変貴重なものばかりです。

All jerseys display within the NBA Game Worn jersey museum "Layupshot" are available for purchase. (Some jerseys on display are already sold) We will get back to you with the availability and price information if you contact us through the "Price Negotiation" button. Jerseys displayed in this museum have been worn, or issued to be worn by actual NBA players.

NBA Game Worn jersey museum "Layupshot" 博物馆内展示的所有球衣都是可以选购的(已售出的款式也在包含展示范围内)。 在本网页内,您只需点击 "Price negotiation" 图标,并简单的填写相应信息,相关球衣的库存和价格会通过EMAIL的形式发送给您。 本馆展示的所有球衣都是NBA球员亲着,或是比赛备用款式。均在市面上不可多得,具有很高收藏价值意义。

Layup Navigation

1990年のNBA Draft 2位でOregon State UniversityよりSeattle SuperSonicsに入団する。Oregon State Beavers時代には4年間を通じてチーム内で活躍する。またOregon State University出身のNBAプレーヤーには#31 Brent Barry, #25 Corey Benjamin, #45 A.C. Greenなどが挙げられる。 この1990 NBA Draft全体第1位にはSyracuse University出身の#44 Derrick Colemanが2位にはOregon State University出身の#20 Gary Paytonが3位にLouisiana State University出身の#1 Mahmoud Abdul-Raufが4位にGeorgia Institute of Technology出身の#3 Dennis Scottが5位にUniversity of Illinois at Urbana-Champaign出身の#13 Kendall Gillが6位にUniversity of Louisville出身の#50 Felton Spencerが7位にLa Salle University出身の#22 Lionel Simmonsが8位にLoyola Marymount University出身の#30 Bo Kimbleが9位にUniversity of Minnesota出身の#34 Willie Burtonが10位にUniversity of Michigan出身の#22 Rumeal Robinsonが指名を受けてNBA入りしている。続く11位にXavier University出身の#32 Tyrone Hillが13位にUniversity of Michigan出身の#35 Loy Vaughtが16位にUniversity of Michigan出身の#6 Terry Millsが19位にはJacksonville University出身の#7 Dee Brownが21位にSt. John's University出身の#55 Jayson Williamsが23位にはSaint Louis University出身の#4 Anthony Bonnerが24位にはUniversity of Florida出身の#33 Dwayne Schintziusが27位にClemson University出身の#41 Elden Campbellが29位にはクロアチア出身の#7 Toni Kukocが30位にUniversity of Houston出身の#7 Carl Herreraが31位にUniversity of Dayton出身の#32 Negele Knightが32位にGeorgia Institute of Technology出身の#31 Brian Oliverが35位にUniversity of Texas at El Paso出身の#44 Greg Fosterが38位にUniversity of Arizona出身の#30 Jud Buechlerが39位にはPurdue University出身の#55 Steve Schefflerが40位にVirginia Polytechnic Institute and State University出身の#12 Bimbo Colesが43位にUniversity of Maryland出身の#44 Tony Massenburgが44位にKansas State University出身の#12 Steve Hensonが45位にElizabeth City State University出身の#33 Kenny Williamsが47位にはXavier University出身の#33 Derek Strongが48位にCalifornia State University, Fullerton出身の#23 Cedric Ceballosが51位にはMarquette University出身の#14 Tony Smithなどが指名を受けNBA入りを果たしている。 #2 Gary Paytonにとってルーキーシーズンとなる 1990-91 seasonSeattle SuperSonicsK.C. Jonesヘッドコーチのもと41-41の成績を残しチームには#22 Eddie Johnson, #4 Sedale Threatt, #00 Benoit Benjamin, #40 Shawn Kemp, #22 Ricky Pierce, #31 Derrick McKey, #44 Michael Cage, #11 Dana Barros, #10 Nate McMillanなどが在籍しプレーを共にし#2 Gary Payton自身は出場した82試合全てに先発出場して平均7.2得点、3.0リバウンド、6.4アシスト、2.0スティール、0.2ブロックを記録した。NBA Play Off Western Conference First RoundRick Adelmanヘッドコーチのもと63-19の成績を残しチームにはルーキーで#31 Alaa Abdelnabyが入団しチームには#22 Clyde Drexler, #30 Terry Porter, #25 Jerome Kersey, #00 Kevin Duckworth, #52 Buck Williams, #3 Clifford Robinson, #9 Danny Ainge, #6 Walter Davis, #2 Mark BryantなどをようしたPortland Trail Blazersと対戦し2-3の接戦の末敗退している。 