NBA,バスケットボールミュージアムLayupshot

Contact us 免責事項

© 2012-2017 Layupshot.

Owner. Tadahiro Hakamata

Photo. Kentaro Sawaguchi

Design. PLANPOT DESIGN WORKS

JERSEY MUSEUM

HOME / JERSEY MUSEUM / 1996-1997 / Chicago Bulls / Dennis Rodman

Dennis Rodman #91
- Chicago Bulls - 1996-1997

NBA Game Worn jersey museum "Layupshot"館内で展示されているジャージは全て販売可能です。(既に販売済みのジャージも含まれています) サイト内 "Price negotiation" ボタンより簡単なフォームにご記入頂くと、在庫の有無・販売価格をメールにて返信致します。 館内に展示されているジャージは、NBA選手が着用したもの、もしくは着用するために用意された大変貴重なものばかりです。

All jerseys display within the NBA Game Worn jersey museum "Layupshot" are available for purchase. (Some jerseys on display are already sold) We will get back to you with the availability and price information if you contact us through the "Price Negotiation" button. Jerseys displayed in this museum have been worn, or issued to be worn by actual NBA players.

NBA Game Worn jersey museum "Layupshot" 博物馆内展示的所有球衣都是可以选购的(已售出的款式也在包含展示范围内)。 在本网页内,您只需点击 "Price negotiation" 图标,并简单的填写相应信息,相关球衣的库存和价格会通过EMAIL的形式发送给您。 本馆展示的所有球衣都是NBA球员亲着,或是比赛备用款式。均在市面上不可多得,具有很高收藏价值意义。

