NBA,バスケットボールミュージアムLayupshot

Contact us 免責事項

© 2012-2017 Layupshot.

Owner. Tadahiro Hakamata

Photo. Kentaro Sawaguchi

Design. PLANPOT DESIGN WORKS

JERSEY MUSEUM

HOME / JERSEY MUSEUM / 2010-2011 / Phoenix Suns / Channing Frye

Channing Frye #8
- Phoenix Suns - 2010-2011

NBA Game Worn jersey museum "Layupshot"館内で展示されているジャージは全て販売可能です。(既に販売済みのジャージも含まれています) サイト内 "Price negotiation" ボタンより簡単なフォームにご記入頂くと、在庫の有無・販売価格をメールにて返信致します。 館内に展示されているジャージは、NBA選手が着用したもの、もしくは着用するために用意された大変貴重なものばかりです。

All jerseys display within the NBA Game Worn jersey museum "Layupshot" are available for purchase. (Some jerseys on display are already sold) We will get back to you with the availability and price information if you contact us through the "Price Negotiation" button. Jerseys displayed in this museum have been worn, or issued to be worn by actual NBA players.

NBA Game Worn jersey museum "Layupshot" 博物馆内展示的所有球衣都是可以选购的(已售出的款式也在包含展示范围内)。 在本网页内,您只需点击 "Price negotiation" 图标,并简单的填写相应信息,相关球衣的库存和价格会通过EMAIL的形式发送给您。 本馆展示的所有球衣都是NBA球员亲着,或是比赛备用款式。均在市面上不可多得,具有很高收藏价值意义。

Jersey Description

Frye wore this jersey in the 1st half during the Suns' 106-100 loss to the New Orleans Hornets on March 25, 2011 at US Airways Center in Phoenix, Arizona. There is a NBA "Noche Latina" patch on the left breast.