1991-92 seasonSeattle SuperSonicsではヘッドコーチがシーズン途中に3人が入れ替わったチームではK.C. Jonesヘッドコーチ, Bob Kloppenburgヘッドコーチ, George Karlヘッドコーチと入れ替わりチームにはルーキーで#24 Marty Conlon, #25 Rich Kingらが入団しチームには#22 Ricky Pierce, #8 Eddie Johnson, #40 Shawn Kemp, #10 Nate McMillan, #2 Gary Payton, #00 Benoit Benjamin, #11 Dana Barros, #44 Michael Cageなどが在籍しプレーを共にし#2 Gary Payton自身は出場した81試合のうち79試合に先発出場して平均9.4得点、3.6リバウンド、6.2アシスト、1.8スティール、0.3ブロックを記録した。NBA Play Off Western Conference First RoundDon Nelsonヘッドコーチのもと55-27の成績を残しチームにはルーキーで#25 Chris Gatling, #30 Billy Owens, #52 Victor Alexanderなどが入団し活躍を見せチームには#17 Chris Mullinを中心にほか#10 Tim Hardaway, #13 Sarunas Marciulionis, #20 Mario Elie, #53 Alton Lister, #32 Tyrone HillなどをようしたGolden State Warriorsと対戦し3-1で勝利し、NBA Play Off Western Conference SemifinalsJerry Sloanヘッドコーチのもと55-27の成績を残しチームにはルーキーで#50 Isaac Austin, #21 David Benoit, #14 Eric Murdockなどが入団しチームには#32 Karl Malone#12 John Stocktonのピック&ロールを軸に#24 Jeff Maloneのほか#30 Blue Edwards, #40 Mike Brown, #41 Thurl Bailey, #23 Tyrone Corbin, #53 Mark Eatonなどが在籍したUtah Jazzと対戦して1-4で敗退している。 1992-93 seasonSeattle SuperSonicsGeorge Karlヘッドコーチのもと55-27の成績を残しチームには#22 Ricky Pierce, #40 Shawn Kemp, #14 Sam Perkins, #20 Gary Payton, #31 Derrick McKey, #8 Eddie Johnson, #10 Nate McMillan, #44 Michael Cage, #17 Vincent Askew, #3 Dana Barros, #55 Steve Schefflerなどが在籍しプレーを共にし#20 Gary Payton自身は出場した82試合のうち78試合に先発出場して平均13.5得点、3.4リバウンド、4.9アシスト、2.2スティール、0.3ブロックを記録した。NBA Play Off Western Conference First RoundJerry Sloanヘッドコーチのもと47-35の成績を残しチームにはルーキーで#25 John Crottyなどが入団しチームには#32 Karl Malone#12 John Stocktonのピック&ロールを軸に#24 Jeff Maloneのほか#23 Tyrone Corbin, #21 David Benoit, #40 Mike Brown, #6 Jay Humphries, #50 Isaac Austin, #42 Larry Krystkowiak, #53 Mark Eatonなどが在籍したUtah Jazzと対戦し3-2の接戦の末勝利し、続くNBA Play Off Western Conference SemifinalsRudy Tomjanovichヘッドコーチのもと55-27の成績を残しチームにはルーキーで#25 Robert Horryが入団しチームには#34 Hakeem Olajuwonを中心に他#30 Kenny Smith, #33 Otis Thorpe, #11 Vernon Maxwell, #22 Winston Garland, #50 Matt Bullard, #7 Carl Herrera, #1 Scott Brooks, #21 Sleepy Floyd, #10 Terry Teagle, #15 Tree RollinsなどをようしたHouston Rocketsと対戦し4-3の接戦の末勝利し、NBA Play Off Western Conference FinalsPaul Westphalヘッドコーチのもと62-20の成績を残しチームにはルーキーで#21 Richard Dumas, #25 Oliver Millerなどが入団する中チームには当初#8 Tim Kempton, #31 Kurt Rambisなどもいたがチームは#34 Charles Barkleyを中心に#7 Kevin Johnson, #9 Dan Majerle, #22 Danny Ainge, #24 Tom Chambers, #41 Mark West, #23 Cedric Ceballos, #3 Frank Johnson, #32 Negele KnightなどのメンバーをようしたPhoenix Sunsと対戦して3-4の接戦の末敗退している。 1993-94 seasonSeattle SuperSonicsGeorge Karlヘッドコーチのもと63-19の成績を残しチームにはルーキーで#50 Ervin Johnson, #3 Alphonso Ford, #35 Chris Kingらが入団しチームには#20 Gary Payton, #40 Shawn Kempを中心にほか#11 Detlef Schrempf, #13 Kendall Gill, #14 Sam Perkins, #22 Ricky Pierce, #17 Vincent Askew, #10 Nate McMillan, #44 Michael Cage, #55 Steve Scheffler, #50 Ervin Johnsonなどが在籍しプレーを共にし#20 Gary Payton自身は出場した82試合全てに先発出場して平均16.5得点、3.3リバウンド、6.0アシスト、2.3スティール、0.2ブロックを記録した。1993-94 season途中にMVPには#33 Scottie Pippenが輝きTarget Center, Minneapolis, MNで開催された1994 NBA All-Star Gameに自身初選出されるWesternのスターターには#34 Hakeem Olajuwon, #2 Mitch Richmond, #40 Shawn Kemp, #32 Karl Malone, #22 Clyde Drexlerが選出されWesternのリザーブメンバーとして#12 John Stockton, #3 Clifford Robinson, #5 Danny Manning, #15 Latrell Sprewell, #7 Kevin Johnson, #50 David Robinsonと共に選出されプレーし対するEasternのスターターには#33 Scottie Pippen, #32 Shaquille O'Neal, #10 B.J. Armstrong, #44 Derrick Coleman, #7 Kenny Andersonが選出されEasternのリザーブメンバーには#33 Patrick Ewing, #25 Mark Price, #3 John Starks, #21 Dominique Wilkins, #54 Horace Grant, #10 Mookie Blaylock, #34 Charles Oakleyが選出されプレーを共にしEast 127-West 118の結果に終わっている。