Layup Navigation

1986年のNBA Draft 27位でSoutheastern Oklahoma State UniversityよりDetroit Pistonsに入団する。 この1986年のNBA Draft全体第 1位にはUniversity of North Carolina出身の#43 Brad Daughertyが指名を受ける。4位にAuburn University出身の#45 Chuck Personが5位にUniversity of Kentucky出身の#7 Kenny Walkerが6位にUniversity of Memphis出身の#00 William Bedfordが8位にMiami University出身の#4 Ron Harperが9位にOhio State University出身の#6 Brad Sellersが10位にDuke University出身の#24 Johnny Dawkinsが11位にはGeorgia Institute of Technology出身の#22 John Salleyが指名を受けて続く12位にLouisiana State University出身の#34 John Williamsが15位にVirginia Polytechnic Institute and State University出身の#30 Dell Curryが18位にDuke University出身の#32 Mark Alarieが19位にUniversity of Louisville出身の#55 Billy Thompsonが22位にMichigan State University出身の#4 Scott Skilesが24位にリトアニアより#11 Arvydas Sabonisが指名を受けてNBA入りしている。ほか25位にGeorgia Institute of Technology出身の#25 Mark Priceが27位にSoutheastern Oklahoma State University出身の#10 Dennis Rodmanが指名を受ける事に29位にUniversity of Richmond出身の#22 Johnny Newmanが30位にNorth Carolina State University出身の#10 Nate McMillanが33位にEastern Illinois University出身の#00 Kevin Duckworthが44位にGeorgetown University出身の#25 David Wingateが55位にOld Dominion University出身の#44 Kenny Gattisonが66位にUniversity of Oklahoma出身の#14 Anthony Bowieが120位にUniversity of Arkansas at Little Rock出身の#20 Pete Myersや124位にはUniversity of Notre Dame出身の#8 Tim Kemptonなどもこの1986 NBA DraftNBA入りを果たしている。 #10 Dennis Rodmanにとってのルーキーシーズンとなる 1986-87 seasonDetroit PistonsChuck Dalyヘッドコーチのもと52-30の成績を残しチームにはルーキーで#22 John Salley#10 Dennis Rodmanも同様に入団しチームには#45 Adrian Dantley, #11 Isiah Thomasを中心にほか#15 Vinnie Johnson, #4 Joe Dumars, #40 Bill Laimbeer, #44 Rick Mahorn, #12 Sidney Green, #00 Tony Campbell, #41 Kurt Nimphiusなどが在籍共にプレーし#10 Dennis Rodman自身は出場した77試合のうち1試合に先発出場して平均6.5得点、4.3リバウンド、0.7アシスト、0.5スティール、0.6ブロックを記録した。むかえたNBA Play Off Eastern Conference First RoundKevin Lougheryヘッドコーチのもと42-40の成績を残しチームにはルーキーで#34 John Williamsが入団しチームには#4 Moses Maloneを中心にほか#33 Terry Catledge, #24 Jeff Malone, #31 Jay Vincent, #14 Michael Adams, #12 Darwin Cook, #15 Frank Johnson, #10 Manute Bolなどをようした Washington Bulletsと対戦し3-0で勝利し、NBA Play Off Eastern Conference SemifinalsではMike Fratelloヘッドコーチのもと57-25の成績を残しチームにはルーキーで#24 Cedric Hendersonが入団しチームには#21 Dominique Wilkinsを中心にほか#10 Randy Wittman, #42 Kevin Willis, #33 Antoine Carr, #25 Doc Rivers, #12 John Battle, #30 Tree Rollins, #4 Spud Webb, #53 Cliff Levingston, #40 Mike McGee, #32 Jon Koncakなどをようした Atlanta Hawksと対戦し4-1で勝利し、NBA Play Off Eastern Conference FinalsK.C. Jonesヘッドコーチのもと59-23の成績を残しチームには#33 Larry Bird, #32 Kevin McHale, #3 Dennis Johnson, #44 Danny Ainge, #00 Robert Parish, #5 Bill Walton, #12 Jerry Sichting, #20 Darren Daye, #31 Fred RobertsなどをようしたBoston Celticsと対戦し3-4の接戦の末に敗退している。 1987-88 seasonDetroit PistonsChuck Dalyヘッドコーチのもと54-28の成績を残しチームにはルーキー#35 Ralph Lewisが入団しチームには#45 Adrian Dantley, #11 Isiah Thomasを中心にほか#15 Vinnie Johnson, #4 Joe Dumars, #40 Bill Laimbeer, #44 Rick Mahorn, #22 John Salley, #53 James Edwards, #23 Walker Russellなどが在籍共にプレーし#10 Dennis Rodman自身は出場した82試合のうち32試合に先発出場して平均11.6得点、8.7リバウンド、1.3アシスト、0.9スティール、0.5ブロックを記録した。