Layup Navigation

2005年の NBA Draft全体8位でUniversity of ArizonaよりNew York Knicksに入団する。University of Arizona時代には、#9 Andre Iguodala, #20 Damon Stoudamireの従兄弟の#20 Salim Stoudamire, #12 Will Bynum, #4 Luke Waltonなどともプレーした。 2005年のNBA Draft第1位指名はUniversity of Utah出身の#6 Andrew Bogutが受けたがオーストラリア代表選手としてNBA Draft第1位指名は初めてであった彼に続き2位指名をUniversity of North Carolinaより#24 Marvin Williamsが、第3位にUniversity of Illinois at Urbana-Champaignより #8 Deron Williamsが、4位にWake Forest University出身の #3 Chris Paulが、5位には2位指名を受けた#24 Marvin Williams と同じUniversity of North Carolinaより#5 Raymond Feltonが同じく13位に#42 Sean May,14位に#1 Rashad McCantsらが指名を受ける。2005年のNCAAの覇者University of North Carolinaより4名の入団がこの年にあった。7位にはUniversity of Connecticutより#31 Charlie Villanuevaが指名を受ける。そして8位にはUniversity of Arizonaから #8 Channing Fryeが指名を受ける事に。10位には2012 NBA All-Star Game に初選出された#17 Andrew Bynum もこの2005年にNBA入りしている。University of New MexicoからはIndiana Pacers の中心プレーヤーである#33 Danny Grangerが17位指名を受ける、続く18位には#7 Andray Blatche同様に高卒で#14 Gerald Green#7 Andray Blatche の49位の次に50位でProvidence Collegeより#8 Ryan Gomesなども指名を受けている。19位にSyracuse Universityから#21 Hakim Warrickが、21位にUniversity of Washingtonより #4 Nate Robinsonが、22位Georgia Institute of Technologyより#1 Jarrett Jack、25位には#27 Johan Petroが指名を受け、26位にUniversity of Cincinnatiより#54 Jason Maxiellが、27位にUniversity of Missouriから#43 Linas Kleizaが、30位にUniversity of Floridaより #42 David Leeが、31位に #8 Channing Frye と同じUniversity of Arizonaより#20 Salim Stoudamireが、33位にLouisiana State University出身の#30 Brandon Bassが、34位に#34 C.J. Milesが、36位に#7 Ersan Ilyasovaと続き、54位にはUniversity of California, Los Angelesから#1 Dijon Thompsonが、57位には#13 Marcin Gortatが指名を受けNBA入りを果たしている。 その他37位にはGonzaga Universityより#21 Ronny Turiafが、40位には#8 Monta EllisNBA入りしている。 2005-06seasonNew York Knicksでは、同じくルーキーで加入した #42 David Leeの他には、 #3 Stephon Marbury, #11 Jamal Crawford, #34 Eddy Curry, #23 Quentin Richardsonのほかに #1 Steve Francis, #1 Anfernee Hardawayなどが入れ替わりチームに加入するなか #4 Nate Robinson#7 Channing Frye同様に ルーキーとして入団している。またこの2005-06seasonのAll-Rookie 1st Teamに#6 Andrew Bogut, #3 Chris Paul, #31 Charlie Villanueva, #8 Deron Williamsと共に選出されている。 2006-07 seasonNew York KnicksにはDetroit Pistonsでプレーして”Bad Boys”中心的プレーヤーであった #11 Isiah Thomas をヘッドコーチに迎えるも33-49と苦戦し、ルーキーでは #32 Renaldo Balkman, #25 Mardy Collinsが加入するもチームでは #34 Eddy Curry, #3 Stephon Marburyなどが中心で #7 Channing Fryeもこの2006~07シーズンに72試合に出場して内59試合をスターターとして活躍するも成績は良くなかった。この2006~07シーズンの後に #3 Steve Francisとともに #12 Dan Dickau, #2 Fred Jones, #50 Zach Randolph絡みのトレードによりPortland Trail Blazersへ移籍している。 迎えた2007-08 seasonPortland Trail Blazersでは、チームは #7 Brandon Roy, #12 LaMarcus Aldridgeを中心に #8 Martell Webster, #2 Steve Blake, #10 Joel Przybillaなどと共に活躍する。 翌2008~09シーズンではPortland Trail Blazers にルーキーで#88 Nicolas Batum, #4 Jerryd Bayless, #5 Rudy Fernandezなどと前シーズンに故障の為このシーズンからデビューとなる#52 Greg Odenなどがプレー。 #44 Channing Fryeはわずか1ゲームのスターターに留まり翌年の2009~10seasonよりPhoenix Sunsに在籍してAlvin Gentry ヘッドコーチのもと54-28の成績でNBA Play Off 進出を決める。チームは#1 Amare Stoudemire, #23 Jason Richardsonに加えベテランの #13 Steve Nash, #33 Grant Hillに加え #8 Channing Fryeも出場機会を増やして、#3 Jared Dudley, #2 Goran Dragic, #15 Robin Lopezなども活躍、 #12 LaMarcus Aldridge, #24 Andre Miller, #4 Jerryd Bayless, #21 Marcus Camby, #7 Brandon Roy, #6 Juwan Howardなど選手をようしたPortland Trail BlazersNBA Play Off Western Conference First Roundで 4-2破り、続くNBA Play Off Western Conference Semifinals#20 Manu Ginobili, #21 Tim Duncan, #9 Tony Parker, #24 Richard Jefferson, #34 Antonio McDyess, #3 George Hill, #15 Matt Bonner, #45 DeJuan Blairなどのメンバーで戦うSan Antonio Spursを4-0のスウィ―プで退け、NBA Play Off Western Conference Finals#24 Kobe Bryantを中心に #16 Pau Gasol, #2 Derek Fisher, #17 Andrew Bynum, #37 Ron Artest(Metta World Peace), #7 Lamar Odom, #1 Jordan Farmar, #18 Sasha Vujacic, #4 Luke Walton, #21 Josh Powellなどをようして2010 NBA Championsに輝き2010 NBA Finals では宿敵Boston Celtics を破ったLos Angeles Lakers と対戦して2-4で敗退した。 2010-11 seasonPhoenix Suns#1 Amare Stoudemire がチームを去り、シーズン途中から #25 Vince Carter, #0 Aaron Brooks, #4 Marcin Gortatなどの新しい顔も見られたがプレーオフ進出は逃している。 #8 Channing Fryeはスターターとして64試合に出場、成長を見せた。翌2011~12seasonにはルーキーで#11 Markieff Morrisが入団して#22 Michael Redd, #26 Shannon Brownも新加入して#3 Jared Dudley#8 Channing Frye同様に出場機会を増やし成長を見せた。

Continue reading ↑

Channing Frye Profile

Position:
Forward-Center
Height:
211cm
Weight:
112kg
Born:
5/17/1983, New York, USA
College:
University of Arizona
Team:
Phoenix Suns, Western Conference
Jersey Status:
Game Worn

Other Status

NOCHE LATINA,

Away Jersey