むかえたNBA Play Off Western Conference First RoundDan Isselヘッドコーチのもと42-40の成績を残しチームにはルーキーで#54 Rodney Rogersが入団しチームには#3 Mahmoud Abdul-Raufを中心にほか#20 LaPhonso Ellis, #34 Reggie Williams, #55 Dikembe Mutombo, #14 Robert Pack, #23 Bryant Stith, #8 Brian Williams(Bison Dele), #21 Tom Hammonds, #4 Darnell Meeなどが在籍したDenver Nuggetsと対戦し第1シードでの出場ながら第8シードのチームに2-3のアップセットの敗退を期してしまう事になった。 1994-95 seasonSeattle SuperSonicsGeorge Karlヘッドコーチのもと57-25の成績を残しチームには#20 Gary Payton, #40 Shawn Kemp, #11 Detlef Schrempf, #14 Sam Perkins, #17 Vincent Askew, #13 Kendall Gill, #10 Nate McMillan, #50 Ervin Johnson, #55 Steve Schefflerなどが在籍しプレーを共にし#20 Gary Payton自身は出場した82試合全てに先発出場して平均20.6得点、3.4リバウンド、7.1アシスト、2.5スティール、0.2ブロックを記録した。1994-95 season途中にMVP#2 Mitch Richmondが輝きAmerica West Arena, Phoenix, AZで開催された1995 NBA All-Star GameにWesternのスターターには#34 Hakeem Olajuwon, #40 Shawn Kemp, #15 Latrell Sprewell, #9 Dan Majerle, #34 Charles Barkleyらが選出されWesternのリザーブメンバーとして#12 John Stockton, #2 Mitch Richmond, #55 Dikembe Mutombo, #11 Detlef Schrempf, #32 Karl Malone, #50 David Robinsonと共に選出され対するEasternのスターターには#1 Anfernee Hardaway, #33 Scottie Pippen, #32 Shaquille O'Neal, #31 Reggie Miller, #33 Grant Hillが選出されEasternのリザーブメンバーには#33 Patrick Ewing, #4 Joe Dumars, #2 Larry Johnson, #33 Alonzo Mourning, #3 Dana Barros, #42 Vin Baker, #32 Tyrone Hillが選ばれプレーした。NBA Play Off Western Conference First RoundDel Harrisヘッドコーチのもと48-34の成績を残しチームにはルーキーで#25 Eddie Jones, #2 Anthony Millerなどが入団しチームには#9 Nick Van Exel, #41 Elden Campbell, #12 Vlade Divac, #23 Cedric Ceballos, #30 George Lynch, #31 Sam Bowie, #34 Tony Smith, #3 Sedale Threatt, #2 Anthony Miller, #40 Antonio Harveyなどが在籍したLos Angeles Lakersと対戦し1-3で敗退している。 1995-96 seasonSeattle SuperSonicsGeorge Karlヘッドコーチのもと64-18の成績を残しチームにはルーキーで#3 Eric Snowが入団しチームには#20 Gary Payton, #40 Shawn Kempを中心に#11 Detlef Schrempf, #33 Hersey Hawkins, #14 Sam Perkins, #10 Nate McMillan, #2 Vincent Askew, #50 Ervin Johnson, #34 Frank Brickowski, #25 David Wingate, #55 Steve Schefflerなどが在籍しプレーを共にし#20 Gary Payton自身は出場した81試合全てに先発出場して平均19.3得点、4.2リバウンド、7.5アシスト、2.9スティール、0.2ブロックを記録した。1995-96season途中にMVPには#23 Michael Jordanが輝きSan Antonio Spursの地元Alamodome, San Antonio, TXで開催された1996 NBA All-Star GameにWesternのスターターには#34 Charles Barkley, #40 Shawn Kemp, #32 Jason Kidd, #22 Clyde Drexler, #34 Hakeem Olajuwonが選出されWesternのリザーブメンバーとして#50 David Robinson, #2 Mitch Richmond, #32 Sean Elliott, #32 Karl Malone, #12 John Stockton, #55 Dikembe Mutomboと共に選出されプレーした。また対するEasternのスターターとしては#1 Anfernee Hardaway, #32 Shaquille O'Neal, #33 Grant Hill, #33 Scottie Pippen, #23 Michael Jordanが選出されEasternのリザーブメンバーには#11 Terrell Brandon, #31 Reggie Miller, #5 Juwan Howard, #41 Glen Rice, #42 Vin Baker, #33 Alonzo Mourning, #33 Patrick Ewingが選出されプレーを共にした。結果East 129-West 118に終わっている。またこのシーズンには1995-96seasonNBA Defensive Player of the Yearに輝いている。