NBA,バスケットボールミュージアムLayupshot

Contact us 免責事項

© 2012-2017 Layupshot.

Owner. Tadahiro Hakamata

Photo. Kentaro Sawaguchi

Design. PLANPOT DESIGN WORKS

JERSEY MUSEUM

HOME / JERSEY MUSEUM / 2009-2010 / Golden State Warriors / Chris Mullin

Chris Mullin #17
- Golden State Warriors - 2009-2010

NBA Game Worn jersey museum "Layupshot"館内で展示されているジャージは全て販売可能です。(既に販売済みのジャージも含まれています) サイト内 "Price negotiation" ボタンより簡単なフォームにご記入頂くと、在庫の有無・販売価格をメールにて返信致します。 館内に展示されているジャージは、NBA選手が着用したもの、もしくは着用するために用意された大変貴重なものばかりです。

All jerseys display within the NBA Game Worn jersey museum "Layupshot" are available for purchase. (Some jerseys on display are already sold) We will get back to you with the availability and price information if you contact us through the "Price Negotiation" button. Jerseys displayed in this museum have been worn, or issued to be worn by actual NBA players.

NBA Game Worn jersey museum "Layupshot" 博物馆内展示的所有球衣都是可以选购的(已售出的款式也在包含展示范围内)。 在本网页内,您只需点击 "Price negotiation" 图标,并简单的填写相应信息,相关球衣的库存和价格会通过EMAIL的形式发送给您。 本馆展示的所有球衣都是NBA球员亲着,或是比赛备用款式。均在市面上不可多得,具有很高收藏价值意义。

Jersey Description

This white jersey was worn by #17 Chris Mullin during the 2010 NBA All-Star Weekend held February 12-14, 2010 in Dallas, Texas. Mullin, of Team West, wore this jersey in the Final Fantasy XIII All-Star Celebrity Game during Team West's 41-37 victory over Team East on February 12, 2010 at Jam Session in the Dallas Convention Center. This jersey is a Hardwood Classics style from the 1986 NBA All-Star game.