むかえたNBA Play Off Eastern Conference First RoundKevin Lougheryヘッドコーチがシーズン途中に解任され代わりにWes Unseldヘッドコーチが就任しチームにはルーキーで#1 Muggsy Boguesが入団し#24 Jeff Malone, #4 Moses Maloneらが活躍ほか#30 Bernard King, #34 John Williams, #5 Darrell Walker, #20 Steve Colter, #15 Frank Johnson, #33 Terry Catledge, #10 Manute Bol, #31 Mark AlarieなどをようしたWashington Bulletsと対戦し3-2で勝利し、NBA Play Off Eastern Conference SemifinalsDoug Collinsヘッドコーチのもと50-32の成績を残しチームにはルーキーで#54 Horace Grant, #33 Scottie Pippenらが入団しチームには#23 Michael Jordanを中心にほか#11 Sam Vincent, #54 Horace Grant, #34 Charles Oakley, #40 Dave Corzine, #5 John Paxson, #6 Brad Sellers, #2 Rory Sparrow, #21 Elston Turnerなどが在籍したChicago Bullsと対戦し4-1で勝利し、続くNBA Eastern Conference FinalsK.C. Jonesヘッドコーチのもと57-25の成績を残しチームにはルーキーで#35 Reggie Lewis, #54 Brad Lohausらが入団しチームには#33 Larry Bird, #32 Kevin McHale, #3 Dennis Johnson, #00 Robert Parish, #44 Danny Ainge, #4 Jim Paxson, #42 Mark Acres, #53 Artis Gilmoreなどのメンバーが揃ったBoston Celticsと対戦し4-2で勝利し1988 NBA Finalsに進出。対戦相手にはPat Rileyヘッドコーチのもと62-20の成績を残しチームにはルーキーで#20 Milt Wagnerが入団しチームには#33 Kareem Abdul-Jabbar, #32 Magic Johnson, #42 James Worthy, #4 Byron Scott, #45 A.C. Green, #43 Mychal Thompson, #21 Michael Cooper, #31 Kurt Rambis, #19 Tony Campbell, #1 Wes Matthewsなどのメンバーを揃えこの1988年のNBA Championに輝いたLos Angeles Lakersのまえに3-4の接戦の末敗退している。 1988-89 seasonDetroit PistonsChuck Dalyヘッドコーチのもと63-19の成績を残しチームにはルーキーで#24 Micheal Williams, #34 Fennis Demboらが入団しシーズン途中には#23 Mark Aguirreがトレードで新加入しチームには#11 Isiah Thomasを中心に#4 Joe Dumars, #15 Vinnie Johnson, #40 Bill Laimbeer, #22 John Salley, #53 James Edwards, #44 Rick Mahorn, #25 John Longなどが在籍共にプレーし#10 Dennis Rodman自身は出場した82試合のうち8試合に先発出場して平均9.0得点、9.4リバウンド、1.2アシスト、0.7スティール、0.9ブロックを記録した。NBA Play Off Eastern Conference First RoundJimmy Rodgersヘッドコーチのもと42-40の成績を残しチームにはルーキーで#20 Brian Shawが入団しチームには#35 Reggie Lewisが活躍しほか#32 Kevin McHale, #00 Robert Parish, #53 Joe Kleine, #7 Kelvin Upshaw, #34 Kevin Gamble, #3 Dennis Johnson, #54 Ed PinckneyなどをようしたBoston Celticsと対戦し3-0で勝利し、続くNBA Play Off Eastern Conference SemifinalsではDel Harrisヘッドコーチのもと49-33の成績を残しチームには#34 Terry Cummings, #31 Fred Roberts, #22 Ricky Pierce, #24 Jay Humphries, #43 Jack Sikma, #42 Larry Krystkowiak, #4 Sidney Moncriefなどをようした Milwaukee Bucksと対戦し4-0で勝利し、NBA Play Off Eastern Conference FinalsDoug Collinsヘッドコーチのもと47-35の成績を残しチームにはルーキーで#32 Will Perdueが入団しチームには#23 Michael Jordanを中心に#33 Scottie Pippen, #24 Bill Cartwright, #14 Craig Hodges, #54 Horace Grant, #5 John Paxson, #40 Dave Corzine, #6 Brad Sellersなどが在籍したChicago Bullsと対戦し4-2で勝利し、2年連続でのNBA Finalsへ進出。むかえた1989 NBA FinalsPat Rileyヘッドコーチのもと57-25の成績を残しチームにはルーキーで#14 David Riversが入団しチームには#32 Magic Johnson, #33 Kareem Abdul-Jabbar, #42 James Worthy, #4 Byron Scott, #45 A.C. Green, #43 Mychal Thompson, #0 Orlando Woolridge, #21 Michael Cooper, #19 Tony Campbell, #3 Jeff Lamp, #31 Mark McNamaraなどをようしたLos Angeles Lakersと2年連続の対戦で見事4-0のスウィ―プで勝利し1989 NBA Championに輝いた。