NBA Play Off Western Conference First RoundGarry St. Jeanヘッドコーチのもと39-43の成績を残しチームにはルーキーで#5 Tyus Edney, #4 Corliss Williamsonらが入団しチームには#2 Mitch Richmondを中心にほか#0 Olden Polynice, #33 Brian Grant, #22 Lionel Simmons, #30 Billy Owens, #13 Sarunas Marciulionis, #34 Michael Smith, #31 Duane Causwell, #7 Bobby Hurley, #40 Kevin GambleなどをようしたSacramento Kingsと対戦し3-1で勝利し、NBA Play Off Western Conference SemifinalsRudy Tomjanovichヘッドコーチのもと48-34の成績を残しチームには#34 Hakeem Olajuwonを中心にほか#22 Clyde Drexler, #25 Robert Horry, #10 Sam Cassell, #17 Mario Elie, #30 Kenny Smith, #52 Chucky Brown, #2 Mark Bryant, #4 Sam Mack, #32 Pete Chilcutt, #27 Charles Jonesなどをようした前年度の1995 NBA ChampionであるHouston Rocketsと対戦して4-0のスウィ―プで勝利し、NBA Play Off Western Conference FinalsJerry Sloanヘッドコーチのもと55-27の成績を残しチームにはルーキーで #00 Greg Ostertagが入団しチームには#32 Karl Malone, #12 John Stockton, #14 Jeff Hornacek, #34 Bryon Russell, #43 Chris Morris, #55 Antoine Carr, #21 David Benoit, #31 Adam Keefe, #10 Howard Eisley, #50 Felton Spencer, #44 Greg FosterなどをようしたUtah Jazzと対戦し4-3の接戦の末勝利し1996 NBA Finalsに進出し、迎えたNBA FinalsPhil Jacksonヘッドコーチのもと72-10のNBA史上最高の成績を残しチームにはルーキーで#35 Jason Caffeyが入団しほか新加入で#91 Dennis Rodman, #22 John Salley, #53 James Edwards, #54 Jack Haleyなどが加入しチームには#23 Michael Jordanを中心に#33 Scottie Pippen, #7 Toni Kukoc, #9 Ron Harper, #13 Luc Longley, #25 Steve Kerr, #34 Bill Wennington, #30 Jud Buechler, #0 Randy Brownなどが在籍したChicago Bullsと対戦し2-4で敗退している。 1996-97 seasonSeattle SuperSonicsGeorge Karlヘッドコーチのもと57-25の成績を残しチームには#20 Gary Payton, #40 Shawn Kempらが中心に活躍ほか#11 Detlef Schrempf, #33 Hersey Hawkins, #34 Terry Cummings, #14 Sam Perkins, #25 David Wingate, #13 Eric Snow, #10 Nate McMillanなどが在籍しプレーを共にし#20 Gary Payton自身は出場した82試合全てに先発出場して平均21.8得点、4.6リバウンド、7.1アシスト、2.4スティール、0.2ブロックを記録した。1996-97 season途中にMVP#41 Glen Riceが輝きGund Arena, Cleveland, OHで開催された1997 NBA All-Star Gameに対戦したEasternのスターターには#23 Michael Jordan, #33 Scottie Pippen, #1 Anfernee Hardaway, #33 Grant Hill, #55 Dikembe Mutomboが選出されEasternのリザーブメンバーには#41 Glen Rice, #42 Vin Baker, #32 Christian Laettner, #11 Terrell Brandon, #10 Tim Hardaway, #4 Chris Webber, #4 Joe Dumarsが選出されプレーを共にした。また自身初となるWesternのスターターとして#34 Hakeem Olajuwon, #12 John Stockton, #32 Karl Malone, #40 Shawn Kempと共に選出されWesternのリザーブメンバーには#15 Latrell Sprewell, #2 Mitch Richmond, #11 Detlef Schrempf, #24 Tom Gugliotta, #21 Kevin Garnett, #6 Eddie Jones, #15 Chris Gatlingが選出され戦った結果East 132-West 120に終わっている。NBA Play Off Western Conference First Roundでシーズンを8連敗でスタートしCotton Fitzsimmonsヘッドコーチがシーズン途中に解任され代わりにDanny Aingeヘッドコーチが就任しチームにはルーキーで#13 Steve Nashなどが入団しチームには#3 Rex Chapman, #7 Kevin Johnson, #11 Wesley Person, #15 Danny Manning, #1 Cedric Ceballos, #18 Hot Rod Williams, #23 Wayman Tisdale, #2 Mark Bryantなどが在籍しシーズン途中にトレードによって#32 Jason Kidd#10 Sam Cassell, #4 Michael Finley, #45 A.C. Greenなどに代わってDallas Mavericksよりチームに加入したPhoenix Sunsと対戦し3-2の接戦の末勝利し、NBA Play Off Western Conference SemifinalsRudy Tomjanovichヘッドコーチのもと57-25の成績を残しチームにはルーキーで#32 Othella Harrington, #12 Matt Maloneyなどが入団しチームには#34 Hakeem Olajuwon, #22 Clyde Drexler, #4 Charles Barkley, #17 Mario Elie, #12 Matt Maloney, #8 Eddie Johnson, #42 Kevin Willis, #2 Sedale Threatt, #32 Othella Harrington, #50 Matt Bullardなどのメンバーが揃ったHouston Rocketsと対戦し3-4の接戦の末敗退している。 1997-98 seasonSeattle SuperSonicsGeorge Karlヘッドコーチのもと61-21の成績を残しチームには新加入で#42 Vin Bakerと共に#20 Gary Paytonを中心に他#11 Detlef Schrempf, #9 Dale Ellis, #33 Hersey Hawkins, #7 Jerome Kersey, #14 Sam Perkins, #2 Greg Anthony, #10 Nate McMillan, #22 Jim McIlvaine, #25 David Wingate, #15 Aaron Williamsなどが在籍しプレーを共にし#20 Gary Payton自身は出場した82試合全てに先発出場して平均19.2得点、4.6リバウンド、8.3アシスト、2.3スティール、0.2ブロックを記録した。