Layup Navigation

1985年のNBA Draft 7位にてSt. John's UniversityよりGolden State Warriorsに入団する。St. John's University出身のNBAプレーヤーには#13 Mark Jackson, #13 Felipe Lopez, #2 Malik Sealy, #17 Chris Mullinが、またSt. John's University時代にプレーを共にした#34 Bill Wenningtonや、ほか#55 Jayson Williams, #15 Metta World Peaceなどが挙げられる。 1985年のNBA Draft第1位はGeorgetown University出身の#33 Patrick Ewingで2位にUniversity of Oklahoma出身の#23 Wayman Tisdaleが3位にCreighton University出身の#00 Benoit Benjaminが指名を受け続く4位にWichita State University出身の#34 Xavier McDanielが5位にSouthern Methodist University出身の#32 Jon Koncakが6位にUniversity of Arkansas出身の#35 Joe Kleineがそして7位にSt. John's University出身の#17 Chris Mullinが指名を受けNBA入りを果たしている。ほか8位にはUniversity of Washington出身の#11 Detlef Schrempfが9位にVirginia Union University出身の#34 Charles Oakleyが10位にVillanova University出身の#54 Ed Pinckneyが13位にLouisiana Tech University出身の#32 Karl Maloneが16位にSt. John's University出身の#34 Bill Wenningtonが18位にMcNeese State Universityより#4 Joe Dumarsが20位にMichigan State University出身の#11 Sam Vincentが21位にUniversity of South Alabama出身の#33 Terry Catledgeが23位にOregon State University出身の#45 A.C. Greenが24位にUniversity of Wisconsin-Stevens Point出身の#30 Terry Porterが31位にUniversity of Bridgeportより#10 Manute Bolが35位にDePaul University出身の#23 Tyrone Corbinが45位にはTulane University出身の#18 Hot Rod Williamsが47位にUniversity of Tennessee at Chattanooga出身の#21 Gerald Wilkinsが他にも54位にMercer University出身の#42 Sam Mitchellが66位にはBoston College出身の#10 Michael Adamsが77位には#11 Arvydas Sabonisが87位にNorth Carolina State University出身の#4 Spud Webbまた160位にはAmerican International College出身の#17 Mario Elieなどが指名を受けNBA入りしている。 1985-86seasonGolden State WarriorsJohnny Bachヘッドコーチのもと30-52の成績を残しチームでは#45 Purvis Short, #2 Joe Barry Carroll, #21 Sleepy Floyd, #20 Terry Teagleなどと共にプレーし#17 Chris Mullin自身出場した50試合のうち30試合に先発出場し平均14.0得点、2.1リバウンドを記録している。 1986-87 seasonGolden State WarriorsGeorge Karlヘッドコーチのもと42-40の成績を残しチームでは前年同様に#45 Purvis Short, #2 Joe Barry Carroll, #21 Sleepy Floyd, #20 Terry Teagleなどと共にプレーし、#17 Chris Mullin自身出場した82試合全てに先発出場し平均15.1得点、2.2リバウンド、3.2アシストを記録している。迎えたNBA Play Off Western Conference First RoundFrank Laydenヘッドコーチのもと44-38の成績を残しチームにはルーキーで#30 Dell Curryが入団しチームには#32 Karl Malone, #41 Thurl Bailey, #35 Darrell Griffith, #20 Bob Hansen, #53 Mark Eaton, #12 John StocktonなどをようしたUtah Jazzと対戦し3-2で勝利し、続くNBA Play Off Western Conference SemifinalsPat Rileyヘッドコーチのもと65-17の成績を残しチームにはルーキーで#55 Billy Thompsonが入団しチームには#32 Magic Johnson, #42 James Worthy, #4 Byron Scott, #33 Kareem Abdul-Jabbar, #21 Michael Cooper, #45 A.C. Green, #31 Kurt Rambis, #43 Mychal Thompson, #1 Wes Matthewsなどを擁しこの1997年のNBA Championに輝いたLos Angeles Lakersと対戦し1-4で敗退している。 1987-88seasonGolden State WarriorsGeorge Karlヘッドコーチがシーズン途中に解任され代わりにEd Gregoryヘッドコーチが就任しチームでは#21 Sleepy Floydと共に活躍し#17 Chris Mullin自身出場した60試合のうち55試合に先発出場し平均20.2得点、3.4リバウンド、4.8アシスト、1.9スティールを記録している。チームには#50 Ralph Sampsonも在籍したがチームはNBA Play Off進出出来なかった。 