このシリーズでチームメイトの#4 Joe Dumars1988-89 NBA Finals MVPに輝いた。 1989-90 seasonDetroit PistonsChuck Dalyヘッドコーチのもと59-23の成績を残しチームには#11 Isiah Thomas, #4 Joe Dumars, #40 Bill Laimbeer, #23 Mark Aguirre, #53 James Edwards, #15 Vinnie Johnson, #22 John Salley, #33 Dave Greenwood, #20 William Bedford, #12 Gerald Henderson, #35 Scott Hastingsなどが在籍共にプレーし#10 Dennis Rodman自身は出場した82試合のうち43試合に先発出場して平均8.8得点、9.7リバウンド、0.9アシスト、0.6スティール、0.7ブロックを記録した。1989-90season途中にMVP#32 Magic Johnsonが輝きMiami Arena, Miami, FLで開催された1990 NBA All-Star GameでEasternのスターターには#23 Michael Jordan, #11 Isiah Thomas, #33 Patrick Ewing, #33 Larry Bird, #34 Charles Barkleyが選出されEasternのリザーブメンバーとして自身初となる#00 Robert Parish, #32 Kevin McHale, #4 Joe Dumars, #21 Dominique Wilkins, #31 Reggie Miller, #33 Scottie Pippenと共に選出されまた対戦したWesternのリザーブメンバーには#17 Chris Mullin, #12 Fat Lever, #24 Tom Chambers, #22 Rolando Blackman, #22 Clyde Drexler, #7 Kevin Johnson, #50 David Robinsonが選出されWesternのスターターには#34 Hakeem Olajuwon, #32 Magic Johnson, #42 James Worthy, #12 John Stockton, #45 A.C. Greenが選出されEast 130-West 113の結果に終わっている。この1989-90season#10 Dennis Rodman1989-90 NBA Defensive Player of the Yearに選ばれた。 NBA Play Off Eastern Conference First RoundDick Versaceヘッドコーチのもと42-40の成績を残しチームにはルーキーで#20 George McCloudが入団しチームには#31 Reggie Millerを中心に他#11 Detlef Schrempf, #10 Vern Fleming, #45 Chuck Person, #24 Rik Smits, #41 LaSalle Thompson, #33 Mike Sanders, #42 Calvin Natt, #14 Randy Wittmanなどをようした Indiana Pacersと対戦し3-0で勝利し、NBA Play Off Eastern Conference SemifinalsStu Jacksonヘッドコーチのもと45-37の成績を残しチームにはルーキーで#23 Brian Quinnettが入団しチームには#33 Patrick Ewingを中心に#21 Gerald Wilkins, #1 Maurice Cheeks, #34 Charles Oakley, #4 Johnny Newman, #55 Kiki Vandeweghe, #6 Trent Tucker, #7 Kenny Walker, #13 Mark Jackson, #45 Eddie Lee Wilkinsなどをようした New York Knicksと対戦し4-1で勝利し、NBA Play Off Eastern Conference Finalsで新たなPhil Jacksonヘッドコーチのもと55-27の成績を残しチームにはルーキーで#10 B.J. Armstrong, #34 Stacey Kingらが入団しチームには#23 Michael Jordanを中心に#33 Scottie Pippen, #54 Horace Grant, #24 Bill Cartwright, #5 John Paxson, #14 Craig Hodges, #32 Will Perdueなどのメンバーが揃ったChicago Bullsと対戦し4-3の接戦の末に勝利し、3年連続でNBA Finalsへ進出。むかえた1990 NBA FinalsではRick Adelmanヘッドコーチのもと59-23の成績を残しチームにはルーキーで#44 Drazen Petrovicが入団しチームは#22 Clyde Drexlerを中心に#25 Jerome Kersey, #30 Terry Porter, #52 Buck Williams, #00 Kevin Duckworth, #3 Clifford Robinson, #2 Mark BryantなどをようしたPortland Trail Blazersと対戦して4-1で見事勝利し、この1990 NBA Championに輝いた。2年連続の勝利となるこのシリーズの1989-90 NBA Finals MVP#11 Isiah Thomasが受賞した。 1990-91 seasonDetroit PistonsChuck Dalyヘッドコーチのもと50-32の成績を残しチームには#4 Joe Dumars, #11 Isiah Thomas, #23 Mark Aguirre, #15 Vinnie Johnson, #40 Bill Laimbeer, #53 James Edwards, #22 John Salley, #00 William Bedford, #12 Gerald Henderson, #35 Scott Hastings, #30 Tree Rollinsなどが在籍共にプレーし#10 Dennis Rodman自身は出場した82試合のうち77試合に先発出場して平均8.2得点、12.5リバウンド、1.0アシスト、0.8スティール、0.7ブロックを記録した。この1990-91 season#10 Dennis Rodman1990-91 NBA Defensive Player of the Yearに2年連続で選ばれた。 