1997-98season途中にMVPには#23 Michael Jordanが輝きMadison Square Garden, New York, NYで開催された1998 NBA All-Star Gameで対するEasternのスターターには#33 Grant Hill, #40 Shawn Kemp, #55 Dikembe Mutombo, #1 Anfernee Hardaway, #23 Michael Jordanが選出されEasternのリザーブメンバーには#45 Rik Smits, #31 Reggie Miller, #55 Jayson Williams, #10 Tim Hardaway, #41 Glen Rice, #8 Steve Smith, #8 Antoine Walkerが選出されプレーを共にした。そしてWesternのスターターとして#8 Kobe Bryant, #21 Kevin Garnett, #34 Shaquille O'Neal, #32 Karl Maloneと共に選出されAll Star Gameでスターターとしてプレーした。Westernのリザーブメンバーには#6 Eddie Jones, #42 Vin Baker, #9 Nick Van Exel, #32 Jason Kidd, #2 Mitch Richmond, #21 Tim Duncan, #50 David Robinsonが選出されプレーを共にしている。結果はEast 135-West 114でした。NBA Western Conference First RoundFlip Saundersヘッドコーチのもと45-37の成績を残しチームには#21 Kevin Garnett, #3 Stephon Marburyらが活躍しほか#1 Anthony Peeler, #30 Terry Porter, #42 Sam Mitchell, #31 Reggie Jordan, #6 DeJuan Wheat, #53 Stanley Roberts, #44 Cherokee Parks, #17 Bill CurleyなどをようしたMinnesota Timberwolvesと対戦し3-2の接戦の末勝利し、続くNBA Play Off Western Conference SemifinalsDel Harrisヘッドコーチのもと61-21の成績を残しチームには#34 Shaquille O'Nealを中心に#6 Eddie Jones, #9 Nick Van Exel, #17 Rick Fox, #8 Kobe Bryant, #5 Robert Horry, #2 Derek Fisher, #41 Elden Campbell, #43 Corie Blount, #23 Mario Bennett, #45 Sean Rooks, #20 Jon Barryなどが在籍したLos Angeles Lakersと対戦し1-4で敗退している。 1998-99 seasonSeattle SuperSonicsは新任のPaul Westphalヘッドコーチのもと25-25の成績を残しチームにはルーキーで#7 Rashard Lewis, #34 Jelani McCoyらが入団しチームには#20 Gary Paytonを中心に#11 Detlef Schrempf, #42 Vin Baker, #33 Hersey Hawkins, #9 Dale Ellis, #0 Olden Polynice, #15 Aaron Williams, #30 Billy Owens, #24 Don MacLeanなどが在籍しプレーを共にし#20 Gary Payton自身は出場した50試合全てに先発出場して平均21.7得点、4.9リバウンド、8.7アシスト、2.2スティール、0.2ブロックを記録した。この1998-99 seasonNBA Play Off進出を逃している。 1999-00 seasonSeattle SuperSonicsPaul Westphalヘッドコーチのもと45-37の成績を残しチームには#20 Gary Paytonを中心にほか#42 Vin Baker, #31 Brent Barry, #7 Rashard Lewis, #1 Shammond Williams, #21 Ruben Patterson, #54 Horace Grant, #44 Greg Foster, #34 Jelani McCoy, #45 Chuck Personなどが在籍しプレーを共にし#20 Gary Payton自身は出場した82試合全てに先発出場して平均24.2得点、6.5リバウンド、8.9アシスト、1.9スティール、0.2ブロックを記録した。1999-00season途中にMVPには#21 Tim Duncan#34 Shaquille O'Nealが同時受賞となったOakland Arena, Oakland, CAで開催された2000 NBA All-Star GameでWesternのスターターには#32 Jason Kidd, #21 Kevin Garnett, #21 Tim Duncan, #8 Kobe Bryant, #34 Shaquille O'Nealが選出されWesternのリザーブメンバーとして#30 Rasheed Wallace, #50 David Robinson, #4 Chris Webber, #12 John Stockton, #4 Michael Finley, #32 Karl Maloneと共に選出されプレーを共にし、対するEasternのスターターには#3 Allen Iverson, #15 Vince Carter, #33 Alonzo Mourning, #6 Eddie Jones, #33 Grant Hillなどが選出されEasternのリザーブメンバーには#31 Reggie Miller, #20 Allan Houston, #34 Ray Allen, #13 Glenn Robinson, #55 Dikembe Mutombo, #42 Jerry Stackhouse, #32 Dale Davisが選出され試合結果はWest 137-East 126となった。NBA Play Off Western Conference First RoundJerry Sloanヘッドコーチのもと55-27の成績を残しチームにはルーキーで#34 Scott Padgett, #20 Quincy Lewisが入団しチームには#32 Karl Malone, #12 John Stocktonを中心に#3 Bryon Russell, #0 Olden Polynice, #5 Armen Gilliam, #10 Howard Eisley, #39 Greg Ostertag, #31 Adam Keefe, #11 Jacque Vaughnなどが在籍したUtah Jazzと対戦し2-3の接戦の末敗退している。 