1988-89seasonGolden State WarriorsDon Nelsonヘッドコーチのもと43-39の成績を残しチームにはルーキーで#23 Mitch Richmond, #30 John Starksなどが入団しチームの中心は#17 Chris Mullin#23 Mitch Richmond, #12 Winston Garland, #22 Rod Higgins, #20 Terry Teagle, #50 Ralph Sampson, #10 Manute Bol, #30 Ben McDonald, #13 Larry Smithなど共にプレーし#17 Chris Mullin自身は出場した76試合全てにスターターとしてプレーして平均26.5得点、5.9リバウンド、5.1アシスト、2.1スティール、0.5ブロックを記録しチーム1位の活躍をしている1988-89season途中にMVPには#32 Karl Maloneが輝きAstrodome, Houston, TXで開催された1989 NBA All-Star GameにWesternのリザーブメンバーとして#22 Clyde Drexler, #42 James Worthy, #24 Tom Chambers, #33 Kareem Abdul-Jabbar, #53 Mark Eaton, #00 Kevin Duckworthなどと共に選出されWesternのスターターには#12 John Stockton, #2 Alex English, #32 Karl Malone, #3 Dale Ellis, #34 Hakeem Olajuwonが選出されプレーを共にした。迎えたNBA Play Off Western Conference First RoundFrank Laydenヘッドコーチがシーズン途中に解任され代わりにJerry Sloanヘッドコーチが就任しチームでは#32 Karl Malone, #12 John Stockton, #35 Darrell Griffith, #41 Thurl Bailey, #20 Bob Hansen, #53 Mark EatonなどをようしたUtah Jazzと対戦し3-0で勝利し、続くNBA Play Off Western Conference SemifinalsCotton Fitzsimmonsヘッドコーチのもと55-27の成績を残しチームにはルーキーで#9 Dan Majerle, #34 Tim Perry, #28 Andrew Lang, #4 Steve Kerrなどが入団しチームには#24 Tom Chambers, #7 Kevin Johnson, #8 Eddie Johnson, #14 Jeff Hornacek, #23 Tyrone Corbin, #41 Mark West, #35 Armen GilliamなどをようしたPhoenix Sunsと対戦し1-4で敗退した。 1989-90 seasonGolden State WarriorsDon Nelsonヘッドコーチのもと37-45の成績を残しチームにはルーキーで#5 Tim Hardaway, #13 Sarunas Marciulionisが入団しチームには#23 Mitch Richmondと共に活躍し#17 Chris Mullin自身は出場した78試合全てにスターターとしてプレーして平均25.1得点、5.9リバウンド、4.1アシスト、1.6スティール、0.6ブロックを記録しチーム1位の活躍をしている1989-90 season途中にMVPには#32 Magic Johnsonが輝きMiami Arena, Miami, FLで開催された1990 NBA All-Star GameでWesternのリザーブメンバーとして#50 David Robinson, #12 Fat Lever, #24 Tom Chambers, #22 Rolando Blackman, #22 Clyde Drexler, #7 Kevin Johnsonと共に選出されWesternのスターターには#34 Hakeem Olajuwon, #32 Magic Johnson, #42 James Worthy, #12 John Stockton, #45 A.C. Greenが選出されプレーを共にした。 1990-91seasonGolden State WarriorsDon Nelsonヘッドコーチのもと44-38の成績を残しチームにはルーキーで#20 Mario Elie, #32 Tyrone Hillなどが入団しチームでは有名な#17 Chris Mullin, #10 Tim Hardaway, #23 Mitch Richmondの3人による「Run TMC」ラン&ガンの攻撃で調子を上げチームには他#13 Sarunas Marciulionis, #22 Rod Higgins, #3 Tom Tolbert, #4 Vincent Askewなども在籍した#17 Chris Mullin自身は出場した82試合全てにスターターとしてプレーして平均25.7得点、5.4リバウンド、4.0アシスト、2.1スティール、0.8ブロックを記録しチーム1位の活躍をしている1990-91season途中にMVPには#34 Charles Barkleyが輝きCharlotte Coliseum, Charlotte, NCで開催された1991 NBA All-Star GameにWesternのスターターとして#32 Karl Malone, #32 Magic Johnson, #7 Kevin Johnson, #50 David Robinsonと共に選出されWesternのリザーブメンバーには#42 James Worthy, #22 Clyde Drexler, #00 Kevin Duckworth, #24 Tom Chambers, #30 Terry Porter, #10 Tim Hardaway, #12 John Stocktonが選出されプレーを共にした。NBA Play Off Western Conference First RoundLarry Brownヘッドコーチのもと55-27の成績を残しチームにはルーキーで#45 Tony Massenburg, #24 Dwayne Schintziusなどが入団しチームには#50 David Robinson, #40 Willie Anderson, #1 Rod Strickland, #34 Terry Cummings, #32 Sean Elliott, #25 David Wingate, #21 Sidney Green, #15 Avery JohnsonなどをようしたSan Antonio Spursと対戦し3-1で勝利し、続くNBA Play Off Western Conference SemifinalsMike Dunleavyヘッドコーチのもと58-24の成績を残しチームにはルーキーで#41 Elden Campbell, #34 Tony Smithなどが入団しチームには#32 Magic Johnson, #42 James Worthy, #14 Sam Perkins, #12 Vlade Divac, #4 Byron Scott, #45 A.C. Green, #20 Terry Teagle, #43 Mychal Thompsonなどのメンバーが揃ったLos Angeles Lakersと対戦して1-4で敗退した。 