NBA Play Off Eastern Conference First RoundBob Weissヘッドコーチのもと43-39の成績を残しチームには#21 Dominique Wilkins, #25 Doc Rivers, #42 Kevin Willis, #4 Spud Webb, #10 John Battle, #15 Sidney Moncrief, #33 Duane Ferrell, #2 Moses Malone, #32 Jon Koncak, #40 Tim McCormick, #34 Gary LeonardなどをようしたAtlanta Hawksと対戦し3-2の接戦の末勝利し、NBA Play Off Eastern Conference SemifinalsChris Fordヘッドコーチのもと56-26の成績を残しチームにはルーキーで#7 Dee Brown, #52 Stojko Vrankovicらが入団しチームには#35 Reggie Lewisほか#32 Kevin McHale, #33 Larry Bird, #00 Robert Parish, #20 Brian Shaw, #34 Kevin Gamble, #54 Ed Pinckney, #43 Derek Smith, #53 Joe KleineなどをようしたBoston Celticsと対戦し4-2で勝利し、NBA Play Off Eastern Conference FinalsPhil Jacksonヘッドコーチのもと61-21の成績を残しチームにはルーキーで#42 Scott Williamsが入団しチームには#23 Michael Jordanを中心に#33 Scottie Pippen, #54 Horace Grant, #24 Bill Cartwright, #5 John Paxson, #10 B.J. Armstrong, #14 Craig Hodges, #32 Will Perdue, #52 Cliff Levingston, #34 Stacey Kingなどのメンバーが揃ったChicago Bullsと対戦し0-4でスウィ―プ負けしている。この1990-91 seasonChicago Bulls1991 NBA Championに輝いた。 1991-92 seasonDetroit PistonsChuck Dalyヘッドコーチのもと48-34の成績を残しチームには#4 Joe Dumars, #11 Isiah Thomas, #22 John Salley, #6 Orlando Woolridge, #23 Mark Aguirre, #40 Bill Laimbeer, #5 Darrell Walker, #30 Bob McCann, #3 Brad Sellers, #00 William Bedfordなどが在籍共にプレーし#10 Dennis Rodman自身は出場した82試合のうち80試合に先発出場して平均9.8得点、12.3リバウンド、2.3アシスト、0.8スティール、0.9ブロックを記録した。1991-92season途中にMVPにシーズン中にHIV感染を公表し引退した#32 Magic Johnsonが輝きOrlando Arena, Orlando, FLで開催された1992 NBA All-Star GameでEasternのスターターには#34 Charles Barkley, #11 Isiah Thomas, #33 Scottie Pippen, #33 Patrick Ewing, #23 Michael Jordanが選出されEasternのリザーブメンバーとして #4 Joe Dumars, #35 Reggie Lewis, #43 Brad Daugherty, #25 Mark Price, #10 Michael Adams, #42 Kevin Willisと共に選出されてプレーした。またWesternのスターターとして#32 Magic Johnson, #22 Clyde Drexler, #32 Karl Malone, #50 David Robinson, #17 Chris Mullinが選出されWesternのリザーブメンバーには#14 Jeff Hornacek, #10 Tim Hardaway, #34 Hakeem Olajuwon, #12 John Stockton, #42 James Worthy, #9 Dan Majerle, #55 Dikembe Mutombo, #33 Otis Thorpeが選出されプレーした。West 153-East 113の結果に終わっている。NBA Play Off Eastern Conference First RoundではPat Rileyヘッドコーチのもと51-31の成績を残しチームにはルーキーで#2 Greg Anthonyが入団しチームには#33 Patrick Ewingを中心に#32 Xavier McDaniel, #3 John Starks, #21 Gerald Wilkins, #13 Mark Jackson, #34 Charles Oakley, #14 Anthony Mason, #55 Kiki Vandewegheなどのメンバーが揃った New York Knicksと対戦し2-3の接戦の末敗退している。 1992-93 seasonDetroit Pistonsは新たにRon Rothsteinヘッドコーチを迎え40-42の成績を残しチームには#4 Joe Dumars, #11 Isiah Thomas, #6 Terry Mills, #40 Bill Laimbeer, #0 Orlando Woolridge, #23 Mark Aguirre, #0 Olden Polynice, #3 Alvin Robertson, #25 Gerald Glassなどが在籍共にプレーし#10 Dennis Rodman自身は出場した62試合のうち55試合に先発出場して平均7.5得点、18.3リバウンド、1.6アシスト、0.8スティール、0.7ブロックを記録した。 チームはNBA Playoff進出を逃している。1992-93 season終了後に#32 Sean Elliott, #10 David Woodなどが絡むトレードでSan Antonio Spursに移籍する事になる。 