NBA,バスケットボールミュージアムLayupshot

Contact us 免責事項

© 2012-2017 Layupshot.

Owner. Tadahiro Hakamata

Photo. Kentaro Sawaguchi

Design. PLANPOT DESIGN WORKS

JERSEY MUSEUM

HOME / JERSEY MUSEUM / 2015-2016 / Los Angeles Clippers / Cole Aldrich

Cole Aldrich #45
- Los Angeles Clippers - 2015-2016

NBA Game Worn jersey museum "Layupshot"館内で展示されているジャージは全て販売可能です。(既に販売済みのジャージも含まれています) サイト内 "Price negotiation" ボタンより簡単なフォームにご記入頂くと、在庫の有無・販売価格をメールにて返信致します。 館内に展示されているジャージは、NBA選手が着用したもの、もしくは着用するために用意された大変貴重なものばかりです。

All jerseys display within the NBA Game Worn jersey museum "Layupshot" are available for purchase. (Some jerseys on display are already sold) We will get back to you with the availability and price information if you contact us through the "Price Negotiation" button. Jerseys displayed in this museum have been worn, or issued to be worn by actual NBA players.

NBA Game Worn jersey museum "Layupshot" 博物馆内展示的所有球衣都是可以选购的(已售出的款式也在包含展示范围内)。 在本网页内,您只需点击 "Price negotiation" 图标,并简单的填写相应信息,相关球衣的库存和价格会通过EMAIL的形式发送给您。 本馆展示的所有球衣都是NBA球员亲着,或是比赛备用款式。均在市面上不可多得,具有很高收藏价值意义。

Jersey Description

This white jersey was worn by #45 Cole Aldrich of the Los Angeles Clippers during the 2015-16 National Basketball Association playoffs.Aldrich wore this jersey the Clippers' 115-95 Western Conference Quarterfinal Game 1 victory over the Portland Trail Blazers on April 17, 2016 at STAPLES Center in Los Angeles, CA.He played 14 minutes and registered 1 point with 5 rebounds and 2 steals.

Layup Navigation

2010 年のNBA Draft11位でUniversity of KansasよりNBA入りを果たす。University of Kansas時代には、1年生時の2008年のNCAAトーナメント全米制覇を経験。チームでは #00 Darrell Arthur, #15 Mario Chalmers, #25 Brandon Rushらと共に2008 NCAA Final#1 Derrick Rose, #17 Chris Douglas-RobertsのいるMemphis Tigersに勝利している。又セミファイナルでは#22 Wayne Ellington, #14 Danny Green, #50 Tyler Hansbrough, #3 Ty LawsonらのいるNorth Carolina Tar Heels破っている。 この2010 NBA Draft 1位はUniversity of Kentucky出身の#2 John Wall, 2位にOhio State University出身#12 Evan Turner, 3位にGeorgia Institute of Technology出身の#15 Derrick Favorsが、4位にSyracuse Universityより#4 Wesley Johnsonが、5位には1位の#2 John Wallと同じUniversity of Kentucky出身の#15 DeMarcus CousinsSacramento Kingsに入団2011~12seasonには #13 Tyreke Evansと共にチームの顔となる。6位にBaylor Universityより#20 Ekpe Udohが7位にはGeorgetown University出身 #10 Greg Monroe,9位には2010年NCAA Finalまで進んだButler Universityの中心選手の #20 Gordon HaywardUtah Jazzへ入団その後#15 Derrick Favorsとはチームメイトになる。10位にはCalifornia State University, Fresno出身#24 Paul GeorgeIndiana Pacersに入団。そして続く11位にUniversity of Kansas出身の #45 Cole Aldrichが続くと12位にも同じUniversity of Kansasから #4 Xavier Henryが、13位にUniversity of North Carolinaより#32 Ed Davisが、14位にUniversity of Kentuckyから#54 Patrick Patterson, 18位にもUniversity of Kentuckyより #12 Eric Bledsoeが、19位はUniversity of Texas at Austinから#0 Avery Bradleyが、24位にはUniversity of Texas at Austinから#10 Damion Jamesが、27位はXavier Universityから#15 Jordan Crawfordが、32位にはUniversity of Texas at Austinより#45 Dexter Pittmanが、39位にはStanford Universityから#2 Landry Fields,43位ではWest Virginia Universityより#3 Devin Ebanksが58位にUniversity of Texas at El Pasoから#45 Derrick Caracterたちが指名を受けてNBA入りを果たして活躍している。 2010-11seasonのルーキー時より Oklahoma City Thunder に在籍、成長著しいOklahoma City Thunderは、 #35 Kevin Durant, #0 Russell Westbrookの最強得点コンビに加え成長著しい #9 Serge Ibaka, #13 James Hardenなどと共に #14 Daequan Cook, #2 Thabo Sefoloshaなどが活躍。そんな中のシ―ズン途中にBoston Celtics との間で#22 Jeff Green, #12 Nenad Krstic#5 Kendrick Perkins, #4 Nate Robinsonのトレードが成立する。その後チームは更に調子を上げてNBA Play Off Western Conference First Round#3 Ty Lawson, #31 Nene, #11 Chris Andersen, #4 Kenyon Martin, #6 Arron Afflalo, #1 J.R. Smithに加えシーズン途中のトレードによりNew York Knicksより加入した #8 Danilo Gallinari, #21 Wilson Chandler, #2 Raymond FeltonらをようするDenver Nuggetsに4-1で勝利し、続くNBA Play Off Western Conference Semifinals で初戦を8位シードながらアップセットで勝ち進んだ勢いのある #50 Zach Randolph, #11 Mike Conley, #33 Marc Gasol, #9 Tony Allen, #32 O.J. Mayo, #00 Darrell ArthurなどがいるMemphis Grizzliesと対戦し4-3で勝利をおさめ、続く NBA Play Off Western Conference Finals#41 Dirk Nowitzki, #2 Jason Kidd, #0 Shawn Marion, #6 Tyson Chandler, #31 Jason Terry, #33 Brendan Haywood, #16 Peja Stojakovic, #92 DeShawn Stevenson, #35 Brian Cardinalなどのメンバーでこの2011年NBA Championを獲得するDallas Mavericksに1-4で敗退した。その2010~11season #45 Cole Aldrichは18試合に出場しプレーするにとどまったが貴重な経験であった。 翌2011-12seasonOklahoma City Thunder は、ルーキーの#15 Reggie Jacksonな活躍や、NBAキャリア15年になるベテランの #37 Derek Fisherを加えScott BrooksヘッドコーチのもとLos Angeles Lakers, Dallas Mavericksとプレーオフで対戦している。チームでは、 #45 Cole Aldrich同様にセンタープレーヤーとして #8 Nazr Mohammedも活躍している。

Continue reading ↑

Cole Aldrich Profile

Position:
Center
Height:
211cm
Weight:
111kg
Born:
10/31/1988, Minnesota, USA
College:
University of Kansas
Team:
Los Angeles Clippers, Western Conference
Jersey Status:
Game Worn

Other Status

PLAYOFFS,

Home Jersey