1991-92seasonGolden State WarriorsDon Nelsonヘッドコーチのもと55-27の成績を残しチームにはルーキーで#25 Chris Gatling, #30 Billy Owens, #52 Victor Alexanderなどが入団し活躍を見せチームには#10 Tim Hardaway, #13 Sarunas Marciulionis, #20 Mario Elie, #53 Alton Lister, #32 Tyrone Hillなどが活躍し#17 Chris Mullin自身は出場した81試合全てにスターターとしてプレーして平均25.6得点、5.6リバウンド、3.5アシスト、2.1スティール、0.8ブロックを記録しチーム1位の活躍をしている1991-92 season途中にMVPには#32 Magic Johnsonが輝きOrlando Arena, Orlando, FLで開催された1992 NBA All-Star GameにWesternのスターターとして#32 Magic Johnson, #22 Clyde Drexler, #32 Karl Malone, #50 David Robinsonと共に選出されWesternのリザーブメンバーには#14 Jeff Hornacek, #10 Tim Hardaway, #34 Hakeem Olajuwon, #12 John Stockton, #42 James Worthy, #9 Dan Majerle, #55 Dikembe Mutombo, #33 Otis Thorpeが選出されプレーを共にした。またこの1992 All Star Gameを期に引退している#32 Magic Johnsonにスターターを譲ったのはGolden State Warriorsのチームメイトでもある#10 Tim Hardawayであった。NBA Play Off Western Conference First Roundではヘッドコーチがシーズン途中に3人が入れ替わったチームではK.C. Jonesヘッドコーチ Bob KloppenburgヘッドコーチGeorge Karlヘッドコーチと代わり、チームには#22 Ricky Pierce, #8 Eddie Johnson, #40 Shawn Kemp, #31 Derrick McKey, #10 Nate McMillan, #20 Gary Payton, #00 Benoit Benjamin, #11 Dana Barros, #44 Michael CageなどをようしたSeattle SuperSonicsと対戦して1-3で敗退した。 1992-93 seasonGolden State WarriorsDon Nelsonヘッドコーチのもと34-48の成績を残しチームにはルーキーで#15 Latrell Sprewellなどが入団しチームには#17 Chris Mullinを中心に#10 Tim Hardawayも活躍し#13 Sarunas Marciulionis, #30 Billy Owens, #25 Chris Gatling, #52 Victor Alexander, #32 Tyrone Hillなど共にプレーを共にし#17 Chris Mullin自身は出場した46試合全てにスターターとしてプレーして平均25.9得点、5.0リバウンド、3.6アシスト、1.5スティール、0.9ブロックを記録しチーム1位の活躍をしている1992-93 season途中にMVPには#32 Karl Malone, #12 John Stocktonが同時受賞しているDelta Center, Salt Lake City, UT開催された1993 NBA All-Star Gameに選出されるも怪我の為プレー出来ず、Westernのスターターとしては#32 Karl Malone, #12 John Stockton, #50 David Robinson, #22 Clyde Drexler, #23 Charles Barkleyが選出されなかでも#34 Charles Barkleyは今シーズンEasternから移り大親友である#23 Michael Jordanに敬意を表し 背番号を23にした。またWesternのリザーブメンバーには#9 Dan Majerle, #10 Tim Hardaway, #34 Hakeem Olajuwon, #30 Terry Porter, #5 Danny Manning, #32 Sean Elliott, #40 Shawn Kempが選出されプレーを共にした。試合はOTにもつれ込む接戦でWest 135-East 132だった。 1993-94 seasonGolden State WarriorsDon Nelsonヘッドコーチのもと50-32の成績を残しチームにはルーキーで#4 Chris Webberが入団しチームには#17 Chris Mullinのほか#15 Latrell Sprewell, #30 Billy Owensルーキーの#4 Chris Webber, #25 Chris Gatling, #6 Avery Johnsonなどが在籍活躍する中#17 Chris Mullin自身は出場した62試合のうち39試合にスターターとしてプレーして平均16.8得点、5.6リバウンド、5.1アシスト、1.7スティール、0.9ブロックを記録し成績を落とした。 1994-95seasonGolden State WarriorsDon Nelsonヘッドコーチがシーズン途中に解任され代わりにBob Lanierヘッドコーチが就任しチームにはルーキーで#34 Carlos Rogers, #44 Clifford Rozierなどが入団し#3 Donyell Marshallも途中加入しチームには#15 Latrell Sprewell, #10 Tim Hardawayが活躍しほか#22 Ricky Pierce, #4 Rony Seikaly, #8 Tom Gugliotta, #20 Tim Leglerなども在籍する中#17 Chris Mullin自身は出場した25試合のうち23試合にスターターとしてプレーして平均19.0得点、4.6リバウンド、5.0アシスト、1.5スティール、0.8ブロックを記録し成績を落とした。 