2000-01 seasonSeattle SuperSonicsPaul Westphalヘッドコーチがシーズン途中に解任され代わりに Nate McMillanヘッドコーチが就任しチームには ルーキーで#24 Desmond Mason, #00 Olumide Oyedejiが入団し他新加入で#33 Patrick Ewingが加わりチームには#20 Gary Paytonを中心に#7 Rashard Lewis, #21 Ruben Patterson, #42 Vin Baker, #31 Brent Barry, #1 Shammond Williams, #25 David Wingate, #15 Emanual Davis, #34 Jelani McCoyなどが在籍しプレーを共にし#20 Gary Payton自身は出場した79試合全てに先発出場して平均23.1得点、4.6リバウンド、8.1アシスト、1.6スティール、0.3ブロックを記録した。2000-01season途中にMVPには#3 Allen Iversonが輝く事になったMCI Center, Washington, DCで行われた2001 NBA All-Star GameにWesternのスターターは#8 Kobe Bryant, #4 Chris Webber, #21 Tim Duncan, #21 Kevin Garnett, #32 Jason Kiddが選出されWesternのリザーブメンバーとして#30 Rasheed Wallace, #4 Michael Finley, #50 David Robinson, #24 Antonio McDyess, #21 Vlade Divac, #32 Karl Maloneなどと共に選出されプレーし対するEasternのスターターには#3 Allen Iverson, #15 Vince Carter, #1 Tracy McGrady, #33 Antonio Davis, #14 Anthony Masonのスターターに加えEasternのリザーブメンバーには#55 Dikembe Mutombo, #34 Ray Allen, #3 Stephon Marbury, #13 Glenn Robinson, #8 Latrell Sprewell, #42 Jerry Stackhouse, #20 Allan Houstonが選出され試合は第3Qまでの20点差を跳ね返しEast 111-West 110という結果に終わった。 2001-02 seasonSeattle SuperSonicsNate McMillanヘッドコーチのもと45-37の成績を残しチームにはルーキーで#77 Vladimir Radmanovic, #25 Earl Watson, #45 Ansu Sesay, #14 Predrag Drobnjakらが入団しチームには#20 Gary Paytonを中心に#42 Vin Baker, #24 Desmond Mason, #31 Brent Barry, #7 Rashard Lewis, #9 Randy Livingston, #13 Jerome James, #1 Shammond Williamsなどが在籍しプレーを共にし#20 Gary Payton自身は出場した82試合全てに先発出場して平均22.1得点、4.8リバウンド、9.0アシスト、1.6スティール、0.3ブロックを記録した。2001-02 season途中にWesternチームからMVP#8 Kobe Bryantが輝きFirst Union Center, Philadelphia, PAで開催された2002 NBA All-Star Gameに対するEasternのスターターには#3 Allen Iverson, #23 Michael Jordan, #55 Dikembe Mutombo, #8 Antoine Walker, #5 Jason Kiddが選出されEasternのリザーブメンバーには#34 Ray Allen, #1 Tracy McGrady, #34 Paul Pierce, #33 Shareef Abdur-Rahim, #7 Jermaine O'Neal, #33 Alonzo Mourning, #1 Baron Davisが選出されプレーを共にした。また#20 Gary Payton自身のWesternチームのスターターには#21 Tim Duncan, #21 Kevin Garnett, #4 Chris Webber, #3 Steve Francis, #8 Kobe Bryantが選出されWesternのリザーブメンバーとして#41 Dirk Nowitzki, #13 Steve Nash, #42 Elton Brand, #16 Peja Stojakovic, #10 Wally Szczerbiakと共に選出されプレーしたWest 135-East 120の結果に終わった。NBA Play Off Western Conference First RoundGregg Popovichヘッドコーチのもと58-24の成績を残しチームにはルーキーで#9 Tony Parkerが入団しチームには#21 Tim Duncanを中心に#50 David Robinson, #31 Malik Rose, #8 Steve Smith, #33 Antonio Daniels, #12 Bruce Bowen, #35 Danny Ferry, #18 Cherokee Parks, #5 Charles Smithなどが在籍したSan Antonio Spursと対戦して2-3の接戦の末敗退している。 2002-03 seasonSeattle SuperSonicsNate McMillanヘッドコーチのもと40-42の成績を残しチームにはルーキーで#34 Reggie Evans, #15 Ronald Murrayらが入団しチームでは#20 Gary Paytonを中心に#20 Gary Payton自身が出場した50試合全てに先発出場して平均20.8得点、4.8リバウンド、8.8アシスト、1.8スティール、0.2ブロックを記録したシーズン途中の2月に#24 Desmond Masonと共に複数人が絡むトレードによってMilwaukee Bucks#34 Ray Allen, #15 Ronald Murray, #8 Kevin Ollieらに代わって移籍する事になる。またこのトレード前の2002-03season途中にMVP#21 Kevin Garnettが輝きPhilips Arena, Atlanta, GAで開催された2003 NBA All-Star Gameに対するEasternのスターターには#3 Allen Iverson, #1 Tracy McGrady, #7 Jermaine O'Neal, #3 Ben Wallace, #23 Michael Jordanが選出されEasternのリザーブメンバーには#5 Jason Kidd, #15 Vince Carter, #34 Paul Pierce, #52 Brad Miller, #24 Jamal Mashburn, #8 Antoine Walker, #11 Zydrunas Ilgauskasが選出されプレーを共にした。