1993-94 seasonSan Antonio SpursJohn Lucasヘッドコーチのもと55-27の成績を残しチームにはルーキーで#20 Chris Whitneyが入団しチームは#50 David Robinsonを中心に#3 Dale Ellis, #32 Negele Knight, #40 Willie Anderson, #34 Terry Cummings, #15 Vinny Del Negro, #24 Lloyd Daniels, #35 Antoine Carr, #7 J.R. Reid, #54 Jack Haley, #21 Sleepy Floydなどが在籍共にプレーし#10 Dennis Rodman自身は出場した79試合のうち51試合に先発出場して平均4.7得点、17.3リバウンド、2.3アシスト、0.7スティール、0.4ブロックを記録した。むかえたNBA Play Off Western Conference First RoundJerry Sloanヘッドコーチのもと53-29の成績を残しチームにはルーキーで#34 Bryon Russell, #33 Aaron Williamsなどが入団しチームには#32 Karl Malone, #14 Jeff Hornacek, #12 John Stockton, #50 Felton Spencer, #6 Jay Humphries, #21 David Benoit, #23 Tyrone Corbin, #42 Tom Chambers, #25 John CrottyなどをようしたUtah Jazzと対戦し1-3で敗退した。 1994-95seasonSan Antonio SpursBob Hillヘッドコーチのもと62-20の成績を残しチームにはルーキーで#1 Howard Eisleyが入団しチームには#50 David Robinsonを中心に#32 Sean Elliott, #6 Avery Johnson, #15 Vinny Del Negro, #25 Doc Rivers, #7 J.R. Reid, #45 Chuck Person, #34 Terry Cummings, #40 Willie Anderson, #54 Jack Haleyなどが在籍しプレーを共にして#10 Dennis Rodman自身は出場した49試合のうち26試合に先発出場して平均7.1得点、16.8リバウンド、2.0アシスト、0.6スティール、0.5ブロックを記録した。NBA Play Off Western Conference First Roundでヘッドコーチがシーズン途中に3人が入れ替わったチームではDan Isselヘッドコーチ, Gene Littlesヘッドコーチ, Bernie Bickerstaffヘッドコーチと入れ替わりチームにはルーキーで#5 Jalen Rose, #35 Reggie Slaterなどが入団しチームには#1 Mahmoud Abdul-Rauf, #23 Bryant Stith, #3 Dale Ellis, #34 Reggie Williams, #54 Rodney Rogers, #8 Brian Williams(Bison Dele), #21 Tom Hammonds, #55 Dikembe Mutombo, #53 Cliff Levingston, #9 Greg GrantなどをようしたDenver Nuggetsと対戦し3-0で勝利し、続くNBA Play Off Western Conference SemifinalsDel Harrisヘッドコーチのもと48-34の成績を残しチームにはルーキーで#25 Eddie Jones, #2 Anthony Millerなどが入団しチームには#9 Nick Van Exel, #41 Elden Campbell, #12 Vlade Divac, #23 Cedric Ceballos, #30 George Lynch, #31 Sam Bowie, #34 Tony Smith, #3 Sedale Threatt, #2 Anthony Miller, #40 Antonio Harveyなどが在籍したLos Angeles Lakersと対戦し4-2で勝利し、NBA Play Off Western Conference FinalsRudy Tomjanovichヘッドコーチのもと47-35の成績を残しチームにはルーキーで#55 Zan Tabakが入団しチームにはトレードで新たに#22 Clyde Drexlerが加入しチームは#34 Hakeem Olajuwonを中心に#25 Robert Horry, #10 Sam Cassell, #30 Kenny Smith, #17 Mario Elie, #52 Chucky Brown, #32 Pete Chilcutt, #11 Vernon Maxwell, #7 Carl HerreraなどをようしたHouston Rocketsのまえに2-4で敗退している。この1995年のNBA Championには2年連続でHouston Rocketsが輝いている。1994-95season終了後に#41 Will Perdueに入れ替わりトレードによってChicago Bullsに移籍した。 1995-96 seasonChicago BullsPhil Jacksonヘッドコーチのもと72-10のNBA史上最高の成績を残しチームにはルーキーで#35 Jason Caffeyが入団しほか新加入で#91 Dennis Rodman, #22 John Salley, #53 James Edwards, #54 Jack Haleyなどが加入しチームには#23 Michael Jordanを中心に#33 Scottie Pippen, #7 Toni Kukoc, #9 Ron Harper, #13 Luc Longley, #25 Steve Kerr, #34 Bill Wennington, #30 Jud Buechler, #0 Randy Brownなどが在籍しプレーを共にし#91 Dennis Rodman自身は出場した64試合のうち57試合に先発出場して平均5.5得点、14.9リバウンド、2.5アシスト、0.6スティール、0.4ブロックを記録した。