1995-96seasonGolden State WarriorsRick Adelmanヘッドコーチのもと36-46の成績を残しチームにはルーキーで#32 Joe Smith, #55 Andrew DeClercqが入団しチームには#15 Latrell Sprewellと共にルーキーの#32 Joe Smith#10 Tim Hardawayが活躍しほか#11 B.J. Armstrong, #12 Bimbo Coles, #4 Rony Seikaly, #41 Kevin Willis, #25 Chris Gatling, #7 Jerome Kersey, #3 Donyell Marshallなどが在籍し#17 Chris Mullin自身は出場した55試合のうち19試合にスターターとしてプレーして平均13.3得点、2.9リバウンド、3.5アシスト、1.4スティール、0.6ブロックを記録し成績を落とした。 1996-97seasonGolden State WarriorsRick Adelmanヘッドコーチのもと30-52の成績を残しチームには#15 Latrell Sprewellを中心に#32 Joe Smithなどと共に#17 Chris Mullinも出場機会を増やしほか#25 Mark Price, #53 Felton Spencer, #23 Scott Burrellなども加入し#17 Chris Mullin自身は出場した79試合のうち63試合にスターターとしてプレーして平均14.5得点、4.0リバウンド、4.1アシスト、1.6スティール、0.4ブロックを記録した。 1996-97season終了後にIndiana Pacersとの間のトレードにより#25 Erick Dampier, #27 Duane Ferrellに代わりIndiana Pacersに移籍する事になる。 1997-98seasonIndiana PacersLarry Birdヘッドコーチのもと58-24の成績を残しチームにはルーキーで#44 Austin Croshere, #43 Mark Popeらが入団しチームには#31 Reggie Millerを中心に#45 Rik Smits, #33 Antonio Davis, #13 Mark Jackson, #32 Dale Davis, #5 Jalen Rose, #4 Travis Best, #20 Fred Hoiberg, #9 Derrick McKey, #41 Mark Westなどと共にプレーし#17 Chris Mullin自身は出場した82試合全てにスターターとしてプレーして平均11.3得点、3.0リバウンド、2.3アシスト、1.2スティール、0.5ブロックを記録した。迎えたNBA Play Off Eastern Conference First RoundMike Fratelloヘッドコーチのもと47-35の成績を残しチームには4人のルーキーが活躍することになる#23 Derek Anderson, #45 Cedric Henderson, #11 Zydrunas Ilgauskas, #12 Brevin Knightなどが入団しチームには#40 Shawn Kemp, #1 Wesley Person, #52 Vitaly Potapenko, #35 Danny Ferry, #3 Bob Sura, #2 Scott BrooksなどをようしたCleveland Cavaliersと対戦し3-1で勝利し、NBA Play Off Eastern Conference SemifinalsではJeff Van Gundyヘッドコーチのもと43-39の成績を残しチームには#20 Allan Houston, #3 John Starks, #2 Larry Johnson, #34 Charles Oakley, #21 Charlie Ward, #1 Chris Childs, #33 Patrick Ewing, #42 Chris Mills, #35 Terry Cummings, #52 Buck Williams, #14 Chris Dudley, #13 Anthony BowieなどをようしたNew York Knicksと対戦し4-1で勝利し、続くNBA Play Off Eastern Conference FinalsPhil Jacksonヘッドコーチのもと62-20の成績を残しチームにはルーキーで#22 Keith Booth, #5 Rusty LaRueなどが入団しチームには#23 Michael Jordan, #33 Scottie Pippen, #7 Toni Kukoc, #13 Luc Longley, #9 Ron Harper, #25 Steve Kerr, #91 Dennis Rodman, #24 Scott Burrell, #34 Bill Wennington, #8 Dickey Simpkins, #30 Jud Buechler, #0 Randy Brownなどのメンバーが揃ったChicago Bullsと対戦し3-4の接戦の末敗退している。この1998年のNBA Championには2年連続でChicago Bullsが輝いている。 1998-99seasonIndiana PacersLarry Birdヘッドコーチのもと33-17の成績を残しチームにはルーキーで#25 Al Harringtonが入団しチームには#31 Reggie Miller, #5 Jalen Rose, #45 Rik Smits, #13 Mark Jackson, #17 Chris Mullin, #32 Dale Davis, #33 Antonio Davis, #14 Sam Perkins, #31 Derrick McKey, #4 Travis Best, #20 Fred Hoiberg, #44 Austin Croshereなどが在籍し#17 Chris Mullin自身は出場した50試合全てにスターターとしてプレーして平均10.1得点、3.2リバウンド、1.6アシスト、0.9スティール、0.3ブロックを記録した。