またWesternのスターターには#21 Kevin Garnett, #21 Tim Duncan, #3 Steve Francis, #11 Yao Ming, #8 Kobe Bryantが選出され#20 Gary Payton自身が選出されたWesternのリザーブメンバーとして#34 Shaquille O'Neal, #31 Shawn Marion, #41 Dirk Nowitzki, #13 Steve Nash, #3 Stephon Marbury, #16 Peja Stojakovicと共に選出されプレーを共にしたこの試合はWest 155-East 145と 2OTにもつれ込む大接戦を演じた。2002-03 seasonMilwaukee BucksGeorge Karlヘッドコーチのもと42-40の成績を残しチームにはルーキーで#50 Dan Gadzuric, #12 Marcus Haislip, #15 Ronald Murrayらが入団しチームには#20 Gary Paytonを中心にほか#5 Tim Thomas, #10 Sam Cassell, #7 Toni Kukoc, #24 Desmond Mason, #22 Michael Redd, #17 Anthony Mason, #40 Ervin Johnsonなどが在籍しプレーを共にし#20 Gary Payton自身は出場した28試合全てに先発出場して平均19.6得点、3.1リバウンド、7.4アシスト、1.4スティール、0.3ブロックを記録した。NBA Play Off Eastern Conference First RoundByron Scottヘッドコーチのもと49-33の成績を残しチームには#5 Jason Kidd, #6 Kenyon Martin, #24 Richard Jefferson, #30 Kerry Kittles, #12 Lucious Harris, #54 Rodney Rogers, #34 Aaron Williams, #35 Jason Collins, #2 Anthony Johnson, #55 Dikembe Mutomboなどが在籍しこの2002-03 season2003 NBA Finalsに2年連続進出したNew Jersey Netsと対戦し2-4で敗退している。またこの2002-03 season終了後にはLos Angeles Lakersに移籍している。 2003-04seasonLos Angeles LakersPhil Jacksonヘッドコーチのもと56-26の成績を残しチームにはルーキーで#4 Luke Walton, #5 Ime Udokaなどが入団しチームには#8 Kobe Bryant, #34 Shaquille O'Nealを中心に新加入で#11 Karl Malone, #20 Gary Paytonなども加わり#2 Derek Fisher, #3 Devean George, #14 Stanislav Medvedenko, #17 Rick Fox, #7 Brian Cook, #3 Bryon Russellなどが在籍しプレーを共にし#20 Gary Payton自身は出場した82試合全てに先発出場して平均14.6得点、4.2リバウンド、5.5アシスト、1.2スティール、0.2ブロックを記録した。NBA Play Off Western Conference First RoundJeff Van Gundyヘッドコーチのもと45-37の成績を残しチームには#3 Steve Francis, #11 Yao Mingを中心にチームには#21 Jim Jackson, #5 Cuttino Mobley, #2 Maurice Taylor, #13 Kelvin Cato, #9 Bostjan Nachbar, #30 Clarence Weatherspoon, #35 Scott Padgett, #31 Mark Jackson, #52 Eric Piatkowski, #29 Mike WilksなどをようしたHouston Rocketsと対戦し4-1で勝利し、NBA Play Off Western Conference SemifinalsGregg Popovichヘッドコーチのもと57-25の成績を残しチームにはルーキーで#3 Matt Carrollが入団しチームには#21 Tim Duncan, #9 Tony Parker, #20 Manu Ginobiliらを軸にほか#14 Hedo Turkoglu, #5 Robert Horry, #12 Bruce Bowen, #8 Rasho Nesterovic, #23 Devin Brown, #1 Jason Hart, #17 Charlie Ward, #31 Malik Rose, #42 Kevin WillisなどをようしたSan Antonio Spursと対戦し4-2で勝利し、NBA Play Off Western Conference FinalsFlip Saundersヘッドコーチのもと58-24の成績を残しチームにはルーキーで#44 Ndudi Ebi, #4 Keith McLeodなどが入団しチームには#21 Kevin Garnettを中心に#8 Latrell Sprewell, #19 Sam Cassell, #10 Wally Szczerbiak, #23 Trenton Hassell, #32 Fred Hoiberg, #15 Darrick Martin, #40 Ervin Johnson, #35 Mark Madsen, #34 Michael Olowokandi, #20 Gary Trent, #3 Oliver MillerなどをようしたMinnesota Timberwolvesと対戦し4-2で勝利し、迎えた2004 NBA FinalsではLarry Brownヘッドコーチのもと54-28の成績を残しチームにはルーキーで#31 Darko Milicicが入団しチームには#32 Richard Hamilton, #1 Chauncey Billups, #30 Rasheed Wallace, #3 Ben Wallace, #22 Tayshaun Prince, #34 Corliss Williamson, #13 Mehmet Okur, #7 Mike James, #10 Lindsey Hunter, #41 Elden Campbell, #8 Darvin Hamなどのメンバーが揃ったDetroit Pistonsのまえに1-4で敗退している。2003-04season終了後に#17 Rick Foxと共にBoston Celticsとの間のトレードにより#9 Chucky Atkins, #20 Jumaine Jones, #31 Chris Mihmなどに代わって移籍する事になる。 2004-05 seasonBoston CelticsDoc Riversヘッドコーチのもと45-37の成績を残しチームにはルーキーで#13 Delonte West, #7 Al Jefferson, #42 Tony Allenらが入団しチームには#34 Paul Pierceを中心に#88 Antoine Walker, #12 Ricky Davis, #20 Gary Payton, #45 Raef LaFrentz, #11 Marcus Banks, #43 Kendrick Perkins, #30 Mark Blountなどが在籍しプレーを共にし#20 Gary Payton自身は出場した77試合全てに先発出場して平均11.3得点、3.1リバウンド、6.1アシスト、1.1スティール、0.2ブロックを記録した。