NBA Play Off Eastern Conference First RoundPat Rileyヘッドコーチのもと42-40の成績を残しチームにはルーキーで#22 Voshon Lenard, #40 Kurt Thomas, #5 Sasha Danilovicなどが入団しチームには#33 Alonzo Mourning, #10 Tim Hardawayを中心に#3 Rex Chapman, #14 Tony Smith, #15 Chris Gatling, #42 Walt Williams, #2 Keith Askins, #24 Danny Schayes, #23 Tyrone Corbin, #21 Stacey KingなどをようしたMiami Heatと対戦し3-0で勝利し、NBA Play Off Eastern Conference SemifinalsDon Nelsonヘッドコーチがシーズン途中に解任され代わりにJeff Van Gundyヘッドコーチが就任しチームには#33 Patrick Ewing, #3 John Starks, #34 Charles Oakley, #14 Anthony Mason, #11 Derek Harper, #44 Hubert Davis, #21 Charlie Ward, #40 Willie Anderson, #32 Herb Williams, #23 Gary Grant, #7 J.R. ReidなどをようしたNew York Knicksと対戦し4-1で勝利し、 NBA Play Off Eastern Conference FinalsBrian Hillヘッドコーチのもと60-22の成績を残しチームにはルーキーで#42 David Vaughnが入団しチームには#32 Shaquille O'Neal, #1 Anfernee Hardawayを中心に#25 Nick Anderson, #3 Dennis Scott, #54 Horace Grant, #14 Anthony Bowie, #20 Brian Shaw, #5 Donald Royal, #22 Brooks Thompson, #45 Jon Koncak, #12 Joe Wolf, #24 Anthony BonnerなどをようしたOrlando Magicと対戦し4-0のスウィ―プで勝利し、むかえた1996 NBA FinalsGeorge Karlヘッドコーチのもと64-18の成績を残しチームにはルーキーで#3 Eric Snowが入団しチームには#20 Gary Payton, #40 Shawn Kempを中心に#11 Detlef Schrempf, #33 Hersey Hawkins, #14 Sam Perkins, #10 Nate McMillan, #2 Vincent Askew, #50 Ervin Johnson, #34 Frank Brickowski, #25 David Wingate, #55 Steve Schefflerなどのメンバーが揃ったSeattle SuperSonicsと対戦し4-2で勝利し見事この1996年のNBA Championに輝いた。このシリーズでチームメイトの#23 Michael Jordan1995-96 NBA Finals MVPを受賞した。 1996-97 seasonChicago BullsPhil Jacksonヘッドコーチのもと69-13の成績を残しチームに#18 Bison Dele, #00 Robert Parishが新加入しチームには#23 Michael Jordanを中心に#33 Scottie Pippen, #7 Toni Kukoc, #9 Ron Harper, #13 Luc Longley, #25 Steve Kerr, #34 Bill Wennington, #30 Jud Buechler, #0 Randy Brownなどが在籍しプレーを共にし#91 Dennis Rodman自身は出場した55試合のうち54試合に先発出場して平均5.7得点、16.1リバウンド、3.1アシスト、0.6スティール、0.3ブロックを記録した。NBA Play Off Eastern Conference First Roundでヘッドコーチがシーズン途中に3人が入れ替わったチームではJim Lynamヘッドコーチ, Bob Staakヘッドコーチ, Bernie Bickerstaffヘッドコーチと代わりチームにはルーキーで#30 Ben Wallaceが入団しチームには#1 Rod Strickland, #5 Juwan Howard, #35 Tracy Murray, #4 Chris Webber, #40 Calbert Cheaney, #77 Gheorghe Muresan, #12 Chris Whitney, #23 Tim Legler, #32 Jaren Jackson, #44 Harvey Grant, #43 Lorenzo WilliamsなどをようしたWashington Bulletsと対戦し3-0で勝利し、NBA Eastern Conference SemifinalsLenny Wilkensヘッドコーチのもと56-26の成績を残しチームには#8 Steve Smith, #32 Christian Laettner, #10 Mookie Blaylock, #55 Dikembe Mutombo, #33 Tyrone Corbin, #44 Alan Henderson, #5 Eldridge Recasner, #35 Darrin Hancock, #28 Ivano Newbill, #17 Jon Barryなどをようした Atlanta Hawksと対戦し4-1で勝利し、NBA Play Off Eastern Conference FinalsPat Rileyヘッドコーチのもと61-21の成績を残しチームにはルーキーで#3 Bruce Bowenなどが入団しチームには#10 Tim Hardaway, #33 Alonzo Mourningを中心に#21 Voshon Lenard, #24 Jamal Mashburn, #9 Dan Majerle, #42 P.J. Brown, #8 Isaac Austin, #11 John Crotty, #35 Willie Anderson, #2 Keith Askins, #30 Mark Strickland, #54 Ed PinckneyなどをようしたMiami Heatと対戦し4-1で勝利し、むかえた1997 NBA FinalsJerry Sloanヘッドコーチのもと64-18の成績を残しチームにはルーキーで#40 Shandon Andersonが入団しチームには#32 Karl Malone, #12 John Stocktonを中心に#14 Jeff Hornacek, #3 Bryon Russell, #10 Howard Eisley, #55 Antoine Carr, #00 Greg Ostertag, #44 Greg Foster, #34 Chris Morris, #31 Adam KeefeなどをようしたUtah Jazzと対戦し4-2で勝利し見事この1997年のNBA Championに輝いた。 