迎えたNBA Play Off Eastern Conference First RoundGeorge Karlヘッドコーチのもと28-22の成績を残しチームにはルーキーで#54 Robert Traylorが入団しチームには#34 Ray Allen, #13 Glenn Robinson, #20 Sam Cassell, #5 Tim Thomas, #12 Michael Curry, #10 Armen Gilliam, #40 Ervin Johnson, #3 Haywoode Workman, #30 Dell Curry, #25 Chris Gatlingなどが在籍しMilwaukee Bucksと対戦し3-0で勝利し、NBA Play Off Eastern Conference SemifinalsLarry Brownヘッドコーチのもと28-22の成績を残しチームにはルーキーで#21 Larry Hughes, #14 Nazr Mohammedなどが入団しチームには#3 Allen Iverson, #52 Matt Geiger, #20 Eric Snow, #9 George Lynch, #42 Theo Ratliff, #40 Tyrone Hill, #8 Aaron McKie, #4 Rick Mahorn, #44 Harvey GrantなどをようしたPhiladelphia 76ersと対戦し4-0で勝利し、続くNBA Eastern Conference FinalsJeff Van Gundyヘッドコーチのもと27-23の成績を残しチームには#8 Latrell Sprewell, #20 Allan Houston, #2 Larry Johnson, #23 Marcus Camby, #33 Patrick Ewing, #40 Kurt Thomas, #1 Chris Childs, #21 Charlie Ward, #14 Chris Dudley, #11 Rick Brunson, #32 Herb Williamsなどをようし第8シードで勝ち上がってきたNew York Knicksと対戦し2-4で敗退している。 1999-00seasonIndiana PacersLarry Birdヘッドコーチのもと56-26の成績を残しチームにはルーキーで #24 Jonathan Bender, #10 Jeff Fosterが入団しチームには#31 Reggie Miller, #5 Jalen Rose, #45 Rik Smits, #44 Austin Croshere, #4 Travis Best, #32 Dale Davis, #13 Mark Jackson, #14 Sam Perkins, #9 Derrick McKey, #17 Chris Mullin, #55 Zan Tabakなどが在籍し#17 Chris Mullin自身は出場した47試合のうち2試合にスターターとしてプレーして平均5.1得点、1.6リバウンド、0.8アシスト、0.6スティール、0.2ブロックを記録した。迎えたNBA play Off Eastern Conference First RoundではGeorge Karlヘッドコーチのもと42-40の成績を残しチームにはルーキーで#11 Rafer Alstonが入団しチームには#34 Ray Allen, #10 Sam Cassell, #13 Glenn Robinson, #5 Tim Thomas, #42 Scott Williams, #40 Ervin Johnson, #15 Vinny Del Negro, #21 Darvin Ham, #54 Robert Traylor, #25 Danny ManningなどをようしたMilwaukee Bucksと対戦し3-2で勝利し、続くNBA Play Off Eastern Conference SemifinalsLarry Brownヘッドコーチのもと49-33の成績を残しチームにはルーキーで#33 Jumaine Jones, #50 Todd MacCullochらが入団しチームには#3 Allen Iverson, #8 Aaron McKie, #42 Theo Ratliff, #40 Tyrone Hill, #7 Toni Kukoc, #52 Matt Geiger, #9 George Lynch, #20 Eric Snow, #12 Kevin Ollie, #50 Todd MacCulloch, #33 Jumaine Jonesなどをようした Philadelphia 76ersと対戦し4-2で勝利し、NBA Play Off Eastern Conference FinalsではJeff Van Gundyヘッドコーチのもと50-32の成績を残しチームには#8 Latrell Sprewell, #20 Allan Houston, #33 Patrick Ewing, #2 Larry Johnson, #21 Charlie Ward, #1 Chris Childs, #23 Marcus Camby, #40 Kurt Thomas, #14 Chris Dudley, #44 John Wallace, #9 Rick BrunsonなどをようしたNew York Knicksと対戦し4-2で勝利し、2000 NBA FinalsPhil Jacksonヘッドコーチのもと67-15の成績を残しチームにはルーキーで#3 Devean Georgeが入団しチームには#34 Shaquille O'Nealを中心に#8 Kobe Bryant, #41 Glen Rice, #4 Ron Harper, #5 Robert Horry, #20 Brian Shaw, #17 Rick Fox, #2 Derek Fisher, #45 A.C. Green, #40 Travis Knight, #16 John Salleyなどのメンバーが揃ったLos Angeles Lakersと対戦し2-4で敗退している。この2000年はLos Angeles LakersNBA Championに輝いた。 2000-01 seasonには以前所属したGolden State Warriorsと契約しチームはDave Cowensヘッドコーチのもと17-65の成績を残しチームにはルーキーで#44 Marc Jacksonが入団しチームには#33 Antawn Jamison, #20 Larry Hughes, #10 Mookie Blaylock, #3 Bob Sura, #5 Vonteego Cummingsなどが在籍する中#17 Chris Mullin自身は出場した20試合のうち8試合にスターターとしてプレーして平均5.8得点、2.1リバウンドを記録し引退した。

Continue reading ↑

Chris Mullin Profile

Position:
Forward-Guard
Height:
198cm
Weight:
91kg
Born:
7/30/1963, New York, USA
College:
St. John's University
Team:
Golden State Warriors, Western Conference
Jersey Status:
Game Worn

Other Status

ALL STAR WEEKENDS,

West Jersey