NBA,バスケットボールミュージアムLayupshot

Contact us 免責事項

© 2012-2017 Layupshot.

Owner. Tadahiro Hakamata

Photo. Kentaro Sawaguchi

Design. PLANPOT DESIGN WORKS

JERSEY MUSEUM

HOME / JERSEY MUSEUM / 2010-2011 / Portland Trail Blazers / Marcus Camby

Marcus Camby #23
- Portland Trail Blazers - 2010-2011

NBA Game Worn jersey museum "Layupshot"館内で展示されているジャージは全て販売可能です。(既に販売済みのジャージも含まれています) サイト内 "Price negotiation" ボタンより簡単なフォームにご記入頂くと、在庫の有無・販売価格をメールにて返信致します。 館内に展示されているジャージは、NBA選手が着用したもの、もしくは着用するために用意された大変貴重なものばかりです。

All jerseys display within the NBA Game Worn jersey museum "Layupshot" are available for purchase. (Some jerseys on display are already sold) We will get back to you with the availability and price information if you contact us through the "Price Negotiation" button. Jerseys displayed in this museum have been worn, or issued to be worn by actual NBA players.

NBA Game Worn jersey museum "Layupshot" 博物馆内展示的所有球衣都是可以选购的(已售出的款式也在包含展示范围内)。 在本网页内,您只需点击 "Price negotiation" 图标,并简单的填写相应信息,相关球衣的库存和价格会通过EMAIL的形式发送给您。 本馆展示的所有球衣都是NBA球员亲着,或是比赛备用款式。均在市面上不可多得,具有很高收藏价值意义。

Jersey Description

This white Revolution 30 jersey was worn by #23 Marcus Camby of the Portland Trail Blazers in a Kia NBA Tip-Off '10 game during the 2010-2011 National Basketball Association regular season. Camby wore this jersey during the Blazers' 106-92 victory over the Phoenix Suns on October 26, 2010 at Rose Garden in Portland, Oregon. Camby played 30 minutes and registered 13 points with 3 assists and 10 rebounds.

Layup Navigation

1996年のNBA Draft 2位でToronto Raptorsより指名を受ける。この時のNBA Draft 1位がPhiladelphia 76ersより指名された#3 Allen Iverson, 13位にNew Orleans Hornetsの前身Charlotte Hornetsから指名され#12 Vlade DivacとのトレードによりL.A.Lakers#8 Kobe Bryantが入団する。またこの1996 NBA Draftでは3位からも#3 Shareef Abdur-Rahim, #33 Stephon Marbury, #34 Ray Allen, #8 Antoine Walker, #42 Lorenzen Wright などその後の名プレーヤーが数多く存在する年となる。 そして#8 Kobe Bryantと同様に高校卒で#7 ・#5 Jermaine O'NealPortland Trail Blazersに入団している。また珍しい事にかなり低い順位の2順目54位で#40 Shandon AndersonUtah Jazzより指名を受け長いNBAキャリアをスタートさせる彼はUniversity of Georgia出身である。このようにNBA Draft史上最も豊作であったとされるこの1996NBA Draftでは、第 1位にGeorgetown Universityより#3 Allen Iverson, 2位University of Massachusetts Amherstから#21 Marcus Camby, 3位University of Californiaから#3 Shareef Abdur-Rahim, 4位Georgia Institute of Technologyより#33 Stephon Marbury, 5位University of Connecticutから#34 Ray Allen, 6位University of Kentucky出身の#8 Antoine Walker, 7位University of Memphis出身の#42 Lorenzen Wright, 8位Villanova Universityより#30 Kerry Kittles, 9位University of Louisvilleから#52 Samaki Walkerが、10位にMississippi State University出身の#25 Erick DampierらがNBA入りしているが、注目すべきはこれより後に指名されている選手たちの顔ぶれも素晴らしい事である。13位には#8・#24 Kobe Bryantが、続いて#16 Peja Stojakovic, 15位にSanta Clara University出身の#13 Steve Nash, 16位University of Kentuckyから#00 Tony Delk, 17位には#8・#24 Kobe Bryant同様に高卒プレーヤーの#7 Jermaine O'Nealが、18位Syracuse University出身の#44 John Wallace, 19位University of Kentucky出身の#40 Walter McCarty, 24位にはUniversity of Arkansas at Little Rock出身の#2 Derek Fisherが、26位でGeorgetown University出身の#13 Jerome Williamsなどが続いた。 University of Massachusetts Amherst出身は、#6 Julius Ervingと同じで大学時には1995-96 NCAA AP Player of the yearを獲得している。Toronto Raptors時代には前年に入団した#20 Damon Stoudamire, 2年目となる#34 Carlos Rogers, #7 Clifford Rozierなどの若手そして4年目となる#13 Doug Christie, #42 Walt Williamsなどと共にチームを引っ張る。 翌年の1997 NBA Draft 1位#21 Tim DuncanWake Forest UniversityよりSan Antonio Spurs に入団し#21 Marcus Cambyが大学時代よりライバル視するなかルーキー時代から活躍し、1999年NBA Lockout後のSan Antonio Spursとの1999 NBA FinalsではEastern 8位シードながらNew York Knicksは勝ち進みNBA Play Off Eastern Canference Finalsで怪我をした#33 Patrick Ewingに代わり1999 NBA Finalsの大舞台で#21 Tim Duncan相手に大活躍をした。その後、数多くのチームを渡り歩いたベテランのスターNBAプレーヤーだ。右腕に大きく書かれた“勉族”のタトゥーは彼のトレードマークである。Denver Nuggets時の2007-08seasonはBlocks部門でリーグ1位になる活躍を見せている。

Continue reading ↑

Marcus Camby Profile

Position:
Center-Forward
Height:
211cm
Weight:
100kg
Born:
3/22/1974, Connecticut, USA
College:
University of Massachusetts Amherst
Team:
Portland Trail Blazers, Western Conference
Jersey Status:
Game Worn

Other Status

KIA NBA TIP-OFF,

Home Jersey