1997-98seasonChicago BullsPhil Jacksonヘッドコーチのもと62-20の成績を残しチームにはルーキーで#22 Keith Booth, #5 Rusty LaRueが入団し#23 Michael Jordanを中心に#33 Scottie Pippen, #7 Toni Kukoc, #9 Ron Harper, #13 Luc Longley, #25 Steve Kerr, #34 Bill Wennington, #30 Jud Buechler, #24 Scott Burrell, #8 Dickey Simpkins, #0 Randy Brownなどが在籍しプレーを共にし#91 Dennis Rodman自身は出場した80試合のうち66試合に先発出場して平均4.7得点、15.0リバウンド、2.9アシスト、0.6スティール、0.2ブロックを記録した。NBA Play Off Eastern Conference First RoundJohn Calipariヘッドコーチのもと43-39の成績を残しチームにはルーキーで#44 Keith Van Hornが入団しチームには#10 Sam Cassell, #30 Kerry Kittles, #13 Kendall Gill, #44 Keith Van Horn, #55 Jayson Williams, #20 Sherman Douglas, #15 Chris Gatling, #4 Rony Seikaly, #12 Lucious Harris, #11 Brian Evans, #42 David VaughnなどをようしたNew Jersey Netsと対戦し3-0で勝利し、NBA Play Off Eastern Conference SemifinalsDave Cowensヘッドコーチのもと51-31の成績を残しチームには#41 Glen Rice, #14 Anthony Mason, #12 Vlade Divac, #4 David Wesley, #13 Bobby Phills, #30 Dell Curry, #10 B.J. Armstrong, #7 J.R. Reid, #15 Corey Beck, #5 Donald Royal, #52 Matt GeigerなどをようしたCharlotte Hornetsと対戦し4-1で勝利し、NBA Play Off Eastern Conference FinalsLarry Birdヘッドコーチのもと58-24の成績を残しチームにはルーキーで#44 Austin Croshere, #43 Mark Popeなどが入団しチームには#31 Reggie Miller, #45 Rik Smits, #33 Antonio Davis, #13 Mark Jackson, #17 Chris Mullin, #32 Dale Davis, #5 Jalen Rose, #4 Travis Best, #9 Derrick McKey, #41 Mark West, #20 Fred Hoibergなどをようした Indiana Pacersと対戦し接戦の末4-3で勝利し、むかえた1998 NBA FinalsJerry Sloanヘッドコーチのもと62-20の成績を残しチームにはルーキーで#11 Jacque Vaughn, #25 Troy Hudsonなどが入団しチームには#32 Karl Malone, #12 John Stocktonを中心に#3 Bryon Russell, #14 Jeff Hornacek, #40 Shandon Anderson, #10 Howard Eisley, #55 Antoine Carr, #44 Greg Foster, #34 Chris Morris, #00 Greg Ostertag, #31 Adam Keefeなどのメンバーが揃ったUtah Jazzと対戦し4-2で勝利し見事この1998年のNBA Championに輝いた。これにより#91 Dennis Rodman#23 Michael Jordanを中心に#33 Scottie Pippenらと共に3ピートを達成した。1997-98season終了後にLos Angeles Lakersに移籍しむかえた1998-99 seasonLos Angeles Lakersではヘッドコーチがシーズン途中に3人が入れ替わったチームでは Del Harrisヘッドコーチ, Bill Bertkaヘッドコーチ, Kurt Rambisヘッドコーチと代わりチームにはルーキーで#10 Tyronn Lue, #21 Ruben Pattersonが加入しチームには#34 Shaquille O'Nealが中心となり#8 Kobe Bryant, #41 Glen Rice, #2 Derek Fisher, #17 Rick Fox, #5 Robert Horry, #12 Derek Harper, #11 J.R. Reid, #45 Sean Rooks, #40 Travis Knightなどが在籍しプレーを共にし#73 Dennis Rodman自身は出場した23試合のうち11試合に先発出場して平均2.1得点、11.2リバウンド、1.3アシスト、0.4スティール、0.5ブロックを記録した。シーズン途中に解雇されている。 #70 Dennis Rodmanが移籍した1999-00 seasonDallas MavericksDon Nelsonヘッドコーチのもと40-42の成績を残しチームにはルーキーで#21 Greg Bucknerが入団しチームには#4 Michael Finley, #41 Dirk Nowitzki, #13 Steve Nash, #23 Cedric Ceballos, #20 Erick Strickland, #14 Robert Pack, #44 Shawn Bradley, #24 Hubert Davisなどのほか一時#70 Dennis Rodmanも在籍しプレーを共にし#70 Dennis Rodman自身は出場した12試合全てに先発出場して平均2.8得点、14.3リバウンド、1.2アシスト、0.2スティール、0.1ブロックを記録した。シーズン途中に解雇されている。のち引退している。

Continue reading ↑

Dennis Rodman Profile

Position:
Forward
Height:
201cm
Weight:
95kg
Born:
5/13/1961, New Jersey, USA
College:
Southeastern Oklahoma State University
Team:
Chicago Bulls, Eastern Conference
Jersey Status:
Pro-cut

Other Status

LIMITED EDITION,

Alternate Jersey