NBA Play Off Eastern Conference First RoundRick Carlisleヘッドコーチのもと44-38の成績を残しチームにはルーキーで#13 David Harrisonが入団しシーズン前半にDetroit Pistonsとの間での乱闘事件により#91 Ron Artest(Metta World Peace)がチームから外れ#7 Jermaine O'Neal, #1 Stephen Jackson, #11 Jamaal Tinsley, #8 Anthony Johnson, #10 Jeff Foster, #32 Dale Davis, #20 Fred Jones, #33 James Jones, #44 Austin Croshere, #62 Scot Pollardなどが在籍したIndiana Pacersと対戦し3-4の接戦の末敗退している。 #20 Gary Paytonが新たに移籍する事になった2005-06 seasonMiami HeatStan Van Gundyヘッドコーチがシーズン途中に解任され代わりに Pat Rileyヘッドコーチが就任しチームにはルーキーで#25 Wayne Simienが入団しチームには#3 Dwyane Wade, #32 Shaquille O'Nealを中心に#8 Antoine Walker, #55 Jason Williams, #40 Udonis Haslem, #42 James Posey, #33 Alonzo Mourning, #5 Derek Anderson, #51 Michael Doleac, #49 Shandon Anderson, #24 Jason Kaponoなどが在籍しプレーを共にし#20 Gary Payton自身は出場した81試合のうち25試合に先発出場して平均7.7得点、2.9リバウンド、3.2アシスト、0.9スティール、0.1ブロックを記録した。迎えたNBA Play Off Eastern Conference First RoundScott Skilesヘッドコーチのもと41-41の成績を残しチームにはルーキーで#6 Randy Holcombなどが加入する中#7 Ben Gordonを中心に#12 Kirk Hinrich, #9 Luol Deng, #5 Andres Nocioni, #3 Tyson Chandlerなど活躍を見せるChicago Bullsと対戦し4-2で勝利し、NBA Play Off Eastern Conference SemifinalsLawrence Frankヘッドコーチのもと49-33の成績を残しチームにはルーキーで#21 Antoine Wrightが加入しチームには#15 Vince Carter, #24 Richard Jefferson, #12 Nenad Krstic, #5 Jason Kidd, #31 Lamond Murray, #30 Clifford Robinson, #35 Jason Collins, #11 Jacque Vaughn, #34 Scott PadgettなどをようしたNew Jersey Netsと対戦し4-1で勝利し、NBA Play Off Eastern Conference FinalsFlip Saundersヘッドコーチのもと64-18の成績を残しチームにはルーキーで#25 Amir Johnsonが入団しチームには#32 Richard Hamilton, #1 Chauncey Billups, #22 Tayshaun Prince, #36 Rasheed Wallace, #24 Antonio McDyess, #3 Ben Wallace, #10 Lindsey Hunter, #5 Maurice Evans, #00 Tony Delk, #13 Kelvin Cato, #20 Carlos Delfino, #34 Dale Davisなどのメンバーが揃ったDetroit Pistonsと対戦し4-2で勝利し、迎えた2006 NBA FinalsAvery Johnsonヘッドコーチのもと60-22の成績を残しチームにはルーキーで#33 Josh Powellが入団しチームには#41 Dirk Nowitzki, #31 Jason Terry, #5 Josh Howard, #42 Jerry Stackhouse, #34 Devin Harris, #25 Erick Dampier, #44 Adrian Griffin, #6 Marquis Daniels, #7 DeSagana Diop, #2 Keith Van Horn, #10 Darrell Armstrong, #28 Didier Ilunga-MbengaなどをようしたDallas Mavericksと対戦しDallasで行われたGame1,2と2連敗したのち4連勝を収め見事2006 NBA Championに輝いている。 2006-07 seasonMiami HeatPat Rileyヘッドコーチのもと44-38の成績を残しチームにはルーキーで#11 Chris Quinnが入団しチームには#3 Dwyane Wade, #32 Shaquille O'Nealを中心に#8 Antoine Walker, #55 Jason Williams, #40 Udonis Haslem, #42 James Posey, #33 Alonzo Mourning,#6 Eddie Jones, #51 Michael Doleac, #1 Dorell Wright, #24 Jason Kaponoなどが在籍しプレーを共にし#20 Gary Payton自身は出場した68試合のうち28試合に先発出場して平均5.3得点、1.9リバウンド、3.0アシスト、0.6スティールを記録した。NBA Play Off Eastern Conference First RoundScott Skilesヘッドコーチのもと49-33の成績を残しチームにはルーキーで#24 Tyrus Thomas, #2 Thabo Sefoloshaらが入団しチームには#7 Ben Gordonを中心にほか#9 Luol Deng, #12 Kirk Hinrich, #5 Andres Nocioni, #3 Ben Wallace, #42 P.J. Brown, #21 Chris Duhon, #35 Malik Allen, #50 Mike Sweetney, #44 Adrian GriffinなどをようしたChicago Bullsと対戦し0-4のスウィ―プで敗退している。 その後#20 Gary Paytonは引退を表明している。

Continue reading ↑

Gary Payton Profile

Position:
Guard
Height:
193cm
Weight:
82kg
Born:
7/23/1968, California, USA
College:
Oregon State University
Team:
Seattle SuperSonics, Western Conference
Jersey Status:
Game Issued

Other Status

SEASON,

Home Jersey